極上!小龍包の会@一茶一坐 神楽坂店 #syoron0328

在宅勤務命令が解除され、約2週間振りのオフィス出社。あまりにも早くに出社しすぎたせいで、真っ暗なオフィスで一人、もしかしてまだ在宅勤務だっけ?なんて一瞬不安に陥ったが、その後何人か同僚が出社してきたので一安心。今まで一人でPCに向かって寂しく作業していたので、久々に同僚に会えてうれしいよ。

と、早めに出社して仕事したので、早めに退社して向かった先は神楽坂。って、19時開始なのに、17時過ぎには着いちゃっているんだよな。東京メトロ神楽坂駅そばの喫茶店でコーヒーとシュークリームを頂きながら、ここぞとばかりに一気に数日分のブログ更新。いやぁ、ポケットWiFi使いだしたら超便利だわー。

って、神楽坂と言えば私が出没するところはあそこあそこしかない(笑)本日は、岡田氏(@hiroki_okada)主催の「極上!小龍包の会」が一茶一坐で行われるのである。これは、遡ること一ヶ月以上前に岡田氏と三富氏が中国出張していた際に、現地から衝撃的なツイートが写真付きで飛んできたことに始まる。

トリュフ小龍包!
フォアグラ小龍包!


これには飛びつかずにはいられない!!帰国後、岡田氏がさっそくシェフに開発を依頼したところ、見事に岡田氏が食べたあの小龍包を再現することに成功したそうです。(パチパチ!素晴らしすぎ!)ということで、今回、このような宴が神楽坂で開かれることになったのです。正直、自分のつい先週まで九州に疎開していたし、何気に自粛ムードがほのかに漂っている中、この会が予定通り行われるのかちょっと気になってはいたのですが、ほんとに良かった~♪

いつもの仲間たちに、そして今回出会った方々と楽しく小龍包三昧。一品出てくる度にどよめく店内。お目当てのフォアグラ、トリュフ小龍包だけではなく、フカヒレ小龍包、焼小龍包なんて、続々と小龍包が列をなして(?)やってきては身悶えしまくり。既に食したのに、「来てない!」としまいにはいちゃもんをつける有様。

今回、ツイッターでリアルタイムツイートを試みたのですが、まだまだ改善すべき点がありますねー。瞬時に気の利いたコメントが出てこなかったり、そして写真の取り方がまだまだ修行が足りませんでした。特に今回はいろんな小龍包が出てきて、中身が違うのに、その違いをうまく伝えられたかったワ。まだまだ原田師匠(@naomiharada)には及びませんです、ハイ、、。


しかし、たくさん飲んで食べてしゃべって、ほんと楽しかったなあ!


→続きを読む

スポンサーサイト

戻ってきました、東京へ

263770788.jpg
(島原城はこの角度が美しいのだ)

昨晩の19時過ぎに羽田に到着。
重いキャリーケースを引きずり、節電モードで動かないエスカレーターを横目に、階段を一段一段踏みしめるように上ったり、降りたりして、我が家に到着したのが21時前でした。

今日は少し部屋を片付け、近所のスーパーに買出しに出かける。水のペットボトル、納豆を除いてはとりあえず若干品薄気味のものもあるが、全てが揃っている印象。インスタント類、パン類、牛乳、トイレットペーパーもとりあえず店頭に並んでいたので、うちの近所では買占め騒動がひと段落した感あり。

約一週間のノマド生活で若干疲れていたのか、午後はちょっとお昼寝するつもりが、しっかりバクスイしてしまった(^▽^;明日からは普通通り、大手町のオフィス街に出社いたします。この件で、在宅勤務が便利がいいことは十分分かったのですが、でも家で1人で仕事をするという寂しさも味わいました(笑)

さて、今回の疎開生活の過去分日記はおいおい更新していこうと思いまする。

福岡・長崎疎開生活3日目:一路みんな島原へ

朝10時にホテルをチェックアウトし、博多駅バスターミナルへ向かう。本当は西鉄電車→フェリーで島原へ向かいたかったのだが、何せ荷物(ネットPC)が増えたので高速バスで島原駅前バス停まで向かうことにする。13時台のバスで向かいたいのだが、週末だしチケット購入できるかな?と不安に思いながらチケットカウンターに向かうと、結構人が並んでいたのでかなり焦った、が、この時間帯に超ローカルな場所に向かう人もなく楽々とチケットを購入できたのはラッキーだったかも。

安心したところで、下の階にあるマックに移動して、出発の時間までしばし休憩。昨晩購入したポケットWiFiがどんな感じか試しちゃるもんね。つか、もうどこでもネットに繋がるのだからマックでなくてもいいのだけれども、ここでしか電源がとれないのよ(涙) WiFi+電源が確保されている雰囲気の良いカフェとかあったらしょっちゅう行くのになぁ。と、それはさておき、ポケットWifiがサクサクと快適に動作することを確認。家でネットしているのと全然違和感なし。あとは本当に、実家で同様のことができるかだな(←まだ疑いがはれていない)

バスは予定通りに13時前にはバスターミナルを出発し、中州、天神を駆け抜ける。つか、天神近辺も大分様変わりしていてびっくりした。LOFTなんてなかったよ、PARCOなんてなかったよ。やっぱり福岡市は来る度に新しい発見がある。恐るべし。

高速に乗ったあたりから、睡魔が襲ってきて気がついたらバクスイ。目覚めたときには諫早ICをまさに下りようとしていた時だった。もう長崎着いちゃったよ!島原半島へ向かう国道57号線から見える景色が懐かしい。そして、おなじみの国道251号線に入り、有明海を横目に走り始めたときには涙がちょちょ切れそうになりましたよ。って、いつ振り?2007年5月にインドに行く前に寄った時以来か??

そうこうしているうちに着いたよ、島原駅!そして目の前に悠然と佇む島原城。
260254294.jpg

しかし、週末のせいか(?)、ものの見事に駅前には誰もいない。

母親との待ち合わせは北門町にあるマクドナルド。何でこんなところを待ち合わせ場所にしちまったんだろうと、重くなった荷物を抱えながらの移動。久しぶりに会う母親もやっぱり年を取ったなあ、としみじみ思ったりして。

福岡・長崎疎開生活2日目:ホテルで缶詰

朝6時半に起床し、7時にホテルで朝食をとる。
7時半の恒例の電話会議で、安全圏にいる私が午前中は顧客からの電話を一手に引き受けることになるので、狭いホテルで缶詰状態になる。福岡市内に叔母が一人で暮らしているのだが、そこにはインターネット環境がない。なので、今回はやむを得ず、仕事するために高速LAN完備のビジネスホテルに滞在することにしたのだ。

と、社内ではオフィスを暫定的に神戸に移す案が浮上している。ホテルの部屋と会議室を借上げて業務を行う訳だが、これ家族も皆連れて行っていいって。来週1週間だけなのか、それ以上なのかはわからないが、神戸で皆と仕事するのもいいなぁという気になってきた。ということで、念のため希望を出しといた。週末は私の故郷、長崎県は島原市に移動して、家族に会ってきて、で月曜日から神戸で仕事っていうのもいいんじゃない?

夕方に上司と電話で話すも、私は既に神戸より更に西の福岡にいるんだから、しかも九州に実家があるのならば、そこから仕事をしてくれないかとのこと。神戸は西に親戚や知り合いなどのツテがない人優先らしい。と、言われるとこれ以上私がごねる理由なんてないし。じゃあ、島原の実家から仕事しするのはいいのだけれども、実家にはインターネット環境なんてあるわけがない。

博多駅そばのヨドバシカメラに駆け込み、急遽ノマド大作戦。一番最初に目を付けていたのはイーモバイルのWiFiルーターなのだが、これが知人の証言通りに、島原市がサービス圏外なんですよ。サービス予定は今年の夏らしいのだが、それでも島原市のはずれにある私の実家はそのサービスエリアの対象にすら入っていない(涙)で、イーモバの店員さんから残るはソフトバンクか、ドコモあたりでは?と促される。

ここでソフトバンクにしたら、誰かさんたちに更に何を言われることかw
ドコモのカウンターでポケットwifiの説明を受ける。実家は完全なるサービスエリア内、つかすごいなこのサービスエリア網はさすがドコモである。しかも、今なら100円でiPod Touchか、ネットPCがついてくるという。素晴らしいすぎで、即契約。

結局、叔母の家に顔を出すはずが、出せずじまいだったり、、(汗)

福岡・長崎疎開生活1日目:新幹線で博多へ

在宅勤務3日目。昨晩、直属の上司にメールしていたが一向に返事が来ないので、チャットで九州への移動の許可を得る。ちょうど組織変更のまっただ中で直属の上司が2人いる状態(笑) 2人とも日本に踏みとどまって頑張っております。それなのに、すみません(涙) 午前中は通常通り自宅で仕事をこなす。

16時10分の博多行き新幹線を昨晩ネットで予約していたので、念のため早めに13時半には家を出て東京へ向かう。全然余裕で東京駅に到着し、みどりの窓口であっさり乗車券を購入。別に窓口に人が殺到している訳でもなく、窓口に向かっていたのが外国人がやはり多い印象を受けた。あと、人でごった返している東京駅構内も今日に限ってはちょっと少なめな感じでした。東京駅構内のショップは通常通り営業中。しかも、パン屋さんもちゃんと営業してたくさん焼きたてのパンがあるじゃないですか~。

博多までは約5時間。昔は6時間かかってたのに!ヨーロッパまでのフライト13時間とかそういうレベルにすっかり慣れきってしまっている私にとっては5時間なんて楽勝。今は昔と違っていくらでも時間をつぶす方法はある。しかも新大阪駅までは車内でWiFiが使えます。便利な世の中になったものです。今回新幹線での移動を選んだのもそれが理由だったりする。車内でお仕事できちゃいますもんね。

道中、富士山がきれいに見えて、涙がちょちょギレそうになった。
x2_50b13b6.jpeg


博多には21時半前には到着。
博多駅がすっかりきれいになっていて、かなり驚いた。福岡市も香港のような他のアジア諸国みたいに、来る度に何か新しいものができている。さすが、アジアのゲートウェイ都市。地下鉄祇園駅そばのビジネスホテルまで徒歩で移動し、チェックイン。ホテルに荷物を置いたら、何でしょう、気負っていたものがすべて解放された感じ。

博多の街にはいつもと変わらない金曜日の夜の光景がありました。これがとてもありがたいことであることを今更ながら痛感する。

在宅勤務2日目、そして決断

我が家でも(って一人しかいないけど)節電モードということで、昨晩は早めに就寝し、5時起き。さすがにまだまだ外は暗いね。PCのバックライトでさっそく仕事を開始する。在宅勤務の良い点は通勤に時間をとられず、自分の都合の良い時間に仕事を始めたり、中断したりできることかしらん。ただ、1人ぼっちの作業で同僚と話すことがでいないのが寂しいけど。

一方、旦那の実家は大変(?)なことになっており、毎日30~40件の電話がかかってきているという。(本当か?)晩ご飯の時だけで5~6件かかってきて、まともにご飯を食べることができず、ついには食事中には受話器を上げることにしたそうだ。一体、どんな人たちがかけてくるかというと、最初の頃は家族、親戚、友人、知人たちだったのが、ついには旦那の中学の時の担任の先生や、旦那の祖父の近所の人まで電話してきているという。更に、義姉の家にも同様のことが起きているらしい。

で、どういった内容かというと
もちろん旦那が既にフランスに帰省中だったので、旦那は無事であるということは知っているのだが、では私は大丈夫なのか?私は今どうしているのか?どこにいるのか?というのがもっぱらの電話内容だという。で、私がまだ関東を離れていないと知ると、「なぜ関東を離れない?」「フランスになぜ来ないのか?」と更に質問攻めにあうらしい。気持ちは大変有り難いのだけれども、、。

そんな中、在日フランス大使館から旦那宛にメールが届く。
先のニュースでフランソワ・フィヨン首相が日本に政府チャーター機を送ったという話は聞いていたが、その通りで、明日の16時~17時に羽田と関西国際空港から政府チャーター機が飛ぶという。

D’autre part, la France a décidé de faciliter les retours volontaires de ses ressortissants et de leur famille dans la situation de crise que nous traversons actuellement. Les avions partiront dès demain jeudi 17 mars vers 16h00-17h00 d’une manière certaine de Haneda et de l’aéroport d’Osaka (Kansai International Airport), en fonction des demandes.

で、事前に登場予定者のリストをフランス大使館に連絡する必要があるのだが、この政府チャーター機に乗るか否かで、旦那&旦那一家と激しい論争(?)が巻き起こる。

結局、折衷案でフランスではなく、九州へ向かうことで合意。この決断に至った理由は、夕方の電話会議の後に仏人大ボスとチャットで話していたところ、東京にとどまって先陣切って仕切っていると思っていたのに、なんとシンガポールに既に高飛びしていたことが分かったのだ。在宅勤務になると、たしかに誰がどこにいるのかは見えにくいもんね、、東京にいると信じきり、彼らが日本にまだいることを理由にしていた私としては軽い脱力感が、、(別にその行動を責めたりはしないけど)

ということで、明日の夕方に九州に向かうべく、せっせと荷作りを開始したのであった。

在宅勤務の始まり、始まり~

ということで本日から在宅勤務。
オフィスに出社する場合は、上司に理由を説明して、事前に許可をもらわなくてはいけなくなった。で、VPNの調子が悪かったので、出社したいと昨晩メールしていたのだが、やっぱ許可されなかった。が、その後ちゃんとつながるようになったので良かった、良かった。

ネットPCでメールをチェックしたり、サーバにアクセスしたりして作業を行うのだが、これが画面が見づらくてしょうがないったりゃありゃしない。リモートデスクトップ接続を必要としない作業はMacからやるとして、旦那の部屋からディスプレイを奪って、ネットPCにつなげちゃれ!と取り掛かるも、バカ力でケーブルをつなげているせいか、全然外れない。ネットPCのちっちゃいディスプレイで我慢することにする。

しっかし、家に1人で仕事するって寂しいねぇ。普段あんまり話すことがない人達とも思わずチャットしちゃったよ。Facebookで旦那の友達と頑張ってフランス語で会話したりとかね(笑)TVをつけながら仕事をしていると、コメンテーターがえらそうなことをのたまうのを聞いて、ちょいとイラっ。TVをつけておくと精神衛生上良くないね。私の情報源はもっぱらネットからと言うことで。


旦那から「交換条件で帰国を延ばしたのに、君は一向に東京を離れる気配がないのだが?」というツッコミが入る。離れますよ、離れますよ~。でも、今日だとは言っていないぞ!・・とここぞとばかりにフランス人直伝(?!)の屁理屈を展開してみる。


そういえば、計画停電は私の地域は朝の9時からだったのに停電なかったな。

出社してはみたものの、、、

朝、5時に起床。
いつもどおり駅に向かうと、早速駅構内は節電モード。エスカレーターが止まっております。ここ最近、ランをサボリ気味の私にはちとツライ。車内はいつもよりも若干混んでいるような印象だが、超満員電車というわけでもない。7時半前だというのに、オフィスには人がチラホラ。先週まで香港に出張していて、難を逃れた仏人上司も早い時間から出社して、オフィスの電気を消して回ってるし。ということで、PCのバックライトの光だけを頼りに仕事する人々。ちょ、ちょっとこれだけだとつらいかな(汗)

朝9時に出社を狙っていた人々は軒並み遅刻か、もしくは出社不能の状態に陥っていた。同僚からの電話やメールが舞い込んでくる。これは早めに出社しておいて良かった。あと、在宅勤務を選択した人々はラッキーだったね。と、昼頃に上司が「もう今日は帰っていいよ。明日から在宅勤務でいいよ。」と言い、そそくさとオフィスを撤収するではないか。おお、いいんですかい?、、と、私まだ在宅勤務可能な状態じゃないんだよね。慌てて、持参してきた自分のネットPCにVPNクライアントをインストールして、同僚にVPN接続の教えを請う。ほんとはMacでVPN接続したかったのだが、VPNクライアントがないんですって・・(涙)

何だかんだで15時過ぎにオフィスを撤収し、帰宅の途につく。
そういえば、旦那が明日の朝に日本に帰ってくる予定だったと、慌てて旦那に連絡し、日本への帰国を先延ばしするように説得する。これがまたたいそう骨の折れる作業で、私も東京を離れるという交換条件でDEAL。

そういえば、今日は9回目の結婚記念日でしたワ(笑)

当事者よりもパニくる人々・・・

今度こそ、とようやく禁断の地と化した水周りの片付けに着手する。台所の上部の戸棚の扉を開いたら、食器がなだれのように落ちてきた。フー、危ない、危ない。そして、恐るべし地震。私、集中力がないものですから、ちょっと片付けたらネットに逃避し、また片付けに戻り、すぐにネットに逃避するの繰り返し。全然、進まない。翌日から仕事だから片付けられるだけ片付けときたいんですけどね。

と、一方フランスでは、、
旦那の実家にはありとあらゆる親戚、知り合いからガンガン電話がかかってきているようで、その対応で忙しくしている模様。といっても、旦那達もフランスのメディアで報道されている以上の情報はないものだから、どうしようもないらしい。「レナは東京を離れないのか?大丈夫か?」という内容のものらしい。ありがたいね。

フランスでどのように報道されているか、TF1などのサイトの動画で確認したが、津波の迫力ある映像に加えて、原発問題、しかも専門家らしき人がたいそうに話しているので(私が聞きかじれる範囲では)、こりゃ向こうもこの世の終わりくらいの勢いで騒ぐわな。

加えて、輪番停電が月曜日から行われるということで、夜は東電のサイトに懸命にアクセスして情報を得ようとするもなかなかサイトにアクセスできない。こういう時にはツイッターが大活躍、親切な方々が東電の資料を恩来場に共有化してくれてる。私もお返しとばかりにFacebookにリンクを貼り、在日外国人へのささやかながらの情報提供を行う。

夜、会社のメールをチェックすると、明日は在宅勤務でもよいというお達し。
しかし、輪番停電があるので逆に都内23区内のオフィスに出社した方がいいかもしれない。早めに出社して、早く帰ればいいかな、と今晩は早めの就寝。

一夜明けて・・

110311_233549.jpg
(帰宅後にこれを見たら脱力するわな)

深夜の帰宅後、すぐには寝付けずに興奮状態でネットやTVでニュースをチェックし、フランスにいる旦那と旦那家族とスカイプで話したりしているうちに、何だかどえらいことが起きているということをじわじわと実感してきた。とにかく、部屋は水周りを中心にすごい惨状でだった。冷蔵庫なんて斜め45度動いてましたからね!

今日が土曜日で本当に良かった。
さっそく部屋の片付けに入るのは良いが、どこから手をつけてよいかわからない!そういえば、帰宅後に旦那と義父にスカイプで部屋の様子を見せたのだが、旦那の部屋を見て義父が愕然、、って、すみません、お義父さん、これは地震とまったく関係ありません(汗)

とりあえず、まずは本棚に手をつけることにする。本棚自体は倒れることはなかったのだけれども、本がすかすかになっていた所から本が飛び出して散乱していたのだ。片付けながら、やっぱり本は自炊すべきだったとしみじみ思った。iPad2を購入したら真っ先にやることリストに追加だな、これ。

CDやビデオテープが収められているクローゼットは扉自体が開かない。これは旦那がフランスから戻ってきた時にお願いしよう。つか、これを機に音楽、映像データは全て外付HD収納+クラウド化する。あと、重要な書類は全てPDF化+クラウド化しておくことも重要だなと痛感した。

と、この時点でまだ散乱した水周りに手をつける(心の)余裕なし。ソファに寝そべり、TVで悲惨な状況にある東北地方の映像を見ながら、再びバクスイしてしまう。前日の晩のウォーキングが相当こたえているらしい。でも、つくづく思った、日頃の運動は大切だね。皇居ランやってなかったら、7時間かけて家に帰るなんてことはできなかったと思う。

結局、この日も水周りは片付かず。
いっそのことそのままにしとこうかという邪悪な考えが頭をよぎったりして(汗)


→続きを読む

東北地方太平洋沖地震

ごく普通の金曜日。
明日は久しぶりの皇居ランだなとちょっと浮き足立っていたかもしれません。

午後にいきなり社内ネットワークの調子がおかしく、インフラ担当と確認したり、同僚とそのことについて話している時に揺れを感じた。前日も地震があったので、またかよ、と最初は大して気に留めてもいなかったのだが、これがまただんだん揺れが激しくなり、しまいには立っていられないほどの揺れ!!隣のビルの人達が動揺している様子も丸見え。「これはただごとではない?!」と感じた同僚達は家族に安否確認の電話をするが、電話がつながらない状態。私は運よく旦那がフランスに帰省していたので良かった。

それから何回か大小含め揺れがくる。エレベーターはもちろん停止中。ビルのアナウンスで耐震対策がしっかりしているこのビルの中にいる方がいいというアドバイスがあったので、そのままビルの中にいることに。同僚もいるし、死ぬ時はみんな一緒だし。もうこうなったら、仕事どころではなく、ワンセグやツイッターで情報収集に励む。都内で火事になっているところもあったり、津波発生警報が出ていたり、電車が全て止まったりと、ただごとではないということはわかった。

さてどうやってうちに帰ろうか。
電車の運転が再開するまで職場にそのまま残ると言う選択肢もあったのだが、あれだけの激しい地震で我が家がどうなったか気になってしょうがない。とりあえず、歩いて新宿駅まで向かって、その頃までには再開しているでしょ?と同じ方向に帰る同僚と3人で大手町を17時過ぎに出発。外に出ると、人の波、車の波でいつもと違ったこれまた異様な光景を目の当たりにする。タクシーで帰ろうかとも思ったが、この考えは相当アマアマなことに気がついた。

大手町→半蔵門→四谷→新宿と歩いたのですが、新宿駅のシャッターが半分下りていることに気がつく。対応に追われていた駅員さんに聞いてみると、JRはもとより、小田急、京王線もまだ運転を再開していないとのこと。

ということで、完全に覚悟が決まりました。甲州街道に沿って、自宅まで徒歩コースですね。同僚とテンション高く、くだらないこと(?)をしゃべりながらとにかくひたすらもくもくと、途中で休憩を入れながら歩く。途中、ツイッター情報で、京王線が運転を再開したことを知り、慌てて芦花公園から電車に飛び乗る。結局、家に着いたのは真夜中近く。しかも、部屋の中が大変なことになってて、これまた脱力。7時間近くかけて帰宅して、さすがにこれから掃除する気力もなく、ジム用のシューズを室内履きして、倒れこむように就寝。

長い1日でした。


英文記事はこちら:
Japan Earthquake 311: What I experienced

→続きを読む

再び、神楽坂kemuriで楽しい時間

仕事をちゃっちゃと終えて向かった先は神楽坂。
皇居ラン仲間の原田氏(@naomiharada)が予約を入れていたところ、お連れ様に急遽キャンセルが出たと言うことで、ちゃっかりこれに便乗し、更に同じ皇居ラン仲間の委員長(@kaz0323kaz)も合流し、神楽坂kemuriで楽しい宴の始まり、始まり~♪

って、気がつかれました?
そう、私ナニゲに今年に入ってから月1回のペースでkemuriに行ってるみたい。現在日程調整中ですが、来月もkemuriに行く予定が入ってますw

で、今回は「北海道祭り」なのだ!本日の先付はスモークチーズにマグレ鴨!これは我が旦那様が見たら身もだえすること間違いなしの代物。マグレ鴨をこよなく愛するフランス人ですから。
110307_190136.jpg


そして、緑が美しい春のお野菜♪菜の花大好き、先月ここで初めて食べて以来、すっかり大ファンになってしまった。来月もお願いしますね(はあと)
110307_191549.jpg


来た来た、お肉、お肉。いよいよ、北海道祭りの始まりか??北海道十勝産の池田牛さんもいらっしゃいます。どうも初めまして♪
110307_195748.jpg


ふひぃ~、じわじわとお腹一杯になってきたぞ、というところで、これまたサービス精神旺盛な店長、草場氏(@m938)が梅山豚のお鍋を投入。ひぃ~!(←うれしい悲鳴)
110307_205015.jpg


で、またこの梅山豚をお鍋でしゃぶしゃぶっとして食べるんですって。くぅー!お酒が進みます、でも昨日のトラウマがあるので若干控えめに行ってます(笑)
110307_205311.jpg


で、お鍋のあとは締めの雑炊、そして定番デザート、焼バナナとジェラートと相変わらず盛りだくさんの内容で、お値段以上kemuriでございました。

気のおけない仲間達と楽しく、美味しく頂いた料理とお酒で、会話が弾む弾む。委員長には前日の合宿の報告をし、賢者の知恵を借りて、次回の対策を練る(笑)いやいや、ほんとに楽しかった~!

熱海ラン合宿2日目

爽やかな朝。
雲ひとつない青空、そして眼下には太陽の光に反射してキラキラ光る海が見える。なんて素敵♪

・・・つか、すげえ気分悪いんですが?頭痛いし。
どうやら、二日酔いみたいなんですが・・(TへT)皆、朝っぱら爽やかに「おはよー」なんて声掛け合って、朝風呂なんか満喫しているようですが、もうそれどころぢゃないですから!!完全にお手洗いに引きこもり、胃の中のものをリバース、しばらくたつ、胸やけがする、お手洗いに引きこもりの繰り返し。な、何で私だけ!?

荷物をまとめ、合宿所を出て、熱海市街地へ向かう。つか、走れるの?オレ?まずは市街地に向けて、山道のくねくねした道を進むんだが、、何か三歩進んで二歩下がるみたいに、道に迷い気味なんですが(´д`;昨晩もそうだっただけれども、今回はまったく勝手が違う。私、胃の中に時限爆弾抱えてますからっ!!万が一に備えて買い物袋を手元にしっかり握っているけれども、できることならばお引取り願いたいアイテム。

「頼むから早く下山してくれ!」(←心の中の叫び)

と、どれくらい時間がたったかわからないが(私にはとてつもなく長く感じた)、市街地のデニーズに到着。そしてここで朝食、、なんだが、真っ先にお手洗いに駆け込む私。熱海に来てまで何やってんだか。朝食の雑炊が五臓六腑に染み渡るぜ、、ここでやや体調回復。

で、皆が爽やかに潮風ランに出かけるのを見送る。
待ち合わせ場所のはずだった熱海マリンスパは、何か行事があるようで午後1時からの営業(涙)目の前のホテルにあたかも宿泊客かのように入り、ロビーでしばしの休憩&体力回復。、、熱海までやってきて、一体、、。

少し休んで気分が良くなったよう泣きがするので、海に向かって歩き始める。なんて気持ちのいい日なんでしょう。
110306_101209.jpg

ヨットハーバーだ。何かモナコっぽくね?(←行ったことないけどw)
110306_101227.jpg

ぼーっと海を眺めていると、皆が戻ってきている姿を確認し、合流する。

熱海マリンスパで汗を流すつもりが、温泉を捜し求めて車を走らせる。ここでもまたもやにっくきスマホ(!?)が活躍し、お隣の湯河原で(ネット上で)高評価の日帰り温泉を発見する。その名も「ゆとろ嵯峨沢の湯」
110306_120543.jpg

すこし高台にある温泉、眺めが最高。打たせ湯に洞窟風呂まである♪はぁ~極楽、極楽。この時点で二日酔いから見事に復活。

ここでサービス精神旺盛のイロキ・オカダ。
真鶴にお勧めの店があると連れて行ってもらったところが、うに清
110306_131346.jpg

な、何ですかこれは?舟盛りがすごいことになってます!!私のガラケーでは全景は収めることができませぬ。では別の角度から(原田氏撮影)。これだけの舟盛り、さすがに5人寄ってたかっても、全て食べきることができず。恐るべし、うに清。(これまたランチの時間にしてはお値段も恐るべしな状態でしたが。)

そして更に更に、サービス精神旺盛のイロキ・オカダのお勧めの遊覧船に貸切状態で乗船する。すげー、カモメがむっちゃ寄ってきてるよ!!
110306_142703.jpg

と、思ったら、かっぱえびせんで何とか餌付けようとする大人たち。
110306_142539.jpg

沖のほうに出ると波が気持ち高くなって、船が揺れること、揺れること!!こ、これはかなりヤバイ!!朝の悪夢が蘇る。速攻、船内の揺れがもっとも少ない場所へ避難する、これでも海のそばで育ったオイラ(涙)

いやー、すっかり熱海、湯河原、真鶴を満喫しましたがな。
って、あれ?私、今回、まったくもって走っておりませんが、一応「ラン合宿」だったはず、、ということで、皆様有難うございました~。また行きましょうね。今度こそちゃんと走ります~♪

熱海ラン合宿1日目

本日は皇居ラン熱海合宿の日。
飯田橋駅そばのモスバーガーに11時に集合。たった1泊のはずなのに、なぜか荷物は海外旅行時の荷物とまったく変わらず。結局、1泊だろうと、1週間だろうと、1ヶ月だろうと荷物は変わらないんだな、私。

岡田氏(@hiroki_okada)がご親切に出して頂いた車に乗り込み、いざ出発。首都圏を車で旅行するっていうのはほとんどないので、私の目にはものすごく新鮮に移りました。港北のインターでお手洗い休憩を取ったのですが、トイレ入り口そばにあった、トイレ空き状況のディスプレイに「おおー!」と感心していたら、「それ普通ですよ。」と周りの声、、、orz

道中、富士山がとても美しく見え、皆で感動。一人旅の時にはまた味わえない、感動を共有するという喜び。いいよね。、、というか、その富士山に見とれすぎて、高速を下り損ない、思いっきり沼津まで向かってしまいましたがな!慌てて、軌道修正を試みる。

で、その道すがら、三島に立ち寄り、ちょっと遅くなったお昼休憩。三島って去年の6月に日帰りで行ってきたばっかりなのよ~。何と言う偶然、三島大社のそばのお土産やさんで軽くおそばを頂く。なんてったって、夜はBBQが控えておりますからね~。三島からも富士山がきれいに見えました。
110305_153119.jpg


と、実は沼津の高速料金所でUターンしたあたりから車の調子がおかしい。助手席側の前輪あたりから変なポンポン音が聞こえる。三島のとあるガソリンスタンドで見てもらおうにも、「ディーラーで見てもらったほうがいいですよ」というつれない返事。ここで、にっくき(!?)スマホ組が大活躍し、最寄のカーディーラーを探し出して駆け込む。イケメソなエンジニアがあっさりと事象の再現に成功。何かバックファイヤーかなんかを起こしているらしい。(昔、父親が自動車整備工場やってたにも関わらず、こういうメカには弱い私)とにかく、緊急を要するようなことではないということなので、合宿続行。

途中、伊豆スカイラインを通ったのですが、ちょうど夕暮れ時で海岸線へ沈む夕日、そして夕日に照らされる富士山が美しかったこと!思わず、林家ペー、パー子ばりにガラケーで写真をいっぱい取りまくってしまった。これは我が旦那様に見せてあげたかった、くぅー(>д<)
110305_173602.jpg


で、合宿所に到着した時はもうすっかり日が暮れておりました。
しかも、むっちゃ山の中で、街灯の明かりも寂しく暗いんですよ。小学生の頃に夜道を泣きながら帰ったトラウマが蘇ってくるくらいに(笑)ということで、これはもうランニングはできません!


ついて早々、いきなり晩御飯の支度です。見よ、神楽坂 kemuri の店長、草場氏(@m938)が用意してくださったこの豪華食材の数々。江戸前炭火焼kemuriが熱海まで出張してくれたかのような勢い、そして我々には焼き場のプロがいる。むっちゃ最強ぢゃね?(←ちょっと若ぶってみた)
110305_184224.jpg


しかも、このBBQですが、女性陣の出番がほとんどない・・(汗)ええ、私達には焼き場のプロがいますので!焼き場のプロの指示に従いながら、それぞれの作業をこなしていく。
110305_185057.jpg


そして、極上のBBQタイム。前菜(?)はこちら、そう、このブログで何回かくどくど書いているかと思いますが、広島産牡蠣の燻製ですよ!く・ん・せ・い♪今シーズン最後の燻製だそうです(涙)しばしの別れを惜しむかのようにじっくり味わいながら頂きました。
110305_190410.jpg


更に、シャラン鴨の燻製もしっかりスタンバッてますが、その隣に豪快な熱燗という暴挙にでる食い意地を張った方々。
110305_203007.jpg


海風が体にこたえる状況下、皆エスキモー状態で極上BBQを堪能する。つか、ハタから見たらかなり怪しい5人組(笑)この楽しい宴は夜中まで続き、気がついたらお布団でバタンQ状態でございました。これが翌朝、とある方に悲劇をもたらすとは予想だにせず、、、

外資系に転職するとき、、

今日の午前中は社内トレーニング。
前日の夕方にいきなり講師からメールがきて、現在の自分のポジションのJob Description と CV(職務経歴書)を持参しろと言うではないか。つか、そんな急には無理。逆にCVを最新の状態で持っていたら、「おまえ何やってんだよっ!」ってツッコミ入れてくるんじゃないの?(笑)

で、一体何のトレーニングかといいますと、Recruitment Best Practice(直訳:採用成功事例)。要は、企業は膨大な費用と労力をかけて人材発掘、育成をしているのだから、適切な人材を見つけなさいと。思っていた業務内容と違うとか、何とかで1年とかで辞められないようにね、と。

アジア地域の人事担当者が来日し、直々に講義。
こういう採用面接はだいたい1回で終わることがなく(私の知り合いで10回位面接があった!という人もいた)、何回か行われることがあるのだけれども、このときに別々の面接者が候補者に同じ質問をしてしまうようでは時間の無駄。役割分担を決めて、入念な準備を行いなさいと。また、募集するポジションに対して、どのような経験、スキル、能力を必要としているか明確にし、優先順位をつけて、関係者間で意思統一しておくことが必要と。

で、人材発掘の難しさは能力をどう評価するか。これに尽きるということで皆うんうん頷きまくり。経歴や資格、スキルなどは職務経歴書をみたままでいいし、スキル(ex.プログラミングとか)はテストすればだいたいわかる。でも、Team working、Building relationship、Decision Makingなどの能力は、どのようにして見極めていけばいいのだろう。もちろん、前述のようにまず自分たちが必要とする能力を明確にしておく。

で、そこでその能力に関する質問を何個か用意しておく。例えば、Team working に関しては、「あなたがチームで働いていたときのことについて教えてください。」という質問とか。で、候補者が話して行く訳ですが、漠然としたことを話しているとき、特に「私たちは、あーしたこーした」と言っている場合、採用する側は「私たち」がやったことには興味がない。「自分が」やったことに興味があるので、「その中でのあなたの役割は何でしたか?」と更に掘り下げて行く。話を作っているか、いないかを見抜くためには更に具体的な質問をして、内容を掘り下げて行く。油田を掘り当てるようなものだ、とのこと。なるほど、なるほど。

自分がそのような質問ができるかどうかはちょい自信がありませんが(場数を踏まないと)、でもこれは裏を返せば、自分が転職活動をするときの参考にむちゃくちゃなりましたよ(笑)

ちなみに全部が全部そうだとは限りませんが、外資系企業に募集する際にTOEICスコアを書いてもあんまり重要視はされませぬ。だいたいCVには、Language : Japanese (Native), English (Business level)なんて書き方をするんではないでしょうか。なぜなら、面接では英語で、というところが多いので、おのずと英会話スキルがわかってしまうから。私は外資系企業に勤めて10年位になりますが、最初に外資系企業の面接に行ったときはTOEIC730くらいでしたから(汗)面接していた人が外国人だったのでとにかく必死で英語で話しまくり、潜り込むことに成功したのでした。入ってからは、嫌でも毎日英語で仕事しますから、そこで必死にくらいついて、レベル向上に努めました。

買いますぞ、iPad2

朝起きてツイッターをチェックしたら、やっぱり話題はアップルの製品発表、iPad2で埋め尽くされたw しかも、ジョブズ自らが登場してプレゼンしていたんですね。

iPad発売から1年も経たずして、第2世代モデルが販売されるとは、ほんとに製品サイクルが短くなっているなぁ。CPUがデュアルコア、そして前よりも薄くなり、ちょっとだけ軽量化された。更にカメラが内蔵されたということで、間違いなく買いですな。この間、「iPadバカ」を読んでますますiPadへのテンションが高まっていただけに素晴らしいタイミングですわ。

iPadでやりたいことと言えば、今のところ
・旅行ガイドブックの自炊。
 場所によってはガイドブックがかさばってしょうがない。
・電子雑誌を読む。今、nouvelObsをiPod Touchで読んでいるのだが、
 画面が小さすぎて使い勝手が悪い。
・教材類(テキストブック、DVDなど)を全て電子化して、iPadへ入れる。
 これで持ち運びがラクチン。
・カフェなどの外出先での作業いろいろ。
 ノートPCよりも軽いからね。
実際に購入したら、もっといろいろやりたいこととか出てくるかも。

3Gは必要なし。
理由は、電車の中とか移動しながら使うことは今のところ考えていない。外で使うとしたら、ネットにつながっていない状態、もしくはWifiのあるカフェなどでゆっくり使うことしか考えていないためです。

今から製品が我が家に届くまでが待ち遠しくてしょうがない。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク