今度こそ仏語学習再開?

IMG_1902.jpg


万年学習状態のフランス語。
最後にフランス語の資格試験を受けたのは何年前だろうか?って位にフランス語から遠ざかってました。このブログを読み返してみても、最後にフランス語学習への意気込みを見せたのは約4年前ではないか。ひえーっ。

ということで、今度こそ、フランス語学習を再開することにしました。
いっそのことと、日仏学院の夏期講座に申し込むことにしました。で、通学だときっと飯田橋まで行くのを面倒くさがるだろうと言うことで、通信教育の方をポチッとしちゃいました。なんてったって、通信で大学卒業してますからね。自分のペースで学習できる通信の方が私に向いているはず、、(と、言い聞かせてる。)

しかし、なぜまた?って話ですが、ご存知のように私が何回もリピートするほど好きなマラソン大会は「メドックマラソン」と「サハラマラソン」。

この2大会は主催国はフランスである。メドックマラソンはさておき、サハラマラソンは7日間のステージレースである。なので、大会スタッフや他国の選手達とみっちり過ごすことになる。もちろん英語だけでも大丈夫なのだが、フランス語を母国語とする人に対してはやはりフランス語で話しかけた方がもっと親近感を抱いてもらえるような気がした。

また、モロッコ人選手については、英語よりもフランス語の方が断然通じる。エリート選手が多いモロッコ人と色々話せたらもっと面白いかなと今年思った。(たまたまテントがすぐ目の前だったので)テントを設営/撤収するベルベル人も英語よりも断然フランス語の方が通じる。

と、がーがー書いてしまったが、
要は+仏語で更にサハラの楽しみが増えるかなと。

で、本日、その教材が届いた。
今度こそ、ちまちまこつこつ勉強しますよ〜。
スポンサーサイト

[サハラマラソン2014] パリで最後の晩餐

さてパリへ戻る朝。
フライトは11時40分なので、ホテルのロビーに9時半集合とのこと。何か少しずつ現実の世界に引き戻されて行って、つい先日までのサハラ砂漠での1週間がまるで幻かのような感覚になっていく。で、次第に辛かった記憶だけがぶっ飛んでしまって、楽しい思い出だけがずっと残って行くんだよなぁ。

ワルザザードの空港までのバスがホテルに着いたのはいいが1台ではまったく乗り切れない。たしか空港までは超近かったよな。最悪は走って行くか?と思ったのだが今の足の状態では無理であるw。すると、もう1台バスが向かっているというので、そっちのバスに乗ることにした。しかも、がら空きで、先に出たはずのバスよりも早く空港に着いてるしww

チェックインカウンターは長蛇の列だった。
しかし、チャーター便に乗るサハラマラソン関係者しかいないので乗り遅れることがないので別にどうでもいいや。待っている間に出国カードを記入したが、それでもむっちゃ時間は余ってた。まあ、その間は皆と色々しゃべって過ごしたけれども、ずっと立って並んでいるのが足に堪えたな(笑)

セキュリティチェックと出国審査は思ったよりスムーズだったが、どうもフライトが遅れているようだ。乗る予定のチャーター機がまた来ていないではないか。でも、急ぐ旅でもまったくないので、仲間達と色々しゃべってたらあっという間に搭乗時間になっちゃった。私たちが乗る便は思っていた以上に空いていた。飛び立つ前には予想通りパトリックが乗り込んできて、機内アナウンスでうだうだしゃべって去って行った。

パリまでのフライトは3時間強。
途中でボルドーの街を上空からみてやろうと思ったが、みることが出来ず、代わりにアルカッションのピラ砂丘が見えた。ピラ砂丘って上空から確認できる程でかいんだな。9月にメドックマラソンでボルドーに行った時に練習がてらにピラ砂丘に行こうかな。

夕方頃にパリはオルリー空港に到着した。
レース中に仲良くなった韓国KBSテレビのカメラマンともお別れに握手をしたら、引っ張られて連れ去られそうになったよ。もうちょっと英語が話せたら色々なこと聞けたのにな、、それがちょっと残念だった。でも、韓国女優は英語が話せたので、何回か話す機会があったけど女優さんでサハラマラソンは大変だったな…につきる。

他の日本人選手はモンパルナスのホテルに戻るのでここお別れ。
サハラの女王と私は行き同様に空港そばのホテルを予約していたのでシャトルバスでホテルへ向かう。しかし、ホテルの周りには何もないので、空港まで戻るのも面倒なので、ホテルのレストランで打ち上げを行うことにした。

無事に完走したのでせっかくだからコースで頼んでみた。
まずは前菜。
IMG_1695.jpg


そしてメインのお肉。
IMG_1696.jpg


一緒にボルドーワインもボトルで頂いた。
IMG_1697.jpg


サハラの女王は明日はシャルルドゴール空港のそばのホテルに移動して、それからベルギーに観光しに行くつもりらしい。いいな〜。

え?私ですか?
明日の朝に日本に帰りますよ。で、到着したらそのまま仕事に向かいますが何か?

仏語学習再開してます…(汗)

突然ですが、ここ最近のことですが仏語学習を再開しました。
このブログで仏語学習のことを語るのもめっきり少なく、最後の関連エントリーは2010年12月下旬という…。と、いうのも仕事で仏語を使うわけでもないし、切羽つまり感(?)があまりないわけです。

しかし、今年9月、そんな私に危機的状況がやってくる。そう、メドックマラソンである。診断書も提出し、大会エントリーが確定。ボルドーまでの往復航空券も手配したし、後は仮装の衣装を持って乗り込むだけ。フランスなんて、ほぼ毎年のように行っているのに、何を今更フランス語勉強しなきゃと騒ぎだす?と不思議に思われる方もいらっしゃるでしょう。

実は、、、
今までフランスの家族/親戚の架け橋(通訳)であった旦那が仕事の都合上フランスに同行しないのだ(涙)
ということで、私1人で9日間も英語がほとんど通じない旦那の実家に居候。旦那以外で唯一、英語が話せる義姉はボルドーの郊外在住で週末くらいしか遊びにこない。

更に、更に、
メドックマラソンに出場する皇居ラン仲間が2名程、旦那の実家に居候予定である。彼らは100%私に何も期待していないと思うが、それでも気持ちだけ架け橋になりたいというのが心情。

という切羽詰まった利己的理由で仏語学習再開しています。
ついでなので、フランスで9日間も完全仏語漬けになったら気持ち上達するだろうと見込んで、今年の秋にはがんがん仏語系の試験を受験することにした。

今年の秋は読書の秋ならぬ、仏語の秋になりそう。
たぶん…。

仏語学習、、そういえば、、

そういえば、今年の抱負でいい加減まじめにフランス語を何とかしようとしていたにも関わらず、ダイエットと皇居ランで1年を終えようとしている感が、、(汗)

フランス語(=旦那)と関わるようになって早10年近く。
もういい加減、初心者に毛の生えたようなレベルから脱出したいと思う2010年。
フランスに行く度に「もっとフランス語を勉強せねば」と思うのだが、日本に戻ってくると「必要性」「緊急性」がとたんに低くなってしまうために、ついつい先延ばしにしてしまうこと早何年だ?

と、今年の初めに言っていたわけなんですが、この間旦那両親と旅行していた際にまたもや「もっとフランス語を勉強せねば」と、フランス語学習熱がやってきた模様。

そうそう、当初はフランス語の勉強も兼ねて、ツイッターを使ってフランス語の短い文章を書く練習をしようとして作ったのが、@rena_fr という現在のアカウント。なのに、これが今ではご存知の通りの状態でございまする。(実はずっと以前にも別のアカウントを作っていたのだが、その時はツイッターの面白みがわからず、そのまま放置&削除となったのである。)

巷ではiPhone英語勉強術みたいな本とかサイトとかてんこ盛りだけれども、これをフランス語に置き換えればいいんだな、きっと。

ということで、
iPod Touch(iPhoneぢゃないけど、、)にダウンロードしている仏語勉強関連アプリのご紹介。

Le Point.fr
フランスのオピニオン誌Le Pointのアプリで1つの記事が長すぎず、ちょうど読みやすいので朝に記事をダウンロードして(iPodですから、、)電車の中で気になった記事だけ読んでます。

France24
フランスのTV局、France24のアプリ。これはWIFIか3Gがないと見れないので半身浴のお供(何のこっちゃ?)

Fnacbook
フランスの大型量販店であるFnacが出した電子書籍端末FnacbookのiPhone版。Fnacのアカウントを持っているならここからフランスの電子書籍が購入できるのだ。現在、(自分が)読みやすそうな書籍を物色ちう。

(1/3追記)
Courrier International
世界中のメディア記事を仏訳している雑誌、Courrier InternationalのiPhoneアプリ。アプリ自体は無料でダウンロードできますが、肝心の雑誌は1冊450円です。サンプル版を無料ダウンロードできるので、まずはサンプルを見て購入を検討する方がいいかも。かなりボリュームがあり、読み応えあり。

Le Nouvel Observateur
フランスの週刊誌、Le Nouvel ObservateurのiPhoneアプリ。今のところ雑誌が無料でダウンロードできます。普通に買うと1冊3ユーロする読み応えある内容が、iPhoneだと無料で今のところ読めちゃうのでかなりお得。

他にこれはいいよ!というようなアプリを教えていただければうれしいです。

iPod nanoのスピーカー機能の使い道

去年、旦那から誕生日プレゼントでもらったiPod nano 5G
ビデオ録画とか、FMラジオとか、万歩計とかいろいろ機能が満載されているのに、ほとんど使っていないワシ(^^;その中でも、スピーカー機能なんて逆にイラネと思っておりました。

だって、イヤホンのジャックが何らかのアクシデントでとれたら、いきなりスピーカーから音楽が鳴り響くんですもん。それに、iPodのスピーカーってそんなに音質が良いとも言えないし。

ところが数日前からこのスピーカ機能を十二分に堪能する機会ができました。
それは、ジップロックにiPodを入れて、お風呂で半身浴しながら、podcastで仏語TVニュースを見るんですねー。半身浴で汗を流しながら、仏語の勉強もできちゃうという。スバラシイ!単語さえ聞き取れりゃ、音質なんかどうでもいいし。

ということで、仏語学習熱が再びやってきました。(一定のサイクルでやってきまふ)
ツィッターにも学習状況をつぶやいていこうと思います。私も、俺もつぶやきたい、学習報告しあいたい!仏語学習について語りたい!という方は、#frenchstudy でお願いします m(_ _)m

ついに決定

P1050618.jpg

週末と言えば、デブ症・・・いや出不精の私は家、または近所のカフェでのんびりしていることが多かったのですが、今年の私はちょっと違いますよー。街散策までやっちゃいますよー(え?)。

今年の初めからいろいろ検討していて、レベルチェックなんぞにも出かけて探していたフランス語の語学スクールはようやく本日決定しました。イエイ!

結局、某大手語学スクールはメソッドに評判はあるものの、
料金が高いと言うことと、今の私のレベルにマッチしたグループレッスンのクラスがないということで今回は(って、またいつかこの学校の門を叩くことがあるのか?)パスすることにしました。

ということで、今回はフランス語に特化した語学スクールのレッスンを受けることに。
トライアルレッスンで入るべきクラスのチェックを行ってもらい、かつ私の弱点を教えてもらいました。やはり某大手スクールでも言われたことでした。文章で話すと単語が抜けたりすると。理解力があるだけに残念だと・・(T_T) 一生懸命勉強するんではなく、授業中に他の人たちの会話をきちんと聞いて、話す練習に集中した方がいいそうです。


さ、来週から頑張るぞー!
今年は仏検準1級を受験するぞー(できれば、合格したいワ)

レベチェ行ってきた

定時ちょっと過ぎに誰にも気がつかれぬよう(気がついてるだろうけど)オフィスを後にし、向かった先は某語学スクール。もういい加減、まじめにフランス語を勉強するぞと、毎年年始に言っているわけなんですが、

今年の私はちょっと違うよ~(ちょい自慢気)

今週の水曜日の夜に某語学スクールにカウンセリングに行き、
そして、本日がフランス語のレベルチェックなのだ。このレベルチェックをもとに、入れるクラスがあるか確認し、費用の見積もりを出してもらうのだ。

フランス人講師と30~40分程度、フランス語で会話をすることになるのだが、
のっけから間違えて「Yes」とか返事してしまうし・・・(涙)さすが、会話の中に現在形、未来形、複合過去、半過去、条件法などを使わざるを得ない質問を投げかけられ、動揺しまくるワシ。言っていることはわかるので、それに対して単語で返していたら、単語ではなくて文章で答えてねと・・・。うおっ、ボロボロ。

で、フランス語のクラスは1~8までのレベルがあるのだけれども、レベル5という判定が下りました。・・・が、最初はレベル4から始めて慣らしたほうがいいと。つか、レベル5のグループレッスンは人がいないので、レベル5をどうしてもやるとなると、人が集まるまで待つか、プライベートレッスンになるらしい。

フランス語の需要ってそんなものなの~(T_T)

ぢゃ、プライベートレッスンで、
ってわけにも行かないんですー。とんでもなく高い。グループレッスンの倍の単価ですワ。フランス語上達する前に破産ですワ。

うーーん、どうしよう。教授法が評判いいからちょっと受けてみたいんだけどねぇ。
週末ゆっくり考えてみます。

もう、いい加減、まじめに・・・

P1050578_2.jpg

フランス語(=旦那)と関わるようになって早10年近く。
もういい加減、初心者に毛の生えたようなレベルから脱出したいと思う2010年。
フランスに行く度に「もっとフランス語を勉強せねば」と思うのだが、日本に戻ってくると「必要性」「緊急性」がとたんに低くなってしまうために、ついつい先延ばしにしてしまうこと早何年だ?

さすがに、これはまじめにライフワーク(?)であるフランス語に取り組んで行こうと、これまた思考を整理するためにマインドマップを活用し、フランクリン・プランナーに書きなぐる。

継続は力なり・・なのだ。
・1日最低30分、わずかな隙間時間を利用してフランス語に触れられるような仕組みづくりをし、その仕組みをうまく回転させていくことで、うまく細く長く継続していくように習慣化する。
・読む・聞く=インプット、話す・書く=アウトプットのバランスをとるようにする。

とりあえず、Twitterの利用価値がイマイチ理解できず、適当に放置していたのだけれども、これをフランス語用ぼやき(アウトプット)にするとちょうどいいのかな?
フランス語ブログは、ちょっとした文章になるので頓挫しがちなのですワ。
あと、週1で通える(お手頃な授業料の)仏語学校を探し中。

鉄は熱いうちに打つのだ。

Petit à petit

仕事の予定も入っていない週末、しかも旦那もバンドの練習の予定は入っていないということで旦那と近くのレストランで一緒に食事した後、自転車で近所をサイクリング。天気もよく、爽やかな風がとっても気持ちいい~。
いい感じでリフレッシュできたかな。

今日は久々に(ほんとに久々・・・)フランス語の勉強をする。
英語は毎日のように仕事で使っているけれども、フランス語に関してはとんと機会がないため(え?)にまったくもって上達する気配なし。

・・ということで、今月からかなり久しぶりにフランス語の日記を復活。短い文章でもいいのでとにかく、コンスタントに続けることを目標に書き続けていこうと思う。

で、そのブログはコチラ→Au Japon

またもや三日坊主にならないようにしないとね。

やっと受領

今週末も朝も早よからお仕事でございました(涙) 
仕事帰りに日仏学院に立ち寄って、ようやく受け取ってきましたよ。

P1040131.jpg

昨年の春に受けたDELF B1の合格証書でございます。
2月の中旬頃に合格証書の用意ができた旨のハガキが届いていたんですけれども、なかなか飯田橋方面に足を運ぶことがなかったのですが、ちょうどお花見のシーズンでさぞかしお堀の周りの桜は美しいことだろう・・・と、ようやく足を運ぶ気になったわけです。・・・・というか、受験料1万円(・・だったかな)も払ったのに、なぜに自宅へ郵送してくれないのだ。いつの間にか、合格証書のデザインが変わっていて、裏面にはしっかりスコアが書いてあった。むっちゃギリギリのスコアで合格したのがバレバレですな・・・(汗)

とにかく、次はB2合格目指して頑張りまっす。
プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク