韓国(ソウル)旅行 2日目:帰国

IMG_0061.jpg


ゴールした後は、へろへろとランナーの流れに沿って、オリンピックスタジアムを出たところの練習用トラックで完走メダルと飲み物や食料を受け取る。いろんな業者が試供品を配りまくっていたが、荷物になるのでひたすら無視し、荷物預かり所まで向かう。簡易更衣室で言うことが聞かない体にムチを打ち、何とか着替え完了。顔はまだ塩っぽいけれども、もうどうでもよくなった。

13:30〜14:00にソウル駅のロッテリア前で旦那と待ち合わせているのでとにかく急いで地下鉄の駅に向かう。駅は混んでいるかと思ったら、意外に空いてた。たしかに、ゴールそばで酒盛りしてたグループとか結構いたもんなー。地下鉄2号線、1号線と乗り継いで、14:00前には何とか待ち合わせ場所に滑り込みセーフ。

が、旦那がまだ来てないぞ(怒)

と、15分程遅れての登場。彼は私が走っている間どうしていたか。もちろん応援なんて来るわけがない。ホテルの部屋の窓から大勢の人が走っている姿が見えたはずなのに、それも見ていない。ようやく身支度を済ませ、ホテルをチェックアウトして外に出た時にはとっくの昔にランナー達は走り去ってしまった。つか、スタート地点は全て撤去されて、マラソン大会があった形跡等一切なく、朝市になっていたそうだ(驚)

その後、楽器屋さんが軒を連ねるエリアに行き、冷やかしで楽器屋さんを覗きまくり、日本より高いと結論づけて歩いてソウル駅までやってきたそうだ。「もう足がパンパンで疲れたよー。」なんて、たった今、42.195kmを走って来た人の前でのたまう(怒)

ということで、特に何もすることも、やりたいこともないのでちょっとだけ早めに空港に向かうことにする。行きと同様に、帰りもソウル駅から空港まで電車の旅。週末弾丸のマラソン大会は結構大変ね。時間がなくてバタバタしてしまう。6月のクアラルンプールマラソンもこんな感じになるのかしら?

いやはや、とにかく駆け足で楽しんだソウルの街でした。
スポンサーサイト

韓国(ソウル)旅行 1日目:ソウルへ

朝4時起きで身支度、始発に乗って新宿で山手線に乗り換えて日暮里まで向かう。そこから京成スカイライナーで成田空港へ。預ける荷物もないので自動チェックイン機で搭乗券を発券するが、旦那のだけはなぜか発見できないのでチェックインカウンターへ向かう。すごい長蛇の列だったのだが、今回、旦那はビジネスクラスなのでその列を横目に無事に搭乗券を発券してもらった。

IMG_0039.jpg

フライトは9時10分。旦那がラウンジでまったりしている間に、私は搭乗口のそばで内職ごしょごしょ。サハラの前に何でいろいろ詰め込むかなーと自分の計画性のなさを呪いながら、メールをさばいたり、資料に目を通したりする。さすがに4時起きで何も食べずに出て来たので、腹減ったなと思った頃に、旦那がラウンジからの差し入れを持って登場。さすが、よくわかってらっしゃる。

ソウルまでのフライトは約2時間。
機内で映画を見るには短すぎるし、アナウンスでとぎれとぎれになると集中できないから、ここでも内職ごしょごしょ。ハタからみるとボケーっとしているように見えるけど、頭の中はフル回転しているうちにあっという間にソウルに到着。実家の長崎に帰るのと大差ないわw

入国審査、税関を抜けて、ATMでウォンを引き出そうとするも。ことごとくATMが故障中。で、ようやく見つけたATMは案の定、並んでるし。しかも、ユーザーインタフェースが他国のと違っているせいか、戸惑う人が多くて待たされる。しまいには係員の人がつきっきりで操作を教えてるって、何かおかしくない?で、確かに使い勝手が悪くて、私も係員の人に教えてもらう羽目に。引き出す金額が50,000ウォンって少なくない?って余計なお世話だ。

仁川空港から電車でソウル市内へ。
ソウル駅に到着。つか、こんな感じだったっけ?昔、釜山からここにやってきたが、その記憶が全くない。
IMG_0045.jpg

と、その横のレンガ造りの建物を見て思い出した。あー、これ確かに昔みたわ!東京駅がモデルになった建物だったよね、たしか?今は博物館か何かになっているのか?
IMG_0047.jpg

ソウル駅からホテルまでは遠くないようなので散歩がてら歩いて向かうことに。数年前に焼失して、現在は見事に復元されている南大門。多分、昔旅行したときも見たはずなのだが、記憶に全くない(汗)
IMG_0051.jpg

そして、そのそばの南大門市場を散策する。つか、人が多いな。
IMG_0052.jpg

食料品や衣料品などが所狭しと軒を連ねている。旦那曰く「上野のアメ横っぽくない?」とのこと。そういわれればそういう気もしてくるが、、。
IMG_0054.jpg
と、江南スタイルという曲が世界中で大ヒットしたPSYの靴下も売ってる。思わず手が出そうになったよ。嘘w
南大門市場は美味しそうな屋台もたくさんあって、ものすごく目移りするんですけど〜。で、結局、おでんのような練り物を唐揚げにしたようなものをもぐもぐ。

「ほんと、日本人は旅に出ると食べ物のことしか考えないよね〜。」と美食大国であるはずのフランス人に言われるのは納得いかないが?

ということで、市庁舎を通り抜けて、今晩の宿であるニュー国際ホテルにチェックイン。先月の香港マラソンの時は、ゴールに近い場所のホテルを予約したのですが、今回は逆でスタート地点に近い場所にしてみた。理由は朝が寒そうなので、ぎりぎりまでホテルにいたいという、、ただそれだけの理由。

→続きを読む

ソウルマラソン2013エントリー

先日のドバイマラソンに続いて、次は来年3月17日に開催されるソウルマラソンにエントリーしてしまった。1月はドバイ、2月は香港、もうこうなったらノリで連ちゃん海外ランだぜと3月に開催されるマラソン大会をチェックしていたら、ソウルマラソンのエントリーが始まったばっかりだということを知る。となると、まずは航空券を確保しなければならないが、4月にサハラマラソンで有給を2週間使うつもりなので、さすがに3月にも有給を使うとキツいので、週末弾丸で走ってくることにする。

となると、LCCのような格安航空券が理想。
エアーアジアの料金を調べてみると2万円以下でまずまずな感じ。しいていうならば、土曜日のソウル到着が夕方になっているのでゼッケンの受け取りが大丈夫かが気になる。日本公式サイトで確認したところ、一応受付時間は決まっているものの、柔軟に対応してくれそうな感じだ。帰りの便は日曜日の夕方なので、昼にマラソンが終わった後、フライトの時間迄ゆっくり観光できるのがいいかも。次はイースター航空、3月の料金は出ていなかったものの、フライトのスケジュールを見て即アウト。日曜日の朝8時にはソウルを発つという。おいおい、マラソン走れないじゃん。

で、全日空、日本航空、アシアナ航空、大韓航空を調べようとしたとき、ふと思った。
そういえば、デルタ航空のマイルがまだ余ってなかったっけ?
デルタ航空のサイトで特典旅行の予約をしようとするもなぜか予約できない。ちなみに、ソウルまでの特典旅行で必要なマイル数は15,000マイル。全然余裕じゃん。

昼休みにデルタ航空に電話して、大韓航空での特典旅行を予約。
3/16(土) 午前、ソウル到着
3/17(日) 夕方、ソウル出発
必要マイルは予定通り15,000マイル、これに事務手数料2,000円(←だからサイトから予約したかったのに…怒)と、入出国税等で4,400円程度がかかった。

これを受けて、ソウルマラソンのエントリーを速攻済ませる。
日本円での決済だったので9,500円+スポーツエントリーの手数料が425円(←こいつの意味がまったくわからん…怒)日本事務局を通さずにエントリーすると、US40ドルと段違いに安いのだが、気になったのは支払い方法。口座振り込みだったので、手数料いくら取られるか考えると面倒くさくなってやめたのだが、やはりこっちにすればよかったのかなぁ…と気になるところだが、もう支払ってしまったのだから仕方ない。

いやー、実はソウルの街を訪れるのは1996年の年末から1997年の年始にかけてなので、かれこれ16,17年振りかもしれない。それも何度も言うようだが、この時たった1週間そこらの滞在で大晦日の夜に催涙弾をくらう、元旦の朝から体調を崩して、上から下から戻しまくりで部屋のトイレから1日べったり離れることができなかったという悲惨な思い出しかないのだよ。

近いようで(私の中で)遠かった国、韓国に訪問するのが楽しみだわ〜。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク