アセットアロケーション -201108

毎月恒例のアセットアロケーションですが、先月とほとんど大差ない状態でございます。


但し、円高が進行し過ぎて、米国株式がリターンを出しているはずなのに、円換算するとなぜか損失を出しているという悲しい状態でございます。めげずに地道に積み立てて行きます。

スポンサーサイト

富士山登頂から一夜明けて

P1020296.jpg
(八合目の山小屋のトイレの窓からご来光を撮影してみた)


富士山登頂から一夜明けて、フルマラソンを完走した時のような、布団から起き上がれない程の筋肉痛になっているかと思いきや。全然、筋肉痛の気配がない。やばい、完全に2日後とか3日後とかに来るパターンだな(汗)

朝の目覚めもスッキリ気分爽快で、5時には起床して7時過ぎにはもうオフィスで仕事を始めていました。仕事の疲れと、登山等の体を動かした疲れの寝起きは全然違うなと実感した次第。

ということで、富士山登山を振り返って思いつくままにメモ、メモφ(.. )

・今回ガイド役のお友達の登頂の時間配分やメンバーへの気配りが抜群で、メンバー8人全員が脱落することなく、大きな怪我などに見舞われることなく、無事に登頂成功した。

・しんどいと言われていた下山もガイド役のお友達のアドバイスのおかげで、思ったより楽に早歩きで下れた。そのアドバイスとはかかとに重心を置いて、がに股みたいな感じで、後ろに重心をおいて下って行く。そうすると、最悪は尻餅つく位で、前のめりに倒れ込むよりも全然安全。

・ちょこちょこ歩幅小さく、小刻みにしておそるおそる下山する人をよく見かけたが、ちょっと前に倒れ込みそうな感じで見ていてちょっとヒヤヒヤした。

・本格的(?)な登山は初めてなのでまずは登山グッズをレンタルしたのは良かった。登山靴や雨具、ストックなどがどんな感じか感触が掴めたし、次に登山をする際に購入を考えた場合のよいヒントとなった。登山靴、雨具、ストックは大いに役に立った。あと、バックパックも体にフィットして、いい感じで負荷が分散されて良かった。

・体力回復に甘い物は大いに重宝した。おやつなんていらないとまったくもって持参していなかったのだけれども、お友達からチョコレートとかもらって、その有り難みをむちゃくちゃ実感した。次の登山はチョコレート、アメちゃんは必須だね。

・富士山の登山シーズンは人で賑わっているため、ちょこちょこ渋滞にはまることがある。立ち止まって待っている間に汗が引いて、寒くなってしまうこともある。そして、山の天気が変わりやすいのもあるので(小雨が降ったり、晴れ間が見えたり)雨具の上着を常にひっかけておくといいかも。熱をポケットから逃がしてくれるタイプの物もあるし。

・富士山の下山ではスパッツが活躍。すぼすぼ砂に足がはまってしまったけど、登山靴に砂が入り込むことはなかった。

・朝方の冷え込みにダウンジャケットかフリースは必須かも。お友達がユニクロのコンパクトなダウンジャケットを持参していたけど、それでも十分だと思う。かさばらないし。

・やはり荷物はできるだけ軽くした方がいい。でないと、登山に慣れていない人は自分の荷物の重さに体力を奪われてしまうので。

と、こんな感じですかね?

富士山登山2日目

午前3時半頃に仲間に起こされる。
途中何回か目が覚めたこともあったけど、何だかんだで7時間くらい眠っていたのね。ちょっと小腹が空いたので、頂いたレトルトの炊き込みご飯を2袋平らげる。昨晩、ダイエットダービーの負けが確定してから、もうどうでもよくなってる(笑)頂上までの体力をつけとかないとね。

少しずつ空が明るくなってきたのでカメラを持って山小屋の外に出てスタンバイ。思ったより寒くはない。眼下には富士吉田の街が広がっているはずだったのだが、雲のみ。というか、見事な雲海。そして、雲海の上にまた雲があるという何だかすごい状態になっている。

ご来光がやってくるその時までずっと釘付け状態。
P1020289.jpg

見事なまでの美しさにカメラのレンズを向けるが、肉眼でみているような光景はやはり撮れない。残念ながら。これはやはり一度、自分の目で見た方が良いと思う。なんとも静かで、神聖で、自然の神秘を感じた瞬間だった。

ご来光を拝んだら、頂上を目指していざ出陣。朝5時半過ぎに宿泊した八合目の山小屋を出発。
P1020303.jpg

なんとも美しい虹が見えた。なんとも幸先よいスタートなんでしょう。

頂上へ向かって一歩一歩、歩みを進めながら、思えば遠くへ来たもんだと感慨深い気持ちになる。体調は昨日よりもいいくらい。高度に順応したせいか、高山病の心配は全くなかった。一歩、一歩、踏みしめるように前に前に足を運んで行ったら、ついに頂上らしき鳥居と狛犬が見えてきた。
P1020318.jpg


(おそらく8時過ぎだったかと思うが)ついに山頂に到着。
P1020319.jpg

山頂からの眺めは、、何も見えない(笑)完全に靄がかっていて、雲しか見えないよ!皆、無事に登頂成功で頂上で思い思いの記念撮影。

そしてお鉢巡り。火口がなんだか凄いことになっている。一周するのにだいたい50分くらいか。
P1020328.jpg

しかし、この火口。去年見たアメリカはアリゾナ州のメテオクレーターを彷彿させる物がある。って、全然別物だけれども(汗)

というか、頂上でスイカ割りを決行。
P1020342.jpg

周りの人たちもさすがに驚いてましたね。しかし、頂上で食べたスイカはみずみずしくて、甘くてむちゃくちゃ美味しかった。この間のフルマラソンの給水所で食べた時以来の感動♪

さて下りは砂と砂利道の下山道をとにかく下って、下って、下りまくる。この時のために、レンタルしたストックはお友達へ又貸しすることになってしまったが、とりあえずストックなしでも何とか大丈夫だった。
P1020364.jpg

下りはかなりしんどいと聞いていたのだけれども、登山リーダーに下山のコツを聞いて実践したら、これがまた意外にラクでずんずん下って、たしか2時間強くらいで下りれたかな。

と、帰りは河口湖まで行って、駅前のホテルのお風呂で汗を流し、高速バスで新宿まで戻って行きましたとさ。ただ、帰りの高速は混んでいて、予定していた倍の時間がかかりましたがね。

いやいや、初めての富士山登山は楽しかったです。
これも楽しい仲間達がいたから、につきますね。

富士山登山1日目

9時半に新宿駅西口の高速バスターミナルに集合なのだが、なぜか時間配分を間違えて9時15分前には新宿に到着してしまった私(汗)地下街のカフェで集合時間まで時間を潰す。集合時間10分前位に待ち合わせ場所に到着すると、今回の登山リーダーすでに到着。そして、続々と仲間達も集合。

9時40分に富士山五合目に向けて出発。
バスの中はもちろん登山をする人々で満員御礼。天気は微妙。曇ってたり、晴れ間が見えたり、小雨が降ったりと。そして、行きの高速も若干渋滞気味で結局富士五合目に到着したのは正午ぐらい。つか、天気も芳しくないというのに、登山客や観光客でものすごく賑わっているのには驚いた。

出発前にまずはお土産屋さんに併設している食堂でとろろそばを食す(感想は聞かないでくだされ)小雨が降っていいて、ちょっと肌寒そうなので雨具の上着を羽織って、その下にランニング用のTシャツという格好。
P1020194.jpg


軽く準備運動をして、13時過ぎに富士五合目の登山口へ向かう。
P1020208.jpg

うーん、靄がかっていて視界があまり良くない。しかし、寒くもなく、ちょっと涼しいくらいで、しかも雨が降っていたおかげで砂埃も舞うこともなく、登山をするにはしんどくなくて、ちょうどいい感じじゃない?

P1020225.jpg

しかし、山の天気は変わりやすいっていうのは本当だね。さっきまで小雨が降っていたかと思ったらいきなり晴れ間が見えて、目の前の視界が急に開けちゃったりする。かと、思ったら、また靄がかって、視界不良で肌寒くなってしまうと。富士山を知り尽くしているリーダーが、途中、途中で休憩を入れてくれて、ちょくちょく水分補給と深呼吸を促してくれるので、高山病になる気配が今のところなし。(ただ唇の血色がちょっと悪くなっていたらしい)

P1020239.jpg

いやー、上から雲を見下ろすのは飛行機に乗っている時くらいですわ。目の前に広がる雲海に感動だぜ。なんか、天空にいる仙人みたいな気持ちになりますわ。

P1020250.jpg

そして、ここもネパールのアンナプルナと同様で、地上から離れれば離れるほど、物の値段が跳ね上がって行くという。500mlのポカリスエットやミネラルウォーターも400円ですぜ。カップラーメンは600円位する。富士山の山小屋への物資の運搬はブルトーザーだそうだ。ちなみにアンナプルナはロバだったな。

P1020254.jpg

夕方6時頃に八合目の山小屋に到着。ここで夕食、一泊してから頂上へアタックする。さすがシーズン中の富士山登山はほんとに人で一杯ですな。途中、登山道が狭いところでは渋滞が発生しておりました(笑)待っている間に汗が引いて体を冷やしてしまいそうだったので、防寒も兼ねて雨具をそのまま着用してました。

P1020255.jpg

夕飯はカレー。普通に美味しい。
朝食にとレトルトの炊き込みご飯2袋に、そしてお水もついてきた。ありがたや。翌朝の頂上アタックに備えて21時前にはもうベッドの寝袋にくるまっていたかな。ただ、寝ている間も登山者の往来が激しく、時折声がうるさくて何回か目が覚めたりしてましたがね。


富士山登頂前夜

IMG_0452.jpg

昨日の配達時に不在だったため受け取れなかった登山レンタルグッズもなんとか今朝無事に届いたという連絡を受けて、仕事帰りに新宿の小田急ハルクへそそくさと向かう。というのも、やっぱりズボンと手袋は欲しいかなと思いまして。しかし、ほんと登山ブームなんですね。登山用品がこれでもか、これでもかと充実しまくり。スカートまであるんですねえ。ランスカならぬトザスカか?

といっても、ご想像通りスカートをぴらぴらさせて登るようなタイプではありませんので、速乾性があり、機能的なカーゴパンツを物色する。Columbiaのものが丁度セールになっていたのでこちらをゲット。膝下が取り外し可能になってるし、ポケットもたくさんあるし、こりゃ便利そうだわ。今度のブータン旅行にはいて行こうかな。そして手袋もゲット。これは冬にランニングするときに重宝しそう。何でも流用してやるのさ。

帰宅後はさっそく届いた登山レンタルグッズをチェック。これをまともに購入すると軽く6、7万位かかるんじゃないかしら?富士山の後、使うかどうかわからないものにそんなにお金はかけられないので、1泊2日で1万2千円でレンタルできるというのは超便利じゃない?もし、また登山したいと思ったら、少しずつグッズを集めて行けばいいかなと。

登山隊リーダーは何と頂上でスイカ割りを行うんだとスイカを購入。そして、頂上まで運んで行ってくれるとのこと。これで頂上をめざす楽しみが1つ増えたぞい。

ということで、翌日は早いので早々に就寝。

遅ればせながらの新人歓迎会@赤坂

本日も仕事はそこそこに向かった先は赤坂。
というのも、実はちょっと遅れてしまったのだけれども新しくうちのチームに入った同僚の歓迎会なのである。で、幹事となった同僚が見つけてくれたのが「やさい村大地」。同僚曰く、「wakabun さんがブログで絶賛していましたよ。」とのこと。はてさて、韓国人の同僚に気に入っていただけるでしょうか(笑)

IMG_0448.jpg

といきなり、野菜だキムチだなんだとお肉が網にのっかる前からいろんなものがテーブルを埋め尽くす。これをまともに食べていたら肉を焼く前にお腹がいっぱいになるんではなかろうかってくらいに。

IMG_0449.jpg

んでもって、お肉登場。ぶ厚いぜ、ジュウジュウと脂がしたたれる音がむちゃくちゃ食欲をそそる。

IMG_0450.jpg

そして、お店の人がハサミでちょきちょきと分解。

これを一目散に食べる私。そして、そこからの料理の写真が途絶えてしまう程に久々の韓国料理を堪能してしまった。ダイエットダービー中なのに大丈夫かいな私って感じで。気がついたら、ビール一杯で押さえるはずが、あんまりにも料理がおいしくて、二杯目に突入し、気がついたら韓国の焼酎を飲み始めている始末。

さらにさらに場所を移動して、アイリッシュバーでギネスビールをのみーの、モヒートのみーので完全にタカが外れてしまった私。

翌朝、体重計に乗るのが非常に怖いな。
ダイエットダービーが佳境に入っているというのに、こんなところで余裕かましてる場合じゃないはずなのに。

富士山登山の事前顔合わせ@新橋

379498922.jpg

終業後、いそいそと向かったのは新橋のとある居酒屋。
1、2ヶ月程前に富士山に登りたいという話で盛り上がり、あれよあれよという間に富士山登山決定。そして、この富士山登山のリーダー的人物は何を隠そう、富士山の山小屋でバイトしたことがあり、今まで100人近くを富士山登頂に案内し、キリマンジャロも登っちゃったという経験豊かな旅人。その彼の知り合いと皇居ラン仲間が顔合わせも兼ねて新橋に集結。といっても、ほとんど女性ばかり。時代は山ガールですな(笑)。

富士山を登るのはリーダー以外みんな初めてということで、服装や道具についてあーだこーだと盛り上がる。ちなみに私はパーソナルトレーナーの安藤氏の知り合いがやってらっしゃるという「やまどうぐレンタル屋」で「富士山まるごと5点セット」をレンタル手配済みで到着を待つのみ。いろいろ話していると、どうもランニングで使用しているTシャツやフリースなんかが役に立ちそうなことが判明。汗をすぐに吸収して乾かす素材だもんね。朝方はかなり冷え込むし、ご来光を頂上で見たければ、夜中に出発して、しかもこの時期は渋滞でいつもの倍ぐらい時間がかかるらしいので、寒さ対策は必須っぽい。

しかし、初めて会う人も何人かいたのだけれども、さすが山登りをするくらいにアクティブな方々は話をしていても面白いね~。そして、ここの居酒屋の日本酒も美味しいし、料理も絶品。またこっそり来たいくらいだわ(笑)

プーケット往復航空券予約

9月の連休は10日間程旅に出るのですが、ブータン旅行は旅の後半の3泊4日のみ。で、バンコクまでの往復航空券は購入済みなのだが、wakabunさんと合流するまでバンコクでぼーっとしてるか、チェンマイにでも飛ぶかとかいろいろ考えていたりしたのだが、ふと思い出した。

そうだ、私はダイビングのライセンスを取得したいんだった。
5月にヨルダンで取得しようといろいろ調べていたが、シリアの情勢の変化でシリア・ヨルダン旅行を断念して、UAEとオマーンに変更したのは記憶に新しいところ。で、オマーンは実は隠れた(?)ダイビングスポットだということが判明し、いろいろ調べていたのですがスケジュールがうまいこと合わなくて諦めたという経緯が。

で、バンコクから安く、早く、楽に行けると言えば、
やはり「エアーアジア」

バンコクからだとプーケットへの直行便がある。しかも1時間強という近さはいいんじゃない?ということで迷わず決定し、速攻でエアーアジアのサイトから予約完了。

あとはダイブショップのオープンウォーターライセンスのコースを申し込まなくてはと、ネットで情報収集しまくるが、どこもあまり大差がないということで、宿泊施設込みのパッケージを提供しているところを予約しましたわ。空港まで無料送迎してくれるというし。(※これは実際に現地に行ってから、内容が良かったら紹介したいと思いまする。)


さて、後はバンコクの宿を決めなきゃね。
空港で雑魚寝という選択肢もあるがね(笑)

大震災の後で人生について語るということ

積読本がまだまだあるというのに、今日仕事帰りに近所の本屋さんに立ち寄ったら見つけてしまった。橘玲氏の書籍は未読のものだと条件反射で手に取ってしまうらしい。そして一気に読み終えてしまった。

大震災の後で人生について語るということ大震災の後で人生について語るということ
(2011/07/30)
橘 玲

商品詳細を見る

Amazonなどのレビューでも触れていますが、今までの著書の集大成と言っても良い本。一貫してブレない主張を持つ著者が、今回の震災の後に改めて人生設計について語られています。

持ち家は賃貸より得だという、不動産神話。(不動産は上がり続ける)
大きな会社に就職して定年まで勤める、会社神話。(会社は潰れない)
日本人なら円資産を保有するのが安心、円神話。(円は最も安全な資産)
定年後は年金で暮らせばいい、国家神話。(国家が破産することはあり得ない)

本当にそれでよいのか、神話信仰のリスクについてわかりやすく語られています。橘氏の主張が自分にしっくりするのは、自分自身がこの4つの神話を信仰していないからかも。配偶者が外国人ということもあるのだろうが。

とりあえずこの本を読んで、
・人的資本を分散することを検討
・現在のポートフォリオで日本株の比率を下げる
・現在の外貨預金の見直し(FXでレバレッジ1倍もありかと)
・商品ETF購入の検討(商品指数連動)
をしようかと思った次第です。

後は、今円高が進んでいるうちに、旦那の普通預金の一部をフランスの口座に移してもらおうかな。(万が一、フランス移住になったときのための当面の生活費確保ってことで・・笑)

高原の夏を満喫

ログハウスの広々とした屋根裏部屋で就寝したのですが、朝は窓から太陽の光が差し込んで爽やかな目覚め♪と言いたいところですが、賑やかな旦那友人達+ワンちゃんの声で目覚めた私達(笑)しかし、エアコンなしで快適に眠れたし、今朝はちょっと肌寒いくらいですワ。ビバ、高原♪暑さが大の苦手な我が旦那様が水を得た魚のようにいきいきしているではありませぬか。

朝ご飯を食べた後、旦那のお友達夫妻が近くの牧場まで案内してくれました。つか、ここは群馬県だったのか!天気がよければ浅間山が見えていたはずらしい。うーむ、残念。
IMG_0371.jpg


そのかわり濃厚なソフトクリームをしっかり堪能。おいしすぎ~♪
IMG_0375.jpg


その後、近くのスーパーで今晩のBBQ食材を購入し、別荘に戻って昼食の時間。別荘の近くに見事な滝があるというので、車を走らせて行ってきた。
IMG_0385.jpg

うーん、マイナスイオン全開。涼しい~。
IMG_0391.jpg

こんな大自然の中、思わずやってしまったヨガのポーズ。バランス系のポーズを頑張って取ってみたのだが、後で写真を確認したところ、まだまだまだまだ修行が足りないことが判明(涙)。

IMG_0394.jpg

童心に戻って(?)、水面に石を投げる男性陣。万国共通ですな。

夜はBBQ、そして花火。
IMG_0395.jpg

日本の夏、高原の夏をむっちゃ満喫してみたり。

仕事の後に新幹線

IMG_0368.jpg

前日から体調が芳しくなかったのだが、仕事の後に向かった先は東京駅。えきねっとで予約した新幹線の切符を受け取り、いざ待ち合わせ場所の八重洲北口へ。と、待ち合わせの相手は我が旦那様と、旦那のバンド仲間(トルコ人)。つか、職場から近かったとはいえ、東京駅で待ち合わせるもんじゃないね。相手は外国人だから見つけやすいかと思っていたが、それ以前に東京駅が広すぎて、待ち合わせ場所を見つけられるのか?という不安材料が。

とはいえ、何とか近代の利器、携帯電話の活躍で出発15分前には何とか全員集合することができた。で、私達が向かう先は軽井沢。これまた旦那のバンド仲間(英国人)が軽井沢に別荘を持っているそうで、そこに私まで一緒にお邪魔することになったのである。

軽井沢って意外に近いのね。東京駅から新幹線で1時間位であっという間に着いちゃった。道中は真ん中の席に座っていた旦那がずっとしゃべっていた。友達が声を発したのは1割くらい、残り9割は我が旦那様。ネタがつきないねえ。

軽井沢の駅に着くと、旦那の友達が迎えにきていた。軽井沢の駅前に大きいショッピングモールがあるんだねえ。へえ、帰りに寄ってみようかな、なんて。車に乗り込み、別荘に向かうが、これがまた意外に駅から遠かった。多分30分位は乗ってたと思う。山道をくねくね、くねくね。や、やばいかもーと思った頃に別荘に到着。うっすらと街灯に浮かび上がるログハウス。何だか素敵~。

別荘では奥さんと犬がお出迎え。なんか良いわね~。軽くお酒を飲んで(もしかしたら一人でほぼ赤ワインひと瓶空けたかもw)、その日は就寝。しかし、山の中だけあって涼しいね~。快適♪

ブータン旅行打ち合わせ@神田

実は9月の連休に旅の猛者であるwakabunさんとブータンを旅することになっているのですが、その打ち合わせを兼ねて、うちの職場の近くのフレンチビストロで待ち合わせて一緒にランチしてきた。

ブータン旅行は3泊4日のツアーになるのだが、この費用が15万円強という。これですね、日本からの往復ではありませんからね。「バンコクから」ですから!ということで、ここにバンコクまでの往復をいれると20万越えですワ。で、wakabunさんが旅行会社といろいろやりとりをしてくださいまして(感謝!)、旅行会社から出たのが以下のスケジュール。

1日目:
タゾン(国立博物館)、映画「リトルブッダ」の撮影されたリムプンゾンへ。昼食後、約90分のドライブでブ-タン王国首都ティンプ-へ。仏教の経典やブ-タン王国古書等が’展示されている国立図書館。

2日目:
絶滅寸前とも言われる珍獣タ-キンのいる森、ドゥプトプ尼僧院、ウィ-クエンドマ-ケット見学。美術学校にてチベット仏教美術や工芸品製作の見学。ブ-タンの人々の生活を垣間見ることの出来る民芸博物館見学。ティンプ-守護の寺チャンガンカラン。国の行政機能も果たす、ブ-タン仏教の総本山タシチョンゾン。ハンドクラフトエンポリウムにてブ-タン特産品のお買い物。第3代国王の意思を継いで世界平和祈願の為に建立されてメモリアルチョルテン(仏塔)へご案内。独特なデザインや綺麗な絵柄で世界的にも有名なブ-タンの切手のある郵便局。

3日目:
朝ホテル出発、パロへ、16世紀建造の木の橋、古戦場ドゥゲルゾン跡へ(天気が良ければチョモラリ山を見る事が出来ます、キチュラカンへご案内、切り立った岩肌にそそり立った壮厳な聖地タクツァン僧院へ、ホ-ムステイ先へご案内 (石風呂、キラ試着やブ-タン料理等お楽しみ下さい。)

4日目:
パロ発空路バンコクへ

なんか、2日目が博物館とか美術館巡りとか、ゆったりし過ぎていないかしらん?もっと近郊の面白そうな場所とか自然とかを日帰りで見に行った方がいいのじゃないかというところで意見が一致。

現地についてから、ガイドさんが柔軟に対応してくれると大変助かるんだけどな。というか、私もそろそろ重い腰を上げて、ブータン情報をいろいろ収集せねば。あと、映画「リトルブッダ」は行く前に見ておいた方が良いかな?

ほんと旅行会社とやり取りしてくださっているwakabunさんに感謝ある。

ベランダ改造計画

IMG_0365.jpg

昨年末から、今年の3月上旬くらいまで、マンションの外壁工事なんかがあったわけですが、その間ベランダの物は全て撤去しなくてはならず、ベランダがなんだかすごいことになっていた・・のを今の今まで放置しておりました(汗)さすがにそろそろ何とかせねばならぬと重い腰を上げての作業開始。それを見守る旦那(←ま、そんなもん。)

地味にタイルについた泥を落として水洗いをしていると、途中でゲリラ豪雨。これはある意味恵みの雨!雨に濡れながらもごしごしタイルを磨き、そして雨が汚れを洗い流してくれるという見事な連携プレイ。

で、やっとこさ、半分片付いた。
残りの半分はまた今度ということで。プランターは今までマリーゴールドなどお花を植えていたのだけれども、今度はバジルやパクチーなんぞ、ハーブ系を育ててみようかと思った次第。

次の報告を待て(笑)

久々の皇居ランとダイエットダービー

IMG_0440.png

実は先月からダイエットダービーなるのものに参加しておりまして、月末までに設定した目標体重まで落とさなくてはならないのに、飲み食いばっかりしていて全然落ちる気配がない。このゲームに負けると、高級焼き肉を他のメンバーにおごらなくてはならないという厳しい罰があるんだよな。

ということで、
先週はボランティア活動で参加できなかったので、2週間振りの皇居ラン。少し曇っているし、むちゃくちゃ日差しが強い訳でもないので、ここで一気に2周とか、3周とか走っちゃうよ!と張り切っていたのだけれども、湿度がすごくて、蒸し蒸しなんですよ。

結局、ヘタレな私は1周で断念。
しかも、タイムもボロボロ。走っているときに体がむちゃくちゃ重く感じたのは気のせいではなかったのか。暑いせいだと人は言うのだけれども、去年の今頃はもうちょっと良いタイムを出していたような気がする。やはり、旅行だなんだで、サボリ癖がついてしまったのがいかん。

そして意志の弱い私は、その後はラン仲間とビールを飲んじゃうし。でも、1杯にとどめたよ!と言ってもあんま意味がないだろうな。てか、ないな。

彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?

昨日の昼休み時間中に何も考えずに一気に書籍をまとめ買いしてしまったのですが、その中の一冊を本日読了。

彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密彼女はなぜ「それ」を選ぶのか?: 世界で売れる秘密
(2011/07/08)
パコ アンダーヒル、Paco Underhill 他

商品詳細を見る

この本を読み終えた後に知ったのですが、この著者は「ショッピング界の人類学者」で、マーケティングコンサルの第一人者なんですね。で、こちらは女性の購買行動について、そしてその影響力について、住宅、ホテル、エクササイズ、ファッション、ショッピングモール、美容などにカテゴリ分けし、それぞれについて分析をしている。

正直、そこまで目新しい内容は特になし。
途中で読むのをやめようと思ったが、ざっと流し読みで。

どうも、前作のこちらの書籍の方が面白そうな感じ。図書館で予約してみるかな。

なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学
(2001/02/22)
パコ アンダーヒル

商品詳細を見る


上海へのマイレージ特典旅行予約

IMG_0363.jpg


ここ最近、コレとかコレ関連のお仕事とかでバタバタしていて、もうストレスが溜まること、溜まること(笑)そんな中、どこもかしこもバカンスシーズンで10日とか2週間とか休みに入っている上司達もいるし。これは私も仕返ししてやれねば、もとい、旅に出てリフレッシュせねばとデルタ航空のサイトでマイレージ特典旅行を予約してもうた。


それにデルタ航空のマイレージを使い切って、デルタ航空との縁を切りたいというのもある。なにせ、ことごとくここの航空会社のサービスの内容には裏切られたものですから。そして、UAのマイルに一本化しようかと。


まだ休暇の申請もしていないのだが、今月2週間も休む人が、まさか私のたった2.5日の休暇申請を拒否することなんてないでしょ(笑)ってな感じの見切り発車でございます。


10月の連休にお休みを少しだけくっつけて、今度は上海に行ってみようと思います。とりあえずは、中国の二大都市をまずは踏んでおかないとね。日程的に余裕があれば、近郊の街にも足を伸ばしてみようと思います。そういや、この間の北京旅行から帰ってきたときに、旅で使える程度の中国語は勉強しておこうと決心したはずなのに、まだ全然着手していなかったぜ。ということで、これをきっかけに少しずつ中国語のお勉強を始めてみようかね。


裸のプレゼンター

今年の頭に参加したシンプルプレゼンの公開収録セミナーで、何人かの人にプレゼントしていたガー氏の最新書籍の日本語版がついに出たようなので、遅ればせながらの購入。

裸のプレゼンター裸のプレゼンター
(2011/07/08)
ガー・レイノルズ

商品詳細を見る

今回は「裸のプレゼンター」と題名にもあるように、プレゼン実施のテクニックや、聴衆と心を通わせる能力を向上させる方法について詳しく説明している。「シンプル」「抑制」「自然さ」という原則は前作の2冊からまったくブレははない。聞き手本位で、何事も包み隠さず、率直なスピーチで聴衆を引き込んで行くことが裸のプレゼンテーションとのこと。日本びいきで日本で生活している著者だからこそ生まれたこの書籍のタイトルなんでしょうね。

先月、社内全体ミーティングでプレゼンをする機会があったのだけれども、何度も練習を重ねたにも関わらず、自分の納得のいくようなものにはならず。この本をきっちり読み込んで、リベンジですな。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク