長崎は今日は快晴だった

毎度のことだけど帰る日に限って快晴って止めてくれない?
IMG_1082.jpg

気持ちいい程の秋晴れで普賢岳も眉山もはっきり見える。いつか機会があったら、眉山トレイル、普賢岳トレイル、島原半島一周ウルトラマラソンをやってみたい。絶対やる。

一方、海側は有明海の先の熊本まではっきり見える。
IMG_1083.jpg

これは実家から見えるいつもの景色。島原にいた時は退屈この上ない景色だと思っていたのに、こんなに癒されるものだとは。故郷は遠きにありて思うものってほんとだね。

今日は病院でお医者さんの説明を聞いて、同意書にサインする日なのだが、その前に母に頼まれた用事を一気に片付ける。役所、古本屋、銀行、スーパーをあちこち歩き回り、病院に行く前に祖父のところに寄ったら、祖父が面白い話をするものだからそれに聞き入ってたら、叔母に捕まり、叔母と一緒に病院に向かうことに。お医者さんから治療について説明を受ける、状況はかなり改善され、近いうちに退院できそうである。良かった。叔母のところで遅くなった昼食を食べながら、いろいろくっちゃべっていたら、あっという間に長崎空港に向かうバスの時間である。なんせ、1日に4本しかありませんから…。

空港では某総合電機メーカー時代の同期に会う。
といっても、今年の4月にあったばっかりだから、むちゃくちゃ久しぶりってわけでもないのだけれどもスタバでお茶しながら30分くらいくっちゃべっていたかな。


こうしてバタバタと長崎帰省は終わったのでした。
スポンサーサイト

たこ焼きター坊

今日は、朝から母の見舞いに病院に行ったり、祖父のところを訪ねたり、島原の街を歩き回って過ごしていた。

そして夜はTwitterを介して知り合った地元のラン仲間「島原のRUN」の人達と飲み。そして、その場所は島原市と南島原市を隔てる水無川そば、国道251号線沿いにひっそりと佇む知る人ぞ知る「たこ焼きター坊」である。島原のRUNの人達がFB上で飲み会をしている写真を見る度に楽しそうなところだなと気になっていた。

足がない私のために、島原のRUN仲間が車で島原市内のマックまでお迎えにきて下さった。(かたじけない!)場所さえわかっていたら走ってでも行ったのに、google様で調べてもなぜか滋賀県のお店が出てくる始末で途方に暮れていたので大変助かりました。

たこ焼きター坊の店舗の写真は暗くて撮影できなかったのだが、国道沿いにあるので車でちょっと立ち寄ってたこ焼きを買って行く、みたいなお店かなと思っていたら、なんと奥にはちゃんとお座敷があった。ざっと見た感じでは10人位しか入れそうにないのだが、島原のRUNの人がFBにアップした写真にはそれ以上いたので、見た目よりも収容力があるのかも?

ご夫婦で営んでいらっしゃるようで、ご主人は高校の先輩だった。
焼酎やお酒のバリエーションがハンパなかった。そのコレクションを写真におさめなかったのは痛恨のミス。というか、店内の写真すら取っていない。撮った写真と言えば、料理のみ。しかも全部ではない。

こちらはお好み焼きなのだが、どちらかというと広島風に近い感じなのだが、完全に広島風ってわけではない。どうも島原市内のこのエリアでは有名なお好み焼き屋さんの味を再現したものだそうだ。同じ島原市内でも反対側のはしっこにいたもので、この味は懐かしい味というよりも、初めての味でおいしかった。
IMG_1076.jpg


おでん。
じっくり煮込んであり、味がしみ込んで、口の中でほろほろ崩れて行く感じがイイ。
IMG_1077.jpg

おでんといえば「東京のちくわぶって何じゃ?」という話で盛り上がる。

こちらはごぼうの揚げ物。
IMG_1079.jpg

酒に合う、合う、合いまくり。島原は野菜もうまいし、魚もうまいし、サイコー。なぜ、島原に住んでいた時にこの魅力に気がつかなかったのか。やはり、故郷から距離を置いてこそ、改めて故郷の良さに気がつくんだな。

そして、これは一口餃子だったけな?
IMG_1081.jpg


ラン仲間だからランニングの話や、地元の話で盛り上がる。
超楽しかったのでお酒も進む進む、生ビールから焼酎、日本酒とがっつり飲んでしまってかなり酔ってしまった。どうやって家に戻って行ったのかすらもよく覚えていない。

いやー、地元ってやっぱいいね!

再び、長崎へ

昼の便で長崎へ向かう。
今回の目的は入院している母のお見舞い、担当医と面談して今後の治療について話を聞き、同意書に署名すること、あともろもろの事務手続きである。故郷を離れて20年以上経つが、年に3回も長崎に行くって初めてのことかしれない。長崎空港到着後に、島原行きのバス停に向かうとちょうど1分くらい前に出た後だったというタイミングの悪さ。次は、40分後、、、
IMG_1061_201311241831375bd.jpg


仕方がないのでスタバで時間を潰すかと空港2Fに上がるとドデカちゃんぽんがいた。
IMG_1062.jpg

あれ?4月に来た時にはこいつは1Fになかったか?気がつくとこんな目立たない隅っこに置かれちゃって可哀想に。どうせなら出発ゲートのど真ん中においときゃいいのに。

40分後、バス停に戻ると、衝撃の事実に気がつく。
まず、島原行きのバスは1日に4本しかなかった!しかも、さっき一瞬の差で乗り遅れたバスは島原行きではなく、諫早行きだった。そして、次に来るのも諫早行きである。島原行きは16:45で、更に1時間以上の待ち時間である。これじゃあ、島原に観光客はやってこないよ〜(T−T)仕方がないので諫早駅までバスで向かい、諫早駅からは島鉄列車で終点の島原外港まで向かうことにする。というか、先走って、島原外港までのバスの切符を買っちゃったよ!返金してもらわねば!と、販売機の横の呼び出しブザーを鳴らすが誰もでてこない。ブザーだけが悲しく鳴り響く。仕方がないので、ちょうど空港係員らしき人とくっちゃべってるバスの運転手に話しかけると、なんとその係員らしき人が担当の人だった。呼び出しブザー鳴らしたのに気がつきもしないでくっちゃべっとんたんかい。

なんとか諫早行きのバスに乗り込んだが、このバスが特急バスではなく、普通の路線バスだったため、大村市内を循環し、諫早駅に向かうという鈍足さ加減に最初は涙が出そうになった。しかし、急ぐ旅でもないしと開き直ってからは、のんびり車窓から見える風景を楽しむ。何にもないな〜って(笑)

終点の諫早駅前バスターミナルに到着。
島原行きのバスがないか確認したところ、ちょうどいい時間のバスがないので、予定通り諫早駅に向かい、島原行きの列車の時間を確認すると15分後に出発というナイスなタイミング。土曜日なのになぜか高校生がいっぱいいた。めずらしくほぼ満席状態(しかも1両車両)の島鉄列車は約1時間後に終点の島原外港駅に到着。
IMG_1063.jpg


母のいる病室に向かう。
私の到着を今か、今かと待っていたらしく、到着するなり「遅かったとん、何ばしーよったと?」と言われる始末。というか、思ったよりも回復して、元気じゃん。前回、帰省した時は集中治療室で呼吸器を加えていたので話すことすらままならなかったのに。ま、私の親だから、ただでは死なないとは思っていたけどね。

さて、病院から家までは約7kmの道のり。
せっかくだから歩いて帰ることにするが、途中で島原城そばの姫松屋に寄って具雑煮を食べる。
IMG_1068.jpg

島原にいた頃は具雑煮なんて食べることなんてあんまりなかったのだけれども、帰省したらほぼ毎回食べるようになってしまった。島原の料理は基本的に素朴な味付けなので、こってりした味付けが好きな人にとっては物足りないかもしれないけれども、たまに無性に食べたくなる時があるんだよね〜。

島原温泉の足湯

今日は1日休暇を取得したので諸々の手続きをこなす。
市役所に行こうと最寄りのバス停に行くが、なんと次のバスが30分後である。おいおい、これならバスの路線にそって歩いて行った方がいいんじゃないか?実は昨晩、病院から実家までの道のり約7.5kmを歩いて帰ったのだ。なんせ、もうバスがなかったものでね、、(涙) と、いうことで歩き決定である。前日の白山・白川郷ウルトラマラソンでは100km走るつもりだったんだから、この位何ともございませんわ。オホホホホ(←強がり)

途中でマクドナルドに立ち寄って朝マック。
そして、市役所で限度額適用認定の申請を済ませる。こういう制度があるなんてまったく知らなかったよ。その認定書を持って病院の受付で入院手続きを済ませる。あっという間に終わったよ。母のところで少し様子を見た後、祖父のところにおじゃまする。昨日、突然やってきた時は相当ビックリしていたのだが、さすがに今日はやってくると踏んでいたようで驚かれもしなかった。

昼過ぎに祖父のところを出て、島原外港へ向かう。
帰りは島原外港から高速船で福岡に行き、福岡空港から羽田に戻ることにした。島原外港まではお散歩がてら歩いて行くことにしたのだが、やはり途中に昨日行ったレストラン「とっとっと」に立ち寄ってしまった。今度はがっつり天丼である。
IMG_0983.jpg

海老が丸ごと2匹、器からはみ出てる。むっちゃ食べごたえがありました♪

福岡(大牟田)行きの高速船は15時なのだが、まだ1時間以上時間があるのでやはりここに行くしかない。公共の足湯である。高速船乗り場の目と鼻の先である。
IMG_0986.jpg

島原は市内いたるところで湧き水と温泉が湧き出ている。で、市内で2カ所だったかと思うが公共の足湯があり、誰でも無料でつかれるのだ。私が学生だった頃は足湯なんてなかったんだけどね、、なので、帰省する度にここぞとばかりに時間を見つけては足湯につかりにいっている。

IMG_0982.jpg

島原外港からみるこの景色もお気に入り。

さて、次に島原に来るのはいつだろうか。

とっとっと

朝、福岡から駆けつけてきた叔母と実家でゆっくりしていると、珍しいお客様がやってきた。叔父と従兄弟である。叔父と最後にあったのは自分が入籍した時に旦那と報告に行って以来だから、10年は軽く経過している。従兄弟に至っては私が上京して以来会っていないのでもう20年は軽く経過していることになる。どんだけ親戚付き合いがないんだよってな話ですが、、、(滝汗)

でも今回、本当にいろいろとお世話になり、本当に助かりました。入院手続き等の諸々を引き継いで、いろいろ話したのだが、やっぱりなんというかよくも悪くも地元の人なんだなぁというのがよくわかった。高校卒業後、上京せずにそのまま地元にいたらどういう人生を送っていたんだろうとふと思った。従兄弟が叔母を福岡行きまでのバス停まで送るということで、私は家でもう少しゆっくりしてから病院に行くことにした。

昼頃に近くのバス停まで歩いて行く。
バスは1時間に1、2本というところだろうか。ほんと地元では車がないとやっていけないですわ。車の免許を持っていない私にはキツいな。で、日曜日のバスの中はガラガラというか、私1人しか乗ってない。この路線は一応、メジャーな路線である。それなのにこの状態である、こんなんで採算取れているのか甚だ疑問である。

終点のターミナルからは病院までは散歩がてら歩いて行くことにする。
というか、腹が減ったのでどこかで食べて行くことにする。ここ数年、帰省する度に立ち寄っている島原漁人市場とっとっとが、病院に行く途中にあるので寄ることにした。

地味に刺身4点盛りにしたのだが、ほんとに地味だった。
IMG_0981.jpg
ここは器から溢れんばかりのエビ天や、刺身とかガネ(蟹)とかあるのだけれども、さすがにガッツリ食べる気がしなかったのでこのチョイスだったんだけれども、やはり物足りなかった。しかし、やはり刺身は新鮮で美味しい。島原独特のどろっとした刺身醤油も久しぶりである。もうこっちの刺身醤油に慣れてしまったため、最初はどろっとしてくどいと思ったのだが、やはりこの刺身醤油で育っただけはある。すぐになじんだ。

IMG_0984.jpg
やはりここから見る風景は好きだなぁ。
次来る時は灰干しとか食材を買いだめしないとなぁ。

金沢から長崎へ

IMG_0973.jpg

昨晩23時新宿発の夜行バスに乗って金沢に向かっている途中のことだった。明け方近くになって覚えのない電話番号からの電話が入ったのだが、車内は就寝中の人達がいるので通話は控えるようになっていた。そのため、そのまま電源を切った。朝、7時過ぎに金沢駅前に到着。携帯の電源を入れてみると、おびただしい数の着信履歴、そしてメッセージ。メッセージを確認すると、長崎に住む従兄弟からである。上京して以来、まったく会っていない従兄弟からという時点で何だか嫌な予感、、は的中した。母が入院したという。

一瞬、頭が真っ白になった。
翌日に開催される白山・白川郷ウルトラマラソンのために金沢入りしていたのだが、どうしたらいいのか正常な判断ができなかったのである。いや、長崎に行かなくてはいけないとわかってはいたのだが、まず何をどうしたらいいのかちょいと混乱していたくらいに動揺していた。

ここから一番近いのは小松空港。
で、すぐさま長崎、もしくは福岡行きのフライトを探すが、なんと直行便がない!(←と、この時点でやはり結構動揺していたらしく、JAL便を探していただけで、ANA便は探していなかった。ANAは飛んでいたんだな。)仕方がないので、大阪まで出るしかない。幸いにして、金沢駅にいたため、JRの窓口で大阪行きの特急電車のチケットを購入する。電車を待っている間に旅行会社に連絡し、宿の手配/会場往復バス等の予約を全てキャンセルする。

ということで、翌日の白山・白川郷ウルトラマラソンはDNS (Did Not Start)

金沢から大阪まで特急電車で福井県、滋賀県、京都府を通過して約3時間。その間、車内で最短で島原入りできる方法を模索する。我が故郷島原は、長崎空港から車で2時間、福岡空港から電車、バス、フェリーを乗り継いで2時間という選択肢がある。後、熊本空港からも入れるのだが、これはまだやったことがないので選択肢から除外。と、関西国際空港発のピーチアビエーションの長崎行きが時間的にもちょうど良いようだ。しかも、LCCでお財布にも優しい。11時半には大阪駅に到着。つかこの辺、初めて来たけど、すごいねー!しかも、半沢直樹の大阪編の舞台にもなった銀行もあるじゃないですか〜。思わず、お上りさん的にいろいろ見て回りたい衝動に駆られるのだが、時間がないのでバス停に向かい、関西国際空港行きに乗り込む。

関西国際空港の第2ターミナルはしょぼ!って最初思ったのだが、これはLCC専用ターミナルだったようだ。そう考えると、キレイで明るくてこ洒落ていて、今までの成田、KL、ボルドーなどのLCCターミナルに比べると段違いにいいかも!
IMG_0974_201310141038556d4.jpg

お土産売り場も飲食店も思っていた以上に使えたので助かった。しかし、関空のLCCターミナルって今後使う予定があるかしら、私?

IMG_0975_20131014103856481.jpg

初、ピーチ!
機体は小振りで、機内は狭いけれども、長崎までの1時間弱のフライトだったら全く問題無し。これは是非に羽田ー福岡/長崎の就航を切に願う。帰省の選択肢が増えるのはとてもいいことだから。

IMG_0976.jpg

約5ヶ月振りの長崎。
ここからバスで2時間かけて島原入り。結局、母がいる病院に着いたのは18時過ぎ。金沢から長崎まで約半日近くかけての大移動で本当に疲れたべさ。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク