アセットアロケーション -201107

昨日の疲れが残っているのかとにかく一日中寝てましたな(遠い目)
本日は月末ということで恒例のアセットアロケーション。って、何もやっていないので先月と大して代わり映えしないかと思いきや、、。



米国債のデフォルト危機やギリシャの財政危機のごたごたで、円高が進行して70円台に突入するわ、全体的に株安になるわで、先月に比べて外国株式と外国債券の比率がちょっと下がっているのがみてわかります。と、ここはチャンスなので、8月は円高のときに米ドルMMFを購入して、株安のときに海外ETF(ドル建て)をしっかり購入しようと思いまする。

あ、あと、9月のネパール旅行のために米国ドルの現金を用意しなくては。

スポンサーサイト

石巻市でボランティア活動

同僚の印度人と語らった夜から3週間程経過しましたが、ようやく一緒にボランティア活動を行うことができました。

今回は参加させていただいたグループはこちら
KBF Tohoku Relief Team(Facebookページ)
クリスチャンとか宗教に関係なく誰でも参加可能です。

毎週金曜日の夜、21:30に東久留米市にあるKBFの駐車場に集合し、レンタカーで何台かに分かれて、宮城県石巻市を目指します。費用は1人あたり6,000円でこれはレンタカー料金、ガソリン代などになります。自動車の運転免許を持っている方は、運転をお願いされますが、残念ながら私は免許がございませんの(涙)ボランティア活動には長靴とかマスク、手袋等が必要となるのですが、大体のものは備えがあるので借りることができます。私は今回、長靴、ゴム手袋をお借りしました。

昨晩、22時過ぎに東久留米を出発し、石巻市に到着したのは本日の5時過ぎ頃。専修大学内のボランティアセンターは8時半に開くというのでそれまでは石巻港周辺を車で見て回りました。大震災から4ヶ月以上経過しているというのに、目の前に広がる凄惨な光景に言葉がでませんでした。
IMG_0347.jpg
IMG_0349.jpg
IMG_0350.jpg
P1020169.jpg
IMG_0352.jpgP1020171.jpg

想像を絶する光景にただただ無言で目に焼き付けるように見つめる私たち。これは絶対に帰って回りの人たちに伝えなくてはならないと、無言でカメラのシャッターを切る。

ボランティアセンターが開く前に、近くのすき家に向かう途中に見かけた「がんばろう石巻」の看板に思わず涙がホロリ。どんな状況でも強く生きようとする地元の人たちの力強いメッセージを感じました。
IMG_0354.jpg


ボランティアセンターで登録を行った後は、派遣先へ向かう。北上川流域のとある町。私に与えられた作業は米の苗箱を洗う作業。JAの倉庫に1万個保管されていたのが、津波で流されて8千個は回収できたものの、残り2千個はどこかに流れて行ってしまったとのこと。海水と泥水で汚れてしまった苗箱を水で洗い流し、仕上げに洗浄機にかける。地元の人たちと一緒に作業をする。
IMG_0358.jpg

今この時期に苗箱を洗うということは今年の田植えはできないということ。しかも、ハウスも壊滅状態だという。中には家をなくしたという人もいらっしゃる。なのに、皆さん、元気で明るく前向きだ。

地元の皆さんと和気あいあいと作業を進めて行き、東北弁を教わったり、自分の田舎の話をしたりして、目の前には山のように苗箱があるのだけれども、頑張って意地でも今日中に終わらせてやる~!なんてボランティア仲間と闘志を燃やしながら作業を進める。ひょんなことから、私の旦那の話になり、地元のおばさんたちが盛り上がる盛り上がる(^ー^;こんなことなら、無理矢理にでも旦那を連れてくれば良かったよ。

結局、全部の苗箱を洗うことができずにタイムアップ。
せっかく作業を通して仲良くなった地元の方々とお別れ。しかも、お礼にと手作りのシフォンケーキを持たせてくれて、ほんとに恐縮。ボランティア仲間でおいしく頂きました。

我が家に到着したのがちょうど深夜。
石巻市で作業している時間よりも、移動している時間が圧倒的に長くて、どちらかというと移動疲れで車の中でもバクスイしていたけれども、帰宅して布団に倒れ込むように眠りこけてしまった。週末に泊まりがけで作業できるようなところを探さないとね。

でも、また行きます。必ず行きます。
まだまだ、やるべきことはいっぱいあります。

フランスチーズとワインの会

358789089.jpg

ここ最近、オフィスで月に1回、金曜日の定時後に持ち寄りパーティーみたいなものがある。たしか、カレーパーティ、チリパーティ、パスタパーティなんてのも過去にあったような。で、今回はフランスチーズとワインの会だそうで、残業中だった私は丁度いいやと言わんばかりに、ふら~っと会場(会議室)に立ち寄って、バゲットとチーズと、タブレにラタトゥユを少し頂いてみた。こりゃうまい!

旦那に見せびらかそうと思って、今回は思わず撮影してみたぞ。案の上、速攻で反応が返ってきたのはさすが期待を裏切らない人ですワ。

そうそう、このパーティではその月のお誕生日の人たちをお祝いするらしいのだが、最初から最後までその場にいたことがないので、まだその様子を見たことがない(汗)しかし、休日に花見を計画したり、陶芸教室があったり、BBQを計画したりと、外資系にしては珍しくいろいろ催し事があるもんだなあと。(別に悪いことではないけど)

大木屋の会@市ヶ谷

毎月の恒例行事と化してきている渋谷会。別名くさばんマンセーの会(←意味不明・爆!)は、今回渋谷を離れ、市ヶ谷の大木屋さんで開催されました。というのも、前回の渋谷会で「肉のエアーズロック」とやらが話題になったわけなんですよ。で、そこで抜群の行動力を持つ某氏が即予約を入れてくださったのでした。

と、ここの場所がこれまた懐かしい場所のすぐそばにございました。大学の通信教育のスクーリングでよく通っていた校舎のすぐそば、しかも校舎が新しくなっていてむちゃくちゃ驚いた。いやー、ほんとあの頃は仕事しながらよく頑張った(と、自画自賛)

とさておき、寺門ジモンも絶賛したというだけあって、お店についたら既に満員御礼状態。店員さんもてんやわんや忙しそうな感じ。といっても、開始時間の15分くらい前に到着したので、当然誰も来ていない。

この店はコース料理だけしか提供していないようだ。みんな揃ったところで早速お食事タイム。(いや、その時はみんな揃ってはいなかったか?!)

まずはカツオのたたき。普通に美味いね。
IMG_0332.jpg


って、もう次はこの噂の肉のエアーズロックですかい!分厚いぞ。タテにできるぞ、これ。
IMG_0333.jpg


ニンニクをのせていい感じに焼けてきた♪
IMG_0335.jpg


で、ここで店員さんが器用に(!?)お肉をカットしてくれる。
IMG_0336.jpg


最初からこの状態で出ていれば、普通に「美味しいお肉だなぁ~。」と思って食べていただろう。わざわざ肉のかたまりごと鉄板にのせて焼くということをやってのけるから話題になるのか。
IMG_0337.jpg

しかし、美味い!もりもり食べちゃった。

で、この後にホタテとエビの鉄板焼きもあったのだがうっかり写真を撮り忘れてしまった。秘伝のソース(つか、普通の醤油だったけどw)で絡めるとこりゃまた美味い!

更にジャンボメンチカツがどーんと来た。が、大量のキャベツに埋もれてその大きさがわからない。
IMG_0339.jpg


で、ジャンボメンチカツを掘り起こしてみた(笑)
IMG_0340.jpg


もうこの時点でお腹がかなりパンパンな状態だったのに、恐るべし大木屋。とどめはもんじゃ焼きである。3人前だと店員さんは言うが、どうみても3人前以上はあるぞ。
IMG_0338.jpg


こちらのもんじゃは浅草もんじゃということで土手はつくらないで焼くんですって。土手をつくるのは月島もんじゃなんですって。土手を作るのは得意とはりきっていた委員長、残念。見せ場がございませんでした。
IMG_0341.jpg


しかしよく食べた~!
ちなみにこれ、1人3,500円のコース(飲み物代別)だそうで、こりゃCP良すぎじゃありませんこと?今度は旦那や、旦那両親を連れて行ってみたいと思った次第。

会社でヨガ

357119381.jpg

突然ですが、ヨガを再開しました。
といっても、会社のヨガクラスです。毎週水曜日の定時後は会議室がヨガスタジオに早変わり。外部からインストラクターを招いてのレッスンで、今日で6回目かな(?)最近、うちの会社ではこういう催し事が多いのです。

で、私は最初の3回のレッスンを残業で逃してしまったので、今回で3回目のレッスン。ヨガ「再開」と言っても、最後にヨガらしきこと(インストラクター付きね)はもうかれこれ5、6年前ではなかろうか。スポーツジムのヨガクラスに出たり、ヨガ道場にドロップインしたり。で、間違えて、アシュタンガヨガの中級クラスを受講して、どえらい目にあったっけ。

ヨガを再開してつくづく実感したのが、ヨガを終えた後
・すごく体が軽くなる。
・頭の中がすっきりして、悲しいかなその後の仕事(残業)が捗る。
・どこの筋力が弱いとか、どこが柔軟性がないとか、改めて自分の体の状態を知ることができる。
・新陳代謝が良くなる。デトックスできたみたいな。
・深く呼吸をすることを意識するようになり、リラックス効果がある。

なんていいことづくしではないですか。
レッスン料は会社持ちだし、頑張って続けて行こうと思います。

で、究極の目標はやっぱここだな。

マド姐さん、2004年のRe-Invention TourのVogueで見せた三点倒立ですな(1:07のところ)当時46歳のマド姐さんはラクラクとこのポーズをやってのけちゃって、かっこ良すぎる~。ということで、46歳までにこのポーズができるように地道に頑張ります(笑)

Melted Live at Akasaka

IMG_0314.jpg

同僚の送別会が秋葉原のメイドカフェで開かれている頃、私1人向かった先は赤坂のライブハウス。旦那が所属しているアマチュアバンド、Meltedのライブに撮影部隊として参戦するためである。前に1度来たことがあるくせに赤坂Bizタワー周辺でうろうろと迷ってしまった。ライブハウスの前にたどり着くと、旦那とバンドのメンバーがたむろしていた。って別に私を出迎えていた訳ではないのだけれども。

私のお友達も今回初めて旦那の演奏を見に来るのだが、残業でハマってしまったのか到着はギリギリになる模様。とりあえず、中に入って待っていることにする。ビデオ撮影のポイントチェックもしないとならないし(苦笑)すごい偶然なのだが、旦那から紹介されたお友達が、なんと私の会社の同僚のお友達という。但し、旦那と私の同僚は知り合いでも何でもありません。やっぱ世間はむちゃくちゃ狭いなとつくづく。

旦那たちの前のバンドの演奏が終わった頃、ライブハウスの入り口そばにいた私のすぐ目の前を渋かっこいいおじさまが通り過ぎるではないか。って、すぐに気がついてしまった某大物俳優ではございませんかっ!なぜこの場所にいるのかまったくわかりませんが、ライブハウスの前に黒塗りの高級車が止まっていた理由だけはわかった。しかし、ナマで見てもむちゃくちゃカッコいいのね~。

それはさておき、旦那たちのバンドの演奏開始。
1曲目は仲間内で話題沸騰の曲、yamanote からスタート。と、友人はこれに間に合わず、この曲の終わり頃にようやく登場。といっても、私はビデオカメラを片手に必死に撮影しているもんだから、旦那たちが演奏している間は友達と話すこともできないし。

約30分程の出番が無事に終了。そして私のビデオ撮影もお役御免。
回を重ねる毎に自信がついてきたのか、のびのびと演奏して、その場の雰囲気を楽しんでいる様子。facebook経由でいつも交流をしているものの、私もこの機会にお友達に久しぶりに会えてうれしかったな。

さて、明日は新宿のライブハウスで演奏します。
今度は皇居ランの仲間たちと一緒に殴り込みっす(笑)

帰国しました

110716_115706.jpg
(これがあのラストエンペラーの地、紫禁城)


3連休を利用しての北京旅行から帰ってきました。行きも帰りも1時間強フライトが遅延してバタバタした何だか慌ただしい旅行となりました。初めての中国本土ということで選んだ地が首都の北京。あまりの人の多さ、というか中国全土からの団体客の多さにびびりまくって、初日はあのラストエンペラーを見て以来、夢見ていた故宮にすら入れない始末(笑)

台湾、香港は何回も行ったことがあるけれども、中国本土はやはり恐るべしでした。今回は無料Wifiのあるところからツイッターやフェイスブックにアクセスができないということもあって、会社で使用しているブラックベリーがまさかまさかの大活躍。中国旅行の際は、モバイルルーターの海外パケ放題の設定をしておいた方がいいかも。ちなみに今回はノートPCは持参せず、iPadとiPod Touchのみ、これで良かったかも。

これから追々旅行記を「なるべく早めに」更新して行こうと思います。今回の旅費は約3万円。航空券がマイレージの特典だったので、実質はホテル代と現地お小遣いのみ。あ、旦那に頼まれた洋服をバーゲンだったので約7000円程まとめ買いしました。他は何も買っていない。基本、荷物になるので物はあまり買わないので(汗)

いろいろ腹立つことがあったり、人の多さにうんざりしたりすることもあったけれども、なぜか次はどの都市に行こうかなと考え始めているあたりが笑える。そして、自分のアセットアロケーション、外国株式の新興国の割合を増やそうと思いました。あと、旅でちょっと使えるくらいの中国語も覚えとかないとね。

新しい課題ができちゃいましたよ。

中国(北京)旅行 3日目:北京市内観光(2)

昨日、天安門と故宮であまりの観光客の多さに心が折れてしまった私。故宮は次の機会に、旦那と一緒に来ることがあったら一緒に行こうかなと一旦はあきらめたものの。朝目覚めたら、やっぱり行きたい!と。

で、9時頃に故宮のチケット売り場に着いたのだが、やっぱりたくさんの人が並んでた。もういいや、時間はたっぷりある!と開き直って列に並んで地道に順番を待つことにする。つか、ようやく前の方になったんですが、なんと窓口周辺は横入り組がいて、なんか大変なことになっているではないか(怒)なぜ、きちんと並んで順番を待とうとしない!こいつらのせいで余計に時間をくっているのかと思ったら腹が立ってきて、自分が窓口に着いたときには、割り込もうとするヤツラを肘でどつきながらの購入。はぁはぁ、ぜぇぜぇ。

と、やっとの思いで、あの映画「ラストエンペラー」の舞台となった紫禁城の中に入れたぜ!


そう、愛新覚羅溥儀がわずか2歳ちょっとで皇帝になり、その即位式が行われた大和殿に来た!頭の中には坂本龍一のラストエンペラーのテーマが流れるわ~と思っていたら、何これまじで観光客でいっぱい、大賑わい!
110717_101837.jpg

映画の余韻に浸る静けさもない(涙)どこもかしこも人が多くて、押しくらまんじゅう状態でだだっ広い敷地内を見て回る。もっと静かに、ゆっくり見て行きたかったよ~ん。

故宮を後にし、のんびり什刹海(じゅうさつかい)公園へ向かう。なんか雰囲気のいい水辺じゃない?思ったより人も多くないし。
110717_115330.jpg


公園の入り口の門をくぐるとなんとスターバックス。まわりの景観にしっかりとけ込んでいていい感じではありませぬか。ということで、カフェラテを注文し、水辺のテラス席でまったりしばしの休憩をば。
110717_115347.jpg


今日は朝からずっと靄がかっていたのだけれども、この公園の雰囲気にはぴったり。蓮の花も美しい。
110717_120928.jpg

しばし、湖畔をのんびり散歩。雰囲気の良いレストランやバーが建ち並んでいるので、夜は夜でまた違った雰囲気で賑やかになるんだろうな。私は面倒くさいので(←で、でた!)夜にわざわざ戻ってくることはないでしょうけど。

そして、お昼寝(?!)にホテルに戻りがてら、すぐそばの北海公園にも立ち寄ってみる。ここは入場料を取るにも関わらず、地元の人と観光客で結構賑わっているんだな。
110717_134606.jpg


この北海公園のランドマークである白塔にボート(有料)で近づいたついでに、そこまで登ってみようかと一瞬思ったのだが、もう既に歩き疲れて体力へろへろ。
110717_140722.jpg


北海公園を後にして、ホテルの帰り道に昨日立ち寄ったカフェでまったり休憩。お客が少ないせいか(?)、店員さんはしっかり私のことを覚えていてくれた。


→続きを読む

中国(北京)旅行 2日目:北京市内観光(1)

北京国際空港の到着ロビーのベンチで雑魚寝をした私は6時半に起床。何だかんだ言いながらも意外に眠れるもんだね(←いかに私の神経が図太いのかw)ということで、エアポートエクスプレスも動き出したことだし、地下鉄を乗り継いで天安門の近くの王府井という繁華街で(日本で言うところの銀座らしい)お手頃なホテルにチェックインするとしますか。

エアポートエクスプレスは比較的新しいのかこぎれいな感じなのだが、地下鉄駅に乗り継いだところ、何でしょう地下鉄構内プラットフォームの作りがモスクワのものを彷彿させる。ただモスクワのような派手な装飾はないのだけれども、共産圏独特の雰囲気がある。しかも、朝7時頃だというのにもうホームは溢れんばかりの人だよ(ため息)そして、さすが期待を裏切らないだけあってマナーも悪い。降車する人を待たずに乗り込む。奥に詰めようともしない。下りるときなんて、入り口付近の人は一旦ホームに出ようという配慮すらない。ま、こんなものか?

王府井の駅で降りて、ガイドブック&インターネットで目を付けたホテルにまずは1軒目に突入。ちょうど1部屋空いていて、しかもすぐにチェックインできるというので即決定。日本のビジネスホテル並みのお値段ですが、立地がいいので文句ございません。それに昨晩は空港で雑魚寝して1泊分浮いてるし(笑)

荷物を置いて、シャワーを浴び、着替えたら即出動。
天安門、故宮は思いっきり徒歩圏内。観光できるのは実質2日だから効率よく行かないとね。さすが北京の中心部の目抜き通りだけあって、一流ホテルと政府の建物が立ち並ぶ。さすが共産圏、ベトナムでも見たような政府の建物がございますワ。

と、天安門が近くなるにつれてものすごい人。そして警備もすごいな。
ということで、これがTVニュースの映像でよく見る天安門ですな。そしてその真正面の天安門広場をみても、ものすごい人なんですが、、(驚愕)
110716_102919.jpg

中国全土からやってきた観光客で大賑わい。しかもほとんど団体客なんですわ。天安門を抜けると、かの映画ラストエンペラーの舞台となった紫禁城があるわけなんですが、この人ごみ、正面突破をするのは厳しいと判断した私。ガイドブックによると、もう一カ所、ちょうど天安門の真反対にも入り口があるんだよね。

ということで、故宮に寄り添うようにその横にある南池子大街、南池子大街をてくてく歩く。この通り、静かで超雰囲気がいいんですけど~。途中で、家族経営している食堂に立ち寄り、身振り手振りで牛肉の炒刀削麺を注文する。つか、身振り手振りするくらいなら筆談すれば良かったと後から気がつく私(汗)
110716_110533.jpg


意外に歩いたな反対側まで。神武門まであともう一息でござる。
110716_113159.jpg


やっと着いたと入り口まで近づくと、警備員に侵入を止められてしまう私。しかも、中国語が通じないものだから、面倒くさそうに中国語/英語併記の案内板を見ろと指差す。な、なんと、今月の頭からこの神武門は出口せんようになっていたという、、。まーーーじーーですかぁーーー!?(涙)

まじ凹むわ。と、神武門の前には景山公園があり、何か公園の高台から故宮を見渡せそうな感じじゃない?念のためガイドブックをチェックすると、やっぱりそうだ!
110716_114021.jpeg


ということで、景山公園への入場料(5元)を支払って、クソ暑いのにひいひい言いながら丘の上まで登りましたさ。そして、そこからの眺めは最高!!思わずしばしの間見とれちゃったよ。これがあの紫禁城!
110716_115421.jpg

つか、ほんと観光客多いな。どこもかしこも。

疲れたのでホテルに戻って少しだけ休憩することに。
まだ正午にもなってないし。ホテルに戻る途中に、こじんまりとした感じの良いカフェ(無料wifi付)を見つけたのでアイスカフェラテを注文し、しばしの休憩。中国はやはり英語があまり通じないようなので、これから中国国内を旅行することもあるだろうし、旅行に困らない程度の簡単な会話くらいはできた方がいいかなと考え始める。と、無料wifiでつなげているはずなのに、ツイッターのタイムラインがまったくもって落ちてこないし、Facebookのニュースフィードもまったく落ちてこない。なんだよ、ここのwifiはnarrow bandかよ!と思っていたら、gmailはサクッとメールを落としてきたし、LinkedInも問題なさげ。ん?これはもしかして、もしかすると?

ということで、ツイッターとfacebookは会社で支給されたブラックベリーが大活躍。仕事のメールも思わずチェックしてしまうという悲しい副作用もあるが、ツイッターとFacebookはチェックできないとやっぱ辛いワ。(←ってどんだけ依存症w)

→続きを読む

中国(北京)旅行 1日目:北京へ

前日は会社の同僚とプロジェクトの打ち上げで飲み。気がついたらかなり酔っぱらっていて、翌日からの旅行のパッキングなんぞできるわけもなく、そのまま就寝。翌朝、慌てて頭痛を抑えながらのパッキング開始。どうせ、3泊4日だし、最悪は現地調達すればいいやと、皇居ランに行くときに使っているリュックサック1つという、今までにない超軽量装備(笑)

午後からは四半期に一度の全社ミーティングで、ここでプロジェクトのプレゼンをしなくてはならない。ミーティングは18時迄の予定だが、できることなら自分のプレゼンが終了したら、退出させていただきたいところ。これが意外に早い段階で自分の番が回ってきて、17時にはどさくさに紛れて会議室を抜け出すことに成功。しかし、プレゼンの冒頭、"I am the team leader of XXX project."って言うところを、本人が気がつかないところで、" I am the cheer leader..."って言ってしまった模様。そこから調子狂ったんだよな(汗)

と、それはさておき、17時33分の東京駅からの成田エクスプレスになんとか滑り込むことができた。最悪、18時33分の便に滑り込んで、かなりギリギリで飛行機に乗るかもしれないなと思っていただけにほっと一安心。成田空港第一ターミナルには18時30分には到着。今朝にネットで搭乗手続きをしているし、荷物を預ける必要もないのでそのままセキュリティに直行、出国審査が終わったのが18時45分頃。成田空港、ガラガラだよ、、。
IMG_0306.jpg


フライトは20時20分で、搭乗開始が19時45分から。1時間近くあるなと、お腹もすいたことだし、マックでダブルチーズバーガーセットをほおばる私。ついにで、フライトのお供であるiPod Touchもしっかり充電。と、ここで同じ日に、1時間早く北京へ発つ @wakakonさんからラウンジへのご招待メールに気がつく。い、一歩遅かったなり~。しかも、どこにラウンジがあるのかもわからん(汗)

と、そうこうしているうちに、19時40分には何か搭乗開始しているし~。と、搭乗口でパスポートと航空券を見せると、またもやちょっとこっちに来いと全身ボディチェック&手荷物チェック。出たよ、昨年12月と同様のアットランダム(と、デルタが言い張る)の奴にまた当たったよ。「これ、本当にアットランダムです?昨年の12月もチェック受けたんですけど?!」と係員に詰め寄ると「え!?ほんとですか!?すごい偶然!」ってスペイン語訛りの日本語でとぼけられた。

機内に乗り込み、席で一通り落ち着くとつい眠ってしまう私。で、気がついたら雲の上というパターンが多いのだけれども、今回は気がついてもまだ成田だった(怒)ゲートを離れ、滑走路に向かう途中でずっと止まっていたっぽい。というのも、システムトラブルが発生したようで、調査のためにゲートに戻るなんて言うではないか。ま、最悪は、今回の旅はなかったことにして、マイレージを元に戻してもらえばいいか!と思っていたところに、復旧のアナウンスが機内に響き渡る。結局、1時間強遅れてのテイクオフ。


→続きを読む

黄色い星の子供たち

main.jpg

我が家の旦那様が試写会の招待状を持っていて、試写会会場が職場からむちゃくちゃ近かったので仕事帰りに行ってきた。旦那様はずっと前に鑑賞済みで、お勧めだから絶対に観た方がいいというので1人で行ってきたさ。というか、戦場のピアニスト、ライフイズビューティフルが好きならば、きっと気に入るはずと言われ。

結論から、
「お勧めです。絶対に観た方がいいです!!」

1942年ナチ占領下のパリで行われたユダヤ人一斉検挙。これは'95年にシラク大統領が正式に謝罪するまで、フランス国家の非として認めなかった。フランスの黒歴史の1つでもある。これは本当にあった話、真実を元に3年の年月をかけて調査と研究を続けた末にできた映画。

あまりにも理不尽すぎる世界に涙が止まりませんでした。日常の些細なことでぶぅぶぅ言っている自分が恥ずかしくなるワ。映画の子役達が過酷な運命に翻弄され、懸命に生きようとする姿を見事に演じきっています。

北京のガイドブックを入手

339312443.jpg
(北京のちゃまてに行ってみようかな)

今日は定時後に会社が週1で行っているヨガクラスに参加しようと意気揚々と着替えなんぞ準備してきたのに、開始1時間程前に緊急案件で捕まってしまい、涙、涙のドタキャン。今まで3回あって、たいたいこのパターン。で、結局遅くまで仕事し、かなりの疲労困憊でまっすぐ家に帰るのもしんどかったので、本屋に立ち寄ってガイドブック購入し、そのままカフェでまったりと来週末の北京旅行の計画を練る。航空券しか確保していないのよ。

つか、来週金曜日の夜の便で異動するのだけれども、その日は早めに出社して、早めに退社しようと思っていたのに、なんか全社員集めてのミーティングがあるし、そこでプレゼンしなくてはならないという緊急事態が(涙)プレゼンの順番をトップバッターにしてもらって、終わったらそのまま失礼させていただこうともくろみ中。でなきゃ、前日にオンラインチェックインしない限りやばいもん。(あ、そうだ。前日にオンラインチェックインできるのか調べなくては)

ひゃー、よくよく考えても北京滞在は実質2日間しかない。
なので、私の最優先は「故宮」をみることですな。ラストエンペラーの世界を是非に、是非に堪能したいのだ。あとは、超腕のいいマッサージ師に全身マッサージしてもらいたいぜ。なんせ、肩も背中もパンパンに張りすぎていて、てもみんの人、美容師さん、エステの人を毎回驚かせてしまうもんね。

あと、ご当地ランもやりたくて、故宮をぐるりと回れないかなと思っていたのですが、中国のスペシャリストの面々に止められる次第。じゃあ、せめてウォーキングだけでもできんのかいな(←しつこい?)

ホテルは現地についてから考えようかな。
というのも、なんとなく、フライトに間に合わないっていう悲劇が起こりそうな気がするんだよね。

印度人と語らう夜

338582556.jpg

最近、会社が提唱するワークライフバランスのかけらもない状態でお仕事している私。たまたま帰りが一緒になったので印度人同僚と一緒に晩ご飯を食べることになった。というのも、同僚の奥さんと子供たちは印度の実家に帰省中で、我が旦那様はライブハウスにお出かけで帰宅が深夜近くになるので、1人で晩ご飯を食べるというのも寂しいのでね。

ベジタリアンの同僚にお店選びをお任せしたのだが、連れて行ってもらったところはサイゼリア。てっきり印度料理屋さんに連れて行ってくれるものだと思ってましたよ(笑)しかし、サイゼリアと言って小馬鹿にしてはならない(って私だけか?)、ベジタリアンが食べれるメニューって結構あるんですね(驚)前に一緒に会社のそばで飲んだ時は選択肢が枝豆と、フライドポテトしかなかったことを考えるとすごいわ。

と、お酒を軽ーく飲みながら、仕事の話はさておき(笑)、週末は何をしていたかという話になった。同僚は、「実は土曜日に石巻市にボランティアに行ってきた。」という。iPhoneで撮影された石巻市の風景を見て、愕然とした。まだまだボランティアの人手が足らないというではないか。外国人が日本でボランティアを頑張ってくれているのに、この私がのほほーんとしているわけにはいかん。早速、一緒に連れて行ってくれとお願いし、今月の最終週の週末に一緒に行くことに決定。自分たちのできる範囲で、少しずつでもいいから継続して行こう、と。

同僚曰く、「ボランティアは(Heat)Touchingだったね」と
とてもいい話をシェアしてくれてありがとう。

クラウド情報整理術

朝の読書のお供、第二弾。
前述の「クラウドどこでも勉強術」と一緒に本屋さんに陳列していたので、思わず一緒にまとめて購入しました。本屋さんの策略にまんまと引っかかってしまったともいう(笑)

エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる! クラウド情報整理術エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる! クラウド情報整理術
(2010/09/05)
村上 崇

商品詳細を見る

こういうハック系の本って好きなんですよね。ただ、こういう本は時が経つと内容が古くなってしまうので、早めに購入して、早めに活用するのが一番です。んだ。

この著者はグーグル+エバーノートの組み合わせがお好きなようですね。エバーノートはアカウントは持ってますが、本格的に活用していないのが現状。この本を読んでいる限りではかなりの使い勝手がありそうなので、早速エバーノートを活用してみることにします。

その経過について、本ブログでいつかご紹介できるとよいのですが、、(笑)

クラウドどこでも勉強術

今日は朝7時から会社のそばのカフェでお勉強というか、じっくり読書タイム。本日のお供は週末に購入したこちらの本。

スマートフォンがあれば、いつでもどこでも勉強できる! クラウドどこでも勉強術スマートフォンがあれば、いつでもどこでも勉強できる! クラウドどこでも勉強術
(2011/05/21)
村上 崇

商品詳細を見る

本屋さんに行く度にぱらぱらと立ち読みしていたんですが、やはり手元に置いておきたい!と強く思うようになりまして、先週末にようやく購入(笑)

インターネットの登場で海外がぐんと近くなり、語学学習のハードルが大分下がってきたと思ったのですが、スマートフォンの登場で更にそのハードルが下がった気がします。とにかく、スマートフォンがあれば(私の場合はiPodTouch+Mobile routerですが)隙間時間を活用して、どんどんお勉強できちゃうと。

この本のお勉強ハックのネタが素晴らしい(なので、購入したのだけれども)主にグーグルのツール(リーダー、カレンダー、タスク等)とエバーノート、そしてiPhoneアプリもフルに活用していらっしゃる。語学も英語のみならず、中国語、イタリア語等も勉強されていて、その勉強法も興味深い。私も多言語学習に役立てようと思った次第。



ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第10版)

我が家があんまりにも暑いので、旦那と一緒に近所のジョナサンへ本、PC、iPad2なんぞを持参し、逃避しておりました。皆、考えることが同じなのか、結構賑わっていたな。

この間、アマゾンでインデックス投資ブロガーの間で話題になっていたこちらの本を購入。ファミレスで涼みながら一気に読了。

ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
(2011/06/18)
バートン・マルキール

商品詳細を見る

といっても、1年程前にも既に原書第9判を購入していたんですけれども、ついつい吊られて購入してしまいました。

今回は第10章「行動ファイナンス」という比較的新しい学問分野、第13章で定年退職者(予定者を含む)への具体的な投資方針を取り上げた項を追加しているとのこと。

読む度に自分の頭の中がリフレッシュされ、背筋が伸びるようなこの本。ロングセラーなのも納得です。昨年購入した第9版は自炊して、いつでもどこでもiPad/iPod Touchで読めるようにしたいと思っています。

わが子をお金で苦労させない

前に横山氏の著書を読んで、自分のお子さんにドル建てでお小遣いを渡しているなんて面白いなと思っていたのですが、その横山氏のお金教育論たるべき新刊がついに出た。

わが子をお金で苦労させない (廣済堂新書)わが子をお金で苦労させない (廣済堂新書)
(2011/06/16)
横山 光昭

商品詳細を見る

実は前日に開催された出版記念パーティに横山氏が出席されると聞いて、お会いできるのをものすごく楽しみにしていて、昨日はこっそり(?)この本を忍ばせていて、サインをもらおうと思っていたのですがパーティに行けなくてものすごく残念でした(涙)

親のマネー事情をつぶさに見て育った私は、20代後半で旦那に出会うまではお金の使い方がどんでもなくダメダメで、いわゆるお金の問題児でした。旦那のコーチングと、もう二度とお金では苦労したくないという思いから、自分で節約、貯金、投資の勉強をして、負のスパイラルから脱出できるようになったけれども、次の問題は自分に子供ができたとき、どのタイミングでどのようにファイナンスリテラシーを高めて行こうかというのがありました。

その1つの模範解答、参考になるべき著書がついに出た!という感じです。

実際に著者の横山氏が自分のお子さんに実践しているということ、そして横山氏のクライアントの中にも実践していらっしゃる方々がいるということで、とても心強い内容となってます。今にして思えば、うちの親はこれとまったく逆のことをやっていたなと(笑)

私の周りの親バカども(!?)に真っ先にお勧めしたい1冊です。

シンプルプレゼン

今年の頭に出かけたシンプルプレゼンのテクニック公開収録の模様がついに書籍&DVDになったと聞いて早速購入。

ガー・レイノルズ シンプルプレゼンガー・レイノルズ シンプルプレゼン
(2011/03/31)
ガー・レイノルズ

商品詳細を見る

まず最初にやったことと言えば、書籍の中に公開収録の模様と言うか聴衆の写真がところどころあるのだけれども、その中に自分が写りこんでいないかな?と(笑)席は前の方ではなかったし、しかも入り口に近い方ではなかったので写りこんではいないとは思っていたのだけれども、気持ち写ってたよ(笑)但し、これは本人でないとわからない、まじで。DVDも思わず注意深く見ていたけれども、やはり前方の人たちが圧倒的に写ってたな。

と、つまらない話はさておき、
Presentation ZENを読む前に、導入編としてこの「シンプルプレゼン」の本を読んだり、DVDを見たりするのが一番いいのかなと思います。処女作であるPresentation ZENのエッセンスが盛り込まれた内容となってます。DVDは実際に彼がプレゼンをしているので、非常に参考になるかも。ほんと、プレゼンうまいっすね。

アセットアロケーション -201106

さて、6月末時点でのアセットアロケーションだけれども、当たり前のことだけれども1ヶ月後だと大した変化はございませんね。



この間読んだモーニングスターの朝倉氏の著書の影響で(今日はその出版記念パーティに出てご本人とそのお話をしたいと思っていたのに!)、ちょっと資産配分の見直しをしてみようかと思っております。といっても、日本株式の配分をもう少し減らそうかと。そして、随分昔から塩漬け状態になっている銘柄も見直して、購入した値段を忘れて(これがなかなか心情的に難しいのだが)必要とあれば処分しようかと。

まだまだ働き盛りなお年頃(?)だし、当面使い道のない余裕資金なので、もうちょいリスクをとっても良いかなと。

というか、7月はクレジットカードの支払いに、ブータン旅行代金の振込みとお金が飛んで行く要素がばりばりあって、今月は投資にまわす余剰金は生まれない模様(涙)

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク