もう1月も終わり・・・

P1050625.jpg

この間、新年を迎えたと思ったら、もう1ヶ月経っちゃった。時が経つのは早いねー。
フランクリンプランナーに1月を振り返り、マインドマップで書きなぐる。

▼フランス語学習は、結局これから通う語学スクールが決定しただけ。
ミャンマー旅行後から通い始める予定。そういや、仏語でのTwitterのつぶやきが滞ってるワ。
▼読書は10冊読了。予定通り。
▼ダイエットは今月-2㌔。朝食をフルーツとヨーグルトに代えて、昼食はなるべくお弁当持参、毎日10,000歩以上歩くようにしてみた。
▼ファイナンシャルプランナーの課題提出が来月頭が最終期限だって事をすっかり忘れてた。試験を受けたいと思っていたけど、資格取得の緊急性はないので、またいつかの機会にでも。しかし、悔しいなぁ。せっかく全科目DVD受講完了したのに。でも、自分の知識として身についた(はず)なのでヨシとすることにする。
▼FX 南アランドのロングポジションを取るが、思うような値動きをしていないので、決済できるのは来月か?

と、こんな感じの1月でした・・・(^^;

スポンサーサイト

ガールズトーク

shop new
(SLOW RIDE ホームページより拝借)

仕事を速攻片付けて向かった先はハワイアンバー。久しぶりに(2年ぶりくらいか?)友人達と飲む。小学校からの幼馴染といってもいいのかな?せっかく皆、近く(といってもいいかな?)に住んでいるのに、なかなか会う機会がなく、ようやくこの日に飲み会が実現したのである。

久々にガールズトークに花が咲く。
気がついたら閉店まで居座り、危うく最終電車を逃すところだった(汗)
気のおけない友人達との飲みはやっぱり楽しいねー。

ハワイアンバーなんて初めて。
店内も、概観もいかにもハワイって感じのディスプレイでした。
って、ハワイは行ったことないいですけどね・・・。
(しかも、実はあんま興味なかったりする。)

すっかり忘れていたこと2

去年、パリまでの往復航空券を手配するだけ手配して、ボルドーからの帰りの交通手段の手配をすっかり忘れて、旦那の指摘で気がついたワシ。

「これにフライトのスケジュールと宿泊するホテルの連絡先書いといてよ。」
と旦那に言われ、渡されたカレンダーに来月の旅行のスケジュールを記入していて、ハタと気がついた。

バンコクのホテルを押さえてなかった。

トランジットで行き帰りで1泊ずつするんだった。
行きのトランジットは深夜到着、早朝出発だから、そのまま空港のベンチかなんかで寝て過ごしてもいいかなーなんて言っていたら、「学生じゃないんだから(もう若くないんだから)、ホテルのベッドでゆっくり休んで疲れをとりなさい。」
だって・・(T_T)

ホテルなんて、現地についてからでも全然大丈夫なんだが、

・一人旅のときは、お留守番する旦那が心配するので事前に宿泊先情報を提供しなければならない。
・短い日数の場合は、効率よく観光するために(現地について、ホテル求めてうろうろする時間を省く)

という理由で出発前にサイトで予約しています。Agodaのサイトは、ディスカウントやポイントもあって使い勝手がいいしね・・。というわけで、サクサクっと予約完了。

今回の旅の総予算は15万円ほど。
某氏のホテル1泊延泊よりちょっと高い程度だぞ。エヘン!(って、微妙な自慢)

ついに決定

P1050618.jpg

週末と言えば、デブ症・・・いや出不精の私は家、または近所のカフェでのんびりしていることが多かったのですが、今年の私はちょっと違いますよー。街散策までやっちゃいますよー(え?)。

今年の初めからいろいろ検討していて、レベルチェックなんぞにも出かけて探していたフランス語の語学スクールはようやく本日決定しました。イエイ!

結局、某大手語学スクールはメソッドに評判はあるものの、
料金が高いと言うことと、今の私のレベルにマッチしたグループレッスンのクラスがないということで今回は(って、またいつかこの学校の門を叩くことがあるのか?)パスすることにしました。

ということで、今回はフランス語に特化した語学スクールのレッスンを受けることに。
トライアルレッスンで入るべきクラスのチェックを行ってもらい、かつ私の弱点を教えてもらいました。やはり某大手スクールでも言われたことでした。文章で話すと単語が抜けたりすると。理解力があるだけに残念だと・・(T_T) 一生懸命勉強するんではなく、授業中に他の人たちの会話をきちんと聞いて、話す練習に集中した方がいいそうです。


さ、来週から頑張るぞー!
今年は仏検準1級を受験するぞー(できれば、合格したいワ)

ソロスは警告する

先週末に図書館へ本の返却に行った際に目に留まったのがこちらの本。
ジョージ・ソロスといえば、ジム・ロジャースと共同でクォンタム・ファンドを設立したということと、1992年のポンド危機で100億ドル以上のポンドを空売りしたという知識しかなかったので、ちょうどいい機会だから借りてみた。

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
(2008/09/02)
ジョージ・ソロス松藤 民輔 (解説)

商品詳細を見る


サブプライム問題に端を発した金融危機ついての全体像を彼独自の視点で解説する。ジョージ・ソロスはナチ支配下のハンガリーで育ったユダヤ人で、哲学者になり損ねたということを初めて知った。著書の中で彼の哲学である「再帰性」の理論について解説しているのだけれども、ちょっと頭の悪い私にはなかなか飲み込めませんことよ。投資には「歴史」と「哲学」の知識が必要であると言うことはわかりやした・・・(^^;

とにかく、その上で、これからの金融市場はどうなっていくのか「警告」しています。

それはそうと、図書館に本を返却しにいくと、またそれ以上の本を借りてしまって、
積読本がどんどん平積みされていくわー。

Jim Cramer's Getting Back to Even

やっと読み終えました。
キンドルで購入した書籍で、キンドルで初めて読み終えたという記念すべき書籍(・・と自分で勝手に思っているだけなんですが)は、こちらの本。

Jim Cramer\\\'s Getting Back to EvenJim Cramer's Getting Back to Even
(2009/10/13)
James J. Cramer

商品詳細を見る


昨年、「ジム・クレイマーの株式投資大作戦」という書籍を読んで以来、気になる存在となっていた彼の最新刊が昨年秋に発売されたと言うことで、速攻購入したのは良いものの、なかなか読み進めることができずに、旅行中に集中して読んでいたのですが、やっとこさの読了。

2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマンショックで傷ついたポートフォーリオをどうやって元に戻すかアドバイスをしています。もちろん、クレイマー氏の理念といってもいい「Buy & Homework」節は健在です。

この本を読んで、
やはりヘッジで金を持とうと思った。現物ではなく、ETFで。
ちなみに、クレイマー氏のお勧めは「SPDR GOLD Shares (GLD)」

また、折を見て読み返したい本です。キンドルにあるのでいつでも読めるけど。

24 シーズン9

h_352_5309.jpg


ついに始まりましたね、24 Season9
一部お馴染みのメンバーが登場しているので、大きな違和感はなく入り込めた。
ジャックも相変わらずか・・と思いきや、ちょっと家族との時間を大切にしようとちょっとした心境の変化が見られます。CTUが復活、しかもオフィスがものすごくきれい。クロエもCTUで働き始めているのですが、最新機器についていけていないような感じ。そこは経験でカバーでせう。

もうさすがにシーズン9まで来ると飽きてきたかなー
・・・なんて思いながらもしっかり見てしまうのが、24中毒なのだ。これで、デスパレートな妻達に加えて、毎週楽しみな海外ドラマが1つ加わりましたぞ。

天使と悪魔

「そういえばこれ見てなかったね」と旦那が取り出したのはこちらの映画。

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/10/28)
トム・ハンクスユアン・マクレガー

商品詳細を見る

おお、そうでした。
今からちょうど5年前にダン・ブラウンの小説にはまってしまい、ダヴィンチコードを手始めに、天使と悪魔、デジタル・フォートレスとむさぼるように彼の作品を読みまくってましたなぁ(遠い目)

と、その時のレビューにこんなこと書いていたようですな。

とにかく息をつかせぬストーリー展開です。
私的には、TVシリーズ「24」のペーパーバックバージョンと勝手に思ってます。「Angels & Demons」も「The Da Vinci Code」も一連の事件の発生から解決までだいたい1日なんですもの・・・っ。(意外な共通点みたり)


もう5年も前に読んだ本の話なのでどんなストーリーだったっけ?
と、映画を見始めたら、そうそう、そうだったと思い出してしまい、原作を読んでもいない旦那に危うく黒幕の正体を教えてしまうところでした。(やっべー)

よくぞ、あのストーリーを映像化できたなぁと感心したり。
あ、そういえば、まだダン・ブラウンの最新刊、ロストシンボル読んでないっ。

レベチェ行ってきた

定時ちょっと過ぎに誰にも気がつかれぬよう(気がついてるだろうけど)オフィスを後にし、向かった先は某語学スクール。もういい加減、まじめにフランス語を勉強するぞと、毎年年始に言っているわけなんですが、

今年の私はちょっと違うよ~(ちょい自慢気)

今週の水曜日の夜に某語学スクールにカウンセリングに行き、
そして、本日がフランス語のレベルチェックなのだ。このレベルチェックをもとに、入れるクラスがあるか確認し、費用の見積もりを出してもらうのだ。

フランス人講師と30~40分程度、フランス語で会話をすることになるのだが、
のっけから間違えて「Yes」とか返事してしまうし・・・(涙)さすが、会話の中に現在形、未来形、複合過去、半過去、条件法などを使わざるを得ない質問を投げかけられ、動揺しまくるワシ。言っていることはわかるので、それに対して単語で返していたら、単語ではなくて文章で答えてねと・・・。うおっ、ボロボロ。

で、フランス語のクラスは1~8までのレベルがあるのだけれども、レベル5という判定が下りました。・・・が、最初はレベル4から始めて慣らしたほうがいいと。つか、レベル5のグループレッスンは人がいないので、レベル5をどうしてもやるとなると、人が集まるまで待つか、プライベートレッスンになるらしい。

フランス語の需要ってそんなものなの~(T_T)

ぢゃ、プライベートレッスンで、
ってわけにも行かないんですー。とんでもなく高い。グループレッスンの倍の単価ですワ。フランス語上達する前に破産ですワ。

うーーん、どうしよう。教授法が評判いいからちょっと受けてみたいんだけどねぇ。
週末ゆっくり考えてみます。

American Idol

idol-logo.png
ついに本家本元、アメリカンアイドルを見始めました。
・・といっても、旦那は大分前から見ており、私は興味なしーとスルーしていた番組だったのだが、昨年はイギリスのオーディション番組、X-Factorにうっかりハマってしまった。

きっと、本家本元も面白いに違いない。
しかも、サイモンも審査員として出演しているしね。
(↑サイモンの辛口トークが恋しくなっただけともいう)

というわけで、見始めることになったのですが、
今はアメリカの各都市でのオーディションを行っている段階。
X-Factorと違うのは、大きなホールで聴衆を前にして行うわけではないんですねー。CDもかけずに、アカペラで歌っているし。

ちょっと物足りない感じ。本選では面白くなるのかな?
聴衆を前に行い、リアルに聴衆の反応を得られるのが面白いと思うんですけどねー。結局、本選では視聴者投票になるんだし。

そういえば、今回のボストンオーディションでは、ヴィクトリア・ベッカムが審査を行っておりました。なんか、メイクのせいなのか、ちょっとお猿さんぽいお顔になっているのは気のせいか・・・・な?

iPodで万歩計

P1050586.jpg

先日、エステサロンのスタッフから万歩計をつけて、1日12,000歩を目安に歩くといいと言われ、さっそく実践に移すワシ。今年の私は何かが違う(え?)
で、万歩計を購入するなら3Dセンサー搭載のものが良いと言われたのだけれども、そういえば私の5世代iPodは万歩計の機能がついているではありませんか。

早速、昨日からiPodの万歩計を使って1日どれくらい歩いているのか計測してみることにする。朝、家を出てから、夜、家にたどり着くまでを計測してみたところ、
本日は13,862歩。

あれ?あっさり目標をクリアしてまっせ。
今日は顧客先に出かけたのと、仕事帰りに某語学スクールに立ち寄ったから歩数を稼げたのかな?カロリー計算までして、過去分も参照できて、1日の時間帯別の歩数をグラフ化してくれて、結構便利じゃない?
エステサロンの人は3Dセンサー搭載しているものがいいと薦めていたけれど、当分はこれでいいかしらん?

まず、ルールを破れ

そういえば週末にこちらの本を読了してました。
この間読んだ「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」と同じ著者による本です。

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違うまず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う
(2000/10/20)
マーカス バッキンガムカート コフマン

商品詳細を見る


ギャラップの調査による優れたマネージャーの傾向についてまとめた本。
「優れたマネジャー」達にインタビューするのはわかるけど、よくその人が優れたマネージャーってわかるなぁ。もちろん、自薦じゃないよね、他薦だよね。従業員にもインタビューしまくってるようだし、何の判断材料をもって「優れた人」ってわかるのか、そっちの方がずっと気になった。

もう、いい加減、まじめに・・・2

P1050582.jpg
(新宿南口のイルミネーション)


今日は昼から新宿でお買い物。
バーゲンに出遅れたせいか、もうこれはというめぼしいものは残っていなかった気がする。つか、洋服を買おうとする度に自分のおデブちゃん具合に涙が出てくる。2年前のネパールでのトレッキングで一時的に体重が落ちたのだけれども、この2年間でリバウンドどころか更に膨張しなさってるし・・・と、もはや他人事で見ない振りはもうできん(T_T)

自分1人の力ではこの件に関してはあまりにも意志が弱すぎるということは十分承知しているので、自分の恥を他人の前で思いっきりさらすこと、お金をかけることで、モチベーションを上げることにする。

ということで、年末にネットであれこれ探しまくり、
気になったエステサロンに体験予約を入れ、本日がその体験エステの日。
行ってまいりました。

実は私の体はおデブちゃんな上に、若かりし頃の痛手(水疱瘡の痕があったり、背中が火膨れ起こすほどに日焼けし、シミにになっていたりと散々)もあって、海外ならまだしも、日本のエステで施術を受けるというのが実は私にはかなり勇気を必要としたわけですが、何とかそのハードルをクリア。

さすが、口コミで評判が良かっただけに、
しっかりと現実を見せていただき、しかも的確なアドバイスを頂きました。
これから毎週通うことを即決いたしました。これも鉄は熱いうちに打つのだ。


ということで、定期的に成果のほどをご報告していけたらと思いますだ。

もう、いい加減、まじめに・・・

P1050578_2.jpg

フランス語(=旦那)と関わるようになって早10年近く。
もういい加減、初心者に毛の生えたようなレベルから脱出したいと思う2010年。
フランスに行く度に「もっとフランス語を勉強せねば」と思うのだが、日本に戻ってくると「必要性」「緊急性」がとたんに低くなってしまうために、ついつい先延ばしにしてしまうこと早何年だ?

さすがに、これはまじめにライフワーク(?)であるフランス語に取り組んで行こうと、これまた思考を整理するためにマインドマップを活用し、フランクリン・プランナーに書きなぐる。

継続は力なり・・なのだ。
・1日最低30分、わずかな隙間時間を利用してフランス語に触れられるような仕組みづくりをし、その仕組みをうまく回転させていくことで、うまく細く長く継続していくように習慣化する。
・読む・聞く=インプット、話す・書く=アウトプットのバランスをとるようにする。

とりあえず、Twitterの利用価値がイマイチ理解できず、適当に放置していたのだけれども、これをフランス語用ぼやき(アウトプット)にするとちょうどいいのかな?
フランス語ブログは、ちょっとした文章になるので頓挫しがちなのですワ。
あと、週1で通える(お手頃な授業料の)仏語学校を探し中。

鉄は熱いうちに打つのだ。

読書三昧

昨晩の新年会でお酒の量をセーブし、二次会の誘惑(?)を振り切ったおかげで、今日の目覚めはスッキリ。丸一日を寝て過ごすことなく、読書の時間にあてることができましたワ。

ということで、図書館から借りてきたこちらの本を一気に通読。

本当に頭がよくなる1分間勉強法本当に頭がよくなる1分間勉強法
(2008/08/22)
石井 貴士

商品詳細を見る

書店で平積みされているのをみて気になってはいたものの、購入するまでもないかなと、貸し出し予約を入れていた本がようやく本日手元に届いた。速読のメソッドが若干フォトリーディングと似ているところがあるなと思いながら、な色が映像をつかさどる右脳に働きかけるということで、黒だけではなく、色を使うと、記憶の定着に効果があるようだが、マインドマップがカラフルなのもそういうことか。


「デキる人」の脳「デキる人」の脳
(2009/07/07)
ノア・セント・ジョン

商品詳細を見る

こちらも以前に貸し出し予約を入れていた本で、今日ようやく入手できた。1分間勉強法もそうだけれども、潜在能力に働きかけることで自分の能力を引き出すことができるのかと、改めて潜在能力についてちょっと調べてみたいと思ったり。行動へのブレーキのくだりは、大いに納得する部分。ブレーキを取り払う努力、訓練が必要ですわ。


効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る

図書館の本棚にちょこんと陳列されていたので、即貸し出し。
著者本人の写真が今と比べたら全然違いますねー。今の方が柔らかフェミニンな印象。と、さておき、仕事・生活全てにおいて効率化を図る著者のノウハウが凝縮された本。効率化のノウハウよりも読書量が圧倒的に多い彼女のお勧めする本の紹介に方が私にはかなり有益な情報だったりする。


金儲け哲学金儲け哲学
(2002/06)
糸山 英太郎

商品詳細を見る

こちらも図書館の本棚に陳列されており、パラパラめくっていたら面白そうな感じだったので即貸し出し。糸山氏のビジネスマン、政治家、投資家としての半生を綴った本で、特に投資に関する部分は興味深かった。逆張り、バリュー投資、ウォーレン・バフェットに相通じるところがある。空売りはしないという、糸山氏の意見には大いに納得。彼の言うとおり、空売りする意味がわからんもん。JALの筆頭株主とのことだけれど、昨今のJAL問題について彼はどのように関与していくのか、ちょっと興味あり。

アセットアロケーション -201001

今日は会社の新年会でした。
トルコレストランでおいしいお酒とトルコ料理に舌鼓、そしてベリーダンスも鑑賞。
お酒を飲みすぎることなく、二次会の誘惑にも負けることなく、上々の滑り出しか?

先月中旬から旅に出てしまったので、アセットアロケーションを算出するのを忘れてしまったので、2ヶ月ぶりにまとめてみた。



去年の11月に比べて、外国債券の比率減、外国株式の比率増になったのはいいものの、何にも手をつけていないはずの日本株式の比率が大幅増。

日本株の比率を下げるために、昨年末までにポジションを一部手仕舞うとか言いながら、何のアクションも起こしていなかったことと、今年に入ってから日経平均が上がり調子のため、含み益増、含み損減がこの比率拡大に寄与したものと思われる・・・。

外国債券の比率が下がったのは、FXで南アランドのロングポジションを年末に手仕舞ったため。今月の頭に再度購入しようと思ったのだけれども、円安が進行して、12.50~70あたりを推移しているので、買いをなかなか入れられない。つか、年末に売ってしまわなければ、この恩恵を受けていたのに・・。
ちっ、尻尾と頭はくれてやるよ。

今月は、海外ETFの追加購入を予定。
これで少しは国内外の比率のバランスがとれるかな?

旅とキンドル

P1050512.jpg
(ホーチミンシティのカフェで読書)


本日付の日経新聞朝刊に記事が載っていたのだが、ついに1月19日にKindle DXのインターナショナル版も発売になるとか?。ディスプレイが大きい分、雑誌や新聞を読むのに向いていると言いますが、どうせ写真や図は見れないんでしょー?といじけてみる。

さて、先日のベトナム・フランス旅行でキンドルを持参したわけですが、これ本当に便利なんですワ。まず、バッテリーが2週間は持つので、2週間以内の旅行であれば、出発前に充電しておけば、旅行中は充電用のコードなんて持っていかなくても大丈夫。但し、ワイヤレスを多用する場合は、電力消費が早いので念のため充電用コードを持参した方がいいかも。ということで、今回は持参しましたが、来月のミャンマー旅行はいらないかな。

フランスは3Gワイヤレスに対応していたため、新聞・雑誌のダウンロードには問題なし。ベトナムは対応していなかったため、電波がまったく入りませんでした。なので、普通に読書する場合には問題はないのですが、新聞・雑誌を定期的に受信する必要がある場合はNGでした。ミャンマーも3Gワイヤレス対応していない模様。

ホテル、カフェでのちょっとした休憩、空港での搭乗待ち時間、機内での時間つぶしに大いに役立ちました。ベトナム、フランスでは街中、空港でキンドルを使っている人は全然見かけませんでした。アメリカだと多分、たくさん使っている人を見つけることができるのでしょうけれども。

いやー、外出先のちょっとした暇つぶしのアイテムとして最高のツールです。

2010年予算案

P1050576.jpg

去年の家計簿を集計していたら、まあ何とも言えない無駄な出費を何件か発見。
これを貯蓄(つか、投資)に回していたら、ちょっとは違ってきていただろうなとちょっと反省しまう、オレ。

家計簿をつけ始めてからの数年は、出費を細かく記入していたのだけれども、ここ最近の数年は固定支出、流動支出、貯蓄、特別予算に振り分け、その出費をメインバンクの通帳記帳で大雑把に把握するというスタイルになりました。
ちなみに我が家は夫婦でお財布は別です。理由としては、万が一のときの財産分与がすっきりわかりやすい。あと、自分の稼いだお金=自分のおこづかい=使い道には口出ししないという暗黙のルール。


ということで、2010年の予算計画を立ててみることにする。

年間の手取り収入(100%)に対して、
・固定支出・流動支出    50%
・貯蓄(投資)       30%
・特別予算(旅行・自己投資)20%

・・を目処に、月毎ではなく、1年を通したトータルでこのような割合になっているのが理想かな。今まで使用していたエクセル家計簿もちょっと改良しなきゃ。

2010年投資計画

P1050577.jpg

新年早々(・・だからか?)、フランクリンプランナーにぐちゃぐちゃマインドマップ書きまくりです。でも、箇条書きよりも、頭の中がすっきり整理されてちょうどいいんだな、これが。ただ、まだセントラルイメージの絵や、カラフルな色使いができていないんですけどね。

今日は、今年の投資計画についてちょっと考えてみた。
2009年は年末までの景気回復を見込んで、3月ぐらいに(自分の中では)割安な優良日本株を購入。おかげさまでこちらは含み益で、まだまだ上昇していきそうな気がするけれども、問題は2007年以前に購入した銘柄。昨年末で損切りしようと思っていたのに、中国、インドなどの他国に比べて日本の株価の戻りが遅かったため、どうしたものかと結局、ずるずる損切りできずにいた。当面、緊急で現金化する予定もないので、今年も様子見と言うことで・・(え?)

そして、昨年は外国株を(といってもETFですが)初めて購入し、こちらが景気の戻り具合と連動して、いい感じに上昇しています。今年も追加、または新規購入し、外国株の比率を高めていく予定。

更に、リスクヘッジで商品ETFの購入を検討中。おそらく、有事の金ということになりそうだが、今の価格水準だとちょっと躊躇してしまう。

FXは去年同様、短・中期でトレードし、ちょっとしたお小遣い稼ぎ。
いい加減、長い間所有しているドルの損切りもした方がいいんだけど、もうちょっと円安が進んでくれないかなー。

そして、投資の勉強。
ジム・クレイマー師匠がおっしゃる通り、「Buy & Homework」を実践すべく、投資に関する勉強を(特にバリュー投資中心に)行うぞ。


今はまだまだ試行錯誤の段階。
まだまだ道は険しい・・・。

とりあえず、新年の抱負をば・・

P1050575.jpg

明日はいよいよ仕事始めなのだが、今年の初めに大きな組織変更があって、上司も変わるし、担当する顧客の面々も変わってくるだろうから、かなり気を引き締めていかないと・・。と、2週間も休んだあとだけに、まだ仕事に対するテンションが上がってこないなぁ(>_<;

と、フランクリンプランナーに今年の意気込み(?)をマインドマップで書き散らかす。フランクリンプランナーのデイリーノート欄はもっぱらマインドマップを書き散らすのだけれども、これ無地のページってないのかなぁ。罫線いらんと思ってしまうのは私だけ?大体、罫線に沿って文字を書くことってないんですよね。いつもはみ出しちゃうんだな。

去年はこんなことを言っていたのに何一つ守れなかったよ・・・。
唯一、守れたものは読書量。フォトリーディング講座受講後、飛躍的に読書量が増えましたもんね。結局、去年1年間で100冊位読んだのかな?

ということで、今年の目標は去年と(ほぼ)同じです。

1.旅行(4回/年)
  視野を広げることと、気持ちを切り替えるためにはどうしても必要。
  2月ミャンマー、6月ラオス(予定)、9月(未定)、12月(未定)
2.読書量(100冊/年)
  投資、経済学関連を中心に。キンドルを活用し、洋書を多読。
3.健康管理
  ダイエット(まぢでヤバイ)、定期的に適度な運動を心がける。つか、やる。
4.仕事関係(金融、またはIT)の資格を最低1つ取得
5.フランス語強化(DELF B2、仏検準1級受験)
  もういいかげん、ペラペラ話せるようになれよ!と自分につっこみたいくらい。


今年はさすがにもっと精力的に活動して行こうと思いまする。

本多静六氏の本、三冊

ベトナム滞在中にamazonで注文した本が、昨日届いたのですが、さすがに帰国したばっかりで、疲れがたまっていて読書する気が起きず、今日読み始めたところ、調子に乗って一気に3冊読んでしまった。ボリュームはそんなにないので、さっくり読めてしまうのだけれども、内容は濃いですよ。

一番のお気に入りはこちらの本
私の財産告白私の財産告白
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る

「貧乏を征服するには、まず貧乏をこちらから進んでやっつけなければならぬと考えた。貧乏に強いられてやむを得ず生活をつめるのではなく、自発的、積極的に勤倹貯蓄をつとめて、逆に貧乏をやっつけなければならぬと考えた。」という本多氏は、「四分の一天引き貯金法」で先取り貯蓄。臨時収入も全て貯蓄。そうして、種銭(雪達磨の芯)をつくったら、それを投資にまわして更に財産を増やしていく。そして億万長者になったのである。

そんな本多氏が、健康法や暮らし方について綴ったこちらの本や
私の生活流儀私の生活流儀
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る



人生設計について綴った本
人生計画の立て方人生計画の立て方
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る


それぞれ内容が若干かぶるところもあるのだけれども、大いに刺激されました。
これらの本は戦後、60年も前に出版された本で、当たり前のようなことが書いてあるのだけれども、本多氏が語るとかなりの説得力を増すという。


正月早々、いい本に出会えて何だか幸先の良いスタートですワ。

ベトナム・フランス旅行記-目次


P1050291.jpg P1050485.jpg


1日目:ホーチミンシティへ
2日目:ノルマンディー上陸作戦
3日目:ラ・ロシェルを目指す
4日目:ボルドー到着
5日目:完全引きこもり
6日目:更に引きこもり
7日目:クリスマスプレゼントリスト
8日目:クリスマスイブ
9日目:クリスマス
10日目:パリへ
11日目:さよならフランス
12日目:暑いぜ、ホーチミンシティ
13日目:ホーチミンシティ市内観光
14日目:ホーチミンシティ市内観光2
15日目:エステで至極の時間
帰国しました

帰国しました

P1050538.jpg
現地時間1月1日午前12時5分ホーチミンシティ発のフライトは、日本時間午前7時半頃に成田へ到着。

フライト時間が5時間程度しかなく、なるべく睡眠をたくさんとって思うと思っていたのだが、新年のシャンペンサービスや朝食で叩き起こされて、2時間くらいしか寝れなかった・・・。

元旦の空港はとても静か。
そういえば、去年も元旦にフランスから戻ってきたんだった。

気温30度の世界から、1桁の気温の世界に舞い戻ってきて、何だか調子が狂うワイ。結局、ベトナムでは購買意欲がわかず、何も買っていないかも。
エステサロンで石鹸入りのボディスポンジを購入したくらいか??

2週間ぶりの我が家には午前11時頃に到着。
旦那はまだ時差ぼけが抜けていないらしく、まだ寝ていやがった。
そういう私も睡眠不足なので、帰宅早々、速攻でお昼ねタイムですわ。

というわけで、今年もよろしくお願いいたしまする。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク