2009年旅行計画

P1040009.jpg

昨日、マドンナ姐さんからの思わぬプレゼントのおかげで、今年は仕事がかなり忙しそうだから、ちょっとテンション下がり気味だった旅行計画にも果然やる気が出てきた。
マドンナ姐さんのヨーロッパツアーのチケットの確保次第だけれども、ファンサイトで先行販売を行うので多分大丈夫かな?(昨年のアムスも、その前のパリも第1希望で確保できたし)

ということで、今年は、
▼8月に北欧(スウェーデン、フィンランド)+バルト3国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)を9日間、もしくは16日間で周遊。アエロフロートロシア航空で、スウェーデンとフィンランドのオープンジョウチケットを購入し、バルト3国へはフェリーで、バルト3国内は鉄道で移動を計画してます。
旦那もちょっと興味津々なようなので、旦那が一緒に来るようであれば、フランス帰省も考慮に入れて、フィンエアーかスカンジナビア航空でパリ行きの航空券を購入し、ヘルシンキかストックホルムでストップオーバーする。

▼5月のゴールデンウイーク後に休みを取って(もしくは、代休・・・GW中は仕事の可能性が80%だからね・・・)、ミャンマー、又は、去年行きそびれたラオスでのんびりする。
(あくまでも予定は未定・・・汗)

▼9月の連休に仕事が入らなければ、どこか近隣諸国、もしくは国内のどっかに遠出する。
(あくまでも予定は未定・・・汗)

▼11月はワシと旦那の誕生月、連休とくっつけてお休みとって、どこか近隣諸国、もしくは国内のどっかに遠出する。 (あくまでも予定は未定・・・汗)


計画通りに行くかはわからないけれども、ぜひとも実現させたいものです。
スポンサーサイト

"STICKY & SWEET" TOUR 再び

sao_paulo_03.jpg

昨夏のアムスでのSticky & Sweet Tourの興奮の余韻も冷め、ツアーも昨年末で終了し、後はDVD発売を待つだけかと思っていたところに思いがけないニュース。

今年の夏に2ヶ月間、ヨーロッパを回るんですって!!
そして、そのツアーの日程が発表されましたーーー!!(むっちゃ、興奮)

4-July London The 02 London
7-July Manchester MEN Arena
11-July Werchter Festivalpark
14-July Milan San Siro
21-July Barcelona Olympic Stadium
23-July Madrid Vicente Calderon
28-July Hamburg Trab-Arena Hamburg Bahrenfeld
30-July Oslo Vallehovin
04-Aug Tallinn Tallinn Song Festival Ground
06-Aug Helsinki West Harbour
09-Aug Gothenburg Ullevi
11-Aug Copenhagen Parken
13-Aug Prague Chodov Natural Amphitheatre
15-Aug Warsaw Bemowo Airport
18-Aug Munich Olympic Stadium
20-Aug Ljubljana Hippodrome

チケット発売は来週早々に始まるのですが、まさか今年もマドンナ姐さんがツアーをやってくれるとは思ってなかったので、今年の旅行計画に入れていなかっただよ。うれしい誤算ですワ。
7月中旬以降なら、仕事の方もいったん落ち着く(?)だろうし、思い切って行っちゃうよ。
今度は奮発してVIP席狙います。

で、場所ですが、地理的にも日程的にも近い2つ、そしてまだ足を踏み入れていない土地、
フィンランドとエストニアが有力候補っす!!
(※もちろん、チケットの確保状況で変わってくるかとは思いますが・・・。)

どなたか一緒に行かれますかい?
いやーーーん、何かバリバリ仕事して、お金ためようというモチベーションが上がりましたワ。

読書記録 2009.01.29

今週は残業続きの日々だったので、あまり本を読むことがなかったぁ。
・・といっても、山崎豊子の本を一通り読み終えて、ある種の燃え尽き症候群みたいになっていて、他の本に食指が伸びなかったっていうのもある。

とりあえず、先週末に図書館で借りてきた林真理子のエッセイ本を読了。
私のスフレ私のスフレ
(2007/01/18)
林 真理子

商品詳細を見る
作家になる以前を振り返ったエッセイ本かな?小・中・高校時代に書いた作文も掲載されているのだけれども、もうこの頃から彼女には文才があったのねと思わせるようなクオリティの高さ。しかし、やはり林真理子のエッセイは「今」をテーマにしたものが面白いかな・・・と思った。


そして、本屋で新刊の棚に並んでいるのを見て、ソッコー買ってしまった漫画2冊。
ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
(2009/01)
美内 すずえ

商品詳細を見る
4年ぶりの新刊!待ちわびてましたよ。ガラスの仮面といえば、中学生の頃、試験前に友人宅で集まって試験勉強しているときに本棚に並べてあったこの本に気がついて、勉強の合間の息抜きに手をかけたのが最後。気がついたら、友人宅から持ち帰って勉強そっちのけで読みふけってましたワ。しかし、このアマゾンのレビューが面白い。母が死なないうちに、自分が死なないうちに最終巻を出してくれという切実な願い。まったくもってほんとだよ。

YOUに連載されていた人気連載、パティスリーMONの最終巻。YOU連載中も読んでいたのだけれども、それでもコミックを買い求めたのはこの漫画のみ。とにかく面白い。
パティスリーMON 10 (10) (クイーンズコミックス)パティスリーMON 10 (10) (クイーンズコミックス)
(2009/01/19)
きら

商品詳細を見る
最終回はちょっと物足りない感じがしたけれども、ま、こういうのもありかな?漫画に出てくるケーキが本当においしそうなんだなぁ、これが。

Koh Lanta / Le Retour des Héros

2733316nhtrs.jpg

昨年9月末にKoh Lanta シーズン8が終わって、さて次は今年の夏だなと思っていたら、
何とやってるじゃないですか。但し、シーズン9ではなくて、番外編のヒーローリターンズってやつ。
2001年に始まったシーズン1から、昨年のシーズン8までの優勝者、そして名物キャラ(?)がアマゾンのジャングルに集結してのサバイバルゲーム。

・・・といっても、私、シーズン5(途中まで)とシーズン7、8しか見てないからなぁ。
知っている人があんまりいなかった。つか、シーズン7の王子、いやコランタの騎士と形容されたグレゴワール君が出ていないではありませんか(怒) 楽しみ半減だな。

ということで、直近でなじみ深いシーズン8に出ていたジャン・ベルナールと優勝者のクリステルを応援しております。シーズン7で優勝したジャドを応援しようと思っていたのだけれども、1回ゲームに負けたからって、周りのせい、チームメンバーが悪いから辞めたいだどうのと泣きっ面かいたところで不快な気分になって応援する気がまったくなくなりやした。

つかね、クリステル・・・もう戦線離脱しちゃった(涙)
やっぱ、ついこの間優勝しちゃったもんだから、記憶に新しく、しかも現役警察官だけあって気力・体力・知力十分だから他のメンバーに脅威な存在としてうつってしまったんだなぁ・・・・。

チッ、更に楽しみが半減されちゃったよ。

読書記録 2009.01.23

本日は職場で恒例になっているのか(?)ガレット・デ・ロワの会なるものが定時後、社内で催されました。残念ながら、フェーヴは当たらず・・・。

さて、今週の読書記録なんですが、やっぱり読んでしまった・・・・。
P1040007.jpg

山崎豊子「沈まぬ太陽」、今年映画化されるとか?
「華麗なる一族」「大地の子」「白い巨塔」など、改めて思うけれども本のタイトル付けが絶妙すぎる。先週末に図書館から借りてきて、1日ほぼ1冊ペースで読み進め、ついに本日全巻読了。
おかげで今週はむっちゃ寝不足でした(涙)仕事が少し忙しくて、帰宅が夜10時過ぎがほとんどだったのに、寝る前に2~3時間、そして往復の通勤電車の中で読みまくってました。
「御巣鷹山編」は涙なしには読めず、小学校高学年の夏休みに毎日テレビニュースにはりついて状況を見守ってた自分を思い出しました。

あと、沈まぬ太陽と一緒にこちらの本も借りてました。
世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)
(2008/11)
おおば ともみつ

商品詳細を見る

分厚い本でもないので、借りたその日に1時間くらいで読み終えました。
日本の政治家も結構小粋なギャグを言うんですね。オヤヂなギャグくらいのイメージしかなかった(すみなせん・・・)

ナンを焼いてみた

溜め込んでいた雑誌を先日ようやく資源回収(・・・廃品回収?)に出すことができてホッとしたのもつかの間、「今日はブックオフにいらない本持ってくよーっ。」と張り切る旦那。
ずっと、空き部屋に溜め込んでいた雑誌とともに放置されていた本が気になって仕方なかったらしい。「ブックオフまで持っていくの手伝うから」というまたとない旦那の気まぐれ(?)に便乗し、約60冊の本をブックオフに持ち込む。1000円位で引き取ってもらえればいいかなと思っていたら、2300円位で引き取ってくれた。オオオーッ。

表立って公表していないが(・・って今公表してるのか?)、今年は家の整理整頓、なるべくモノを増やさずにスッキリとして部屋を目指してます。モノが増えると部屋が散らかるのよー(涙) そして、空き部屋を客室兼、ワシの勉強部屋にしてやる、ヒヒ。

さて、その後は食料の買出しへ。
前から気になっていたS&B 手作りキーマカレーを購入。
img10621247732.jpeg
スパイスを一つ一つ揃えるのが面倒なので、こういう風にセットになってると楽ですワ。

せっかくキーマカレーを作るんだから、ナンで食べたいよねー。
ということで、ナンは手作りすることにして、今回参考にしたレシピはコチラ。このブログは世界のいろんな料理をとっても簡単につくれるようにレシピを変換していて、本も出してらっしゃいます。

「オオオー!ナンを自分で作ったのー?!」なんて驚く旦那。
フッ、自分でもこんなに簡単に作れるとは思ってもみなかったさ。
次は、スパイスもいろいろ用意して、自分で調合したカレーを作ってみたいと思ったり。
あと、チャパティも手作りしたいな・・・と野望だけが広がるのであった。

いつまで続くかな?

P1040005.jpg

毎度の事ながら、フランスに行く度に「もっとフランス語を勉強しとくんだったー!」と後悔し、日本に戻ると喉元過ぎたら何とやらで、フランス滞在中に帰国したらもっとフランス語を勉強するぞという誓いもわずか数日で遥かかなたにぶっ飛んでしまう。

この間のフランス滞在で3年振りに会う甥っ子、姪っ子が目を見張るほどに成長して、もうペラペラしゃべりまくるようなお年頃。そうだよな、5歳で幼稚園の年長さんになったら、そんなもんだよな・・・。っていうか、今度会うときまでには「私が」もっと話せるようになっていないと、かなりヤバイかも、ワシ(^_^;

・・ということで、今年に入ってからはなるべくフランス語に触れる機会を増やすべく、
iPodにTF1、M6、RFIのニュース番組のpodcastを投入し、通勤時間や昼休みなどの隙間時間を利用して聞きまくり、テキストのコピーを持ち運びやすい大きさに折りたたみ、これも隙間時間に眺めたり、問題を解いたりしています。・・・・さて、いつまで続くことやら・・・。

そして肝心の仏語会話の練習はどうしようか。
職場の仏人同僚相手というのも気が引けるし、やっぱ旦那に餌食になってもらうかいな?
つか、まだ仏語になっていないのか?というツッコミは勘弁してくださいませ。

24 シーズン7

24_Season7.jpg

ついに始まりましたな、24 シーズン7
待ってましたよ、脚本家のストだなんだと結局2年ぶりですか?
「あ、あんた死んだはずでは??」の彼も思ってもいなかった形でジャックの前に登場。
ある意味良かった、あの死に方はちょっと間抜けすぎると思ってたんだよ。生きてて良かった。
つか、CTUはもうなくなっちゃったのね。あの電話の着信音がもう聞けなくなったのはちと寂しい。
ということで、これからデスパレートな妻たち シーズン5と共に観れる楽しみが増えました。

読書記録 2009.01.11

年末年始のバタバタで(?)ちょっとだけ貸出期限が過ぎてしまった本を返却しに図書館へ行ってきたついでに借りてきた本2冊。あまりにも読みやすかったのでサクッと読了。

いつから、中年?いつから、中年?
(2008/02/26)
酒井 順子

商品詳細を見る

ベストセラー書「負け犬の遠吠え」でお馴染みの酒井順子氏のエッセイ本。
タイトルに惹かれるかのように手にしたのだが、週刊現代で連載しているエッセイをまとめた本のようである。・・のようであると書いているのは、週刊現代の連載を一度も読んだことがないから。

「行列を愛することができるか?」のコラムはまったくもって同感。
「行列に親和性の低いものは、また、行列運が悪い者である」のくだりには思わず「うーーむ、なるほどっ」と唸ってしまったくらい、身に覚えがありまくる自分・・・(^_^;


パリママの24時間  仕事・家族・自分パリママの24時間 仕事・家族・自分
(2008/10/23)
中島さおり

商品詳細を見る

「パリの女は産んでいる」の著者である中島さおり氏によるパリママ15人取材レポート。仕事と子育て、そして自分の時間をどのように両立させているのか。皆さん共通して言えることは、自分なりの試行錯誤の上、ようやく自分に無理のないスタイルを作り上げているということ。

専業主婦だった自分の母が離婚後、大変な思いで自分たち3人の子供を育ててきた姿をつぶさに見てきたためか、私は子供を産んでも仕事を辞めて、専業主婦になるという考えは一切ないので、私もこのように周りの協力(特に、オットね)で両立していければなぁ・・・なんて思う。

パリの女は産んでいる―“恋愛大国フランス”に子供が増えた理由パリの女は産んでいる―“恋愛大国フランス”に子供が増えた理由
(2005/11)
中島 さおり

商品詳細を見る

これでご飯何杯でもいける

P1030758.jpg

以前の日記でロシアにいる旦那の友人がフランスの実家に遊びに行った際にお土産として持参したイクラの塩漬け3瓶だが、結局、フランス滞在中に(ほとんど私が)1瓶を平らげてしまった。
このイクラがとってもおいしくって、バゲットとの相性もむっちゃくちゃ良かった。肉類を食べたいと思うほどの食欲はなかったけれども、このイクラだけは昼・夜と食ってましたな。あんまりにも美味しそうに食べるワシをみて、「そんなにウマイものなのか?」と旦那をはじめ、旦那両親、旦那祖父まで味見し、「ウマーーーイ!」なんて言い出すではないか。食わず嫌いかよっ。

・・・ということで、そのうちの1瓶はそのまま旦那の実家へ。
もう1瓶はもちろん(彼らの気が変わらぬうちに)日本へ持ち帰りですワ。

そして、実はですね。
ロシアに滞在していた際に私が「イクラ大好き」と食事中に会話していたことを覚えてくれていた旦那友人母が、手土産にと上記写真よりも若干小振りではあるが、イクラの塩漬けを更に2瓶も頂いてしまったのであーる。

帰国後、すぐにご飯を炊いて、白いご飯の上にのっけて食べましたさ。
もう、すんごくうまーーーーーーーーーい!!!!
それからというもの、バクバク、バクバク、底なし沼のように狂ったように食いまくる。
・・・ということで、もう既に残り1瓶。冷蔵庫を見て旦那が驚く。

「帰国してからまだ一口も食っていないのに、もう一瓶しかなーーーい!!」

フッ、この世は弱肉強食さ。
しかし、このイクラの塩漬け、ロシアではいったいイクラで売られてるんだ?
(新年早々のオヤジギャグすんません。)

手打ちうどん

P1030998.jpg

これを「美味な時間」のカテゴリに入れてよいものか(笑)
正月休み最終日の今日は家でのんびり過ごしました。っていうか、出かけるのが面倒くさかったので引きこもっていたともいう。

先月の旅行で体調を崩していた時にどうしても食べたかったのが「うどん」
それを思い出し、無性にうどんが食べたくなったものの、うどんの麺がない、外に買い物に出るのが億劫。ふと、「うどんの麺がないなら自分で打てばいいんだ、pourquoi pas?」と思い立った末にできたのが上記写真のうどん。具はありあわせのものをぶち込みました・・・(汗)

P1030997.jpg
手打ち麺はネットで検索し、簡単そうなレシピを参考にしてつくってみた。ほんとに世の中便利になったもんだ。麺を切るにしても自分の性格っつーもんが現れるんだねぇ。最後の方はだんだん面倒(?)になってきたのか麺がぶっとくなってるし。

P1040001.jpg
案の定、「きしめんか?ほうとうかっ?!」っつーくらいぶっといし。

でも、打ち立ての麺はやっぱりコシがあってうまかったっす。
今回はうどんの汁に「だしの素」を使ったので、今度はきちんと出汁をとってみますぜ。

「白い巨塔」読了

P1040003.jpg

本日は張り切って都内某所の新春バーゲンに行ってまいりました。
フランスにいる間も買いたい洋服があっても、日本に帰ったらバーゲン、バーゲン、安く買えると自分に言い聞かせただけに気合十分、購買意欲満々で出かけたのだけれども・・・・・。
1日出遅れたせいかどうかはわからんが、思ったよりいいものがなかった・・・(チッ)

先月、旅行前に図書館から借りてきた山崎豊子著「白い巨塔」
出発前に3巻まで一気に読み切り、4,5巻だけ持って旅行に出かけましたが、ボルドー到着初日で全て読みきってしまった・・・。この本も例に漏れずどっぶりハマリました。

たまたま体調を崩していたときにこの本を読んだので意味もなく、「もしかして、ワシって胃がん?」なんて不安になり、日本に戻ったら健康診断に行こうと思ったワシ。ええ、もちろん、喉もと過ぎたら何とやらで、すっかり健康体になった今となっては・・・(以下自粛)

山崎豊子の本をあらかた読みちぎったので、今度は他の作家の本を読もうかな。
でないと、彼女の本を全て読みきったら楽しみがかなりなくなってしまうからなぁ。

今年の抱負なんぞ

今日は早起きして初売りに出かける気満々だったんですが・・・・・
起きたらもう既に昼過ぎ(14時!)でございました。時差ぼけが直っていないようでござる。
結局、一日中家でごろごろしたり、旅行の荷物を片付けたりして過ごす。

さて、新年も明けたことだし、毎年恒例の今年の抱負なんぞ。
ちなみに去年の抱負はこんなこと言ってたみたいです。

もっとプライベートを充実させたいっつーのが今年の抱負です。

具体的には、
週末だけでもいいので、もっと頻繁に旅に出て国内外いろんなものをみたい。
読書量を増やす。洋書、和書問わず、気になるものは片っ端から読んでみる。
ヨガを行う時間を増やす。
宅ヨガだとなかなか自分に言い訳して時間を作らないので、道場入りじゃ。

ってなところでしょうか?


2008年は2月のベトナム旅行を皮切りに、4月は関西旅行、9月はベネルクス+パリ、11月はタイ・カンボジア、12月はフランス・ロシア旅行と今までにないほど頻繁に旅行に出たのではないかしらん?ちなみに今年はというと、うちの上司曰く「2009年はむちゃくちゃ忙しくなる」とのことですので、去年並みに頻繁に出れるかはわかりませんが、今年は国内を中心に旅に出たい。
読書量については去年は結構本を読んだ方ではないかしらん?
2008年は何と言っても山崎豊子の小説にハマッた年、今年は誰にハマるのか?
ヨガ・・・道場入り結局しなかったなぁ・・・(゜_゜|| (遠い目)


ということで、今年の抱負は去年の上記の抱負に加えて、
1.フランス語強化(DELF B2、仏検準1級受験)
2.ダイエット(まぢでヤバイんで・・・)
3.仕事関係(金融、またはIT)の資格を最低1つ取得

・・・ってなところでしょうか?

明けましておめでとうござます

P1030994.jpg

今朝11時頃に無事に成田に到着しました。
新年は日本時間ではモスクワ着陸時、フランス時間ではシベリア上空で迎えました。
モスクワ時間でちょうど新年になったとき、機内は拍手喝采、そしてクルーからシャンペンとチョコが振舞われました。数年前に某フランス国営航空(あ、ばれちゃう?)に乗った際、こちらもシベリア上空で新年を迎えたわけですが、日本時間とフランス時間の新年に機長からのアナウンスがあっただけでしたなぁ。

機内から見えた富士山はとても美しく、日本人魂を呼び起こされたような気持ちになりやした。
つか、隣で富士山に見入り、写真を取りまくる仏人オット。
京成線の成田第1ターミナル駅のプラットフォームでおにぎりをほおばったとき、織田裕二のモノマネをする某芸人ではないけれども、「日本人に生まれてよかったーっ。」

フランスとロシアからの持ち帰り品が異様に多く、
行きよりも荷物が2つも増えた上に、お互いのスーツケースがパンパンに膨れ上がってもうた。
これで当面の食料は確保できやした(え?)

ということで、旅行記はこれから随時アップしていきます。
2009年、皆さんにとって素敵な年になりますようにっ。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク