The X Factor USA

去年まではX-FactorやBritain's Got Talentをハマって観ていたのだけれども、そういえば今年はまったく追っかけていなかった。というのも、サイモンがもう審査員をやっていないから。そして、少し飽きてきたのかもしれないなと思っていたところに、X-Factor USAが始まるという情報を旦那から入手。しかも、サイモンが審査員、メンターをやるということで、今度は英国ではなく、アメリカ版のX-Factorをハマってみてます。

私のお気に入りは、Josh Krajcik
お母さんが息子の才能を見抜いて、わざわざオーディション会場まで車で7時間かけて連れて行ってくれたという。最初は、また親ばか丸出しで、実は息子は大したことないんでしょ?なんて思っていたら、いやはや本当にすごかった。ブリトーレストランで働く30歳。L.Aリードが「その仕事は他の人に譲りなさい。」とコメントしていたけど、まさにその通り。

ロックナイトではFoo Fightersの曲をカッコ良く歌い上げていて、その夜はロックナイトと言いながら唯一彼が正真正銘のロックを歌い上げ、審査員全員のスタンディングオーベーション。しびれるぜ。


そして、もう1人のお気に入り、つかイチオシはMelanie Amaro
オーディションでのパフォーマンスは完全に鳥肌ものというか、涙まで出てきた。すごい、凄すぎる。しかも、この映像をかなりの回数観ているんですが、何度観ても凄すぎて目に涙が浮かんでしまう。もうその時、この人で決まりだと思ったくらい。

が、サイモンが彼女が属するカテゴリーであるガールズのメンターになって、本選(ライブ)に連れて行く4人を決める際に、彼女を落としてしまったんですよ。これは、まじでビックリしてあごが外れそうになった。その日の放送を見た後は、ずっと旦那に「納得いかない、サイモン頭おかしい」ってぶちぶち言い続けましたもん。(旦那もいい迷惑だったでしょうが)

しかし、翌週の放送ではサイモンが大きな間違いを犯したと言って、フロリダの彼女の家まで行って呼び戻してくれたので一安心。

お気に入りの2人は順当にベスト5まで残ってます。来週の放送が楽しみですわ。
(ちなみに、The X-Factor USAのダイジェストを日本語で書かれているブログを発見。)

スポンサーサイト

The X-Factor 2010

去年、旦那とハマってみたいたイギリスのオーディション番組、The X-Factor
ええ、今年もガッツリはまってみています(^_^;

オーディションも終わり、現在はライブショーによるパフォーマンス2回目。
視聴者の投票により勝ち残っていくわけだが、現時点では既に4人(組)が敗退で残りは12人(組)となり、これが毎週、12月上旬まで続く。

今週、一番ゾクゾクしたパフォーマンスは、トレーシーの「パープルレイン」

ぶっちゃけ、プリンスのオリジナルより全然いいんですけどー。

実はこの方、去年のThe X-Factor 2009のオーディションにも出ていたんです。旦那がすごく気に入っていて、最終オーディション(Judge's House)でサイモンに落とされてしまったんですよ。鳥肌がゾクゾク立つくらいにいい声していたのに、「I will take a risk.」とか言って、他の子を選んですわな。

で、今年もめげずに再度挑戦。旦那と私はきっと戻ってくると信じてましたよー。
が、やっぱり今年も最終オーディション(Judge's House)で落とされたんですが、復活枠で見事に本選出場を果たしたんですね。というか、なぜ「復活枠」だったのかは相当疑問だったんですけどね。

とにかく、その恨み(?)を晴らすべく、いいパフォーマンスを前回してくれたんですが、今回は更にそれを上回りました。とても将来が楽しみな女性です。

Britains Got Talent 2010

今年はイマイチ盛り上がりに欠けているようなとぼやいていた Britains Got Talent 2010 なのですが、これまたうっかりしていて先週末で終わってたんですよ!いつもはほぼリアルタイム(半日遅れ?)で見ているのに、なんという失態!ということで、今週の月曜日から準決勝、決勝と一気に見てしまいました。

で、今年の優勝者は、人間業とは思えない、中国雑技団を髣髴させるような体操チームが優勝。

SPELLBOUND - BRITAINS GOT TALENT 2010 WINNERS

で、こちらがオーディション時の映像。
サイモンが退屈な体操競技をするんだろうなと思っていたコメントしてましたが、私も最初はそう思ってましたが、実際は人間離れした技の数々に目が離せず。


今年は不作だと散々ぼやいていたんですが、準決勝、決勝を3日間で立て続けに見ていて、いや、今年も結構すごい面子が(地味ぃ~に)集まっていたんだなぁと実感しました。回を重ねる毎にダンススキルのハードルが上がっていくのをちょっと感じました。

ちなみに私のお気に入りは
・イケメンダンサー Tobias Mead 準決勝の映像決勝の映像
・コミカルダンサー Twist and Pulse  準決勝の映像決勝の映像

終わっちゃったよ、24

24.jpg

24 シーズン8 終わっちゃいましたね~(涙)
似たような話ばかりでだし、来シーズンは見なくてもいいかななんていいながらも結局は見てしまう中毒のようなTVシリーズでございました。ジャックは結局心穏やかな日々を送れない星の下に生まれたのか。

しかし彼のような人が同僚だとしたら大変だね。
彼が突っ走り始めたら誰ももう止められないもんね。
あれがもし間違った方向に作用していたらほんと大変だよ。敵に回すと超厄介。味方であってもそれはそれで苦労させられる感が大いにあり。

キーファー・サザーランドは当面、ジャックのイメージが強烈に付きまとうから、次の仕事は慎重に選ばないと大変だね。下手にアクションものだったりすると、ジャックとかぶりかねないからね。実際に、前に映画に出てたときに私の中では、ジャックとかぶってしまったもん。

クロエ、もうふくれっ面しなくてよくなって、良かったね。

24の映画が楽しみですワ~。

おめでとー、グレゴワール君

gregoire-en-competition-koh-lanta-le-choc-des-heros-4350907ubsqz_1615.jpg

ついこの間始まったかと思ったら、もう終わっちゃいましたよ~。
Koh Lanta 番外編:Le Choc des Héros

うれしいことに、ずっと応援していたグレゴワール君の優勝でした。
ベスト3決定戦の時にちょっとヒヤヒヤさせられたけれども、それ以外は余裕すら感じさせられましたわ。今回は番外編と言うことだったんですけれども、見ていて気持ちが良かったですね。皆、フェアプレー精神で、友情もしっかり育んで、ドロドロしたところがまったくなく、順当な勝者ではないでしょうか。グレゴワール君も、2007年の無念を晴らせてよかったことでせう。彼の手法は後の本編の出場者にマネされてしまうでしょうね。

いや~、いいフランス語の勉強にもなったし、楽しめたし、目の保養になったし、いいことづくしでしたワ。

そういえば、48キロ級の女子柔道家のフレデリック・ジョシネも参戦していたのだけれども、気のせいか見れば見るほど、谷亮子に雰囲気が似ていると思ったのは私だけか?

今年も始まった、BGT4

スーザン・ボイルのセンセーショナルな登場からもう1年ですかー。
そうこうしているうちに、始まりましたよBGT Season4のオーディションが!
アメリカン・アイドルは結局途中で挫折。なんでかわからんけど、自分的にはあんまり好きではないみたい。しかし、BGTでもサイモンを見れるので、全然OK!

今年も才能あふれる(あふれない)人々たちがオーディション会場に集結。
第1回目の放送で、むっちゃ気になったのがこちらの青年↓

さわやかイケメンな上に、ダンスがめちゃうま。
彼の登場時にアマンダが「彼女はいるの?」ってソッコー聞いてた。やっぱタイプなのね。(残念ながら、可愛い彼女が会場に応援に来ていたようですが)

いやー、週に1回の楽しみが増えました。
英語の勉強がてら、是非是非見てみてはいかがですか?

お帰り、グレゴワール君(はあと)

kohlanta.png

フランス版サバイバー、Koh Lanta "Le Choc Des Heros"が始まりましたよ~。これは春の特別編ってことで、シーズン9までの出演者の中から選抜し、何とフランスを代表するスポーツ選手を交え、生き残りを賭けて戦うという。フランスを代表するスポーツ選手ですが、有名なところでは柔道女子48キロ級選手のフレデリック・ジョシネ。いつも国際舞台では谷選手と決勝を戦ってましたね。あとは、’98年のワールドカップ時のDFだったフランク・ルブフかな?

いやいや、そんなことはどうでもいい。
何よりもうれしいのは、グレゴワール君の復活ですよっ!シュバリエ・ドゥ・コランタと司会者に言わしめたイケメン!シーズン7での登場だったので、かれこれ3年ぶり。相変わらずのイケメンだわー。しかも超性格もよさげ。3年で車生活は脱却できたみたい。

私の中でのフランス人イケメンは、
ブライアン・ジュベール、ドミニク・ド・ヴィルパン、アーセン・ベンゲルなんですけど、
そうそうグレゴワール君もなのよっ。

フランス語学習のやりがいをここで見出したワ。(←超ミーハー)


24 シーズン9

h_352_5309.jpg


ついに始まりましたね、24 Season9
一部お馴染みのメンバーが登場しているので、大きな違和感はなく入り込めた。
ジャックも相変わらずか・・と思いきや、ちょっと家族との時間を大切にしようとちょっとした心境の変化が見られます。CTUが復活、しかもオフィスがものすごくきれい。クロエもCTUで働き始めているのですが、最新機器についていけていないような感じ。そこは経験でカバーでせう。

もうさすがにシーズン9まで来ると飽きてきたかなー
・・・なんて思いながらもしっかり見てしまうのが、24中毒なのだ。これで、デスパレートな妻達に加えて、毎週楽しみな海外ドラマが1つ加わりましたぞ。

American Idol

idol-logo.png
ついに本家本元、アメリカンアイドルを見始めました。
・・といっても、旦那は大分前から見ており、私は興味なしーとスルーしていた番組だったのだが、昨年はイギリスのオーディション番組、X-Factorにうっかりハマってしまった。

きっと、本家本元も面白いに違いない。
しかも、サイモンも審査員として出演しているしね。
(↑サイモンの辛口トークが恋しくなっただけともいう)

というわけで、見始めることになったのですが、
今はアメリカの各都市でのオーディションを行っている段階。
X-Factorと違うのは、大きなホールで聴衆を前にして行うわけではないんですねー。CDもかけずに、アカペラで歌っているし。

ちょっと物足りない感じ。本選では面白くなるのかな?
聴衆を前に行い、リアルに聴衆の反応を得られるのが面白いと思うんですけどねー。結局、本選では視聴者投票になるんだし。

そういえば、今回のボストンオーディションでは、ヴィクトリア・ベッカムが審査を行っておりました。なんか、メイクのせいなのか、ちょっとお猿さんぽいお顔になっているのは気のせいか・・・・な?

やった、ジョー


X-Factor、ついに決まりましたね。
当初の予定通り、優勝したのはジョー君。歌唱力がハンパなかったもんねー。ピュアな透き通ったいい声しているし、ルックスもいいし、審査員達によるとすごくいい子らしいし、ほんと彼で決まりって感じですよ。

一度もボトム2になることなく、順調に勝ち上がっていた感じがします。
もしかしたら、彼は常に獲得投票が1位だったのではないのかな・・とさえ思える。
とにかく、今まで一度も彼が選曲をはずしたことはないし、難しい曲も難なくとは言わないけれども、期待以上に歌ってのけてしまう。純粋に歌唱力だけで勝負してきた子です。

もう早速、デビューシングルがでるらしい。
来年の今頃、一回りも二回りも成長した姿をOBとして、X-Factorのステージで再び見れる時を今からすごく楽しみにしています。準優勝のオーリーも審査員受けも、視聴者受けもいいので、きっとポップシンガーデビューが約束されていることでしょう。今年の初めごろは、コールセンターのスタッフだった彼が、一躍ポップスターっていうのも夢のある話です。

だから、いろんな人が自分の実力を省みず、オーディションを受けようとするのでしょうね。下手したら、双子ちゃんみたいなことになるかもしれないしね。

来年も楽しみですワ。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク