アセットアロケーション -201105

気がついたら、前回のブログ記事から3ヶ月も経過していたのね。と、この間にやっとこさ自分が当初に(それも大分昔の話だけど・・汗)設定したアセットアロケーションにかなり近づいてきたかも。



海外株式の比率が上がったのは、この間にインセンティブボーナスもあり、それを全て一気に海外ETF購入にあてたのが効いたかな?南ア/ランドのロングのポジションを解消したので、外国債券の比率がちょっと下がってしまった。

くどいようですが、預貯金の比率が圧倒的に低いのは我が家の住人が投資を一切行わないためです。我が家の住人が普通預金で生活防衛資金を蓄えておりますw(まさか身近に「投資」と聞いて拒絶反応を起こす人がいるとは。)

ちょっとここ最近、外で飲み食い/遊びまくって散財しまくっているので、気を引き締めていかねば。いろんな意味でw

スポンサーサイト

モヒートの会@一茶一坐 神楽坂

今日は逃げるように職場を後にして、向かった先は第2の職場にもなってきた感がある神楽坂へ出勤(笑)前回のkemuriでのトマト鍋で道に迷ったトラウマ(?)からか、ちょいと早く着き過ぎたぜ。神楽坂駅そばのカフェでまったりとしていたら、今回の宴に一緒に参加するお友達から「一緒に行きましょ」とツイッターのDMがくる。

今回は19時開始なのに、なぜか19時半開始だと勘違いしていた私(またやってもうた!)故に、お友達との待ち合わせ場所に15分程遅れて登場してしまった(ごめんなさ~い!)

ということで、お友達と一茶一坐に行ったら、もうたくさんの人で賑わってたよ。そして、一茶一坐 神楽坂店のあの!のんのんが一生懸命モヒートを作っているではありませんか。そんな彼を写真にとらえようとしたら、ピースサインで応えてくれるサービス精神旺盛さ。(どこぞのドSみたいw)
309980512.jpg


このモヒートの会は今年で2回目だそうで、
お手頃な値段で好きなだけモヒートが堪能できちゃいます。
309994023.jpg

飲みやすくておいしいもんだからヤバイヤバイ!!この間のトマト鍋の日に帰るのが面倒くさくなって、レナおやじになったトラウマがよみがえるワ。ということで、今回は3杯で勘弁しといてあげよう(笑)

21時半にはお友達と早々に神楽坂を引き上げようとしたら、イロキ・オカダに驚かれる始末(ーー;私も(たまには)まともな状態で帰って行きますぜよ~。

日帰り名古屋出張

306814993.jpg
(意地でも名古屋の味を堪能したかったのだ)


今日は午後から印度人同僚と2人きりで名古屋出張。
先方と約束している時間は16時なので、午前中は大手町のオフィスで仕事して、13時にオフィスを出て東京駅へ向かう。引き継ぎの挨拶なので、これが最初で最後の名古屋出張になるのかな。(ん?いやあと1回あるかも?)

翌日は社内/社外打ち合わせが3件は入っているので、当然にして日帰り出張(T^T)3年程前の大阪出張以来のとんぼ帰り出張ですワ。

大丸の地下でお弁当を買って新幹線に乗り込む。
同僚はベジタリアンなのでおにぎりしか買えなかった。
車内で訪問する顧客先に関するブリーフィングをしているうちになぜか2人とも深い眠りに落ちてしまった(笑)で、浜名湖を通過したあたりでハタっと目覚めてしまった。良かった、このまま最終地点の広島まで行ってしまったらシャレにならん。

名古屋駅からはタクシー捕まえて、栄町にある顧客先へ向かう。栄町っていろんなデパートが建ち並んでいて何だか面白そう、見て回りたいわ~という衝動に何度駆られたことかw

で、約45分程で打ち合わせが終わり、2人で歩いて名古屋駅に戻る途中できしめんを食べることに。ほんとは、手羽先とかひつまぶしとか食べたかったけど、なにせ同僚はベジタリアン。でも、名古屋の味を満喫したい!と思いついたのが「きしめん」でした。

同僚も初めて食べるようで「何かうどんみたいですね」とのこと。そう、たしかに麺が平べったくなっただけともいう、、(°_°|| しかも、「きしめん」という単語を覚えられずに、後から「レナさん、さっき食べたあれは何だったかな?『イケメン』だったかな?」だって。こ、これはわざとボケているのか!?

ということで、
実質滞在時間2時間半で東京へとんぼ返りした名古屋出張でした。

iPad2が届いた日

305521465.jpg

「買いますぞ、iPad2」と吠えてから約2ヶ月半。アップルストアでポチしてから約2週間。ようやく我が家にやってきましたぞ、iPad2 ! 新製品発表からほんといろいろあったな(°_°||(遠い目)震災で日本での発売が延期になり、4月28日についに発売!になるも中東旅行に出かける日でアップルストアに並べず、どうせwifiだしドバイで購入しようと思ったら、ドバイも販売開始したばかりのようで家電量販店で軒並み在庫なしの状態。どちらにしろ、在庫があっても日本よりも5,000円程度高かったので買わなかったかもしれないけど。そして、帰国後に家電量販店を見て回ったが、やはり在庫がなく予約受付している状態。で、アップルストアでポチったわけですな。(後日談、銀座のアップルストアにはやはり在庫あったくさい。)

ということで、さっそくやりたかったことやってみた。
・自炊したガイドブック、ビジネス書などをiPad2へ移行
・海外雑誌をがっつり購入(nouvelObs、Courrier International等)
・自炊した教材類もiPad2へ移行

今までiPod Touchの小さなスクリーンで見ていたものが、ほぼ等身大に近い状態で見れるようになってこれまた超便利で一人涙ちょちょ切れ状態になってしまった。Kindleもあるのに、どうしましょ。

これからいろいろいじくり倒してみようと思います。ルン♪

神楽坂kemuriでトマト鍋

今日は夕方からうちの会社主催の業界ネットワーキングパーティなるものがありまして、これに強制参加させられていたところを、途中でこっそり退席して向かった先は神楽坂。余裕を持ってパーティ会場を離れたはずなのに、なぜか毎月のように出勤(!?)している場所なのに地下鉄の出口を間違えて、迷いに迷って江戸川橋方面に向かう始末(汗)

ということで、10分遅れでkemuriに到着。すでに友人達は到着。
ということで、楽しい宴の始まり、始まり。

まずは先付けのマグレ鴨とスモークチーズ。
これを食べる度にマグレ鴨とチーズをこよなく愛する我が家の住人にも食べさせたいと思ってしまう。ごめんね、こんど連れて行くからね!
110519_195128.jpg

そして、おつまみ3品。うまうま。
110519_200133.jpg

で、でた!今回のメインイベントでもある、しゃぶしゃぶ!
110519_202001.jpg
和風出汁スープとトマトスープの2種類。

日本に100頭しかいない幻の豚という梅山豚(ももとバラ)に、お野菜もたっぷり、さらにトマトまで!
110519_201947.jpg
トマトをしゃぶしゃぶするなんて?と思ったのだけれども、これまた美味しかったのだよ。

そして、ハタハタの炭火焼き。
110519_211932.jpg

美味しい料理とお酒がすすむこと、すすむこと。
気の置けない仲間たちとの会話もがんがんはずみます。
やっぱり居心地がいいねぇ。

・・と、ここはkemuri神楽坂。
これだけでは終わらない。〆に和風出汁で仕上げたフォーは絶品。
110519_213639.jpg

・・と、そこにトドメを刺すかのようにトマトスープで仕上げた雑炊。
というか、もはやこれはトマトリゾット。チーズとの絶妙な相性でうまいうまい!
110519_214120.jpg

そして、デザートの焼きバナナとジェラートで楽しい宴は終わり。誕生日だったお友達がいたので、その人の焼きバナナにはろうそくがたっていた。
110519_215504.jpg

更に、店長の草場氏の粋な計らいで、一茶一坐 神楽坂店からはあの巷では有名な伝説に(なろうとしている)フロアマネージャーの、のんのん氏も登場し、私たちの前で持ち歌を披露!いやぁ~、とっても楽しかった!!


って、これだけでは終わらずに、この後にサービス精神旺盛なkemuriオーナー、イロキ・オカダ氏推薦の中華料理屋さんで餃子に担々麺にと食いまくり、終電を逃し、タクシーで自宅に帰るのが面倒くさくなって、新宿のビジネスホテルにチェックインしてしまったという、超オヤジな私であった、、、(汗)

こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義

フルマラソンを走り終えた翌日に仕事に行くのはとてもよろしくありません。しかも、節電モードのこの東京では。とにかく全身激しい筋肉痛でで階段の上り下りは拷問でした(涙)、、ということで、フルマラソンの翌日は家でゆっくり休みましょうね♪

今日はいつも通り定時に仕事を終えて、先週の金曜日に本屋でまとめ買いした書籍のうちの1つ、こちらの本を通読。

こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義
(2011/04/16)
内藤 忍

商品詳細を見る


こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義とありますが、こんな時代を生き抜くためのまっとうなお金学の話をされています。ちょっと立ち止まって、自分のお金の使い方、そしてこれからにについて考えてみようという気になります。お金がすべてではないけれども、でも自分の思い描いた通りにコトを進めていくにはやはりお金は必要です。

お金について「なんとかなる」とか、考えることをやめると、知らず知らずに
それこそ「じわじわ」とお金を奪われてしまう(奪われている)かもしれませんね。

第3回東山温泉新緑マラソン大会

IMG_0240.jpg

本日は6時起床し、6時半に朝食をとる(この件ではホテルの方といろいろありましたね、笑)、7時にはホテルをチェックアウトし、マラソンのスタート地点である東山グランドホテルに向かう。受付にはランナーの皆さんが続々集まってきている。何だか早そうな人たちばかり(汗)

7時50分頃から開会式が始まり、ルールや注意事項についての説明。コースは東山ダムの貯水池ならぬ湖を周回(フル:6周、ハーフ:3周)するわけなのだが、このカウントは自己申告だそうだ(笑)第1エイドに置いてある出場者名簿に自分で回った回数分だけ丸印をつけていくという、ゆるゆる加減というか、ローテクというか。8時にハーフとフルマラソンの出場者が同時スタート、、なんですが、スタートの合図に使用するピストルを忘れてきちゃったんですってw なので、主催者が拡声器片手に「よーい、ドン!」でスタート。

まずは東山グランドホテルから、東山ダムの貯水池ならぬ湖まで向かうのだが、スタート地点のホテルはダムのふもとなわけなのです、しかも迂回コースでダムの水を放出するところ(ダムの真下)まで行って、折り返して貯水池ならぬ、湖に向かうのだ。そこまでの上り坂がきつくて、既に涙目。

もうこの時点でどのタイミングで棄権するかを考えてました(汗)

この貯水池、ならぬ湖(湯の入湖)は1周だいたい5km強で、皇居と大体同じくらいか。途中、ゆるやかな上り坂も何カ所かある。1周目、2周目あたりは順調に1kmあたり5分台のペースで走る。3周目あたりからちょっと疲労が蓄積されてきた感があり、足が重くなってきた。4周、5周目ではもう何度も心が折れかけてきて、またもやどのタイミングでリタイヤするか考えていた。

が、このあたりになってくると、
何人かの出場者の方々が私を追い抜き際に励ましの言葉をかけてくださるんですね。とある方は、「とにかく一歩ずつ前進しよう、必ずゴールできるから」なんて、自分もつらそうなのに(時折、足を止めてストレッチしていた)他人である私に気を使って声をかけてくださるなんて、、

ここで「棄権します」なんて言える状況ではなくなってきたぞ、、。

そして、最初の方はマラソン大会関係者の方と少数のギャラリーという寂しい沿道だったのだけれども、今大会は東山温泉地区に避難されている被災者の方々のウォーキングイベントを兼ねていて、昼近くになるとウォーキングをされている方々をちらほら見かけるようになってきて、「頑張れ~!」「ファイト!」なんて、逆に応援してもらっているではないですか。「ありがとうございます!」と声が出る限り、返事していたら、一瞬呼吸困難になりそうなことも(汗)

ということで、
これはますます「棄権します」なんて言える状況でなくなってきたぞ、、。

6周目に入ると、体はぼろぼろながらも「あと1周!」ってことでテンションが上がってきて、6周目が終わりタイムを確認すると4時間40分ではないか。で、あとはゴール地点の東山グランドホテルまであと約4kmの下り坂。これは、もしかして、初フルマラソンで5時間を切るかも!と俄然テンションが上がってきた私。

結果、5時間5分26秒で完走。
まさか自分でもフルマラソンを完走できるとは思っていなかったのでただただビックリです。間違いなく言えるのは、いろんな方々の応援がなかったら決してなし得ませんでした。(だって、棄権するタイミングをほんとに狙っていたんですもの)

皆様、本当にありがとうございました m(_ _)m
(※まさか、つぶやくだけで痩せる#shinobydiet を始めたら、フルマラソンまで完走してしまうとワ。)

女2人東北ぶらり旅

297974052.jpg

中東旅行から帰ってきたばっかりなのだが、皇居ラン仲間のなべちゃん(@nabechan1003)と女2人でぶらり東北を旅することになった、、というよりもマラソン大会出場のためでございます。

福島は会津若松市で5月にマラソン大会があるということで、出場申し込みをしたのがたしか昨年の11月か12月頃。しかも、フルマラソンという無謀な挑戦に向けて、練習に励んでいた?矢先に、今年3月の未曾有の大震災。場所が場所だけにきっと開催中止になるだろうと思っていたんですが、これがいつまでたっても開催中止の連絡が来ない。そうこうしていると、中東旅行に行っている間にゼッケンがクロネコメールで送られてきちゃったよ。

震災のごたごた、疎開、中東旅行だなんだで、完全に練習不足で完走できる気はまったくしていないけれども、東北に旅行したこともないし、神戸マラソン(結果待ち)か、ホノルルマラソンに向けて「様子見」するということで、予定通り出場することにした。

お昼に東京駅で待ち合わせて、切符を購入。
旅に出ることが多い私ですが(しかも個人手配で)、一番苦手なのは実は国内旅行で新幹線の切符を購入することなんだな~(笑)なんか、乗車券+特急券だとか、周遊券だ、なんちゃらパスとかいろいろあってわかりづらくないっすか?・・・ということで、なべちゃんに完全お任せ(汗)つか、宿泊先まで手配頂きまして、感謝、感謝でございまする。

ここ最近、一人旅が多かったので、女2人でキャピキャピ(?)しながらの旅も楽しいねえ。話がはずみまくり。今回の東山温泉新緑マラソンですが、てっきり会津若松市の東山温泉街の街を挙げてのイベントかと勝手に思っていたら、なんと、なべちゃんがホテルの手配で連絡するまで(出発3日前とのこと)、マラソン大会が開催されるなんて知らなかったんですって。まぢかいなっ!?と、まったく商売っ気のない方々に若干拍子抜け。

昭和の匂い(?)がぷんぷん漂うホテルで食事前と後に温泉にまったりつかったり、美味しい郷土料理に舌鼓をうち、女2人わいわいおしゃべりに花が咲いたりして、翌日にマラソン大会に出場するという緊張感がまったくない私だったり。

リーディング3.0

久々に仕事帰りに本屋に立ち寄ってまとめ買い。そのうちの1冊がこちら。

リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術リーディング3.0 ―少ない労力で大きな成果をあげるクラウド時代の読書術
(2011/04/22)
本田 直之

商品詳細を見る

以前に出版されたレバレッジ・リーディングが「インプット、アウトプット」という2つのステップで構成しているのに対し、リーディング3.0は「インプット、ストック、サーチ、シェア、フィードバック」の5つのステップで構成されているという。これを実現するのが、iPhone等のモバイルデバイス、エバーノートなどのクラウドサービス、そしてツイッターなどのソーシャルネットワークである。

欲しいと思った本をその場で取り寄せること(ダウンロード)ができ、しかも何百冊もの書籍をモバイルデバイスでどこにでも持ち歩きができ、目に優しく、テキスト読み上げ機能、辞書のルックアップ機能があるキンドルの登場で、自分の読書スタイルが変わりました。

が、この本は一歩先を進んだ読書術について紹介しています。
読書についてはキンドルを活用したり、書籍を自炊してiPod Touchに取り込んでいつでもどこでも読めるような状態にしていますが、エバーノートなどのクラウドサービスの活用、ツイッターなどのソーシャルネットワークで情報共有にについてはこれからの課題かな。


第4回 #shinobydiet オフ会参加

294687340.jpg

ゴールデンウィーク明け早々、しかも週の初めの月曜日、そして翌日は社内研修が控えているという状況下で行ってきましたよ、Shinobydietオフ会に!気がつけば、もう4回目なんですね~。

今回は「東北で被災した酒蔵の日本酒を頂く会」になると聞いておりましたので、もっとおいしく頂くために旅先ではアルコールを断ちをするという気合いの入れよう!(旅先が中東だったからじゃないの?というツッコミは一切受け付けませぬ・・笑)唯一の誤算は翌日のことを考えると下手に飲み過ぎて二日酔いの状態になれないということ。

今回の幹事の1人であり、宮城県出身の氏家氏が調達してきた12本の日本酒を、元マネックス証券の方がやってらっしゃる馳走小路(日比谷)という地鶏のお店で堪能してきました。美味しいお酒に、名古屋コーチン、この組み合わせは非常に危険でした~(旅した後だけに酒と美味しい日本食に飢えてたもので。)12本の日本酒を全てきちんと味わいたいので、もう1杯飲みたいよーという衝動に駆られながらも、それに堪え、自分にしてはかなり上出来なペース配分で堪能しました♪

初めてお会いする方々が大半でしたが、美味しいお酒で会話が弾み弾む。今回もとても楽しい時間を過ごすことができました。ダイエットオフ会なのに、この日までにまったくもって成果を出していない私、これでいいのかしらん?(笑)次回のダイエットオフ会こそは、きっちりと成果を出して、皆を驚かせてやるぞと心に誓ったり。

294733040.jpg

最後に頂いた日本酒を全て並べての写真撮影会(?)となり、ずらりと勢揃いした姿は圧巻でした。


そういえば、帰り際に内藤氏からうちの旦那に伝言を預かったので(きっと言った本人は覚えていらっしゃらないでせう)帰宅後早速伝えたところ、” Et alors ?" と言っておりましたことを追記しておこうw

ーーーーーーーーーーーー
関連記事
・Shinobydiet オフ会参加
・第2回 #Shinobydiet オフ会参加
・第3回 #Shinobydiet オフ会参加

UAE・オマーン旅行 10日目:アブダビ一日市内観光

エティハド航空のドバイオフィスから、アブダビ空港の無料バスが1日11本くらい出ている。10:30のバスの時刻に間に合うようにホテルをチェックアウトし、メトロでファイナンスセンター駅のエティハド航空のオフィスに向かう。な、なんと、ここは無料シャトルバスだけではなく、ここから搭乗手続きもできちゃうし、荷物も預けられちゃうのだ。ラッキー!これで身軽になってアブダビ市内を観光できる!

ドバイからアブダビ国際空港まではバスでだいたい1時間半位。冷房の効いたゆったりとした車内、そしておしぼりやミネラルウォーターのサービスまであるエティハド航空、恐るべし。また何かの際には必ず利用しようと思った私。意外にもアブダビとドバイは近いしね。

12時過ぎにはアブダビ国際空港に到着。
市内に出かける前に空港内のカフェでまったり休憩しようと思ったら、妙にテンションの高い店員?というか、店長らしきおっちゃん(西洋人)に絡まれ?て、まったりどころか、ちょいと疲れてしまった私。

空港から市内へ向かうバスに乗り込みいざ出陣。市内といってもどこで降ろされるのか、土地勘のない私にはまったくもって不明。ま、なんとかなるでしょ。途中で、オマーンでみた巨大モスクを上回る、白亜の巨大モスクを発見。これがタクシーだったら途中で降ろしてもらえたのに、公共バスだったものでただただ通り過ぎるのみ。それにしてもすごかったな。

で、ここさ最終地点だよと降ろされたものの、皆目見当つかず。
P1020072.jpg
なんで中東の建物はビルのてっぺんに丸いゴルフボールみたいなのがあるんでしょうか?あれはなんだね?

と、それはさておき炎天下の中、適当に歩き出す。ここアブダビもドバイ同様にあちこちが建設中の建物でいっぱい。エビぞるように見上げてしまうんだな。
P1020074.jpg

海辺にきた!と思ったら、人工ビーチでも作ろうとしているのかここも工事中。
P1020084.jpg

あまりの暑さに耐えかねて、どこかにショッピングモールはないかと探しまくり、見つけたのがこちら。見た目はモスクっぽいけど、ちゃんとしたショッピングモールです。ちなみに、UAEでは100円ショップで有名なダイソーがあちこちにはびこってます(笑)あと、仏系大型スーパーマーケット、カルフールもやたらみかけます。
P1020094.jpg

と、ショッピングモール内は意外と地味。この中のカフェでマンゴージュースを飲んで人心地。
P1020092.jpg


さて、この後はどうしようかと考えた挙句、
アブダビの今、一番のホットスポットではなかろうかと思われる場所、アリーナへタクシーで移動することにした。バスだと乗り換えが面倒くさいことに気が付いたので。(←でた、この面倒くさがり!)

と、こちらにもありましたね、ショッピングモールが。
P1020099.jpg

やはり洗練されてますね、内装が。
P1020102.jpg

このアリーナ地区はなんかすごいことになってるぞ(驚)
東京でいうところのお台場海浜公園あたりに相当するこのエリアが、何だか都会のど真ん中にあるちょっとしたリゾート地状態になってます。なんですか、このヨットハーバーはっ!
P1020104.jpg

更に、なんだあの宮殿みたいなところは!?と驚いていたら、タクシーの運ちゃんが「あれは7つ星の超高級ホテルだよ。」と教えてくれました。なんてこったい、ちょっと行ってみたいが、実はここから歩いていくには遠いのだよ。
P1020113.jpg

建築中のオフィスビルらしきものあるが、すぐそばが真っ青なビーチってどうよ?うらやましすぎ。
P1020114.jpg

うちの会社、たしかアブダビかドバイにオフィスがあったよな?どこだったけなと?アリーナモールでまったりお茶しながらネットで検索をかける私(笑)でも、こんなに暑いところはもって1年しかいれないなぁ。

夕方にはタクシーを捕まえて、アブダビ国際空港へトンボ返り。
搭乗手続きや出国手続きで時間がとられるかなと、20:45のフライトだけれどもちょっと早めに戻ってきたのだが、あっけなく通過してしまって、空港で時間を持て余してしまった(笑)

UAE・オマーン旅行 9日目:のんびりモールホッピング

本日はドバイで丸一日過ごせる最後の日。
砂漠ツアーか何かに申し込もうかとも思ったのだけれども、面倒くさくなってやめた。この面倒くさがり具合は何とかせねばいかんですな(笑)まずは恒例のホテルのそばのショッピングモールの開店(10:00)とともに滑り込み、カフェで朝食兼インターネット。そういえば、翌週の社内トレーニングの事前準備(アンケート回答)をやっていなかったことに気が付いて、急遽準備作業を行ったはいいものの、結構時間がかかったじゃない(怒)おかげで仕事のメールもチェックする羽目になって、休日気分が台無しでごじゃる(怒怒)

さて、今日は何して過ごそうかといろいろ頭の中を張り巡らせたが、やっぱバージュハリファとドバイモールが好きみたいね、私。ということで、最寄りの地下鉄の駅に向かうが、なんと今日は14時までは運転していないんだね。というか、この国は金曜日と土曜日がお休みみたい。ひえー、知らなかった。金曜日は日本でいういわゆる土曜日、週末なのかあ、、。つか、日本は週末でもメトロは動いているけどね。

ということで、メトロの駅で待機していたタクシーに飛び乗り向かった先はやっぱりドバイモール(笑)
P1010911.jpg


ドバイモールの中にいるだけで余裕で1日潰せるんですって、ほんとに。紀伊国屋でのんびり本を眺めたり、立ち読みする。日本語はもちろんのことながら、英語の本、アラビア語の本と充実しているんですよ。見て回るだけで余裕で1時間は経過してしまうという。そして、そばに併設している紀伊国屋カフェも何だかいい感じ。ちょうど、ドバイモール前の噴水が見下ろせるようになているんですね。残念ながら、満員御礼状態でしたのであきらめて別のカフェでまったりしましたが。夕方にはドバイモールをおさらばし、ドバイシティモールへ移動する。こちらはなんか地元の人たちですごく賑わっていたな。

さて、明日はドバイを離れ、アブダビに向かいます。

UAE・オマーン旅行 8日目:バージュ・ハリファ展望台

本日はバージュ・ハリファ(At the top)の展望台にのぼる日。
予約は11時、ドバイモールのオープン(10:00)と同時に展望台入り口そばのフードコートでのんびりと朝食タイム。ドバイモール内は無料wifiが張り巡らされているのだが、これがまた動作不安定なんだな。フードコート内カフェで無料wifiのログインIDもらって時間がくるまでメール等をチェック。

15分前にWill Callカウンターでチケットを受け取り、そのまま展望台に向かう。ちなみに入り口に展示してあったバージュ・ハリファの模型。
P1020017.jpg

バージュ・ハリファ内はモダンな内装。
エレベーターで一気に展望台(124階)に向かうのだが、これでもまだ442mの地点である。この建物自体が828mだから半分ちょっとのところか。

といっても、やっぱり高いな!
P1020018.jpg

しかも今日は砂塵がひどくて、視界が良くない。ついてないのぅ。でも、これもアラブって感じである意味いいかもね。
P1020026.jpg

とにかく建設中の建物があちこちに見える。ちょっと前のドバイショックとやらは何だったの?って感じ。
P1020030.jpg

しかしビルをにょきにょき建設しているのはこの一帯で、ちょっとはずれるとやはり砂漠地帯なんだよな。すごいよ、この殺伐としたところにみずみずしい緑を植えたり、水をはったり、ビルを建てたり。
P1020034.jpg

ほんと砂塵がひどい(笑)
P1020035.jpg

海岸の方もこんな感じで、例のヨットの帆の形をした7つ星ホテルも霞んで見えなかった。そんなに遠くないはずなのにね(笑)
P1020036.jpg

事前に予約するもんだから、まさか今日こんなに砂塵があるとは思わなかったのよ。かといって、今日は天気がよくて見晴らしがよさそうだから、展望台に行こうなんてなると、当日券は8,000円位するからね。そういう自由が利くのは金持っている人たちだけだと(涙)


さて、バージュ・ハリファを後にして向かった先がこちら。
P1020068.jpg
モール・オブ・ジ・エミレーツということで、またもやショッピングモールです。ドバイってやたらめったらショッピングモールが多いのよ。

内装はヨーロッパの美術館みたいな感じですな。
P1020038.jpg

で、このショッピングモールの恐るべしな所はと言いますとこれです。
P1020039.jpg

そう、砂漠の国につくっちゃいましたよ、人口スキー場!
P1020041.jpg

なんだこりゃ!?って感じの異様な光景。ドバイでは何でもありっすね。
P1020042.jpg

→続きを読む

UAE・オマーン旅行 7日目:デイラ地区散策

オマーンのホテル選びは立地を失敗したのだけれども、ドバイのホテルの立地は大正解。メトロの駅は近いし、ショッピングモールがすぐそばにある。さすがに昨日訪れたドバイ・モールよりも小振りではあるけれども、朝食を取る場所としては十分。

朝からショッピングモール内のカフェでまったり朝食をとりながらのインターネット。時間制限はあるものの、無料Wifiを使いたい旨を告げるとログインIDとパスワードをくれる。で、場合に寄っては延長して使えるし、超便利。滞在中はこの手でいこうっと♪

今日はデイラ地区を散策することにする。距離的にはホテルからさほど遠くないので、のんびり歩いて行こうと歩き始めて10~15分後に公開する羽目になる。とにかく暑いんですよっ!!

暑さでへばりそうになりながらもひたすら歩き続けると、涼しげな場所に到着。水上タクシー(アブラ)乗り場である。対岸にオールドモスクが見える。
P1010970.jpg
やはりどこからでも見えてしまうのね、バージュ・ハリファ。
P1010974.jpg

と、この一帯は昔ながらのスーク(商店街?)が点在する。
気の向くままに歩いて行くと見えてきたのがグランド・スーク・デイラ。入り口周辺にはなぜか団体観光客がごったがえしていた。
P1010977.jpg

スパイスや水たばこなど、アラブの雑貨やさんが所狭しと軒を連ねている。
P1010978.jpg

路地裏も何か趣があって素敵だわ~。
P1010980.jpg

更に、デイラ・オールド・スーク(スパイス・スーク)に足を踏み入れる。
P1010991.jpg
と、私がスパイスを器用に使って料理できる訳がないので(苦笑)、買い物をするわけではなく、ただただ見てるだけ~。

そして、ゴールド・スークに到着。
P1010993.jpg

ゴールドを売るお店が軒を連ねる。なるほど、名前の通りだったのね。
P1010998.jpg

まばゆいばかりの金、金、金。悪いが貴金属に興味がない私はただただ見てるだけ~。(後日談でインド人同僚になんで買わなかったのか!と言われる。さすが、金が大好きインド人)
P1010997.jpg

つか、このギネスにも載ったというこの金の装飾品すげっ(悪趣味w)
P1010996.jpg
何気にその隣のマネキンも気になるが、、。

と、デイラ地区のスークをあちこち見て回り、結局何も購入せず。

デイラ地区を後にして、メトロのユニオン駅に向かい、そこからドバイフェスティバルセンターに向かう。そう、ショッピングモールである。
P1020007.jpg
ここのショッピングモールも結構大きいのだが、やはりドバイ・モールには負ける。モール内のカフェでのんびりしたり、ウィンドウショッピングを楽しむ。ほんとはランニンググッズを探しているのだけれども、どこに行っても品数が少ないんだよなぁ。この国ではランニングははやっていないのか?

と、あるお店の日本語が笑えたので思わず激写。”極度乾燥(しなさい)”だって。
P1020006.jpg

いやぁ~、今日はあちこち歩いたな。

UAE・オマーン旅行 6日目:マスカットからドバイへ

今日はマスカットを離れ、ドバイに発つ朝。
まずやることはというと、ドバイの超高層ビルであるバージュ・ハリファの展望台(At the top)のチケットをネットで購入することである。これがまた当日にふらりと行って当日券を買おうものなら、AED400(約8,000円)もするんですよΣ(゜□゜|| ちなみに予約購入しておくとAED100(約2,000円)なので、まだこれなら許容範囲なので明後日の11時に予約だん。

8時にホテル出て、タクシーでマスカット国際空港へ向かう。本当は8レアルだったところを、交渉して6.5レアルにしてもらった。とにかく、マスカットではタクシー代が半端なくかさんだな。車運転できる人は絶対レンタカーでマスカット市内、郊外を回った方がいいあるよ。

と、マスカット空港に到着し、オマーン航空のチェックインカウンターで搭乗手続きをしようとカウンターに向かうと、すべてのオマーン航空のフライトを一緒に複数のカウンターで手続しているもんだから、ものすごい長蛇の列!他の航空会社(エミレーツ、エティハド、カタール等)のカウンターは空いているのに・・(涙)きちんと並べない方々が多くて、何度もキレかけそうになった私。ほんとに気が短くてすみません。結局、40分位待って、ようやく搭乗手続き完了。

オマーン通貨が余ったので、ここで全部使い切ってしまわねばと、朝食とったり、免税店でお土産を購入したりしていると、ふと思ったわけです。あんなにケチケチやって、残ってしまったお金で、なぜに街中よりも高めの空港でそれを使い切るのかと。だったら、滞在中はケチケチせんでもよかったんじゃないかい?

P1010837.jpg

とにかく、オマーン通貨をきっちり使い切り、搭乗時間になったので機内に乗り込む。すると、私の席に既にアフリカ系親子がでーんと座っているではないか。実は、行きのフライトでも私の席に誰かがでーんと座っていたんだよな。座席表もちゃんとみれんのかい?!・・ということで、席が違っていると指摘すると、なんと逆切れしやがった。しかも、1つ隣とかのレベルでの間違いではないからね、あんた!結局、私の席からはどいてもらったが、私の隣にまだ居座る(だから、全然場所が違うんだって!)そして、また犠牲者がやってきて、指摘するものの、ヤツラは死んだふりして、観念した犠牲者は他の空いている席(ヤツラの本来の席)に着席。

お行儀の悪いコイツらにフライト中はほんとにさんざんな目に(涙)
電子機器を使うなと言っているのに、携帯電話をいじりまくるわ、昼食で配られたマフィンをぼろぼろ膝の上にこぼしたかとおもったら、手で思いっきりはらって私の所にガッツリとんでくるし、「ドバイか?ドバイか?」と私に聞きまくるし、何?ドバイに行かなかったらどこにいくの?

ってな、後で思い返すと笑い話になるのだろうけれども、
その時は殺意が芽生えるぐらいに苛立った2時間のフライト。

再び、アラブ首長国連邦はドバイへ再入国。
ホテルはメトロの駅から歩いて10分位とのことなので、空港からメトロを使ってホテルまで向かう。いやー、ドバイはタクシー代もマスカットに比べて安いし、更にメトロまであるし、超便利ですわー。

ホテルにチェックインし、ちょっと一休みして向かった先は、、、

→続きを読む

UAE・オマーン旅行 5日目:ビーチで1日ぼけぇ~と贅沢に

昨日、晩御飯を食べに行った帰りにバスターミナルでドバイ行の長距離バスをチェックしたところ、6時と15時の2本しかないことがわかった。ドバイまでは陸路6時間位らしい。15時にマスカットを出ると、ドバイに着くのが21時過ぎになってしまう。6時だとお昼頃に到着するので丁度いいのだが、早起きできるのか、オレ?結局、いろいろ考え始めたら面倒くさくなって、昨晩オマーン航空のサイトでドバイまでの航空券買っちゃった(^▽^;

今朝、いつも通りネットでツイッターをチェックしていると、TLでビンラディンが殺害されたツイートを見かけるようになる。気になって、テレビをつけたら、おいおいアラビア語だったよ、、orz 気を取り直して、チャンネルをアルジャジーラ放送(英語)にあわせる。しかも、間もなくオバマ大統領が声明を発表するとのことだったので、ずっとTVニュースにくぎ付け状態だった私。

このタイミングで中東にいる私って、、。
街はどういう風になっているのだろうと、ホテルからタクシーを捕まえて、インターコンチネンタルホテルそばのショッピングモールに向かう。って、いつもと変わらない光景が目の前に広がっていました。

さて、このエリアは、インターコンチネンタルホテル、ハイアット、クラウンプラザなどの高級ホテルがオマーン湾を見渡すように建ち、その周りは空の青と海の青に生えるまぶしい白い家が整然と並ぶ、ちょっとした高級住宅街のにおいがプンプン。
インターコンチネンタルホテルそばにあるショッピングモール、Jawharat Al Shatti Complexにあるスターバックスでまずはちょいと遅くなった朝食をとる。

P1010824.jpg

私が滞在しているルイ地区と違って、人も少なく、とても静か。
そして、目の前はビーチ!!
P1010821.jpg

砂浜をのんびり裸足で散歩するとこれがまた超気持ちいい!
日差しはきつく、気温も35度と高いのだけれども、海からの風がそれをすべて帳消し!浜辺をのーんびり歩きながら、時には浜辺に座って、いろいろ考え事をしたり、ひたすらぼーっと目の前に広がる美しいオマーン湾を眺めたりして、飽きることなく過ごしてしまった。のどが乾いたら、ショッピングモールの冷房の効いたカフェに入り、まったりコーヒータイム。
P1010812.jpg

何だか最高に贅沢だわ~(゜_゜

結局、夕暮れまでここに居座ってしまった。
タクシーを捕まえて、今回滞在するホテルのあるルイ地区に戻るときがむちゃくちゃ悲しかったよ。今回のオマーン旅行は完全にホテル選び(つか、場所)を間違えたね。

UAE・オマーン旅行 4日目:リゾート気分満喫?

本当は4WDで行く砂漠ツアーに参加したかったのだけれども、ツアー催行会社に連絡してみたところ、1台の車両を貸し切るので、1人の場合は高くつくという。で、何件か他のツアー会社に連絡したものの、どこも同じみたい。さすがに1人で3万円近くも払う気はないし、今から一緒に行く人を集めるというのも難しいので、今回は断念することに。急遽、旅行ルートを変更すると、事前の調査、調整が不十分でこういうことが起こったりするんだな。

ということで、本日、まずはオマーン国王がアラブサミットのために建設したという、アル・ブスタン・パレス・ホテルを見学することにする。ルイ地区からはタクシーで3レアル。人里離れた険しい山に囲まれたところに、優雅にたたずんでいるこのホテルは中に入ると、エントランスホールの大きさに目を奪われる。
P1010722.jpg

このホテルで25年働いているというおじさまから、アラビアスタイルでくつろぎながらオマーンコーヒーをごちそうになる。宿泊客じゃないんだけど?と言っているにも関わらず、いいからいいからと言うもんですから、ちゃっかりごちそうになり、いろいろお話をし、ちょいとばっかりスイーツまでごちそうになって、お香の石まで2粒頂いちゃって、まことに恐縮です。

とにかく、このホテルは豪華絢爛なアラビアスタイル。ホテルの中で同じところをぐるぐる迷子になりそうになったが、何とかホテルの庭園へ、、って、1階の客室のバルコニーからプールに直結しているではありませんか。すごっ。
P1010731.jpg


更に目の前は海。完全にこのホテルのプライベートビーチ状態、、。
P1010726.jpg

ひとしきりホテルの中を見て回ったら、自分がこのホテルの宿泊者じゃないから空しくなってしまったので、気持ちを切り替えて、このホテルのそばにあるらしい、オマーンダイブセンターに行ってみることに。可能であれば、体験ダイビングか、シュノーケリングをしたいなぁなんて思いまして。で、タクシー料金を聞いてみたところ、5レアルだという。え!?そんなに遠いの??

って、10分位で着いてしまいましたが(!?)、オマーンダイブセンター。というか、ここもすごいです。ダイブショップというよりもホテルリゾートって言ってもいいんじゃないの?しかも、ここもプライベートビーチ状態。宿泊のコテージが確か1泊9000円位だったはず。
P1010744.jpg

しかも、レストランも併設されているし、1日中のんびりするんだったら最高じゃない?!
P1010741.jpg
やっぱ、下調べは十分にやっておくべきだったあるね。


オマーンダイブセンターを後にし、タクシーでオールドマスカットへ向かう。タクシーの運ちゃんが料金は5リアルで追加料金を取らないから、途中にある自分が生まれた村を見せたいという。な、何か裏があるの?なんて妙な勘ぐりを入れる心の歪んだ私。で、連れて行ってもらったところが、Haramelという小さな漁村。
P1010752.jpg
海辺では子供たちが無邪気に遊んでいて、車の中にいる私に気がつくと手を振ってくれる。撮影ポイントに連れて行ってくれて、写真を撮らせてくれた。ほんとに親切心から案内してくれたのね。ごめんなさい、変に疑ってしまって(涙)

そして、オールドマスカット。
アラムパレスという宮殿の前で下ろされる。そこからてくてくとミラニ・フォートを目指す。これ、登れるのかな?と思っていたら、入り口には銃を持った警官らしき人が警備に当たっていて、とてもじゃないけど登れそうにない雰囲気。つか、ダメだった。
P1010769.jpg

ミラニ・フォートの向かいにはジャラリ・フォートがそびえる。
P1010780.jpg

オールドマスカットから昨日訪れたマトラまでタクシーで5分。マトラスーク前で下ろしてもらうと、目ざとく昨日食事したレストランの客引きのおじさんに見つけられてしまい(しかも結構な距離から)、おおっ!君は昨日来てくれた人だね!とオーバーアクションしながら出迎える姿に負けてしまい(笑)、本日もこのレストランで食事をとる私。

やっぱ目の前に海があるのはいいね。
明日は1日海辺でぼーっとのんびりしようと思った次第。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク