これで最後、一茶一坐@神楽坂

今日は朝から久々の皇居ラン。もうすぐ河口湖のフルマラソンがあるし、少しずつ調整して行かねばと気が引き締まる今日この頃。

皇居を走った後はいつもの皇居ランメンバーと行ってきましたよ、一茶一坐 神楽坂店。本日が最終営業日だということで、むちゃくちゃ名残惜しいのですが、この「ちゃまて」の悶絶料理の数々をしっかりと目に、舌に焼き付けようと思いまする。

本日は飲み放題付きのシェフおまかせコース。何が出てくるか分からないドキドキ、ワクワクな瞬間でございまするる。
P1030341.jpg

まずはサラダ。レタスだけではなく、シャキシャキとした食感がアクセントでおいしいんだな。
P1030302.jpg

ん、なんだ?おやきみたいなのがでてきた。外がカリカリにいい案配にこげている感じがいい!そして中はジューシー!もっと食べたい(T^T)
P1030303.jpg

肉団子の甘酢がけ。これも相変わらずおいしい。ほどよい甘酸っぱさでビールもすすむぜ。
P1030304.jpg

今週の火曜日にも出てたスペアリブだー。お肉が柔らかくて、口の中でほろっと骨がとれる。骨つき肉が苦手な私でも食べれるのん。おもわず、骨までしゃぶりつく美味さ。
P1030305.jpg

この時点で相当酔っぱらっていたのか?この料理が出た瞬間に、なぜにパイを出す?と思った末期的症状な私。そう、これはもちろん羽根つき焼き餃子だぜ!
P1030307.jpg
ぱりっと中はジューシー、うまーい!こっそり3つぐらい食べてた(笑)

春巻きも出た!
P1030308.jpg
かじったら中がまだ熱くってびっくりして思わず箸からすべり落ちてしまったのだけれども、とっさに左手でキャッチ!落としてなるものかっ!

ん?湯葉巻き?
P1030309.jpg

ん?豚バラ?
P1030310.jpg

ん?お野菜?
P1030311.jpg

と、いうことは、鍋!二色鍋!
P1030313.jpg
しかも、今回は黒胡麻&赤坦々鍋だよ!これ初めてなんですけど!?

これまじうまい。マーラー鍋も好きだけど、こっちの二色鍋もいい!
P1030314.jpg
黒胡麻鍋に黒酢を、赤坦々鍋には豆板醤を投入すると、これがまたスープの味に深みが出て美味しい。特に黒胡麻鍋と黒酢の組み合わせは神懸かり的で、しまいにはスープだけずっと飲んでいた私。そして、ここに麺を投入するとまさに担々麺!!サイコー!(つか、今日で最後なのが悔しい)

更にこれでもかとやってきたのが、、そう!
P1030319.jpg
幻の裏メニュー、フォアグラ小龍包!!

フォアグラをふんだんに使ったこの小龍包。濃厚すぎる~。
P1030321.jpg
今、この記事書きながら思い出しただけで生唾でるよ。

んぎゃ、まだ出てくる。水餃子!!
P1030333.jpg
久郷さん(シェフ)勘弁してください~。ひぃー、うまい!

〆のデザート第一弾は胡麻団子。
P1030338.jpg
いいね、いいね、胡麻団子大好き。デザートは別腹。

そして、杏仁豆腐で終わり♪
P1030340.jpg

いやー、これだけの料理、そしてビールや紹興酒をがんがん飲んで食べて、3,000円とは素晴らしすぎです。今日で最後だというのが悲しすぎ。中国本土の一茶一坐に行けばいいのだろうけれども、ここの味とは全然違うしなあ。

今度は久郷シェフの新天地、華菜楼にお邪魔しようかな。
新宿ルミネ内に来月上旬にオープンするそうです♪
スポンサーサイト

一茶一坐@神楽坂 #issa1025

今日も一日よく働いた。
っつーことで、定時後は同僚、お友達と一緒に向かった先が神楽坂の一茶一坐。はい、神楽坂の出没率が高い、神楽坂に住んだ方がいいんじゃないかってくらいのカグラーでございます(笑)

実はこの一茶一坐、今月29日をもって閉店するとのこと。そこで「最後にアノ料理を楽しもう」とのことで約30名限定、飲み放題付きで5,000円という驚きの価格での宴。

出るわ、出るわ、あの!料理の数々。
全て写真に収めようとしたのですが、飲んだり、食べたり、しゃべったりすることに夢中になっていました。で、結局、私のiPod Touchに収まった料理はわずか4品(笑)ほんとはもっと出ていたのよ~。

私の大好物の大根餅、これが幻の豚さん梅山豚入りでございます。
IMG_0512.jpg

そして、必殺の裏メニュー。
トリュフ小龍包、フォアグラ小龍包も満を持しての登場。やはり身悶えする濃厚さ。これ、もう食べれないのが悲しすぎる。東京で、いや日本で他に食べれるところはあるのかよー!?
IMG_0513.jpg

で、トドメの火鍋。
この頃には既に料理もほぼ出揃っていて、かなりお腹いっぱいな状態だったんですけど、頑張って食べましたよー。辛いのが好きなワシらは辛い方に7割方の具材を投入♪うまうまー。
IMG_0514.jpg

デザートは杏仁豆腐とマンゴープリンが選べるのだけれども、迷わずマンゴープリン。
IMG_0517.jpg
実はこの辺になるとお腹いっぱいで手を付けていない人がいたので、ちゃっかり2人分食べちゃった。

しかし、飲む食いに夢中でついでのように撮影したので写真がブレブレ(汗)さて、今週の土曜日で閉店を迎える一茶一坐 神楽坂店。もちろん、最後の日も行きますよ~。

湯河原ラン合宿2日目

いやー、昨晩はすごかった。
ほんと皆、よく食べて、よく飲んで、飲んで、しゃべってたなー。何が起きていたのかはここではあまり描写できないくらいにいろいろあったな。そして、昨晩の後遺症(?)を引きずりながら目覚める人々も。

とりあえず、今回、僕は無事です(笑)

朝風呂入ったり、近くのデニーズで朝ご飯食べたりと、チェックアウト時間までのんびり(?)過ごす。10時にホテルをチェックアウトして、近くの海沿いの広場でイベントをやっているというので行ってみた。屋台や、物産品、野菜等の出店が軒を連ねていて、なかなか楽しかった。朝ご飯食べたばっかだというのに、焼きそばとかいろいろつまんでるしね。
IMG_0504.jpg
そして、湯河原ご当地B級グルメとして売り出そうとしているのか、たんたんたぬきの坦々焼きそば。実はこれより隣にあるもう1つの紙パック入り焼きそばの方が美味かった。

サービス精神旺盛のリーダーが今回も真鶴まで連れてってくれた。
IMG_0505.jpg
ということは、例の遊覧船に乗るわけですねー。周りを見渡すとこの遊覧船に乗るのが初めての人たちばかりだったことに気がついた。なので、かっぱえびせんのでカモメの餌付けをむっちゃ楽しんではりました。・・で、そのそばで危機管理能力の高い(?!)私は、この波の高さは船酔いするかも!と船内に早々と引っ込み横になる。どうも、船=酔うという図ができてしまったような気がする。でも、酔っていないからね!!酔いそうと思っただけだからね~と言い訳してみる。

やっと陸地にもどり
船着き場そばの漁港でも何かイベントやってますよ。ここでサバのみりん干しと干物を購入。これは私のお弁当のおかずになることでせう(多分ね)。そして、近くの食堂で海鮮丼を食す。
IMG_0511.jpg
ごはんよりもお魚の方が多いんじゃない?しかも、お魚が新鮮で美味い。

あー、食った食った。
食い道楽の日曜日だよ。

その後、真鶴港からよもや荷物を持って徒歩で駅まで帰ることになることもつゆ知らず。

湯河原ラン合宿1日目

今週末は皇居ランならぬ、湯河原ラン合宿。今年3月の熱海合宿以来ですな。今回は車ではなく、電車で湯河原まで移動することになり、その事前下調べを綿密にやってのけた「鉄子ちゃん」すばらしや。今回の幹事の1人でもあります。ということで、鉄子ちゃんの指示(?)で、川崎駅から12:50の熱海行きの東海道線、グリーン車車両に乗り込む。つか、川崎から乗り込むのは自分だけなので、ほんとにこの電車で大丈夫なのか不安になり、ツイッターで一生懸命話しかけるが、見事にスルーされる(涙)

が、電車に乗り込んで納得。
皆様、小旅行ムード満載で、お酒や食べ物飲み食いしているではないか。こりゃ、ツイッターに全く無反応だったのも納得だわ。ということで、私も食べ物のおこぼれに預かり、ビールもひっかけ、ちょっとした旅行気分。一応、ラン合宿なんだけどね?

今晩の宿は湯河原駅のすぐそばのホテル。
夜中に修学旅行生がごとく騒ぐことは百も承知ということで、上下、同じ階に客室がないという部屋を取るという幹事たち、恐るべし。しかし、同じフロアに宴会場があり、カラオケ大会まっただ中。うるさすぎ~(><)荷物を置いてしばし休憩し、ランコースを設定し、いよいよ湯河原ラン出発!

つか、今度はほんとに走れるよ~(涙)
(※なんのこと?と思った方は過去の日記をご参照ください)

しかも、川沿いのランコース最高~♪
IMG_0483.jpg
さすがに気分が清々しくなるね~。

で、このランコースの折り返し地点がなんと酒屋(汗)
IMG_0486.jpg
さすが、皇居ランメンバー。ここで美味しそうなお酒を数本調達し、帰りは皆でのんびりウォーキング。更に途中のディスカウント酒屋に立ち寄って更にアルコール追加調達。恐ろしい程の量の酒を買い込む人々。ほんとに全部飲めるのか!?

ホテルは素泊まりで食事がついていないので、事前に予約していた近くの居酒屋で夕食。刺身、天ぷらなどの盛りだくさんのコース料理でお腹がはちきれんばかりに食べちゃった。

・・で終わるような合宿ではないのだよ、ここは。
ホテルに戻っても酒盛りが続く、しかもすぐに寝れるという状況だけに、みんな攻めてるね~。私は前回のトラウマがございますので、やや控えめな感じ♪いやいや、ほんとにすごいよ~。

また、ラン合宿に新たな伝説が刻まれたよ。

第40回タートルマラソン国際大会

292072_10150304358727084_695062083_7805324_1586208523_n.jpg
(今回、ぼろぼろのタイム)


6月に山形で行われたさくらんぼマラソン以来、皇居ラン仲間と出場するマラソン大会。結局、またもやろくに練習することなくぶっつけ本番で臨むことになってしまった(涙)

最近、朝晩冷え込んできたし、ちょっと寒いかもねと長袖シャツにゼッケンを貼っていたのだが、会場の荒川土手に着いた時にはもううっすら汗かいてた。そして、だんだん日差しがキツくなってきた。ちょっとイヤーな予感。

10時半スタートなのだが、なにせ国際大会で参加者も多く、男女合わせて一斉にスタートなもんだから、スタート地点に到達するのに時間がかかる有様である。(私の自己申告タイムが遅いので後ろの方に並ばされたというのもあるけどね)

荒川土手に沿ってひたすら走って、戻ってくるコースなのだが、果てしなく人の列が続き、皇居ランと違って風景も単調なのでちょっと面白くないなーと思っていたら、沿道でサンバを踊って応援してる団体がいたり、ブラスバンドがいたり、和太鼓で応援したりしている人たちがいたりして、あら楽しくなってきたではないか。しかも、一緒に走っている仲間とペースを確認しながら、比較的ゆっくりと走っているので全然きつくないし。


・・と思ったのが、折り返し半分地点まで。

今まで強い日差しを背にする形で走っていたのだけれども、今度は前から日差しを受ける形で走るもんだから暑くて、暑くて、暑くて仕方がない。行きはよいよい、帰りは怖いとはよく行ったものだ、とにかく暑さで体力が奪われて行くのをひしひしと感じた。山形のさくらんぼマラソン以上の日差しのキツさ、しかもさくらんぼの時はいくつかの地点で水を霧雨のように放水していて、そこで幾分か体力回復できたのだが、ここにはない。

給水所がこんなにありがたいと思ったことはない。
とにかく水を顔にかけたり(朦朧として間違えてアクエリアスをとった時もあったが)、首に巻いていた手ぬぐいに水をかけて、首周りを冷やしながら走り続ける。

が、やはりもう心がバキバキ折れて、17km地点で走るのをやめてしまい、残りはほとんど歩いていた。他の人も大勢歩いているという奇妙な光景、道路脇の芝生には倒れ込んでいる人がちらほら、そして救急車までやってくるという、どんなマラソン大会だ~。

ということで、タイムはぼろぼろ。
でも、歩いてでもとりあえずは熱中症にならずにゴールできただけでもありがたく思おう。やはり暑さに対する対策も十分たてないといけないなと思わされた大会でした。

中国(上海)旅行 3日目:新天地界隈散策

朝起きたら新聞が届いてた。昨日の朝は届いていなかったのに、気まぐれだな(笑)やはり一面トップはスティーブ・ジョブズの死去を報じている。
P1030012.jpg
Shanghai Dailyによると、昨日は上海市は320万人の観光客で賑わっていたという。それでも万博が開催されていた昨年より21パーセント減だという。すごいなあ、昨日の繁華街の混雑振りはこれで納得だわ。

さて今日は何をしようか。

地下鉄一号線に沿って、衝山路を歩く。旧フランス租界だったというこのエリアは洋館がちらほら見られる。
P1030018.jpg

とにかく衝山路を歩き続ける、歩道も広くて、街路樹が美しく、街並もきれいなので、歩いていて楽しい。おしゃれなカフェやお店がたくさん。
P1030019.jpg

気がついたら、地下鉄の駅を3つ分歩いていて、淮海中路エリアまで来てしまった。ここまで来ると買い物客で結構賑わってるねえ。1932年にオープンし、今でも現役だという映画館。
P1030025.jpg

この辺はデパートや、外資系ファストファッションブランドなどがたくさん立ち並ぶ。
P1030028.jpg

小腹が空いたので腹ごなしに鮮肉月餅(3元)とやらを頂く。これがうまい!これは帰りにも買って行こう。
P1030029.jpg

そして、旅行者に人気の観光スポットだという新天地へ向かう。レトロ風のレンガの壁でフランス租界の街並を再現したエリアだと。
P1030044.jpg

旅行者に人気というだけあって、カフェやレストランで食事を楽しみ、くつろぐ欧米旅行者をたくさん見かける。
P1030040.jpg

とっても雰囲気がいいので、私までカフェでまったりネットしたり、本を読んだりしてのんびり過ごす。
P1030042.jpg

黄陂南路へ向かう途中にアップルストアを発見。ここにも献花が。
P1030046.jpg

黄陂南路まで歩いて散策した後は大通りではなく、裏通りを歩いて淮海中路のメトロの駅まで戻る。裏通りは人通りが少ないものの、アンティークや雑貨、カフェ等が点々とあり、これまた歩いてて面白いではないか。

ちょっと脇道を覗いてみると、パリのアパルトマンを思わせるような建物もあったり。
P1030054.jpg

淮海中路からホテルの最寄り駅までメトロで戻る。メトロ駅から地下通路で繋がっているデパート、美羅城(Meto city)へ向かい。ちょっくらウィンドウショッピング。このデパートはFranc Franc、無印良品など日系ブランドのテナントが多い。

たい焼きチェーンのたい夢まである。
P1030055.jpg

日本のスィーツは上海っ子の間でも人気のようだ。これは餅のお店。
P1030056.jpg

ホテルに戻り、少し休憩した後、再び夕食のために外に出る。今度は逆方向に足を運んでみた。もう1つの地下鉄駅のそばには上海体育館がある。さすがに近くまで行くのは面倒くさかったので、遠くからライトアップされた上海体育館を記念撮影。
P1030064.jpg

夕食はカフェテリア方式のお店でごはんとおかず2品、缶ビールを頂いて、それでも300円そこらだった。おいしいし、安いし、最高ですわ。

中国(上海)旅行 2日目:上海で知る訃報

昨晩は遅くにホテルにチェックインして、それから何やらちまちまとやっていて就寝が遅かったので今日はのんびりと起床。ツイッターのTLを見ていると何やら騒がしい。スティーブ・ジョブズがなくなったことを知る。思わず、ホテルのテレビのチャンネルをCNNにあわせる。

ほんとだ、ニュース速報でジョブズの死去を報じている。
かの有名なスタンフォード大学の卒業式でのスピーチを繰り返し、繰り返し放送し、関係者へのインタビューも繰り返し放送されている。ある意味、凄いなと感心しつつ、ツイッターのTLを見るためには会社支給のBBを使わなくてはいけないため、仕事のメールを見てしまい、ちょっと仕事をしてしまう羽目に。(十分覚悟はしていたが)

身支度を済ませ、いざ出陣。
地下鉄1号線の駅に向かって歩き出す。駅のすぐそばで英会話スクールの呼び込みらしき人に捕まり、中国語でまくしたてられるが、英語で中国語がわからない旨を伝えると即解放された。(その後滞在中、駅前を歩く度に呼び止められた)駅周辺はデパートが乱立し、人の往来も、車の往来も多い。少し霞がかって見通しが悪いのが気になるが。
P1020931.jpg

メトロの駅のそばに公園があったのでちょっと覗いてみると、人だかりができていたので何だろうなと覗き込んだらなんとブラックスワン。まじかよ。
P1020936.jpg
思わず、ナシーム・ニコラス・タレブの書籍を思い出したよ。

しかし、香港といい、台湾といい、ここ中国といい朝の公園は皆それぞれの憩いの場となっていて、あちこち見て歩いていて飽きないなー。
P1020939.jpg

公園をあとにし、メトロで向かった先は南京東路へ。メトロの駅を出たとたん、メイン通りがこれまたものすごい人混みで驚いた。というか、そうだった、忘れてたよ、この感覚を。
P1020947.jpg

お友達からツイッターで「国慶節ど真ん中のこの時期に中国に遊びに行った時点で人が多いことは覚悟しないと」という言葉で納得。そうだ、旅に出る前に社内メールで10月1日~7日までは(だったかな)上海と深圳の取引所は閉まっていると知って、7連休かよ~と思ったのに、そのことすっかり忘れてたよ。

そうか、中国全土は大型連休で皆さん旅に出てらっしゃるのね。

田舎から精一杯おしゃれしてきた感じの旅行者らしき人たち発見。
P1020952.jpg
中国版SATCみたいなもんか?どうも人民女性の方々のお召し物がちょっと・・・(と、あえて自分のことを棚に上げてめいいっぱい言いますがw)

と、アップルストアを発見。
中も入り口もすごく混んでいた。入り口にはさっそくたくさんの献花が。
P1020955.jpg

南京東路を後にして、テレビ塔を対岸に臨む外灘エリアを目指して歩く。するとテレビ塔が見えてきて、俄然テンションが上がってくる私。
P1020957.jpg

おお、これです。この光景です。
新しい上海のランドマーク。ちと香港っぽい感じも否めない。
P1020961.jpg
しかしガスってて、何だかはっきりしない感じの景色だな。

そしてこちらが古くからの上海のランドマークと言ってもいい、租界時代に建てられた欧風建築物群。
P1020963.jpg

このあたりはきれいに舗装されていて、思ったよりきれいだったのでビックリ。もっとゴミとか散らかってきたないのかと思っていた私。
P1020979.jpg

あまりの人の多さに疲れて、一通りこのエリアを見て回った後はホテルに戻ってしばし休憩(=お昼寝)タイム。街の中心部からそんなに離れていないところにホテルがあるので超便利。

気がついたら夕方近くになっていて、また外灘周辺で夜景を満喫しようかなと思ったのだが、まだまだ時間はあるし、今日はホテル周辺を散策することにする。朝に来たメトロ周辺のデパートを見てまわる。ものすごいライトアップです。
P1020997.jpg

アジアの夜はやはりテンションが上がってしまうのは、こういう夜景と露店の活気でしょうか。
P1020998.jpg

いやはや、アジアの夜は眠らない。
P1020999.jpg
東京が節電だなんだと言っている時期にこんな近くにバンバン電力を消費している国がいるかと思うとそら恐ろしいですな。

中国(上海)旅行 1日目:上海へ

前日の晩も同僚と飲んだくれていて、家にたどり着いたのが深夜過ぎ。ということで、朝からバタバタと夜のフライトに備えてのパッキング、そして今回はホテル滞在も満喫したいとか言いながら、4泊滞在するホテルも手配していなかったので、やっつけ仕事的に予約する。で、まだ上海のガイドブックすら読み込んでいない有様。相変わらずのドタバタぶりである。

午前中は仕事で、午後休をもらっているので、午後は成田に向かう時間まで東京駅界隈のカフェでのんびりと上海の街歩き計画でも練るかと思っていたら、なぜか仕事がバタバタして午後になってもまだオフィスにいる始末。やっと15時過ぎにオフィスを脱出。フライトが19時だから、17時までには成田に着いて(ぎゃっ、オンラインチェックインするの忘れた!)、お、余裕ぢゃん。

羽田空港が国際線として機能しはじめてから、やはり成田空港はがらーんとしている印象がある。搭乗手続き、セキュリティチェック、出国手続きがサクサク終わって時間を持て余してしまった。ドトールでコーヒーを飲みながら、ガイドブックで予習予習。7月の北京旅行では街のwifiではツイッターやフェイスブックが全然使えなかったので、今度もしっかり会社支給のブラックベリーを持参。つか、こいつのせいで会社のメールをふとチェックしたら、そのままフライト直前まで仕事する羽目になってしまった(T^T)

313597_10150292084047084_695062083_7736316_1674777896_n.jpg
2度あることは3度ある、と覚悟して、早めに搭乗口に並ぶ。なにせ人民の方々がたくさん手荷物もってらっしゃるから早く座席について、私の手荷物をちゃんと頭上に置いて確保しないとね。が、今回はアットランダムチェックに引っかからなかった。というより、そのチェックそのものがなかった。何か拍子抜け。

フライトは定刻通り。
私の隣の席に座っていたのがアメリカ人、、と思いきや、何とスウェーデン人。3ヶ月程日本を旅行していて、上海経由でスウェーデンに戻るんだとか。日本滞在中、よっぽど日本が気に入ったのか、その時の話を一生懸命してくれる。逆に彼に歌舞伎や相撲観戦などの情報をもらう東京在住OL(汗)彼は船の上での仕事なので、一旦船に乗ると2~3ヶ月は陸に戻って来れないけど、陸に戻ったら2~3ヶ月位休みをもらえるので、その時にいろんな国を旅行しているらしい。いいね!

と、しゃべり倒しているうちに我が故郷、長崎上空。厳密に言うと佐世保や九十九島あたりを飛んでいるようだ。で、そこからは早くてあっという間に上海に到着。つか、長崎から上海はむっちゃ近いよ。多分、東京に行くより近い。スウェーデン人男性に別れを告げて、入国審査、税関に向かう。思ったほど混んでなかった、夜間のフライトだったからかな?

目指すはリニアモーターカーだったのだがもう改札が閉まってた。では、メトロで行くかとメトロの改札に向かうが、ここも閉まっていた(涙)なんかイヤーな感じ。でも、さすがに路線バスは大丈夫でしょ?と路線バスの方向に歩いていく途中にタクシー乗り場を発見。しかもすぐ乗れそう。

横着しちゃえ!

ということでタクシーに乗り込み約3、40分後に今朝予約していたホテルに到着。今回はちょっと奮発してみましたよ~(笑)
P1030114 1
Ramada Plaza Gateway Hotelはホテル予約サイトの口コミと、宿泊料金のお手頃さ(東横インと同じ位の宿泊料金w)で決定。しかも地下鉄1号線と4号線が使えちゃうという利便性。そして、ホテルのそばには24時間営業のパン屋さん、コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート)、そしてスターバックスもある。

P1030274.jpg
今回の旅は一日中外で観光をするわけではなく、ホテルの部屋でのんびり読書やテレビ見たり、昼寝することもあるので、部屋の快適さも結構重要。で、広々とした空間にかなり満足。

P1030276.jpg
シャワーとバスタブが独立。バスソルトも常備してあるのでこれはのんびり湯船にもつかれるぞい。

ということで、無事に上海に到着。

食べないと飲まナイト@神楽坂

321119_10150259088507084_695062083_7545919_335936_n.jpg
月曜だというのに、仕事帰りに10月2日(日)~4日(火)までの3日間限定で行われる食べないと飲まナイト@神楽坂に行ってきた。神楽坂の41店舗のお店でこのチケットを1枚出しだすと、飲み物とちょっとした料理が出るのだ。今回は様子見で一綴り(5枚)4,000円分購入してみた。

初日である日曜日はどこもかしこも行列ができていたというので、行列覚悟で本日参戦。皇居ランの仲間とマックで待ち合わせかと思ったら、既にもう神楽坂の街に繰り出しているという。

ということで、
1軒目は地中海UOMARUで他のランメンバーを待ち伏せ。ここでは飲み物は赤か白ワイン、スパークリングワイン、そして食事はホタテ、サザエ、ハマグリなどの浜焼き盛り合わせ。目の前で焼いてあつあつの物を頂く。おいしい!これで800円なんて安すぎる~♪

で、さっさと食べて2軒目、神楽坂ワヰン酒場に向かったところ、私達の人数が多すぎたため、ここで分散することにし、久露葉亭へ向かうのだが、ここでも3人分しか席がなく、それでも6人いたので更に半分に分かれることになる。ということで、結局、3人で神楽坂ワヰン酒場に舞い戻ると、運良く席が空いてた。ドリンクにオリジナルサングリア、そしておつまみに牛タン肉のやわらか赤ワイン煮+プリプリエビのアヒージョを注文してみた。これまた、牛タン肉がとろけるように柔らかい~。

3軒目は久露葉亭リベンジ。というか、その前にしこたまに向かって、満席で振られました。
久露葉亭の名物メニューだという「湯葉ふぉんじゅ」と生ビールを頂きました。いやー、ほんと楽しすぎる。神楽坂に仲間があちこちに分散していて、ツイッターと連動しながら、ゲーム感覚であちこち動き回る。

4軒目はkemuriに向かう。
しょっちゅう行っている場所だからわざわざ行かなくても良かったのだけれども、同行メンバーの中にkemuriに行ったことがないという人がいたので、では行こうか?ってことに。シャンドンのスパークリングワインに、スモーツチーズ、アボカドに、梅山豚が出てました。というか、その時はイロキオカダが店にいて、そのテンパリ具合がこのイベント、ただ事ではないことを物語るww

最後は、神楽坂おいしんぼ
門構えが高級料亭の雰囲気丸出しで、普段は足を運びそうにないような場所だったのだが、このイベントのおかげでどんな感じの店かよくわかってうれしい。飲み物は生ビール、そして「湯葉と生麩の変わり揚げ盛り合わせ」なのだが、私は生ビールとお通しだけ。というのも、1軒目で券が足りないというお友達に1枚売ってしまっていたのである。で、お友達のを1口食べさせてもらったのだけれども、これがまじでおいしかった!!!お友達に1枚チケットを売ってしまったことを猛烈に後悔した瞬間だった。

で、ここで私達の食べ飲まイベント終了。
旅友達のワカコさんたちがワヰン酒場で飲んでいると聞いて、そこに少し顔を出して、その後、皇居ランメンバーが反省会(?)をしているというイタリアンの居酒屋アズーリへ向かう。


いやー、想像以上に面白かった。
第二回を早急に希望します!!

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク