皇居ラン&エステ

週末だというのに、朝5時起きして、8時からの皇居ランに行ってきた。
本日は2回目ということで、前回の「桜田門外の変」を踏まえて、

 ・激しく体力を消耗しないように、自分のペース(正にマイペース)を見つけ、
 ・前回よりもウォーキングする距離を減らし、
 ・水分補給をこまめに取るようにしよう。

と決めました。
で、結果はというと、タイムはともかくとして、何とか歩くことなく、途中で朽ち果てることなく、1周走りきりました~♪

ちょうど同じ速度くらいで走る方がいて、その方にぴったりとくっつくようにして、ある意味ペースメーカー代わりとなり、うまく自分のペースを保てたのが今回の完走の勝因?かもしれません。あと、お天気もちょいと私に味方したのかなという気も・・・。

そして、仲間と一緒に行う皇居ランの醍醐味は何かというと、この喜びを皆と一緒に共有できたことにつきると思います。皆から「おめでとー」「やったじゃん」なんてお褒めの言葉を頂くと、至って単純な私はそれだけで次も頑張ろうという気持ちになるんですねー。

走った後に皆で飲んだ生ビールはまぢで格別っす。
是非参加してみたいという方は、是非是非声をかけてくださいね♪


そして、夕方はエステサロンへ。
こちらのエステサロンは年始に「脱万年ダイエッター」を掲げてから、ずっと大変お世話になっています。自力では絶対に痩せないと思ったので、まずはエステサロンで厳しい現実を見つめ(現状把握)し、何を行えばいいのか、ほんと二人三脚でずっとやってきて、少しずつ成果を挙げてきています。

自分の生活習慣を見直し、生活改善を行い、そしてエステサロンで定期的にチェック&お手入れを行うことで、少しずつ目標に向かって着実に一歩ずつ向かっています。(去年までの私ではありえませんでしたね~)

スポンサーサイト

日本語対応キンドル発売!

big.jpg
(Amazon.comより拝借)

昨晩、ツイッター上でキンドルが話題に上がってるなぁと思っていたら、何と来月(8/27)に日本語対応版のキンドルがでるというではありませんか。デバイスもインターナショナル版よりちょっと小さめで軽量になったけれども、画面の大きさは変わらないとか。

んでもって、
・白に加えて、黒色のデバイスも
・ページめくりの速度が向上
・画面も更に見やすくなり
・PDFリーダーの機能拡張
・WIFI内臓
・もちろん、引き続き無料の3Gも使えるモデルがある
・日本語だけではなく、中国語やキリル文字にも対応している
・バッテリーが1ヶ月もつ!

いやーん、すごーーーい!
そして、この間アップグレードしたソフトウェアv2.5での追加機能ももちろん盛り込まれています。これ、購入するならWIFI+3G版のほうがお勧め。なんてったって、無料3Gですからね。海外でFacebookやツイッターなど料金気にせず、心置きなく楽しめますからね~。

で、私は最新キンドルデバイスを購入するかというと、
いえいえ今のキンドルで十分満足しております(^^)

だけど、できれば日本語対応とか、PDFリーダー強化している部分なんかは現行モデルはソフトウェアアップグレードで対応していただければむちゃくちゃうれしい。そしたら、フォントハックで四苦八苦することなくなりますもん。そこんとこ、よろしく、アマゾンさんっ。

内藤忍式成功の法則「5つのステップ」ですべてがうまくいく!

今週はもう本買わない!とつぶやいていたのに買ってしまった。一度オフ会でお会いして、親近感が増したが故の購買行動ですね。書店の定員さんが普通「カバーおかけしますか?」って聞いてくるはずなのに、なぜか「カバーおかけしますよね?」と来たもんだから、つい笑いがこぼれて「是非」と答えてしまった(^^;

内藤忍式成功の法則「5つのステップ」ですべてがうまくいく!内藤忍式成功の法則「5つのステップ」ですべてがうまくいく!
(2010/07/29)
内藤 忍

商品詳細を見る


お金、仕事、人間関係、健康についてそれぞれ成功の5つのステップ(現状把握、目標設定、意思決定、継続技術、逆境突破)の実践について解説されています。語りかけるように書かれていて、すごく読みやすく、また具体的で身近なが挙げられ、わかりやすく、あっという間に読み終えてしまった。

投資に関しては、最初投資を始めた頃、思いっきり本書の初心者がやってはいけない投資の3つをやってしまってましたね。で、投資手帳に出会ってから、試行錯誤しながら、長期投資を見据えて、分散投資を行うところまできました。(但し、ぶっ飛んでも後悔しない範囲で冒険?も入れてますけど・・)

仕事、ここでも出ましたね。ブルーオーシャン。
まずは自分を知ることが大切、周りの人に自分のマーケティング調査しようかな。
これで自分の気がつかない、強みが浮き上がってくるかもしれないし。
(つか、うちのカントリーマネージャーに薬物疑惑もたれてた。「なんで毎日そんなにエネルギッシュなんだ?ヤクは何を服用してんのか?」とある日言われた。)

人間関係、健康、
本書でも少し触れている #shinobydiet 、今年の初めに脱万年ダイエッター卒業を掲げた私にとっては、目標達成を加速する最適な仕組みであると共に、共通の目標を持ったモチベーションの高い人々と新たにつながることができて面白くなってきた。

とにもかくにも、なんにしても継続が大事なんですね。
熱しやすく冷めやすいあっしはそこんとこ要注意ですね。

ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力

今よく本屋さんで見かける本って、SNSの解説や活用本、そして主要ハードウェアであるiPhoneや、iPadの解説や活用本のような気がしますがいかがでせう?

こちらも本屋さんで平積みになっていたので、ユーマネーと一緒に昨日購入。
(今月の書籍代、まぢでやばいかも。食費を超えたと思う。まだちゃんと計算してないけど。)

ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力
(2010/07/17)
北野 充

商品詳細を見る


自分の発信の傾向を見てみると、明らかに仕事関連の発信はゼロ。これはいろいろあって、ちょっとやりたくない。 なので「趣味型」「もう1つの自分」展開型なんだけど、後者の方を目指したい。

著者に倣って、自分の特徴と思えることを5つの項目で表現すると
 ・ハッタリかまして外資系にもぐりこんで、現在外資系IT企業に勤務で、
 ・働きながら、大学の通信教育で何とか学士取得し、
 ・休暇は海外で過ごすのが好きで、
 ・今年は脱万年ダイエッターの名称を返上しようと目論み、
 ・ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁り、
 ・へっぽこ投資歴5年強、試行錯誤してようやく落ち着き、
 ・仏語習得がライフワークと半ば諦め、ちまちま勉強中で、
 ・完全におやぢな私
って、何か書きはじめたら結構出てくるもんですね。5つ以上だし

実は、2000年からHP、ブログ、メルマガなど様々な形でしょうもないことをだだ流ししてきたんですけれども、9年程前に某大型掲示板でやられてから、ちょっと慎重になったというのもあります。

「自分を発信する」方法について、体系的にわかりやすくまとめてあるので、
初めての方はまずはこちらの本を読むといいかもしれません。

ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法

ツイッターで紹介しているツイートを幾度と見かけたので気になって購入。ブログ,Mixi, Facebook, Twitter, YouTube などの無料ツールを駆使して、お金と自分を成長させるノウハウがぎっしり詰まった本ということで、ツイートで導かれるように購入した私はモロにその戦略にがっつりハマってしまった人のようですね。

ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)
(2010/07/16)
中村 祐介

商品詳細を見る

最近、Facebook、ツイッターなどの無料ツールを使ってのセルフブランディング本が花盛りですね。ちょっと気になるのでついつい購入してしまいますけど(^^;

・手始めに自分をインデックス化し、10個のやりたいことリスト。
いつでも俯瞰できるように手帳に書く。(これはたしかに!さっそく真似してみた)

・グーグルアラート、初めて知った(迂闊!)
自分のアンテナに引っかかるものを効率よく収集して、エバーノートにポンポンっと。(エバーノートの活用方法をイマイチ見出せていなかったので、これはいいかも)

・ブルーオーシャン戦略。
なるほど、私のブルーオーシャンはいずこ~?こういうのって、自分の中では当たり前だと思っているので、なかなか自分では気がつきにくかったりする。

私の統一性のない(=戦略性のない)様々なアカウントをきっちり整理してみようと思った次第。

初、皇居ラン

100724_093620.jpg
(竹橋のランステーションからの眺め)

岡田氏(@hiroki_okada) が主催する皇居ランに本日参加して、ガッツリ汗を流してきました。実はこの集まり、Shinobydietの派生(?)企画で今月頭Shinobydietオフ会で皇居ランをやろうと盛り上がり、皇居を走ることになったのです。私は今回初参戦ですが、実は本日で既に3回目なんですね。

竹橋のランステーションに8時10分に集合し、5キロの皇居ラン開始!

最初の走り出しでは皆さんのペースについていけるかも!と思ったのですが、
これが激アマだったことを後で知ることになる。黙々と走っているうちに徐々に体力を消耗し、ああ桜田門が見えるー、あそこまでは頑張ろうと思いながらも、桜田門の手前で朽ち果てるワシ。(※これが名高い桜田門外の変)

ここからは「皇居ラン」から「皇居ウォーキング」に変更。黙々と大手町のオフィスビル群や、皇居を訪れる観光客を横目に歩き続ける。

そして、皇居ランのあとはブランチとビール!
いやぁ、昼間に飲むビールのうまいこと、うまいこと。楽しいラン仲間と楽しいひと時を過ごし、なんかハマりそうな予感♪皆さんと楽しく運動が続けられそうな気がしてきた。(1人だと絶対走ってないね!>自信満々)

さて、次回の皇居ランは
 ・激しく体力を消耗しないように、自分のペース(正にマイペース)を見つけ、
 ・前回よりもウォーキングする距離を減らし、
 ・水分補給をこまめに取るようにしよう。

このShinobydietの派生企画、いつか内藤氏(@shinoby7110) の参戦はあるのかしらん(`ー´ニヤリ

日本は世界5位の農業大国

「ねえねえ、奥さん、知ってました?日本は世界5位の農業大国なんですって~?」
・・なんて、思わずご近所さんに言いふらかしたくなるような本がこちら。
これ、もうタイトル見ただけで即購入ですな。

日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社プラスアルファ新書)日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社プラスアルファ新書)
(2010/02/19)
浅川 芳裕

商品詳細を見る

自給率がうんぬんとよく取りざたされているが、自給率ってそもそもどう計算しているんだろ?とチラッと思ったことがあったが、なるほどね。カロりーベースか。それでもよくわからん。自給率を計算しているのは日本だけって、どおりで旦那には通じないのか。

何とな~く、うっすら気がついていたような気がする。
農家の家庭が多かったうちの田舎の同級生、どうみても零細農業って感じではなかったんだよなぁ。田舎の会社勤めより、農家の方が金持ちなんではなかろうかと幼心に思ってたりもした。

スーパーに並ぶ野菜も果物もこれでもかーと言わんばかりに形がきれいものばっかり。フランスで野菜買うと、例えばじゃがいもなんて1キロでン百円の世界で日本に比べたら断然安い。ただ、くさりかけとか、虫食いとか、形がいびつなものとかなんでもあり。義母曰く、結局質のいいものは少ししかないらしい。そして、日本の農作物はちょっと高いけど品質はいいよね~と絶賛する。

なんだ、日本は農業大国なんじゃん!
是非、ご一読あれ。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

週末にまとめて購入したうちの1冊。
プレゼンテーションZENとほぼ同時進行で読んでいたので面白さ倍増でした。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る

著者も本書の中で言っておられますが、YouTubeでスティーブ・ジョブズのプレゼンを参照しつつ、この本を読むと更に面白くなります。ということで、私の場合は面白さ倍々増(笑)

スティーブ・ジョブズのプレゼンの極意が体系的にうまくまとめてあるのだけれども、正直、これは私にもできるのか?という途方もない道のりを感じた。
「習得には1万時間必要」という目安にはものすぐ納得。
とにかくたくさん場数を踏んで、経験を積まなければ。継続は力なり、ですね。

プレゼンテーションZEN

先週末にAmazonで注文したこちらの本、2冊読了。
(ここ数日、読書記録が続きますが、しばらくお付き合いくださいませ。)

内藤氏のブログで紹介され、絶賛されていたので、気になって本屋さんに行く度に探していたのですが、ついにしびれを切らしてAmazonでポチっとな、と。

プレゼンテーション Zenプレゼンテーション Zen
(2009/09/07)
Garr Reynoldsガー・レイノルズ

商品詳細を見る

今まで自分が見てきていたプレゼンを覆す、ある意味かなり衝撃的な内容でございました。(←って、大げさ?)シンプルで、伝えたいこともきちんと伝わり、創造性があって、そして洗練され、研ぎ澄まされたプレゼンのスライドの数々に感動すら覚えました。と、同時に外国人著者から見た日本文化についての解説に、改めて祖国の文化を誇りに思えたりと、いろいろな発見がありました。

まずは、ダラダラと箇条書きしたスライドを読み上げるということを少しずつ減らしていき、入念な準備、そしてしっかりと練習してプレゼンに望みたいと強く思いました。


そして、こちらの本が実践編かな?
デザインに関するテクニックを余すことなく紹介してあります。
プレゼンテーション Zen デザインプレゼンテーション Zen デザイン
(2010/06/25)
Garr Reynoldsガー・レイノルズ

商品詳細を見る

いやー、この本かなりイイです。
本に掲載されている写真も美しいし、何度も読み返しそうな気がしてならないっす。

DVDも買っちゃおうかな~。
返す返すも著者のセミナーが近日開催されるのに、気がつくのが遅すぎて申し込めなかった自分が悔しい。

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった

土曜日にAmazonで注文していたこちらの本が昨日届きまして、今日読もうと思っていたわけなんですが、昨日届いてすぐにちょっとページをめくってみるはずが、気がついたらガッツリ読みふけって、昨日のうちに読み終えてしまった(汗)こんなペースで本を読んでたら、エンゲル係数ならぬ書籍係数がガッツリ上がっちゃうよっ。

今月頭のShinobydietオフ会の席にいらっしゃったのがこちらの本の著者、岡田氏。そして、オフ会主催者の内藤氏の自身のブログでも紹介していらっしゃったので、これも何かのご縁、そしてAmazonのレビューでますます内容が気になり、ポチッとな購入。

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~
(2010/04/23)
岡田 博紀

商品詳細を見る

面白かったです。これから事業を起こそうとする人必読っすね。
飲食業で自分の事業を起こし、事業を通じて失敗から学ばれたことなどを正直に綴られており、すごく好感が持てる内容でした。お客様を大切にし、お客様の目線に立ってサービスを提供し、現状に満足せず、常に努力を怠らない姿勢。私も業界は違うけれどもお客様を前にした「クライアントサービス」の立場から、参考になる部分がたくさんありました。とても働きやすそうな、雰囲気のいい職場だということが著書の節々から感じ取れます。

今週末こそ、皇居ランに参加しまっす。

モチベーション3.0

土曜日に纏め買いした本のうち1冊。
大前氏の著書「民の見えざる手」の隣に陳列されていたことと、ツイッターでフォローしている方々の話題に上がっていたことで一緒に買った1冊。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すかモチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
(2010/07/07)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る

コンピュータのオペレーティングシステムになぞらえて、
モチベーション1.0 生存を目的とする人類最初のOS
モチベーション2.0 信賞必罰に基づく、与えられた動機付けによるOS
うちの会社のインセンティブボーナスなんてモチベーションバージョン2.0ぢゃん。

そして、自分の内面から湧き出る「やる気」に基づく新バージョンOS 3.0!
これが、これから先の時代に必要なOSだそうだ。

モチベーション3.0を構成するのは3つの要素
自律性、熟達、目的

本書の第三部では具体的に個人用、組織用、保護者・教育者用に自発的な動機を促す方法について記載されていて興味深い内容になっています。

この本のエッセンスを少しでも感じたい場合は著者のプレゼンをまずは見てみると良いかも(日本語字幕なし)


ちなみに、このTEDカンファレンスのサイト、最高峰のプレゼンの宝庫でかなり勉強になります。(TEDについては、現在読んでいる本、プレゼンテーションZENで知りました。)

早速、毎晩眠りにつく前に自分自身に問いかけてみようっと。
「昨日よりも今日は進歩しただろうか。」

民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論

昨日大量(?)購入した書籍をここぞとばかりにホクホクしながら読む日曜日。
至福のひと時でございまする。

本日はこちらの本。
民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論
(2010/07/14)
大前 研一

商品詳細を見る

大前流「心理経済学」の最新分析とのことですが、これが面白かった。
引き込まれるように読みふけり、気になったところはモレスキンノートにメモメモ。
100720_214440.jpg
現在の日本経済は成熟モデル、人々が潜在的にほしいと思っているものを見抜いて提供しなければならない。(普段は)お金があっても使わないが、1個人で「高級」と「廉価」を使い分けている。1個人で「高級」「格安」の2極化。

新興国&途上国に打って出るということでインドネシアを大前氏は押していたけれども、個人的にはベトナムも押しではないかと?ベトナム国内もさることながら、中国市場に打って出る時にも地理的に有利ではないかと。中国国内だと、直近のホンダ工場のストにようなリスクや、政治的なリスクもちょいと不安ではないかなぁと思うんだけれども。あと、ロシアにも打って出ると大前氏は押していたけれども、ちょっとまだなんか信用ならないような気がするんだよなぁ。

最後に、個人のグッドライフ、賛成~。

読書記録 2010.07.17

再び、活字中毒症状が起きたのか、喉の渇きを潤すかのようにAmazonで本を3冊注文し、そして本屋で4冊購入し、今日は書籍購入費が高騰してしまった(汗)

前からちょっと気になっていたLinkedin、この活用術の解説書がついに登場。
LinkedIn人脈活用術 ―仕事のアイデアと情報を引き寄せるLinkedIn人脈活用術 ―仕事のアイデアと情報を引き寄せる
(2010/07/16)
戸田 覚柳谷 智宣

商品詳細を見る

会社の外国人同僚達がLinkedinを活用していて、どういったものか覗いたことはあるのだが、オンライン上に自分の経歴書を記載し、人脈作りや転職活動に活用したりするのかな。日本ではうまくいくのかな?日本語化されてもいないようだし、と思っていたんですけどね。この本を読んでいるとこれから日本語使用ユーザが増えていくのかしらん?とも思える。ということで、早速自分のアカウントを作成したので、これから様子を見ながら使っていこうと思います。


そして、気になっていたこちらの本も結局購入。
「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法
(2010/06/04)
中谷 健一

商品詳細を見る

PC軽量化、スマートフォンの登場、クラウドで拍車をかけてきた感がある「どこでもオフィス」。無線LANが使用できるカフェやレストランなどが増えてきているようだけれども、私はまだまだ不満でございます。なんで「無料」じゃないのかしらん?ベトナムなんて無料WIFIパラダイスなのに。
レゴブロックを使用したiPhoneスタンドはなかなかいいかも。スライドシェアのアプリはちょうど前述のLinkedin活用本にも出ていた。ちょっと使ってみようかな。

帰国しました

100711_101639.jpg
7月6日から社内トレーニングを受けるために香港へ出張していました。
ラオス旅行後に体調を崩していて、室内冷房がガンガン効いている香港で1日中トレーニングということで具合が悪化することを心配していたのですが、出張の後半で完全復活!

週末はフェリーでマカオへ移動し、マカオ観光を楽しみました。
しかし、久々の香港だったんですけれども、来るたびに何かしら新しいビルがニョキニョキと伸びてきていて、経済成長の力強さを感じずにはいられませんでした。そして、マカオは今回初めて訪問したんですが、アジアのラスベガス?夜はネオンの光であふれ、あちこちでホテルやカジノ建設が進み、活気に満ち溢れていました。

追々、旅行記をアップしていきます。
というか、まだラオス旅行記も完結していないのに!

香港出張+マカオ1日観光 5日目:マカオ満喫

さて、朝の目覚めは・・・最悪っす。
昨晩は夜遅くまで中国人宿泊者が大声でしゃべりまくって部屋を行き来しているかと思いきや、朝は早くからギャーギャーうるさいし、ベッドメイクのスタッフもトランシーバー片手にギャーギャー。まぢで殺意が芽生えた瞬間だったね。

同僚とロビーで8:30に待ち合わせて、チェックアウト時間の12時までお散歩がてら観光に出かけることにする。マカオ自体が小さいのでいくら中国との国境近くでも、余裕の(?!)徒歩圏内・・・と思っていたら、どうも道を1本はずしたみたいで、中心部に出るのに1時間近くかかってしまったよ。

昨日フェリーで到着したエリアに暑さにヘロヘロしながら到着。夜とまた雰囲気が違う。火山とかあって一瞬ディズニーシーか?なんぞ思ったり。
100710_101941.jpg

かと思えば、何だこの巨大な蓮の金ピカリンは?何かの記念碑かな?
100710_102644.jpg

さすがに1時間近く炎天下を歩いたので、2人ともヘロヘロ状態。ウィンホテル内のカフェでアイスカプチーノを飲みながら体力回復ぢゃ。このウィンホテルって、この目の前の噴水って、ラスベガスで言うところのオーシャンズ11のエンディング?
100710_112509.jpg

きれいな青空、そしてその先にはマカオタワーが見える。バンジージャンプに挑戦したい気持ちもちょいとあったのだけれども、1万円くらいかかるんでしょ?やらん!
100710_112927.jpg

ラスベガス並みの豪華絢爛なホテルがこれでもか、これでもかと目白押しなわけですが、その中でも目を引くのがこちら。
ホテルリスボア。なんつー、悪趣味な・・(失礼!)
100710_113230.jpg
ちょっとだけロビーを覗いて、お手洗いを借りて、撤収。
ゴージャスの極みでございました。

更に突き進むと、観光客でいっぱいの場所に出た。セナド広場だ。
さっきまでプチラスベガスだったのが、プチヨーロッパの世界に。
100710_114841.jpg

セナド広場の前にある民政総署へ。中庭が素敵~。
100710_115207.jpg

そして、セナド広場に戻り、広場を歩いていると見えてきたのが仁慈堂大楼と、
100710_115440.jpg

聖トミニコ教会。世界遺産がこの一帯に密集してますねぇ。
100710_115614.jpg

そして更に観光客の流れに沿って歩いていくと、
で、でた!!!聖ポール天主堂跡!!
100710_120348.jpg
マカオの世界遺産の代表格といっても過言ではないし!

ということで、階段を上って天主堂跡に近づいてみるが、
何だかなぁ~。あのホテルが微妙な・・・。
100710_120720.jpg

その後、モンテの砦の大砲を見たところでタイムアップ。
一旦、ホテルに戻ってチェックアウトしなければ。
タクシーを捕まえて、ホテルへ戻る。

→続きを読む

香港出張+マカオ1日観光 4日目:マカオへ

100709_200157.jpg

3日間に渡るトレーニングは無事に終了。
ホテルに戻って荷物を引き取って、そのまま上環のマカオ行きフェリーターミナルに向かう。マカオのホテルは前日の晩に予約していたのだけれども、想像以上にマカオのホテルって高かったので、中国本土の珠海市との国境(?)近くのお手頃価格のホテルにしてみた。なんてったって自腹ですからね。もう1泊香港のホテルを手配する必要があり、あわてて香港スタッフにお願いしたのだけれども、宿泊確認のFAXを受け取るためだけに1時間近くも待たされた(涙)

18時半頃に香港オフィスを出て、ホテルで荷物をピックアップし、マカオ行きのフェリーターミナルへ向かう。ちょうど19:30のフェリーがあるというのでチケットを購入150HKドル。しかも、通常178HKドルなのでいつの間にかディスカウントチケットを購入してた。

出国審査を終え、船着場に着くとどうやら早く着きすぎたらしく、19:15のフェリーが搭乗を開始していた。で、「ダイジョウブ?」と聞かれ、早く着く分には問題なし!と19:15発のフェリーに乗り込む。マカオへは約1時間の船旅。

船がマカオに近づくと、荒野の中にきらびやかなネオンが輝くラスベガスのように、暗闇の中から突如きらびやかな世界が現れた!このきらびやかな世界にちょいと度肝を抜かされた。
100709_212254.jpg

入国審査をすませ(一応、香港もマカオも「中国」なのに何でぢゃ!?)、マカオの現地通貨をATMから引き落とし(めんどくさいのぅ)、タクシーを捕まえホテルに向かう。きらびやかな中心地から離れたローカル色の強い場所でこれもまたいいんじゃない。ターミナルからホテルまでタクシー代は400円程度。

で、ホテルなんですが、エントランスは中級の上くらいを思わせるのだが、部屋の中に入って驚愕!壁紙が汚すぎる。これだけでなんか気分が萎えますわ。しかも、宿泊客の大半は中国本土からのようで、差別しているわけではないのですが、正直うるさい。

ホテルそばの海鮮レストランで舌鼓を打ち、そのままホテルに戻り、翌日の観光に備えがっつり睡眠。

香港出張+マカオ1日観光 3日目:飲茶だよ

100708_214204.jpg

トレーニング2日目。
ロールプレイやプレゼンなどいろいろなアクティビティがあって(しかも英語だし)、講義型のトレーニングに慣れきってしまっているワシはもう面倒くさいなぁ~と思ってしまう不届きモノ。す、すみません。でも真面目にやりましたよ。

そんなワシの楽しみはランチタイムの飲茶!
同僚が予約してくれたお店に皆で行ってきた。もうこれでもか、これでもかと点心がテーブルに所狭しと並べられて、皆でワイワイしゃべりながらつつく楽しさ。(1人旅では飲茶なんてできないからねぇ~)気がついたら、お腹がはちきれんばかりにパンパンで、お昼休みが2時間近くたってたし!
絶対これは体重が思いっきり増えてると思う。

夜は同僚と中環をブラブラ。
ほとんど同僚の買い物に付き合ったに近いかな。世の中バーゲンセール真っ只中だけれども、何も買いたいものもなかったし・・。晩御飯は控えめにお粥を食べた。同僚のお勧めの店なんだけれども、これがまたおいしいのなんのって!昼間に食べ過ぎたお腹にやさしーーーーく染み入る感じ?

さて、明日はトレーニング最終日。
トレーニングが終了したら、そのままフェリーに乗ってマカオに向かいます。

香港出張+マカオ1日観光 2日目:トレーニングだよ

100709_183405.jpg
(香港オフィスからの眺め)


香港オフィスは日本でいう丸の内のようなビジネス街、中環にあるのだけれども、ホテルから香港オフィスまでは徒歩5分の距離。ギリギリまで眠れる幸せをかみ締める。ホテルは朝食込みではないので、近くのお店で朝粥でもと思っていたのだけれども、仏人同僚が一緒にいたため、朝マック・・・(微妙な)

と、今日から3日間みっちりトレーニング。
香港オフィスから4名、日本から3名、そしてフランスから講師が1名。
トレーナーになるためのトレーニングというややこしいお題目(笑)本社の講師が製品のトレーニングのために年中、世界中を飛び回っていたのだけれどもこの負荷を分散させようという意図があるようだ。

香港オフィスのスタッフはとってもいい人たちばかり。
お昼は飲茶!と行きたかったのだが、行こうとしていたお店が予約制で当日の予約が無理だったので急遽タイレストランでタイカレーを堪能。しかも、香港オフィスのスタッフがご馳走してくれた。メルメルシー!

仕事の後は、同僚と中環(特にSOHO近辺)をブラブラ。
ホテルスタッフのお勧めのお店で牛肉麺を食べたのだけれども、たしかに地元の人で賑わっていて人気店であることはうかがえるのだけれども、なんとなく私好みの味ではないんだよなー。しかし、1杯300円程度、安すぎるぜ。

こうして2日目は過ぎて行ったのでした。

香港出張+マカオ1日観光 1日目:香港へ

100707_210303.jpg

前日は絶不調で会社を休んでしまい、体調がちょいと芳しくないのだが、何とか出社。香港へのフライトが夕方で、香港に着くのは夜10時頃。もっと早いフライトはなかったのかしらん?

昼過ぎまで職場で仕事して、そのまま同僚達と3人で成田へ向かう。
普段は京成線を使うのだけれども、会社持ちだから遠慮なく東京駅からNEX使わさせてもらいますワ。やっぱNEXはラクチンだね。

成田空港には1時間強で到着し、そのままチェックイン、セキュリティチェック、出国審査とするすると抜けてしまい、(またもやラオス旅行時にように)時間をもてあましてしまった。搭乗時間まで各自おのおの自由に過ごす。つか、みんな座席はバラバラなんですけどね。下手に気を使わなくていいからこの方がいいけどねん。

成田を定刻通り出発し、香港には現地時間22時に到着。
これまたするするーっと入国審査、税関をすり抜けて、エアポートエクスプレスで中環へ向かう。しかし、香港は何年ぶりだ?一時期は毎年のように来ていたのに、とんと4~5年ぐらいご無沙汰でした。エアポートエクスプレスの車内はWIFI接続もできるのね~。いつの間に。来る度に何か新しいものができてたりするし。

中環からはタクシーでホテルへ。
どうも同じ系列のホテルが近くにあるらしく、別のところに連れて行かれた(涙)
ま、でもほんの目と鼻の先ぐらいの違いだけれども。ともあれ、宿泊予定のホテルに到着し、部屋に入ったらむっちゃ寒く(エアコン室内温度15度設定)、早速香港の洗礼を受けたよ。

しかし、長い一日だった。
もうホテルに着いたら、再び外に出る体力、気力はなく、泥のように寝ましたワ。

読書記録 2010.7.4

旅行中はキンドルで英語漬けになっていたので、その反動か?
無性に和書が読みたくなって、本屋やブックオフで買いまくり、読みまくり。


まずはツィッターで気になっていたこちらの本。

新書がベスト (ベスト新書)新書がベスト (ベスト新書)
(2010/06/09)
小飼 弾

商品詳細を見る

著名なアロファブロガー、小飼弾氏による新書について書かれた新書(え?)要は新書の読み方指南本でございます。私にとっては初小飼本。面白くって一気に読み終えてしまった。小飼氏の本棚に圧倒された。これにくらべるとうちの本棚なんて飾り棚かっ?とツッコミ入れたくなる。あと、新書の二丁拳銃読み、面白すぎ。新書ならではの技ですねぇ~。読後は本屋に駆け込んで新書を纏め買いしたい衝動に駆られる本です。


生命保険のカラクリ (文春新書)生命保険のカラクリ (文春新書)
(2009/10/17)
岩瀬 大輔

商品詳細を見る

「ライフネット生命」という会社をあちこちで目にするようになって、ちょっと気になっていたのだが、本屋で見かけたので即購入。つか、既にもう似たような本がちらほら出ていて、一瞬迷ったじょ。ちょうどこの間のShinobydietオフ会でこの著者の名前が数人の方から出てきて、たまたま購入したばかりのこの本をかばんに忍ばせていた私は不思議な縁を感じずにはいられなかったり(←独りよがり)
一応、前は某外資系生保のシステム運用を担当していたので、少しはこの業界のことを知っていたつもりでしたが、この本を読んだら「実は何もしらなかったんだ」ということを痛感しました。

ちなみに私は生命保険、医療保険、年金保険、全て加入してません。
それこそ以前に生保レディの営業に疑問を持ち、もめた末に全部解約したのでした。それ以来保険=胡散臭いというイメージがついてしまったんですね。もっと前にこういう本に出会いたかったなと思います。


Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
(2009/11/06)
津田 大介

商品詳細を見る

前に読んだ「ビジネスツイッター」に内容がかぶるところもありましたが、日本でのツイッター活用事例をうかがい知るにはとてもいいと思います。勝間氏との対談も巻末に収録されています。


ユニクロ思考術ユニクロ思考術
(2009/10/15)
柳井 正

商品詳細を見る

すっかり忘れていましたが、図書館に貸し出し予約していたこの本をようやく本日引き取りにいってきた。ユニクロを支える人たちが、自分の仕事術を惜しげもなく語っている本。以前、福岡で暮らしていた時には郊外に出店している洋服が安いお店というイメージだったのですが、今では洗練されたグローバル企業に進化している。それもわずか10年ちょっとで。しかし、この本に登場する人々がほとんど同世代の方々。自分も刺激を受け、触発されないわけがない・・。


減らす技術 The Power of LESS減らす技術 The Power of LESS
(2009/08/05)
レオ・バボータ

商品詳細を見る

ブックオフで見かけ、パラパラとめくってみたら面白そうだったので即レジへ。
「Make it simple を Motto」 としている自分はドンピシャな内容。
「余計なことをそぎ落とし本質に迫る」常に自分に言い聞かせようと思います。


ラクをしないと成果は出ないラクをしないと成果は出ない
(2008/05/23)
日垣 隆

商品詳細を見る

こちらもブックオフで見つけ、即購入。
タイトルを見たときにうちの同僚が以前に言った言葉を思い出した。「Laziness creates an efficiency.(いい意味での)怠惰は効率を生み出す。」
100のアイデアが惜しげもなく、ふんだんに紹介してあり、読み応えがありました。また何度も読み返すことがあるかもしれません。



Shinobydiet オフ会参加

内藤忍氏(@shinoby7110)主催の #Shinobydiet オフ会に参加してきた。
GW中からツィッターでハッシュタグをつけて、ダイエット報告をつぶやいていたわけなんですが、結局6月30日までに-3.9キロ減で、目標の-4キロに0.1キロ及ばず・・。ガクッ。

そんなShinoby Dieterが六本木の石頭楼という台湾鍋を出してくれるお店に集結。これがほんとに「隠れ屋」レストランで、地図を片手に勇んで出かけたものの、しっかり迷ってしまった。ただ不幸中の幸い、レストランの前の通りでは地図やiPhoneを持ってさまよう人々がちらほら。これはオフ会に参加する人たちに違いないと声をかけ、コバンザメのようにくっついてようやく到着できた次第。

↓看板も出ていない、普通に人が住んでるマンションですワ。こりゃ迷うワ。
100702_222306.jpg

お店に入ると、目に飛び込んできたのは書籍や雑誌でお馴染みの内藤忍氏。
おおお、雑誌でみたとおりだー、生内藤だー!
と、ちょいとミーハー魂をくすぐられた。

そして、台湾鍋。
台湾には何回かいったことあるけれども、今回初めて食べる台湾鍋。オイシー!!
100702_195351.jpg

更にこの薬味を加えると美味しさ倍々増!
お豆腐みたいな薬味の名前を教えてもらったのに、もう忘れてしまった。ナンだったっけ??
100702_200525.jpg

今回は、左隣に内藤氏、右隣に内藤氏の中学時代の同級生の方がいらっしゃって、著書では伺いしることのできない内藤氏の一面を垣間みることができて興味深かったです。オフ会後の印象は「お茶目な分散投資お兄さん」にすっかり変わってしまってました。

紹興酒の瓶が可愛くて、(一輪挿しにしたいから)持って帰りたいなとつぶやいていたら、「持って帰れるよ」と持たせてくださいました。但し、4つも!! 
もうこの時点で一輪挿し・・というか四輪挿し!
帰りの電車で大きな紙袋の中でがちこんがちこん音をさせながら持って帰ったら、旦那に「なんじゃこりゃ?!」と驚かれる始末。

そして、Shinoby Dieterの皆さん!
全員とお話できなかったのがちょっと心残りでしたが、皆さん個性的で面白い方々ばっかりで、オフ会では終始笑ってばっかりで、とても楽しい時間が過ごせました。ありがとうございました。

いやー、参加してほんとに良かったです。楽しかったー♪

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク