仕事に効く 脳を鍛える 新しいランニング

毎週土曜日に一緒に皇居を走っている、岡田氏(@hiroki_okada)が日経ビジネスオンラインで「レストラン経営で教わったことを皇居ランで実践した」という連載記事を書かれていたのですが、

その岡田氏が、、ムックになった!!
という話を聞き、早速購入したのがこちら。

仕事に効く 脳を鍛える 新しいランニング (日経BPムック)仕事に効く 脳を鍛える 新しいランニング (日経BPムック)
(2010/10/27)
不明

商品詳細を見る

3章「皇居ランを仲間と走る」P66~P71がその岡田氏が書いた記事。・・・ということで、岡田氏がムック(ガチャピン?)になったのではなかったんですね。
(って、むっちゃベタなお約束ですみませぬ)

とはいえ、ランニングが正にマイブーム真っ只中の私、これ岡田氏の件がなかったとしても、このムック本が店頭に平積みされてたら、即買いでしょう。

インタビューを受けている方々のほぼ全員がマラソンやトライアスロンに挑戦するようになったのが、今の私の年齢よりもチョイ後、もっと後、大体40~50代の時という驚愕(!?)の事実。とくに、ガリバーインターナショナル会長である、羽鳥氏の挑戦はすばらしい!私もいつかやってみたい!と触発されるワ。

面白いなと思ったのは、脳科学者の久保田氏のイベント的な走りの要素
・四国一周八十八札所めぐり(お遍路さん!?)
・奥の細道を走る
これ面白い!!更に、東海道五十三次とかいろいろバリエーションが楽しめそう♪

そして、インタビューを受けている方々が一様に言われているのは、
・ランニングは誰かと一緒にやる(楽しさを共有)
・いいアイディアが浮かびやすくなる
・ストレス解消(ストレスに対する予防接種)

なるほど、たしかにそうかも、そうかもと頭をたれまくる私。
僧侶の小池氏のインタビュー記事もとても印象的でした。

かなりお勧めです!

スポンサーサイト

アセットアロケーション -201010

今週末で10月も終わりということで、2ヶ月ぶりに資産&アセットアロケーションチェックをやってみた。今回はこんな感じになりました。



意図していないところで(!?)、私の目標としているアセットアロケーションに徐々に近づいているんだな。

円高の影響で、所有している日本株が2ヶ月前に比べて値下がり気味。しかし、その反面、海外ETF銘柄は大奮闘で2ヶ月前に比べると値上がり気味。最近では、外国株の比率を更に増加すべく、コツコツと海外ETFとインデックス投信に資金を追加投入中というのが、自分の目標としている比率に近づきつつある理由かしらん。

たまには、、、と昨日、香港の空港で購入した経済誌。海外情報を入手するのだ。
(決して、現地通貨があまったからついでにというわけではありませぬ・・えっ?)
101031_200605.jpg

今週末号のWall Street Journal Asiaには弊社の広告が掲載されてました。

香港出張 6日目:ついに帰国

P1000816.jpg

今日は帰国の日。
朝、ちょっとだけ早起きするつもりがちょいと寝坊してしまった。荷物をまとめて、ホテルのチェックアウトしてたら、朝ごはんを食べる時間がなくなった。結局、オフィスのそばのスタバでパン・オ・ショコラを買って、デスクブレックファスト(T-T)

午前中に引継ぎのミーティングをこなして、香港での業務終了。
15時のフライトに乗るため、正午過ぎにはオフィスを出て、空港へ向かう。もう香港オフィスへ行くこともなかろう。(転勤の希望さえしなけりゃ)

エアポートエクスプレスの香港駅まで徒歩約10分
ここも、クアラルンプールや、モスクワと同じく、チェックインカウンターが併設されているので、搭乗手続きができて、重い荷物を引きずることなしに空港へ行けるのだ。

空港で余った香港ドルを使い切るべく、買い物に走るワシ。
(と、いっても大した額じゃないので、ちょっとしか買えなかったけど。)

機内への搭乗は予定より5分早く案内を開始していた。
何だか仕事が早いですね、キャセイパシフィック航空さん。

結局、成田に到着したのは20時過ぎ。機内ではひたすらバクスイしていたので、あっという間の到着だった。けど、家に着いたのは真夜中、どっぷり疲れやした。

香港出張 5日目:火鍋リベンジ

香港到着初日に間違って(?)日本のしゃぶしゃぶを香港で食ってしまった話を香港オフィスの同僚にしたところ、哀れなヤツだと思ったのか、仕事の後に火鍋レストランに連れて行ってくれた。

場所はMTRワンチャイ駅のA3出口のすぐそばの建物。レストランの名前は「譚魚頭火鍋」。中国本土にも展開しているチェーン店のようである。

いろんな種類のスープに具材があるようなのだが、ここはジモティの同僚にお任せすることにした。すると、赤と白の二色鍋ではございませんか♪
P1000810.jpg


で、具材はおでんのような魚の練り物を中心に、が、なぜかここに風船のような物体があるではないか。頼んだ同僚も良く知らないらしい(笑)お店の人が串で風船(?)をつぶしてくれる。ぢゃ、最初からふくらまさなくても・・(え?)
P1000811.jpg

鍋の中に入れると小さくしぼんで、なんかコリコリとした食感。
しかし、ナンだろ、これ?

そして、一番気に入った食材が、魚の皮をカリッカリにあげたもの。そのまま食べてもちょっとしたスナックとしてもいけるんだけど、ちょっとだけスープに浸して食べるのもこれまた美味しかった。
P1000812.jpg
同僚の大好物のようで、3人であっという間に平らげたな、これ。

そしてお肉は牛肉、そして写真を撮り忘れたけどラム肉も。
P1000813.jpg
もうこの時点で、お腹がはちきれんばかりで、野菜の存在をすっかり忘れてた。

鍋をつつきながら、同僚と(ちょっとだけ)仕事の話や、ヲタ話で大いに盛り上がる。
香港人からみる中国本土(人)観というのも、なかなか興味深かった。彼らはいつでも外に出る用意ができているというか、視点がもうグローバルなんだよなぁ。

とても楽しい夜でした。お腹パンパン!

香港出張 4日目:久々に九龍へ

さて、仕事の後はMTRに乗って、久々に九龍側に行ってみることにする。
昨晩、ワンチャイのコンベンションセンターから九龍を眺めた時、新しいビル群がニョキニョキはえていて、ちょっとどうなっているのか、気になってしまったのだ。

とりあえず、MTRで佐敦(ジョーダン)まで行って、そこから尖沙咀(チムサーチョイ)までネイザンロードに沿って歩いていくことにする。

こちらは佐敦のMTR駅から下りたところを撮影、これぞネイザンロードって感じだ。
P1000803.jpg

で、尖沙咀に近づくにつれて何だか通りの雰囲気が変わってきた。新しいこ洒落たビルがにょきにょき建っていて、ちょっとビックリしている田舎もん状態。その中の1つに入ってみたら、シネコンになっていて、私のお気に入りのファストファッションブランド、MANGOが入っていたのでそこの豊富な品揃えに興奮して、がっつり大人買いしてしもうた。

このビル内、無料WIFIなのだけれども、スタバに入ったとたん通信が途絶えた。
ちなみに、こちらはスタバからみるネイザンロード。こじゃれた通りになって・・・。
P1000804.jpg

でもちゃんと昔ながらの雰囲気もしっかり残っている、この不思議さ。
P1000805.jpg

香港って、来る度に何かが変わっていて、新しいものができてたりして、飽きることがないなぁ。

香港出張 3日目:思い立ったようにワンチャイへ

招かざる客であった私でしたが、来たら来たでここぞとばかりに使われてます(笑)
今日はなぜかしらんが昼頃から履いているサンダルのせいでか、足がむくんでしまったのか、歩くたびに足に激痛が走る(涙)

仕事の後はそのまま買い物に出かけようと思ったのだが、この靴ではいかんせんまともに歩けないので、ホテルまで戻って、靴を履き替えて出直すことにする。・・・が、ホテルが近すぎてか(?)タクシーが乗車拒否しやがる(怒)

兎に角、ホテルに戻り、靴を履き替えて再度出動。
職場のすぐそばのH&Mで洋服をまとめ買いしたいのだ。と、いうのも今年の抱負でダイエット宣言してから、体重が-8キロと、今年の夏からの皇居ラン効果で体型もかわり、今ある洋服がブカブカしてきたという嬉しい悲鳴。だけれども、今は通過地点なので(これからさらに落とすので)、下手に高い洋服とか買ってしまうと、予定ではすぐにブカブカになってしまう(ハズ)。なので、円高の今、ファストファッションブランドでまとめ買いしときたいのだな。

で、オフィスそばのH&Mに行くと、何と22時まで開いているとのことではありませんか。これならば、ちょっとワンチャイまで行って、香港島と九龍側の夜景を見に行ってみようかな。前回の出張時に同僚に(デートスポットとしてよいと)勧められたのだが、結局行かなかったしな。ということで、MTRにのってワンチャイまで向かう。

夜景スポットとしてお勧め名場所がここ、ワンチャイのコンベンションセンター。
P1000796.jpg

ここはちょっと出っ張っているので(長崎の出島か?)、香港島側(中環)と九龍側の夜景も見渡せると言う、知る人ぞ、知る夜景スポットでございまするる。

こちらが九龍側。何か、新しいビルがにょきにょき建っていて、違う場所のようだ。
P1000791.jpg


そしてこちらが香港島の中環を望む。
P1000784.jpg


涼しい海風にうたれながら、しばし夜景を堪能。

で、またMTRで中環のH&Mに戻り、買い物を続行。・・・が、ここのH&Mはあんまり品揃えが良くなかった。何か、皆に荒らされた荒野の跡っぽい状態。他の店に行こうにも、他の店は軒並みシャッターがおりてますがな(T-T)

もうちょっと、計画的に行動しなきゃいかんなと思った夜だったり。

香港出張 2日目:招かざる客(!?)

今日から5日間、香港オフィスでお仕事。
ホテルで朝食を取ろうとしたのだが、そういえばクーポンがないなぁ?とフロントに問い合わせると、朝食込みでないというショッキング(?!)な回答。朝食込みだって、手配してくれた香港オフィスの人が言っていたのにー!と幸先悪いスタート。
でも、安くておいしいお店はいっぱいあるし、それはそれでいいのだ。

9時ちょっと前に香港オフィスに到着し、一緒にお仕事をする同僚の到着を待つ。
で、私を見た瞬間に「え?なんでここにいるの??」とびっくりした顔をされた。な、なにをー!そっちが呼んどいて何を言うかっ(怒)

正確には彼の上司と、私の上司の間で決まったことなのだが、
どうやら一緒に働く彼には伝わっていなかったらしい、で、当の上司は子どもが今にも生まれそうということで急遽、休みを取ってしまったらしい。なんてこったい。

ま、それはそれとして深く気にしないのが彼らの良いところ(?)もともと、遠隔でサポートしていたので、顔を合わせながら仕事ができるようになっただけさ。


と、仕事はきっかり定時に終えて、さて香港の夜を楽しむぞーっ。
実は、同じ時期に香港に出張に来ている(しかも1ヵ月!)@wakakonさんと職場のすぐそばのH&Mの前で待ち合わせて、一緒にお食事をする予定♪
なんと、@michobihさん、@tkumaiさんに続く、これまた10年位前にネットを通して知り合って、今回が初対面というパターンなのです。

@wakakonさんはとにかくおいしいものを日本のみならず、世界各地で食べていらっしゃるグルメなお方。お店選びは完全におんぶにだっこっす。連れて行ってもらったのが、中環のヨンキーレストランという、がちょうローストで有名なお店。

これはもうグルメなお方の嗅覚におまかせするしかない。
見よ、このおいしそうな料理の数々。
P1000753.jpg
P1000754.jpg
P1000755.jpg
しかも、今回は食べてから思い出したように写真を撮るのではなく、ちゃんと食べる前に撮影に成功しております(エヘン!)
というのも、@wakakonさんは食ブロガーなので、その辺はきっちり心得ていらっしゃるのです。しかし、どの料理もおいしくって、すごく幸せ♪

そして、食事の後はこれまた@wakakonさんお勧めのバーへ連れて行ってもらう。これがまたびっくり、見てこの夜景!!
P1000758.jpg
むちゃくちゃ圧倒される、美しさ。この夜景を肴にカクテルを堪能。
実は、@wakakonさんは現在、世界99カ国を旅している旅の猛者。(ちなみに、彼女のメインブログはコチラ)私なんて彼女から見たら、まだまだ青い青い(笑)旅のエピソードや、貴重な情報もしっかり頂いて、楽しい夜を過ごしました。
どうもありがとう!!

香港出張 1日目:香港へ

P1000742.jpg

今年2回目の香港出張。
前回はトレーニングを受けるためだったのだけれども、今回は香港オフィスのとあるプロジェクトのお手伝いのため約1週間の滞在。ほんとは前後の週末をはさんで、前回のように週末はどこかに足を伸ばそうかと思っていたんですが、今回はちょっと断念して、純粋に香港で仕事だけしてくる(笑)

11時発のキャセイパシフィックに乗り込む。
機内エンターテイメントは面白そうな映画がなかったので、iPodTouchに保存していたビデオを観賞。前回、旧ユーゴ旅行で痛い目にあった機内食は(不味すぎて1口で終わった)、今回は大丈夫だった。ポークを選んだのだけれども、豚の生姜焼きのような味でなかなか良かった。でも、香港のような近距離フライトだったら、機内エンターテイメントなし、機内食なし(有料)のエアーアジアのようなLCCでもいいかもしれない。(香港へは飛んでたっけな?)

香港には現地時間14時半前には到着。
入国審査も結構な行列ができていたのだけれども、空港内は無料WIFIがあったので並んでいる間にツイッターをチェックするワシ。かなり依存度高いな(笑)でもおかげでいい時間つぶしになった。荷物のピックアップもスムーズで(モスクワとは大違い)、ATMで現金を引き出し、エアポートエクスプレスで香港駅まで向かう。エアポートエクスプレス内はWiFiがあったのだが、残念ながら有料(T-T)

香港駅からタクシーでホテルまで約5分という近距離。
チェックインも済ませ、少し部屋でのんびりする。部屋はハーバービューなのだが、ちょっと香港島の中心から外れているので夜景はあまり期待できなさそう。まだ昼間だというのに、スモッグがかっていて、空はどんより曇ってる。

夕方、お腹がすいてきたのでご近所散策を兼ねて外に出ることに。周りはローカル色が強く、おいしそうな麺、お粥やさんをみかける。あと、乾物屋が多い。

上環方面に歩いて行く。
P1000744.jpg

どこかで見たことがある建物だと、導かれるように入って行ったら、何のことはない。マカオ行きのフェリーターミナルのビルだった。(今年の夏に行ったばっかりだったから、記憶に残ってたのね)

おいしそうなレストランやカフェが軒を連ねており、お腹がほんとにすいてきたようなので、今日の夕飯はここに決定。どのレストランにしようか見て回り、メニューに火鍋がある!と入ったお店で大失敗。

出てきた火鍋をみて愕然。これ、しゃぶしゃぶですやん!
メニュー見たときに「日式火鍋」=「しゃぶしゃぶ」ってなぜその時気がつかなかったんだYO!完全に私のミスなので、やり場のない怒りがふつふつと・・・。

これでおいしかったら、まだ救われたんですけどね・・。
ということで、この夕飯のために機内食をセーブしたかと思うと、、、(T-T)
と、まあ、こんな今年2回目の香港出張初日でございました。

ワクワク×ドラッカー

今日は朝から恒例の皇居ラン。
今回は2周だけと思っていたのに、調子にのせられて(!?)3周もしちゃった。タイムも90分以内。桜田門で朽ち果てていた日は遠い昔のことのようだ・・(遠い目)

さて、皇居ランのあとは皆でファミレスに寄ってブランチが恒例なのですが、今回はファミレスに寄らずにそのまま青山にあるバリュークリエイト社のオフィスを訪問。

開放感があって、緑がたくさんあって、本棚には面白そうな本がずらりならんで、すごく落ち着けそうな和室もあって、しかも机はフリーアドレス制。いやーん、こんなオフィスで働きたい!(いつかつくりたい!)と思う素敵なオフィスでした。

って、何しに行ってんだよっ!と、ツッコミがきそうなので、早速本題へ。
今日は「ワクワク×ドラッカー」と題し、世界中のビジネスマン必携の書と言っても過言ではない、ドラッカーの「プロフェッショナルの条件」を取り上げて、これを「ワクワク会社革命」が絶賛発売中のバリュークリエイト社の三富氏(@vc3103)に解説していただくのだ!

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカーPeter F. Drucker

商品詳細を見る

「プロフェッショナルとは何ですか」
「あなたはプロフェッショナルですか。」
で始まった読書会。自分は自分の思い描いているプロフェッショナルではないかもしれない、と思っているところに、三富さんはおっしゃる。

プロフェッショナルと言い切ってしまえ、プロフェッショナルで突き抜けてしまえ、
一流のプロフェッショナルと言い切ると、これに伴う振る舞いや考え方になり、日々実行するようになると、まずは土俵にのることの大切さを教えてくださった。

ざっくり、私の頭に何かがぶっ刺さりましたね。
なので、私もこれからプロフェッショナルだと言い切ってやります(`へ´

p117 価値観について

自らをマネージメントするためには、強みは仕事の仕方とともに、自らの価値観を知っておかなければならない。
組織には価値観がある。そこに働く者にも価値観がある。組織において成果をあげるためには、働くものの価値観が組織の価値観になじまなければならない。同一である必要はない。だが、共存できなければならない。さもなければ、心楽しまず、成果もあがらない。

三富氏は本書の価値観について「こうすべき、あーすべき」と言った行動基準ではなく、これをしていたら楽しい♪と、「ワクワクすること」であると言う。まずは自分のことが先。今の自分の関心、成長の源泉がワクワク。前向きに取り組むことはチャレンジ、努力とかそういうものではなく、自分が自然にやっていくもので、自分がやりたくてやっているので失敗してもへこたれない。逆に、後ろ向きに取り組むと、それは試練となる。

これは働き始めたばかりではわからないので、いろいろな経験をして、ワクワク(価値観)を見つけることが大切で、これはつまらないな、これはおもしろいなとわかることに意味がある、と三富さん。なので、「最高のキャリアはあらかじめ計画してできるものではない(p118)」というのもしっくりくる。

そして、「ワクワク」と「できる」の2軸で自分を考えてみようと白紙の2軸の用紙を頂いた。これは、「ビジネスで大切なことはレストランで教わった」にもあったフレームワークですね。

さっそく、お勉強会が終わった後、立ち寄ったカフェでない頭をしぼりながら、「ワクワク」と「できる」のフレームワークに挑戦。すると、今の自分はワクワクすること盛りだくさんではないですか!面白い発見をしてしまった。また何年かたったらこれを見直してみたいと思います。

しかし、無料でこれだけの内容のお勉強会。
しかも、いらない本までたくさん頂いて、太っ腹すぎます、三富さん!!
本当にありがとうございました!!

ということで、最後のこちらの本、ダメ押しで宣伝です(笑)

ワクワク会社革命──「崖っぷち企業」も利益率世界一になれるワクワク会社革命──「崖っぷち企業」も利益率世界一になれる
(2010/09/30)
三富 正博

商品詳細を見る


ブレイン・ルール

この間のプレゼンテーションZENのセミナーでお勧め書籍として紹介されたこちら本を本日読了。DVD付きなんですが、DVDは見てません。
(またの機会にでも・・・。)

ブレイン・ルール [DVD付き]ブレイン・ルール [DVD付き]
(2009/05)
ジョン メディナ

商品詳細を見る

分子発生生物学者で、人間の脳の発達を専門にしているる著者が、脳のしくみについて12の事柄を紹介しています。全部紹介してしまうと長くなってしまうので、興味を引いたところだけいくつかピックアップ。

「運動」
運動によって心血管の健康状態が改善され、心臓発作や脳卒中にかかるリスクを低減。運動で認知力を高めることができる。
→皇居ランをやっているうちは大丈夫かな(笑)

「注意」
・脳はマルチタスクをこなせない。マルチタスクが得意に見える人は、複数のインプットについて一時にひとつひとつの注意を払う際の仕切り直しがうまい。
・講義を計画する際は10分間で一区切りにする。(中心概念1分、各モジュールについて残り9分)

「睡眠」
・昼寝は必要。
・一晩寝て考えよう
・クロノタイプと仕事のスケジュールをマッチングさせると生産性が上がる。
→私は明らかにフクロウ型なんだよな。

「ストレス」
・学習性無力感→逃げられないと感じること。
 それに伴って認知能力が崩れ去ること。
・ストレス脳は普段どおり学べない。
・最も悪いストレスは、問題を制御できないと感じる。無力感を覚えること。


ん??もっと知りたいと気になった方は是非、本書をお手に取ってみてください。

未知の領域へ-皇居ラン(15Km)

もし今晩、雨が降らなかったら、抜け駆けラン(注:土曜の朝以外で皇居を走ること)をしてやろうと企てていたワタクシ。

雨が降っていないことを確認し、速攻で定時退社し、半蔵門のJOGLISへ向かう。
来月にハーフマラソンを控えていることと、毎週末の皇居ランで3周に挑戦する仲間、先週末にタートルマラソンに出場した皇居ラン仲間に触発されて、ランはしかにかかってしまったようである。

とりあえず、様子見で2周。いけそうだったら3周いく。
前回の皇居ランのブログエントリーで、「慣性の法則(?)が働いているようです」と言っていたのですが、それでいけるかなー?って気がしているんだな。
何の根拠もなく・・・。

で、夜間ランは朝ランに比べ、日が沈んでいるおかげで涼しくては走りやすいのだ。
2周終わったところでも精神的にも肉体的にも余力があったので、これはそのまま3周いける!と3周目に突入し、丸の内ビル群のところもまだまだ大丈夫ってな感じだったので、もしかしてこれは4周目もいけるかも?!なんて、希望の光が!

が、
そうは問屋はおろさない。静かに忍び寄る影。
竹橋の毎日新聞社ビルのあたりから急に足の裏がちょっと痛み始めるわ、足の付け根がつっぱった感じになってくるは、体がきしみだした!

ということで、最後の方はちょっとペースダウンで痛みをかばうかのような走りになる。未知の領域に行くとはこういうことなんかい・・・・(-。-;

ということで、こちらが本日の記録。
101019_222409.jpg

体がきしみながらも(?)3周走りきったってことでヨシとしよう!
消費カロりーが1153キロカロリーって・・。道理で、体重の昨日比-1.1キロなんだな。恐るべし、皇居ラン。

そして、皇居ラン仲間の激励のツイートありがとう!

The X-Factor 2010

去年、旦那とハマってみたいたイギリスのオーディション番組、The X-Factor
ええ、今年もガッツリはまってみています(^_^;

オーディションも終わり、現在はライブショーによるパフォーマンス2回目。
視聴者の投票により勝ち残っていくわけだが、現時点では既に4人(組)が敗退で残りは12人(組)となり、これが毎週、12月上旬まで続く。

今週、一番ゾクゾクしたパフォーマンスは、トレーシーの「パープルレイン」

ぶっちゃけ、プリンスのオリジナルより全然いいんですけどー。

実はこの方、去年のThe X-Factor 2009のオーディションにも出ていたんです。旦那がすごく気に入っていて、最終オーディション(Judge's House)でサイモンに落とされてしまったんですよ。鳥肌がゾクゾク立つくらいにいい声していたのに、「I will take a risk.」とか言って、他の子を選んですわな。

で、今年もめげずに再度挑戦。旦那と私はきっと戻ってくると信じてましたよー。
が、やっぱり今年も最終オーディション(Judge's House)で落とされたんですが、復活枠で見事に本選出場を果たしたんですね。というか、なぜ「復活枠」だったのかは相当疑問だったんですけどね。

とにかく、その恨み(?)を晴らすべく、いいパフォーマンスを前回してくれたんですが、今回は更にそれを上回りました。とても将来が楽しみな女性です。

皇居ラン 10Km

今日も朝から恒例の皇居ラン。
毎週土曜日の朝は、皇居の周りを走って、みんなでブランチという習慣がかなり定着してきたので、雨が降って走れなくなったりしたらかなり調子が狂う。

この間のチャリティーランの後からは、皇居2周するのが定番になりつつありそうです。というもの、ここ最近はめっきり涼しくなって、走りやすくなったこともあるかも。あ、そうそう、来月は府中多摩川マラソンで無謀にもハーフに挑戦しますからね・・(゜_゜||(遠い目)

本日も何とか皇居2周(10Km)を休むことなく無事に完走。
最初の1周目はつらいのだけれども、2周目になると疲れを通り越して、慣性の法則(?)が働いているようです。運動していた物体(←私のことね)はその速さで等速直線運動を続けるっつーやつですね。でも、これが15Km、20Kmになったときにどうなるか・・・未知の世界でございまする。

本日のタイムはこちら。
101016_223626.jpg

走った直後に見たときはたしか1時間ちょっとだと思ったのに、実はなぜか前回(月曜日)の記録を見ていたようで、家に帰って改めてチェックしてみたら、タイムが1時間切ってた∑(゜□゜||

ランの後は恒例のファミレスでみんなでブランチ。
皇居ラン第20回記念をどこで行うかで大盛り上がり。初めて参加されるかたも今回はお2人いて、とても楽しい集まりになってきていて、ますますハマってしまうという好循環になっているようです。

アイデアのちから

この間受講したプレゼンテーションZENのセミナーで、講師のガー・レイノルズ氏がお勧めしていたこちらの本を本日読了。よくよく見たら、この間読み終わった本「スイッチ!」と同じ著者ではありませんか。

アイデアのちからアイデアのちから
(2008/11/06)
チップ・ハースダン・ハース

商品詳細を見る

アイデアの面白さは天性の素質?それとも育て方?
著者は後者の立場を取り、面白いアイデアの育て方について6つの共通原則を用いて解説する。

1.単純明快である。
人間は不確実なことがあると、それが何の関係のないものでも判断停止に陥る可能性がある。一方で、人間は不確実な状況で絶えず判断し続けている。その中で、核となるメッセージは何が大切かを思い出させ、誤った選択を予防する。アイデアの核となる部分を見極めるには、「表面的要素」や「本筋と関係ない要素」を取り除き、一番大切な本質をむき出しにすることである。

2.意外性がある。
コミュニケーションにおける最初の問題は相手の関心を掴むことである。基本的な方法は「パターンを破る」こと。「驚き」は関心を掴み、「興味」は関心をつなぎとめる。人を驚かせるには、先が読めてはならない、しかし後から考えれば理解できるものでなければならない。

3.具体的である。
抽象的であれば、アイデアの理解や記憶が難しい。同じ表現でも人によって違う解釈がなされる場合もある。具体的であることは、目標を分かりやすくする。共通の「場」を生み出し、人々の協力を可能にしたり、同じ課題に取り組む安心感を得る。

4.信頼性がある。
自分のアイデアを信じてもらうには信頼の源を見出さなくてはならない。
権威者(専門家、有名人など)、反権威者(個人の実体験、友人知人など→詳細な知識が専門知識に似た効果となる)、関係性を示すために統計を利用する(但し、統計自体が意味を持つことなどはまずない)、シナトラテスト(ここでうまくいけば、どこに行ってもうまくいくさ=先行事例)、検証可能な信頼性(顧客に自ら真偽を確かめさせる)

5.感情に訴える。
「大衆を見ても私は行動しない。個人を見たときに私は行動する。(マザーテレサ)」
相手の自己利益に訴えること、自己利益を受ける本人を「主語」にする。
感情は人々を行動に駆り立てる。

6.物語性
シュミレーション(いかに行動すべきか)、元気付け(行動する意欲)は、行動を生み出す効果がある。物語は気晴らしでもあり、教訓でもある。


など、興味深いところが多々あり、メモしまくり。
こちらの本も一読の価値大いにありです。

1年で150万円もお金がたまる本 -横山式!マネーデトックス

昨日、偶然立ち寄った本屋で横山氏の著書を見かけて思わず購入したと言っておりましたが、実はもう1冊購入していたんですねぇ(笑)

1年で150万円もお金がたまる本 -横山式!マネーデトックス1年で150万円もお金がたまる本 -横山式!マネーデトックス
(2010/03/13)
横山 光昭

商品詳細を見る

基本的な部分は今までの著書と同じなのですが、本書では横山氏が今まで相談に乗ってきた経験則から、貯金しやすい生活習慣、浪費しやすい生活習慣を取り上げ、分析されています。これを読み進める事で、自分の中の潜在的な浪費習慣がデトックスされ、貯金しやすい習慣が身についていくとのこと。

浪費型か、貯蓄型かの診断テストがあり、思わず自分もやってみた。
+7点と言うことで、「お金がたまりやすい生活習慣」だそうだ!
ちなみに、これ男性用、女性用と別れているんですが、興味本位で男性用でもやってみたら、+10だった(笑)
どっちにしても、お金がたまりやすい生活習慣らしい。

財布のひもは奥さんが握ろう!
とのことですが、なぜか旦那の財布の紐は握らせてもらえません(^^;

最後の「貯蓄に成功した100人アンケート」は必見ですよ。
貯蓄生活のヒントになるかも。

35歳からの超貯蓄術

時間を持て余し、たまたま入った本屋さんで発見したのがこちらの本。

35歳からの超貯蓄術35歳からの超貯蓄術
(2010/08/20)
横山 光昭

商品詳細を見る

横山氏ウォッチャーとしたことが・・・(笑)即購入。
今の35歳は10年前よりも年収が200万円も低いそうです。そんなご時勢を生き抜くマネープラン、お金とどのように付き合っていくか。

「自分軸をつくる」には激しく同意。
まったく貯めることができなかった(逆にマイナス!!)若かりし頃は、その時の雰囲気(ノリですな)や周りがやってるからとか、買っているからという理由でお金をバンバン使っていた。自分軸どころか、何も考えてなかったわけですな(゜_゜|| この自分軸はもちろん貯蓄だけではなくほかにも通ずること。

お金に関して「自分軸」がまったくぶれないのがうちの旦那。

ちなみに真のお金持ちは、小さな金額にも非常にシビアです。本当に必要でないものに対しては、ケチです。(P102)

うちの旦那がお金持ちがどうかは別にして、本当に必要でないものに対しては小さな金額にもほんとにシビアで、私の買おうとしているものに対してまで、「ほんとにそれは君にとって必要なの?」と問いかけます。

私が貯め体質に様変わりしたのは、ひとえに旦那のおかげ。(その頃は横山氏のかのベストセラーはまだ出版の影も形もなかった頃なので・・涙)

と、話は横にそれてしまいましたが、
こちらも貯められないと嘆く、同世代の人々にお勧めしたい一冊です。

新品キンドル到着

101012_194259.jpg

先日、キンドルが故障したのでカスタマーサポートに連絡した記事を書いたかと思いますが、もう届きました。新品キンドル♪

電話してからのアマゾンの対応は早かった。
先週の木曜の夜に(旦那が)電話したわけですが、金曜の朝には新品キンドルの発送手配、故障したキンドルの返却手順のお知らせのメールが届いてました。クレジットカードから送料込みで一旦約$300の注文受付メールが来たかと思ったら、その後すぐに返金手続きを開始した旨のメールが来た。

想像を超えるサービスでございました。

で、本日無事に新品が納品されたわけです。
Rena's 2nd Kindleの文字が泣かせるぜ。まずは充電し、Archived Itemから購入した本をホーム下に移して、フォルダを作成しなおせば元通り。

で、故障したキンドルは梱包してAmazonへ発送するんですが、この送料もAmazonが負担してくれます。まずは自分で立て替えておいて、Amazonに郵便料金と荷物のトラッキング番号を連絡します。すると、後日クレジットカードに返金されるという仕組み。ちなみにAmazon.comへの送料は1,730円でした。

ちょうど1年使っていたキンドルは画面がちょっと焼けてきていたので、黒々としたインク画面の新しいキンドルは超うれしい♪今度は壊れないように大切に使いますよー。いや、しかし、Amazon.comのサービスはほんと良かったわ~。

リベンジ皇居ラン+神楽坂(Sawan/一茶一坐)

先週末のチャリティーマラソンで携帯のLowバッテリーのせいでタイム計測ができなかったことにショックを受けた私はその足で某大型家電ショップに向かいNIKE+のチップし、その後ランニングシューズを購入した。これを次の皇居ランで試すんだ♪と雨傘を初めて買ってもらった幼稚園児みたいにうきうきと心待ちにしていたんですが、、雨天中止(T-T)、、というのが土曜日の話。

皇居ランリベンジ、リベンジと怨念のようにツイッターでつぶやき続け、
本日の朝、ついに皇居ランリベンジができることに!!
毎週土曜日に集まる皇居ランメンバーの皆さんが本日集結しました。

今日は2周(10Km)を65分以内で完走することを目標に走り、何とか1時間ちょっとで完走。ただ、NIKE+の距離測定が11Kmって出てたのは一体?
新しいシューズも家の周りでちょっと走って試した時は重くて走りずらいと思っていたのだけれども、少し長い距離を走るとそれが気にならなくなって、逆にいつもよりラクになった。iPod Touchのアームバンドをつけたのだけれども、これちょっと走っている最中に操作しづらいのでもうちょっとやり方考えてみよっと。

で、その後はファミレスでブランチタイム。
調子に乗って昼間から生ビール4杯飲んでる自分・・・(汗)


で、いつもはここで皆とお別れするのですが、
一部のメンバーと一緒に神楽坂組(?)にくっついてやてきたのがこちら。
101011_145416.jpg

タイ古式マッサージsawan、毎週一緒に皇居を走っている@reitonaさんのお店です。ちょうど11月30日迄、初回来店の特典で60分5000円とのことで、みっちり一時間受けてみた。タイ古式といえば、エビ反りでアクロバティックなポーズをさせられるのかと思っていたら何のその。「2人で行うヨーガ」と言われているらしく、インドのアーユルヴェーダやヨガの流れを汲んだようなもの。指圧をしてもらったのですが、これが結構痛かったけど、気持ちよかった~(←マゾっ気?)。元々、体中が凝りまくってて、てもみんに匙を投げられましたからね、昔。で、体半分右側が相当凝っているという新事実がっ!そういえば、バックは常に右肩だし、確かにいつも右側に重心を置いているかもしれない・・(゜_゜|| 気をつけようっと。


そして、その後は @hiroki_okada さんのお店、ちゃま・・いえ、
CHAMATE 一茶一坐 神楽坂店へ向かう。再訪です。
まずは朗報です。こちらのお店、無料WIFIがございますっ!!

岡田さんのチョイスで出てくる出てくる美味しい料理の数々。
(下記、写真をクリックするとちょっと大きくなります)
101011_151426.jpg101011_152541.jpg
101011_154639.jpg101011_154858.jpg

私が食ブロガーに向かないと思うのは、美味しそうな料理は我慢できずに写真を撮る前にお箸が伸びてしまうので、どうしても食べかけ写真ばっかりになっちゃうのよねん・・。実は、上海ガニも出たんですよ!・・が、これも写真撮らなきゃと思った時には既に遅し、上海ガニが無残な姿になってしまったのん。そして、ジャスミン(ティー)ハイって初めて飲んだけど、すっきりした喉越しで美味しい。これ気づかずにガブガブ行ったので、かなり酔ってたと思われる。

いやはや、3連休の最終日はかなり充実した1日でした。
皆様、どうもありがとうございました m(_ _)m



※一茶一坐の過去関連記事
たびばな@一茶一坐 神楽坂店
渋谷でえと



ブランドギャップ

今日も朝から雨が降っていたので、昨日の皇居ランリベンジできず。
明日は晴れるようなので、明日の朝は皇居ラン10Kmリベンジやりますよっ。

さて、先週受講したプレゼンテーションZENのセミナーでお勧めの書籍を何冊か紹介されていたのですが、その中の1冊を本日読了。

ブランドギャップブランドギャップ
(2006/12)
マーティ・ニューマイヤー

商品詳細を見る

セミナーで何で日本語版には表紙のAとNの間、AとPの間の原書では空白だったところをに余計な色を入れているんだとちょいと文句言いたげだったガー氏。(つか、言ってたな、笑)本書を読み終えたら、たしかに「余計なことを・・」と思ってしまいます(^^;

冒頭でブランドについての誤解を消し、白紙に戻してからのスタートします。
ブランドはある製品、サービス、企業に対して人が直感的に感じるもので、個人個人によって定義されるため、このプロセスを企業がコントロールすることはできない。

ブランド管理とは人々の心の中にある違いを管理することで、
ブランディングは優れた戦略と、優れたクリエイティビティをつなぐプロセスである。
この基盤は「信頼」であり、信頼の構築はブランドデザインの根本的な目標となる。

ブランディングにおける5つのルールは、
①差別化
②協力
③革新
④検証
⑤育成
これを一周する度にブランドバリューは高みを極めていくという。

ページ数も少なく、簡潔な言葉で書かれているのでさっくりと読めます。
また折を見て読み返したいかも。

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

3連休の初日は10Km皇居ランで幕を開ける予定でしたが、あいにくの雨。
ということで、昨日ようやく届いたこちらの本を読む。そう、橘玲氏の新刊であーる♪
橘氏の新刊は迷わず買いですね。

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
(2010/09/28)
橘玲

商品詳細を見る

伽藍を捨ててバザールに向かえ!
恐竜の尻尾の中に頭を探せ!

で冒頭始まるこの文章。
自己啓発の女王として数々のビジネス書を出版している勝間氏の「やればできる」に対して、「やってもできない」と反論する橘氏。のっけからグイっと引き込んでくれるではありませんか。

知能の70パーセントは遺伝で決まる。
子供の成長に子育ては関係ない。

と、いくつかの研究結果を例に挙げ、身も蓋もないことを言われてはる。
となると、早期教育に大金をつぎ込んでいる親はまずは自分の知能を把握してから、子供の将来に投資せよってこと?

そんな殺生なぁ~と言いたくなるような残酷な世界をこれでもか、これでもかとそれを裏付ける研究結果と合わせて、橘ワールド全開で語る。とても読み物として面白いのでサクサク読めちゃいます。

で、その残酷な世界で生き延びる方法は何かって?
ヒントは冒頭の暗号文(?)です。一読の価値が大いにある本です。


スイッチ!

この間、購入した雑誌、COURRiER Japon 2010年10月号は、知性を鍛える「白熱講義」特集だったんですが、その中で紹介されていたこちらの本を購入。

スイッチ!スイッチ!
(2010/08/06)
チップ・ハースダン・ハース

商品詳細を見る

「変われない」を変える方法、ということですが、

「変われない」というのは、実は、
・人間の問題に見えても実は環境の問題であることが多い。
・自己管理が心身を消耗する。
 (怠けているように見えても実は疲れきっている場合が多い。)
・抵抗しているように見えても実は戸惑っている場合が多い。
という意外な3つの事実。

以上を踏まえて、本書では、①象使いに方向を教える、②象にやる気を与える、③道筋を与える、という基本的なフレームワークを使って、「変われない」を変える方法について解説しています。これは個人だけではなく、組織、そして社会に適用することができます。

お手本となる成功例(ブライド・スポット)をみつけ、これを参考にし、行動計画を立てて実行したベトナムの農村の話はとても興味深かった。小さな変化が大きな問題に大きな影響を与え、小さな解決策の積み重ねによって解決されていく好例。

あと、「変化を細かくする」ということ。
家をきれいにするのではなく、「今よりもきれいにする」という考え方。
目標を小さくすることで自分を恐怖から解き放つことができる。

うっ、これはこの間の9月末までのダイエット目標設定を誤った私には耳の痛いお話。あの後、ワクワク会社革命の三富氏からも同様のアドバイスを頂きました。

小さな成功=手の届くマイルストーン
初期の成功を作り上げることは、実際には変革活動にはかけがえのないもの、希望を作り上げている。変化が一旦軌道にのり、進展が見え始めた時に重要なのは「進歩を目に見えるようにする」ことだと言う。

その他にも、「人を育てる」「環境を変える」「習慣を生み出す」「仲間を集める」など興味深い内容が盛りだくさんで、無我夢中になって読みました。面白くてかなり読み応えがあり、お勧めです!!

キンドル、壊れました

101007_231513.jpg

この間の旧ユーゴ旅行中はキンドルが大活躍。
移動が多かったので、移動中にちょこちょこ本を読んだり、無料3Gを駆使してツイッターで旅の実況中継など、つかほとんどツイッターだったなぁ・・(笑)

で、日本への帰りの機内で読書をしようとキンドルを取り出したわけですが、スライドしても電源が入らない。ん?スライドが弱かったのかな?と強めにスライドしてもダメ。まったくもって電源が入らないので、何度か同じことをやっていると、液晶画面が上写真のようになってしまった (T-T)

最後にキンドルを使ったのは、たしかサラエボ。その時は全然大丈夫だった。
で、一つ思い当たるフシがあるんだよな、、多分ベオグラードだな。

帰国後、さっそくAmazon.comのサイトでカスタマーサービスの連絡先を調べる。
トラブルシューティングのFAQのページがあったので、似たような事例がないか確認する。すると、Frozen Screen というのが、今回の状態に一番近い現象だと思われるので、書いてある通りにフル充電したのちに、15秒間スライドをそのままホールドし続けたんですが、直る気配がまったくない。

仕方がないので、メールフォームからカスタマーサービスへ不具合の旨を連絡すると、翌日にはカスタマーサービスから連絡があったのはいいのだが、、、、FAQのページに書いてあることそのまま言ってるだけぢゃん!!で、それでもダメだったら、この電話番号に電話しなさいと番号が記載されていた。

で、急にテンションが下がって、そこからそのまま放置プレイ。
で、毎日のように我が家の住人が「Amazonに電話した??」と煩くなる。

そして、しびれを切らした我が家の住人が私の代わりにAmazonに電話してくれた。どうせ、インドのどっかのコールセンターにでもつながるんでしょ?と思ったら、アメリカ人女性が電話口で丁寧に対応してくれた。購入(予約)してからちょうど1年くらいだったおかげか何かしらないが、結局、無償で新品と交換してくれることになった。Amazon.comから新品のキンドルが到着したら、壊れたキンドルを送り返すという流れ。

税関の手続きの都合上ということで、一旦、新品のキンドル代をクレジットカードから徴収するが、あとからクレジットカードに返金するとのこと。

まさか、新品と交換してくれるとは思ってもいなかったので嬉しい誤算。
新品が到着したら、またその後をレポートいたします。


※ちなみに現在は、iPod Touchでキンドルの本を読んでいます。

ワクワク会社革命

前回に引き続き、毎週末の皇居ランでご一緒させていただいている、日米公認会計士であり、慶應義塾大学ビジネススクール講師でもある、株式会社バリュークリエイト 三富正博氏(@vc3103)の最新刊をさっそく購入。

ワクワク会社革命──「崖っぷち企業」も利益率世界一になれるワクワク会社革命──「崖っぷち企業」も利益率世界一になれる
(2010/09/30)
三富 正博

商品詳細を見る

今回の著書は、親会社からも見放された崖っぷちだった企業を、利益率で業界世界一になるまでに躍進させるまでの6年間の記録です。

業界世界一を目指そうとしたわけではなく、自分達の厳しい現実を見つめなおし、それを受け止め、「可能性の芽」を再発見し、育て、好循環する仕組みを築き上げた結果として世界一の営業利益率を上げているのがポイントだと著者は語る。

これは個人にも当てはめることができる。
私の場合はダイエット。去年の健康診断で痩せた方がいいと言われ、そこで自分の置かれている状況を直視し、これまでの不摂生な生活習慣を認識し、健康的な体つくりを続けていく仕組みとしてエステサロン、#shinobydiet、皇居ランにつながていった。そこに、「仲間と一緒に走る楽しさ」という副産物までついてきた。まだまだ、道半ばだけれども、いい感じで進行している。

客観的にも厳しい状況にあっても、その現実を直視し、自分がワクワクする方向に一歩踏み出し、ゆっくりゆっくり歩き始め、目の前の仕事に一つひとつ取り組んでいけば、少しずつ道は開けていく。そして、その先にこそ本当にワクワクできる体験や大きな成果が待っている、自分の成長がある、ということを (P43)

そう言われると、たしかに、そんな気がしてくる!!

そして、加点主義の話や、人を褒めるという話のところを読んでまさに三富さんかも、と思った私。褒め上手といっても過言でないほどで、褒められた私は調子に乗って皇居を3周はしりそうになるくらいに、やる気モードに火がついてしまうし。

三富さんのワクワク感が行間からビシバシ伝わってくる本です。
一度お会いするとわかっていただけるかと思います。

と、そんな三富さんによる ワクワク×ドラッカー「プロフェッショナルの条件」の会が10月23日に行われます。ドラッカー本の解説をお願いしますと、皇居ランの後のブランチでお願いしたら、「いいよ!」と何のためらいもなく、快く引き受けてくださった三富さん、素敵すぎです!

ご興味のある方で、ツイッターアカウントがある方は上記リンクで参加表明をお願いします。アカウントがない方は、当ブログにコメントを残してくださいませ。お一人でも大丈夫ですよ!私も含め(え?)フレンドリーな方々がばかりですので!


チャリティーラン参加(10Km)

101003_093125.jpg

本日はグローバルフェスタのチャリティーランに参加してきました。
たしか皇居ランを始めたばっかりの時に申し込んだんですが、何も恐れを知らないビギナーはまだ未知の距離であった、10Kmでエントリーしてしまったわけです。

が、大会前日の夜にゼッケン引き換えの葉書を書類の山から見つけるダメダメさ。
当日は心してかからねばと、受付開始の8時に間に合うように日比谷公園に向かう。受付はあっという間に終了し、自分が走る時間は9:55、それまで何をすればいいのん?とりあえず、虎ノ門のカフェに退避。

開会式は9時30分に始まり。
何だか早そうな人たちが続々と桜田門に集結。

20Kmとリレー、5Km走者がスタートした後に、9:55ちょうどに10km走者がスタート。走り慣れている皇居周辺だが、桜田門スタートは初めて、まずは丸の内オフィス群。ここ、いつもだと最初に心が折れそうになるポイントなのだが、桜田門スタートだと単に平坦なウォーミングアップのようなポイントに早変わり。次の鬼門、竹橋の坂も(心に)余裕をもってクリア、で半蔵門から桜田門にかけてのゆるやかな下り坂で締めくくる。

が!
2周目に入ると、やっぱり丸の内のオフィスビル群のところが第一の鬼門となり、心が折れそうになる。で、更に竹橋からの緩やかな上り坂になると、「もう歩いてもいいんじゃないの?」という葛藤との戦い。
ほんと自分との戦いですワ。

で、何とかゴールしたわけですが、
携帯のストップウォッチを見てみると、バッテリーの残量がないために計測がとまってた!!!最後のバッテリーの力を振り絞って、「ゴールなう」のツイートをする。その時の時間が9:57

単純に計算すると、62分で10Kmを完走したことになる。
自己記録更新すね。

ということで、私の初マラソン大会はこうして幕を閉じたのでした。
今回は1人での参加でしたが、ツイッターを通して皇居ラン、Shinobydiet仲間の方々から応援のツイート、そして終了後にはおつかれさまのツイートを頂き、むちゃくちゃ励みになり、いい人たちに出会えた事を心から感謝!!

プレゼンテーションZEN セミナー

101003_225404.jpg


今日は朝から恒例の皇居ラン。
1周走って明日のマラソン大会に向けて調子を整える。今日は新しく参加した人あり、2周組みが増え、中には3周組み、そして自己ベストを更新する人たちと、なんとも充実した1日の始まり。(間違って、レーズン入りのお菓子食ったこと以外は・・・)

そして、今日は午後からプレゼンテーションZENのセミナー。
プレゼンテーションZENという本を内藤忍氏のブログで始めて知り、目から鱗の内容にもしセミナーがあったら受けてみたいと思い続け、それがようやく本日実現したのです。

5 時間という長丁場。著書の内容をサマライズしたもの、そしてそれにちょっとしたグループワークが入ってくる。実際に受講してみると「全然時間が足りない!」というのが正直な感想。これ、複数回に分けてもっとみっちりやってみたい!(受講料が高くなってしまうかもしれないけど)

加えて、セミナーでは実際にガー・レイノルズ氏がスライドを使って、私たちの前で説明している姿を拝む(?)ことだけでも大きな収穫。シンプルでありながらも核心を突いたスライド、そして彼の話し方や動き、セミナーの進め方などなどを目の前で盗み見ることができました。英語と日本語の同時通訳でしたが、わかりやすく(時折、日本語の単語もおりまぜて話すので)英語だけでも大丈夫。

前日にツイッターでガー氏に話しかけたのですが、ワークショップ中に私のいるテーブルにやってきて、ちょっと話をしたのちに、「もしかしてツイートした人?」とツイートしたのが私だと見抜いて(?)くださいました。その後の休憩時にたまたま私のいたテーブルのところまでやってきてくださったので、少しお話して、ついでに著書にサインまでお願いしてしまった。その後の休憩、セミナー終了後にはサインを求める人の列ができたので早めにもらえてラッキー。

いやはや、今日はとても充実した1日でした。

iPod Touch 4G

101011_000619.jpg

以前、「旅行時のmyアイテム」というエントリーを書いた際に、「iPod Touchに8メガピクセルのカメラ機能がついたら、ネットPC、デジカメ、iPod nanoの代用になり、最高なんだけど・・。」と言っていた私ですが、先月の新製品発表でついに出た! iPod Touchにカメラがついた!(8メガピクセルではないけどね)

ということで、旧ユーゴ諸国旅行で活用するために、某大型家電ショップで購入予約を入れたのですが、これが結局旅行に間に合わず、しかもiPod nanoを売っぱらってしまったので、音楽のない旅となってしまった。

とりあえず、旅行中に納品されていたようで旦那が引き取りに行ってくれた。
で、使い始めてから約1週間が経過。

何で私はiPod Touch /iPhoneをあんなに毛嫌いしてたんだろ??
むちゃくちゃ便利ではありませんか。あんなに旦那がイイと言っていたのをなぜスルーしていたのか。

純粋に携帯音楽プレイヤーとして楽しむだけでなく、Kindleが壊れてしまったので、kindleの代用品として電子書籍を読んだり、iTuneUから、マイケル・サンデル氏のJustice動画をダウンロードして、隙間時間に楽しんだり、TED Playerをダウンロードして、TEDプレゼンの動画を堪能したり、SNS(mixi, Facebook, LinkedIn, Twitter)アプリ、Skypeをインストールし、WIFIの届く範囲で活用しています。

他にもまだまだ活用できそうな感じでワクワクしちゃうなぁ。
ただ、残念なことは日本では無料でWIFIできるところが海外に比べて圧倒的に少ないこと。無料WIFIがあるカフェ・レストランがあったら間違いなく常連になると思う。今のところ、無料WIFIがあるのはシアトルズベストしか知らない。

今度の海外旅行はこれ1つでいけるかもしれないなと思ったのですが、やっぱ無料3Gが使えるキンドルも必須かなぁ。海外パケ放題プランもできたことだし、今のガラケーの縛りが解けたら次はスマートフォンに乗り換えるのは間違いないでしょう。

これからも使えそうなアプリを探しまくりますぜ。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク