ベトナム・フランス旅行記-目次


P1050291.jpg P1050485.jpg


1日目:ホーチミンシティへ
2日目:ノルマンディー上陸作戦
3日目:ラ・ロシェルを目指す
4日目:ボルドー到着
5日目:完全引きこもり
6日目:更に引きこもり
7日目:クリスマスプレゼントリスト
8日目:クリスマスイブ
9日目:クリスマス
10日目:パリへ
11日目:さよならフランス
12日目:暑いぜ、ホーチミンシティ
13日目:ホーチミンシティ市内観光
14日目:ホーチミンシティ市内観光2
15日目:エステで至極の時間
帰国しました

スポンサーサイト

帰国しました

P1050538.jpg
現地時間1月1日午前12時5分ホーチミンシティ発のフライトは、日本時間午前7時半頃に成田へ到着。

フライト時間が5時間程度しかなく、なるべく睡眠をたくさんとって思うと思っていたのだが、新年のシャンペンサービスや朝食で叩き起こされて、2時間くらいしか寝れなかった・・・。

元旦の空港はとても静か。
そういえば、去年も元旦にフランスから戻ってきたんだった。

気温30度の世界から、1桁の気温の世界に舞い戻ってきて、何だか調子が狂うワイ。結局、ベトナムでは購買意欲がわかず、何も買っていないかも。
エステサロンで石鹸入りのボディスポンジを購入したくらいか??

2週間ぶりの我が家には午前11時頃に到着。
旦那はまだ時差ぼけが抜けていないらしく、まだ寝ていやがった。
そういう私も睡眠不足なので、帰宅早々、速攻でお昼ねタイムですわ。

というわけで、今年もよろしくお願いいたしまする。

ベトナム・フランス旅行 15日目:エステで至極の時間

P1050570.jpg
昨晩、ホテルの近辺を散策していたら、渋滞に思いっきり遭遇し、歩行者であるはずのワシもなぜかバイクに囲まれて身動きできない状態になってしまった。バイクに乗っている人が皆、車に乗り出して、道路整備が今のままだったら大変なことになるぞ、この国。

と、昨晩の話はさておき、
本日はベトナム滞在最終日。今晩のフライトで東京へ向かう。
ちなみに旦那は既に帰国済み。

ホテルのチェックアウト時間(正午)まで、部屋でダラダラ過ごし、チェックアウト後はロビーでお出迎えを待つ。何のお出迎えかと言いますと、エステサロンからのお出迎え。本日は出国するまで、エステサロンで過ごして、心身ともにリフレッシュするのであーる。

ちなみに、本日のメニューは
・フットマッサージ
・ボディスクラブ
・ボディマッサージ(with オイル)
・バスタイム
・食事
・ボディスリミング
と、およそ5時間にわたるメニューをこなす。ちなみに料金は110ドル。
何ともお手頃価格!

むちゃくちゃ至極の時間を過ごさせていただきやした♪
気がついたら、外が暗くなっていた・・・。

エステサロンからタクシーを手配してもらってそのまま空港へ直行。
ちょっと早くつきすぎちゃったけれども、ちゃっちゃと搭乗手続き、セキュリティチェック、出国審査をすませて、フランス行きの時にも利用した illyでコーヒーをのみながら、まったりネットサーフィン。無料wifi万歳!

日本にいる旦那がオンラインになったので、
ビデオチャットを開始、ウェブカムで映像を送りながらの会話。
一昔前では考えられないことだったのにのぅ。

日本時間で2010年へのカウントダウンを旦那と一緒にウェブカム越しに行う。
つか、ちょうど10年前、初めて旦那が来日し、一緒にミレニアムカウントダウンしたんだよなぁ・・・。

こんな大切な「10年」という節目に、何で一人旅なんかしているんだか、オレ。


ベトナム・フランス旅行 14日目:ホーチミンシティ市内観光2

昨晩、Youtubeで懐かしい映像を発見し、ハマって立て続けに見てしまい、思いっきり夜更かししてしまった。旅先で一体何やってんだか、オレってば・・。

今日は何をしようか、どこに行こうかパラパラとガイドブックをめくっていると、目に留まったのが統一会堂。ホテルからそんなに遠くないところにあるのに、まだ行ってなかったかも。

ということで、統一会堂目指して、出発したのはいいのだけれども、ちょうど昼休みの時間帯でその間は見学ができないのだよ・・・タイミング悪!
近辺のカフェでまったりしようと見つけたのが、コロニアル建物のクレープリー&カフェ。ガイドブックにも載ってましたわ。何か地元の人たちらしい客はコジャレていて、何かSnobbyな感じがするのは気のせいだろうか。


ということで、13時過ぎには統一会堂の中に入ることができた。
入場料は1万5千ドン(約75円)
P1050542.jpg

といっても、現在は使われてない会議室とか、
P1050546.jpg

講堂みたいな部屋がたくさんあるだけなんですけれどもね。
P1050548.jpg
途中で飽きてしまって、そそくさと退散してしまった・・・(すんません)


→続きを読む

ベトナム・フランス旅行 13日目:ホーチミンシティ市内観光

朝はスッキリ8時には起床。
ホテルの朝食は、ビュッフェ形式なのだがあまりチョイスがないのが残念。
9時にはホーチミンの街へ繰り出す。ヨーロッパに比べて、アジアの朝は早いのよ。

ベンタイン市場を背にし、レロイ通りをテクテク歩くと、昨日訪れた人民委員会庁舎へ到着。更に、通りを突き進むと見えてきたのが市民劇場。
P1050508.jpg
何かのイベント?入り口にレッドカーペット、そして、人がやたらいたんですが?

ブティック、雑貨、カフェ・レストランが連なる賑やかなドンコイ通りをジグザグ歩いているうちに、メーリン広場のチャンフンダオ像が見えてくるではないですか。
P1050509.jpg
彼の指差す先にはサイゴン川。(注:メコン川ではございませぬ。)
サイゴン川に沿って歩いていると、川沿いのどこかホテルなんかの高い建物の最上階から見下ろしてみたいという願望がむくむくと沸いてきた。あと、朝からずっと代わる代わる声をかけてくる、(インドほどはしつこくないけれども)バイクタクシーの客引きにうんざりしてきたというのもある。

どの建物の中に入ろうかとあたりを見回していると、またバイタクの客引きが声をかけてきたので、避けるように近くのホテルの建物に入ったのだが、偶然にもマジェスティックホテルだった。ガイドブックに載っていたベトナム戦争時に世界中のジャーナリストの溜まり場となったブリーズ・スカイ・バーにちょっと興味があったので、ちょうど良かった。

ブリーズ・スカイ・バーからのサイゴン川眺めはやっぱり素晴らしかった。
P1050510.jpg
涼しい風が入ってくる窓際を占拠し、カプチーノを頂きながら、しばしキンドルで読書。なんか、まーったり、すごいくつろげるんですけどー。

→続きを読む

ベトナム・フランス旅行 12日目:暑いぜ、ホーチミンシティ

朝6時半頃にホーチミンシティへ到着。気温33度。速攻、コートを脱ぎましたさ。
毎度の事ながら、見知らぬ土地の空港の到着ゲートに立った瞬間がやっぱ好きですわ。さて、これからどうしようかな~っつうワクワク感がいい。とりあえず、銀行のATMで当座の資金を下ろすことに、たしか、前回の旅行では200万ドン下ろしていたのだが、その時は100万ドン下ろしていたはずと勘違いし、120万ドン下ろす。

空港から市の中心部は20~30分らしい。
タクシーで行ったとしても、空港にちょい遠いハノイで20万ドンだから、それ以下のはず。・・が、旅猿で東野さんたちが乗っていたベンタイン市場行きの路線バスが気になったので、路線バスで行くことに。料金は3万ドン(約15円)。や・・安すぎる。

ガイドブックによると30分くらいで到着するはずなのに、バスがなかなか先に進まない。どうやら朝の通勤ラッシュに巻き込まれたらしく、道路がすごいことになっている。カオス状態。
P1050459.jpg


やっとこさ、終点のベンタイン市場に到着。
ホテルはこのベンタイン市場の近くで手配していたのだが、どうも方向感覚が掴めん。しかも、ここバイクと車の交通量がハンパじゃないし!轢かれないように道路をおそるおそる横断する。滞在中に1回はバイクに轢かれてしまうんじゃなかろうかと最悪な想像をするネガティブ思考中のワシ。
P1050462.jpg


ホテルにたどり着いたのが9時頃。
フロントの姉ちゃんにチェックインは12時からだと言い放たれる。文句を言っても仕方ないので、(早く到着したワシが悪いのさ)、荷物を預かってもらい、ホテル近辺を散策することにする。

ということで、向かった先はもちろんベンタイン市場。
結構大きな市場で、衣類、雑貨、お菓子、食料品、新鮮な野菜、生肉、魚などのお店がところ狭しと並んでいる。市場の中を歩いていると、今まで中国人に始まり、ネパール人だ、韓国人だ、シンガポール人だなんだといろいろ間違われてきたワシだが、ここではちゃんとあっしが「日本人」であるということがわかっているようですな。

「オネエサン」「オネエサン」なんて声かけられまくり。
かと、思ったら、いきなりワシの腕をわしづかみにし、「オネエサン、サンダル、サンドル」なんて一瞬ギャグか?と思うようなことまで言ってくる。日本人観光客を判別できるか否かは、彼らにとっては死活問題(?)なんでしょうね。プロ根性、見せてもらいました。
P1050469.jpg


ちょっとお腹がすいたので、フォーのチェーン店、フォー2000というお店でシーフードフォーを食す。どうやら、クリントン元アメリカ大統領が来店したことがあったらしく、店内には写真が飾られてあった。このちょっと小汚い店にやってきたのかと思うとにわかに信じがたいが、写真の中でクリントン氏の隣で微笑んでいるおばさんが、ちょうど私の目の前にやってきたので、ほんとに来店したんだねぇ。

その後、ホテルそばのコジャレたカフェで時間をつぶし、11時半頃にホテルに戻ったら、部屋が用意されていたのでさっそく、部屋へ入り、シャワーを済ませ、Tシャツに着替えてしばしの休憩。はぁ~、さっぱりした。

→続きを読む

ベトナム・フランス旅行 11日目:さよならフランス

P1050457.jpg

パリ発ホーチミン行きのフライトは13時25分
ここから逆算して、余裕を持って9時にはホテルをチェックアウト。
で、オペラ座そばの空港直行バスにのって、シャルルドゴール空港へ向かう。
去年、ここから同じバスに乗ったのだけれども、そのときは運賃が無料だったんですよ。けれども、今回は片道9ユーロ10サンチーム。なんで、去年はタダで乗れたんだろ?

パリの空港はセキュリティで混むから、しかもつい最近オランダ発アメリカ行きの便でテロ未遂があったし、早めにチェックイン、出国手続きを済ませたら、思ったより時間が(1時間ほど)あまっちゃった。そういえば、今回はフランス入出国のスタンプを押してもらえましたよ。これ、気まぐれで押したり、押されなかったりしますから。

ホーチミン行きのフライトは定刻どおりに出発。
ホーチミンまでは約11時間程度で、朝の6時半には到着する予定。なので、ここで睡眠をとっておかないと、時差ぼけで観光どころじゃなくなるぞぉ。キンドルで少し本を読んだ後、眠気はないのだが無理やり目を閉じて眠りにつくワシであった。

ベトナム・フランス旅行 10日目:パリへ

11時25分ボルドー発のTGVで1人パリへ向かう。
ZENという特別車両にしたわけですが、となりの席のバカップル(?)がいちゃいちゃ気になってしょうがない。普通車両に行きやがれと心の中で毒づくワシ。

約3時間後に予定通りにパリに到着。
モンパルナス駅から地下鉄を乗り継いでオペラ駅を目指すが、メトロの駅構内って東京よりタチが悪いと思うのは私だけか?荷物もって移動するにはかーなーり不便なんだよねー。とにかく、昨年夏と同じホテルにチェックイン。フロント係の人の英語が聞き取りにくく、何回か聞き直したら英語はダメだと思われたらしく、それ以降、会う度にフランス語で話しかけられるようになってしまった。

もう夕方だし、最初はシャンゼリゼのイルミネーションを見に行く気満々だったんだけれども、だんだん面倒くさくなってしまって、インターネットの接続がない部屋だけど、何とか他のワイヤレスを捉えたので、このまま部屋でのんびりしようかと思ったのだが、やっぱり外に出ることにする。


まず向かったのは、オペラすぐそばのギャラリーラファイエット。
P1050414.jpg


んでもって、プランタンの方まで歩いて、更にユニクロを目指す。
オペラ座すぐそばの好立地でございました。
P1050420.jpg


んでもって、マドレーヌ、コンコルドを通り抜け、ようやくシャンゼリゼ通りに到達。
あまりの人の多さにへたれて、途中で妥協。しかも、ブレてるし。
P1050438.jpg


そうそう、コンコルド広場に観覧車が登場。
P1050440.jpg


そして、オペラ座。普通のライトアップで何だかホッとしたワシ。
P1050454.jpg


とにかく、ボルドーに比べて圧倒的に大都会で、旅行者の多いパリはとにかく人、車が多すぎてげんなり。しかも、クリスマスのイルミネーションで皆さんのテンションが高い高い。

そそくさとホテルに戻って、買い込んだ食糧をほおばり、のんびりしましたさ。

ベトナム・フランス旅行 9日目:クリスマス

P1050383.jpg
(写真:おちびちゃん用食卓)


メリークリスマス!
本日は義姉宅のクリスマスランチに皆でお呼ばれされちゃいました。

お昼頃に到着したら、ちび達が飛んでくる、飛んでくる。
そう、車にクリスマスプレゼントを積み込んでいるからね(笑)
もう、プレゼントの包みを見ただけで興奮を隠し切れず、びりびり乱暴に包装紙をはがしまくる野生児双子。プレゼントのおもちゃでさっそく遊び始める。

去年も義姉宅のクリスマスランチにお呼ばれしたのですが、
今年もすごいですよー、サーモンに、シーフードのテリーヌに、大量の海老に、チキンに、チーズに、ケーキにと盛りだくさんで最後の方には、やっぱりお腹がパンパンに膨れ上がってしまった。

で、食後は恒例の双子ちゃんと全力で遊びました。ま、年に1度のことですからね。
旦那が「双子達と普通に会話しているじゃん?」と言われたが、実は適当に相槌打っているんだよ。あと、体を使った遊びでごまかせるしね。これが使えるのも小学生までか?双子ちゃんと普通に会話できるようになるようにフランス語をもっと勉強せねば。

もしくは、双子ちゃんに英語か、日本語を覚えてもらう。
案外、こっちの方が手っ取り早いかも??


ベトナム・フランス旅行 8日目:クリスマスイブ

今日は旦那の祖父を招いてのクリスマスイブランチ。
クリスマス当日は、旦那の伯母の家でランチを共にする予定になっていることと、クリスマス翌日には私がボルドーを発ってしまうので、急遽この日に旦那の祖父に会うことになったのであーる。

クリスマスイブランチは、今年の夏にフィンランドで旦那両親が購入したトナカイのパテ(美味!)に始まり、義父が腕を振るったのはこちらの一品。

P1050375.jpg

パスタ・・・に見えるでしょ?
確かにパスタなんですけれども、義父が誰にも教わらずに自分の感だけで作ったアジア風パスタ。これですね、味が完全に焼きうどんなんですよ、まじで。びっくりした。で、レシピを聞いたら、豚肉(ぶつ切り)に、ニンジン、モヤシ、玉ねぎを細かく切って炒めた具に麺(パスタ)を加え、醤油と酒で味を調えたという。

これ、今回が初めてではないらしく、
今までにも何回か作って、伯母達にもてなしたらしい。んでもって、好評だったそうな。改めて思う、義父はほんとに器用ですわ。


と、こんな感じでランチは時間をかけて、ゆっくり、たくさん食べたので、
今日の晩御飯はちょっと軽めに。
へへへーっ、この季節のおフランス名物の生牡蠣ですよー。
レモンをちょこっとたらしてすするとこれまたうまーーい!!

P1050382.jpg

そして、恒例のプレゼント交換。
今回、とある2人からの私へのプレゼントがバッティングしてしまいまして、マフラーを2つももらっちゃった。これは数あっても困らないから、重宝しそうですわー。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク