おフランス風味

ARCHIVE PAGE

archive: 2009年04月  1/1

ジム・クレイマーの株式投資大作戦

No image

いろんなところでお勧めの1冊となっていたコチラの本をこの間購入し、ようやく読了。なかなかボリュームがあり、内容も面白く、読み応えがありました。これは我が家の本棚に半永久保管されること間違いなし。全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦(2006/07)ジム クレイマー商品詳細を見るこちらの本、タイトルは何だか胡散臭さをかもし出している雰囲気なのですが、書いてあることはとてもまともで(失礼!)、自分...

  •  0
  •  0

森林浴

No image

我が家の周りにはたくさんの緑地があり、この季節は美しい緑に囲まれ、自分も何だか自然の生命力を注がれたかのように元気になるような気がする。ずっと前から気になっていた近所の散歩道を旦那と一緒に散策。散歩道・・・と言っても、ちょっとした山登り、ハイキングなのである。小高い丘の上に昔はお城があったそうで、その城跡へ行ってみることにしたのである。いやー、去年のカンボジア旅行で小一時間歩いた山道を思い出す。意...

  •  0
  •  0

美は惜しみなく奪う

No image

いやー、今週末はほんとにのんびりさせていただきやした。土曜日なんて疲れがたまっていたのか、恐ろしく長いことバクスイしてました(汗)今日はいい天気だったので、旦那と作業分担して家の大掃除、そしてベランダの手入れを少々。これからベランダでテーブル広げてビール飲んだりするのにいい季節になってくるので、この殺風景になったベランダを何とかせねば。GW中に苗を購入して、ベランダ緑化作戦じゃ。今日はこちらの本を...

  •  0
  •  0

Britains Got Talent 2009 - Shaheen Jafargholi

No image

久々にのんびりできる週末。あれもやりたい、これもやりたいなんて思いながらも、結局、「Britains Got Talent 2009」をみちゃってました。旦那がこの間見せてくれたスーザン・ボイルでかなり衝撃を受けて、YouTubeで何度再生して見たことか。で、今回はこちらの12歳の少年の歌声に衝撃↓Britains Got Talent 2009 - Shaheen Jafargholiサイモンが途中で止めて「選曲を誤っている」と言ったときは、いやいや、既にむちゃく...

  •  0
  •  0

ウォーレン・バフェット 自分を信じるものが勝つ

No image

やっと1週間が終わりました。今週はお客さんの前で話す機会が多くて、かなり疲れました。舞い上がってしまうと、先走って説明しようとする悪いクセだけは直そうと反省する今日この頃。さて、図書館から借りていたにも関らず、後回しになっていた本を読む。そう、返却期限が迫っているんですねー(汗)ウォーレン・バフェット 自分を信じるものが勝つ!―世界最高の投資家の原則 (スピークス・シリーズ)(1999/07)ジャネット ロウ商品...

  •  0
  •  0

最初のオトコはたたき台

No image

昨日、本屋で見かけてソッコー買いとなった私の定番、林真理子のエッセイ本。タイトルで、最初、ananの連載エッセイをまとめたものかと思っていたら、週刊文春のエッセイの方でした。最初のオトコはたたき台(2009/04)林 真理子商品詳細を見る昨日の晩から読み始め、今朝出勤前に読了。2008年はそうだ、そういうこともあったなぁーなんて懐かしい時事ネタ満載なのでサクサク読めちゃうんですよね。で、近日、ananの連載エッセイをま...

  •  0
  •  0

ミレニアム2/火と戯れる女

No image

今日も朝早くから仕事でございました(涙)のんびり自分のペースで仕事ができるかなと思っていたら、とにかくお客さんに振り回され、かなり疲れた。もうとにかく平穏な週末を望みますだ。今日、一気に読み終えてしまっちゃいました・・・。ミレニアム2 上 火と戯れる女(2009/04/02)スティーグ・ラーソン商品詳細を見るミレニアム2 下 火と戯れる女(2009/04/02)スティーグ・ラーソン商品詳細を見る本当はゆっくりと味わいながら読む...

  •  0
  •  0

Britains Got Talent 2009 - Susan Boyle

No image

まずはとにかく、こちらのビデオをご参照くださいませ↓Britains Got Talent 2009 - Susan Boyleもう衝撃でしたね。ぶっちゃけ、人の歌を聴いて涙でそうなくらいに感動したのはこれが生まれて初めてかも。大げさなと言われるのを覚悟の上であえて言う、スゴイすぎ!!旦那が最近アメリカやイギリスのテレビ番組を見るのにはまっていて、アメリカンアイドルの流れからか(サイモンつながり)、この番組を見始めたようで読書に忙しい...

  •  2
  •  0

ミレニアム/ ドラゴン・タトゥーの女

No image

いやー、完全にハマりました。面白かったっす。ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上(2008/12/11)スティーグ・ラーソン商品詳細を見るミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下(2008/12/11)スティーグ・ラーソン商品詳細を見るここ最近、資産運用関連、もしくは自己啓発本ばかり読んでいたので、気分転換に読み応えのある小説を読みたいと思っており、翻訳者が時折訪問させて頂いているブログの方であることという(自分勝手な)親...

  •  0
  •  0

起きていることはすべて正しい

No image

先週末、元同僚の家で晩御飯をごちそうになった時、「起きていることはすべて正しい」という言葉について話題になり、ついで・・というわけではないが、同タイトルの勝間女史の本を購入してみた。結構、厚みのある本だったが、旦那と外で待ち合わせしている隙間時間にさくっと読み終えてしまった。起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術(2008/11/29)勝間 和代商品詳細を見るということで、本の中で気に...

  •  0
  •  0

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術

No image

予約していた本が届いたということで引き取りに行ってきた。「海外投資を楽しむ会」の創始者でもある、作家の橘玲氏による海外投資の魅力を綴った本。黄金の扉を開ける賢者の海外投資術(2008/03/07)橘 玲商品詳細を見る旅行したついでに海外の証券会社に口座を開いて投資を行うというのは面白そう。特に、フランスは年1回のペースで訪れているので、可能であれば(手数料がお手ごろ価格だったらという前提で)現地の証券会社に口...

  •  0
  •  0

アセットアロケーション -200904

No image

さて、先月に引き続き、今月の資産配分状況をまとめてみた。by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー先月は外国債券の比率が50%を超え、目標とする数値からあまりにもかけ離れていたので、じわりじわりと円安傾向になっているこのタイミングを逃さず、ユーロとドルの建玉を利確して決済した。そのおかげで37%まで落とすことができ、目標数値より+2%になったということでとりあえずOK。先月は外国株の購入を...

  •  0
  •  0

おじいさんは山へ金儲けに・・・って

No image

こちらも先週図書館で見かけて借りてきた本。とにかく、最近の私はかなりジャンルは偏っているものの本の虫状態で、これって5年に1度にあるかないかの、私にとってはかなりの珍事でございます(汗)こちら、投資を始める数年前に読んでいればよかったなーと思う初心者向けの解説本2冊。おじいさんは山へ金儲けに(2001/08/25)村上 龍山崎 元商品詳細を見る桃太郎、一寸法師などのお馴染みの日本昔話アレンジした投資の心構え、心...

  •  0
  •  0

ゼロからのMBA

No image

週末に図書館に立ち寄り、何か面白そうな本がないかと物色していた際にタイトルに引き付けられて即貸し出しカウンター行き。ゼロからのMBA(2003/03)佐藤 智恵商品詳細を見るNHKの番組プロデューサーだった著者が退職して、アメリカへのMBA留学した体験を綴った本。MBA留学というと費用もハンパないし、英語での高度な授業についていくのも大変そうなイメージが思いっきりあるのだけれども、著者の場合は人徳なのか周りの...

  •  0
  •  0

やっと受領

今週末も朝も早よからお仕事でございました(涙) 仕事帰りに日仏学院に立ち寄って、ようやく受け取ってきましたよ。昨年の春に受けたDELF B1の合格証書でございます。2月の中旬頃に合格証書の用意ができた旨のハガキが届いていたんですけれども、なかなか飯田橋方面に足を運ぶことがなかったのですが、ちょうどお花見のシーズンでさぞかしお堀の周りの桜は美しいことだろう・・・と、ようやく足を運ぶ気になったわけです...

  •  0
  •  0

ちょっとだけお花見

うちの近所の桜並木道は見事なほどに満開になっておりました。今週末は仕事も入っていて、あまりゆっくりできないのですが、旦那がなぜかハンバーガーを買ってきたので、外で食べようということで外に繰り出したわけです。花見するなら、するって前もって言ってくれればお弁当くらい用意したのに~(って心にもないことを言ってみる)やはり桜の季節になると、気持ちが舞い上がると言うか、ウキウキした気分になりますワ。「日本だ...

  •  0
  •  0