“あの日のそのあと”風雲録

今日は朝から皇居ラン。
というか、天気予報は雨だったので、朝6時頃に「どうせ雨降ってるんだろ~な」と思いながら起きたら、晴れ間が見えているではないか。ということで、慌てて準備して半蔵門のランステへ向かう。千鳥ヶ淵の桜の木はつぼみが膨らんでいて、次の週末には満開かな~。しかし、体が重い。1周走るだけで精一杯で来週のハーフマラソンは大丈夫かいな?

皆で近くのジョナサンでブランチをした後、久々に新宿へ向かう。強風と雨で飛ばされそうになりながら南口の東急ハンズと紀伊国屋を見て回る。で、紀伊国屋で林真理子女史の最新刊が出ていたので、迷うことなくレジへ。一気に読んでしまった。


“あの日のそのあと”風雲録―夜ふけのなわとび2011“あの日のそのあと”風雲録―夜ふけのなわとび2011
(2012/03)
林 真理子

商品詳細を見る


週刊文春の連載「夜ふけのなわとび」のコラムをまとめたもの。週刊文春を毎週立ち読みすりゃ購入する必要がないんじゃない?と思われるだろうが、書籍化されてコラムがまとまっているのが読み応えがあって良いのです。昨年、2011年に掲載されたコラムをまとめたものとあって、311以前、以後でやはり彼女の生活も少し変わった感じがします。宮城や福島でのボランティアをしょっちゅう行っているようです。林真理子女史のエッセイは普段の生活をつれづれなるままに、後時事ネタをシニカルに書かれているだけなはずなのに、これが面白いんですよね。ほんとに。あとananに連載されている「美女入門」のエッセイも単行本化されたら迷わず買います。

ITにめちゃくちゃ弱い林女史ですが、ツイッターなど世のハヤリものをきっちり押さえているところは相変わらずさすがとしか言いようがない。作家ともなるとやはりそういうものに対するアンテナの感度が半端ないんだろうなと。

スポンサーサイト

アセットアロケーション -201203

月末恒例のアセットアロケーション、今月は以下の通り。



先月からほとんど変化なし。そしてリターンは前回比+4.8%でした。少しだけ円安、株高に向かっていることと、保有している個別株の配当がいくばくか入ったことが要因か?2012年に入ってから相場がいい感じなので、私も心穏やかな日々を過ごしております。

それとは裏腹にここ数ヶ月クレジットカードの請求がとんでもないことになってたりする。年末の旅行が尾を引いているし、これに加えて5月のイスラエル旅行関係の出費が追い打ちをかけているようで、今月は貯蓄に回せるお金が雀の涙程度かも。

ということで、来月からは久々に手帳の隅に日々の出費を記録することにします。これ書いているだけで(自分的に)心理的にすごい効果を生むんですよね。むかーし昔、ローンまみれできっつい生活を強いられていたときに、手帳の片隅に出費を記録したら、日々の無駄遣いに気がついて行動を改めたことがあります。(毎日開く手帳に書いているので、嫌でも目に入ってしまうのだ。)なかなか侮れないのだ。

MADONNA 2012 WORLD TOUR (2)

3月21日の朝にmadonna.comからのニュースレターが届いていた。予想通りというか、5/31のテルアビブ公演の追加のお知らせである。次のアブダビ公演まで1週間くらい間が空いていたので2日目はあると踏んでたんだよな。そういうところは、長年のマドンナファンだけに大方予想ついちゃんだよね。

さて、今回の追加公演についてマド姐さんは"Concert for Peace(平和のためのコンサート)"としつつ、以下の通りコメントしています。

"Music is so universal and if there's any chance that through my performance I can bring further attention and enlightenment to honor the peace efforts in the Middle East and help people come together, it would be an honor for me. It is my way of thanking those who are making so much effort toward bringing peace to the Middle East."

”音楽はとても普遍的なのものであり、私のパフォーマンスを通し、中東和平の努力を称えるために更なる関心と啓蒙をもたらすと人々が集まるお手伝いができる機会があるなら、私にとって名誉なことです。中東に平和をもたらすために、あまりある努力をしている人々への私なりの感謝のしるしです。(私による適当な参考訳です。)”


イスラエルが核をちらつかせるイランへの攻撃を行うのか否かの緊張状態が続いている今日この頃、それでもイスラエルで公演するという姐さん、ついて行きますぜ!

・・といっても、この事実に気がついたのが翌日の朝の通勤電車の中、しかも既にファンサイトでプリセールス開始。これはかなり大きく出遅れた。そして、この日の夜は遅くなってしまったので、金曜日の夜にチェックしてみるのだが、やはり売り切れていた(涙)

となると、一般販売を狙うしかない。

昨日の土曜日にチェックするはずだったのだが、すっかり忘れていて、今日の朝に販売サイトを確認する。というか、いきなりヘブライ語の画面が出てきて動揺した。英語のサイトがあるはずなのだが、どう切り替えていいのかヘブライ語の画面に戸惑いつつも何とか英語サイトに切り替えること成功。

狙うはゴールドサークル。
さすがに一般販売だからもう売り切れているかもしれないなと若干諦めモードだったのだが、なんと、なんと、余裕で買えてしまいましたがな!更にショックな出来事が、ファンサイトのプリセールスで買うよりも2千円程安いんですワ。プリセールスの手数料が加算されていると思われる。なんてこったイ。

1週間の休暇申請は既に承認済み。これから本格的にイスラエルに向けての旅程、国内交通、宿泊先手配などの準備を行わないとね。

マンセーの会@萬安(まんやす)

今年の3月は結婚10周年、社会人生活20周年を私の人生である意味節目の年でございます。結婚式を挙げていなかった私達は10周年の節目にはいろんな人たちを呼んでパーティを開こう!と旦那とずっと話していたのですが、いざその時を迎えると、2人だけでしみじみと(旦那が)好きな物を食べて祝いたいと。ま、こんなもんですね。

と、先月入院したラン仲間の快気祝い、そして翌日お誕生日を迎えるラン仲間を祝おうと、渋谷の隣の駅、神泉駅にほどちかいお魚と日本酒が美味しいという居酒屋「萬安」でマンセーの会。

また張り切り過ぎて、待ち合わせ時間の15分前に到着してしまったよ。しかも、店内は誰もおらず私だけの状態。おかしいな?スーツ姿のサラリーマンのおじさんたちで賑わっているような場所のはずなのに?お店の人曰く、こういう日は珍しいそうな。
IMG_0974.jpg
ということで、まだ誰も来る気配がないので、先に自主練しておきました。

お客が私一人ということで店員さんとお勧めのメニューや、ちょうど私がwifi使ってiPodを使っていたのでそれについて質問を受けたり(←なぜかよくこの手の質問をお店で受けるので、無料wifi入れた方がいいですよと力説してしまうワシ)、食べログの話をしていたら、ここのトイレがちょっと変わっているというので見せてもらった。
IMG_0975.jpg
すごいな、壁一面に日本酒のラベルが貼られてる。

そうこうしているうちに徐々に仲間がお店に集結。そして、他のお客さんも入り始め、店内がにわかに賑やかになってきた。お刺身を適当に見繕ってもらったら、こんなにてんこ盛り。しかもちょっとだけサービスしてもらったみたい。憎いね。
IMG_0979.jpg

日本酒もいろいろあるようなので、生ビールから日本酒への切り替え完了(笑)
IMG_0978.jpg
すいすい飲めちゃうのが怖いが、ここは大人の会なのでレナおやぢが降臨することはまずなかろう。

お刺身もおいしかったのだけれども、このマグロの煮付けはやばかった。
IMG_0980.jpg
味付けがむちゃくちゃ私好みで、これだけでご飯が何杯も行けると思ったよ。その代わり、日本酒がすすみましたけどね。

ちょっとここ最近、精神的にキツいことがあったのだけれども、楽しい仲間とおいしい料理とお酒を酌み交わし、ちょっと気持ちが楽になりました。こういう楽しい、素敵な人たちとの集まりは大切にしていきたいと思った夜だったり。

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

本日3冊目。
こちらもこの間まとめ買いした本の1つ。原題は THE WALL STREET JOURNAL ーGUIDE TO THE 50 ECONOMIC INDICATORS THAT REALLY MATTERというだけあり、世界経済というかアメリカ経済を見て行く上で本当に気にしなければならない50の指標について、それぞれ解説している。

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル=著 /ロバート・E・ライト=著/上野泰也=監訳/高橋璃子=訳

商品詳細を見る

本屋さんでパラパラめくっていて、最後の「ウエイトレス美人指数」に目が行ってしまい、「おいおい、ふざけてるな~w」なんて思いながらも手に取ってみたら、これまた興味深い内容だったのでそのままレジへ直行。(こういう衝動買いが多いんです、書籍に関しても)

ちなみにウェイトレス美人指数というのはその名の通りウェイトレスの美人度を表し、地元の食堂や居酒屋で働いているのが目の覚めるような美人ばかりということは、景気はかなり暗い状況にあると。この美人度には雇用市場の状況が現れていると。経済が勢いづいている時は、美人はもっと給料の良い仕事をしているはずだと。まあ、Make sense...か。

ま、これは極端なのですが、聞いたことのあるような一部の有名な指標は除外してあり、
1. タイムリーである
2. 信頼できる
3. 有名すぎない
4. 実用的である
ということを基準に選択されているそうだ。

その50の指標の中に日本では有名すぎる指標である「日銀短観」が入っているのは何だか複雑な気分である。アメリカ人は通常は気にしないような指標ってわけね…。で、日銀短観のところをみてみると、日本のGDPよりも日銀短観を重視しろと。日本企業に投資しようと思うのであれば優れた先行指標(景気に先行して動く)になると。特に製造業の業況判断DIは信頼性が高く、日本経済の様子をかなり正確に教えてくれると。1人当たりのGDPで見れば、日本は中国よりもずっと豊かで、日本の人々がお金を使う気になれば、世界経済はかなり大きな影響を受けるはずです。とのこと。(←ここ強調しますよっ!)

このような感じで50の厳選された指標が紹介されているのだけれども、あまり細かい数字に神経質にならずに、必要に応じて辞書代わりに参照するのがいいかもしれません。

この本のせいで(おかげで?)ウォールストリートジャーナルの電子版購読申し込みをしてしまったよ。

あなたのお金を「見える化」しなさい!

本日2冊目はこちらの書籍。

あなたのお金を「見える化」しなさい! ~ビジネスパーソンのための新お金管理術~あなたのお金を「見える化」しなさい! ~ビジネスパーソンのための新お金管理術~
(2012/03/09)
竹川 美奈子

商品詳細を見る

自分の家計を企業と同じように考え、損益計算書やバランスシートを作成することで「見える化」しようというもの。たしかに毎日、毎日家計簿を付けていて、収支を把握していたとしても、それは果たして本当に自分の家計の全体像が見えているのか、これから先の生活戦略(?)を立てて行けるのか?というと少し疑問は残る。

著者は「個人が損益計算書をつくると1年の収入と支出、手元に残るお金がわかるので、支出等の無駄が明確になり、1年間に貯蓄や回せたお金なども意識できる。」更に、「バランスシートを作成することで、自分が保有する資産、借入金がひとめでわかる」という。なるほど。

巻末に付録がついていて、その指示に従いながら空白部分を埋めていくようにしていくと、自分の「損益計算書」と「バランスシート」が作成できるという優れもの。1年に1回ペースで定点観測して行くといいかもしれない。直接付録に書き込まず、コピーをとって使い回して行くのもよいかも。

自分も簡単にやってみたところ、
1.自己資本比率 100%
2.現金決済力(金融資産ー短期負債)は、短期負債がゼロなので保有している金融資産をそのまま売却して現金化できる模様。
3.リスク耐久度は約5年

我が家は結婚したときにM&A(p58)しておりませんので、上記の計算は自分の金融資産のみでの計算になる。今度、機会があったら(あるのか?)旦那の金融資産を併せて計算してみよう。

我が家は夫婦2人暮らしなので子供が生まれると状況はガラッと変わってくる。2章の死亡保障は「今は」無視していてもいいが、未成年の子供がいた場合はどうも行かなくなる。3章の医療保障、所得補填は公的保障と企業内保障あれば「今のところ」大丈夫かなと。もし公的/企業内保障でカバーできなかったとしても、それはそれで「今のところ」何とかなるかと。リスク耐久度もそこそこあるし。4章の住宅購入/保有に関しては参考程度。というのも、購入する予定は「今のところ」まったくないので。

5章リタイアするまでに準備するお金は最大の関心ごと。転職を繰り返し外資系を渡り歩いているため企業の退職金制度は私にはないと思っているので、公的年金+自分の金融資産でまかなって行くことになると思う。そして、老後は日本にいるかどうかも(もしかしたらフランスかもしれないし)わからないので、どんな状況になっても臨機応変に対応できるようにしっかりと勉強しなくては。

定期的に損益計算書とバランスシートを作成し、その変化をみることは長期的な資産形成を行うために指針になるという著者。私もさっきから「今のところは」と言っているのは、将来のことは自分でもわからないから。著者が言う、シートを作ることで「気がつかなかったリスクを顕在化」できるというのはそういうことなんだな。

日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい

この間、会社のそばの本屋さんでまとめ買いした書籍のうちの一つ。買おう買おうと思っていたのだが、自宅と会社のそばの本屋さんでは在庫無しの状態だったので気がついたらこのタイミングになってしまった。(なぜAmazonで取り寄せようとしなかったのかは謎)

日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法
(2012/02/10)
藤野 英人

商品詳細を見る


アセットアロケーションで日本株の比率を25%にしているのだが、塩漬け状態の個別株(←自分の不勉強がなせる技w)に、TOPIX連動ETFを保有しており、他の外国株のインデックス連動ETFに比べるとパッとしない動きだし、日本経済はこの先成長して行くのだろうかという疑問から、日本株の比率を下げた方がいいなと思い始めた矢先に読んだのがコチラの本。

株価指数の低迷が続いていても、ちゃんと成長している企業がある!リーマンショック後の3年で株価が倍増、いやいや3倍、5倍になった企業もある!なんか元気が出る話ではないですか。というか、いかに自分が日経平均ばかりを追いかけていたのか、冷や水を浴びせさせられた気分になりました。

長期的に大きく成長して行く「超成長株」を探すにはどうしたらいいのか?著者は5つの法則を提示する。
1) 私達の生活を快適で楽しい物にすることに貢献している
2)10年後、20年後にも必要であり続ける
3)その会社ならではの強みがある
4)進化し続けるDNAがある
5)高い理想に基づく明確なビジョンがある

なるほど、良い会社というのはどんな理念やビジョンを持ち、何を目指しているのか、ウェブサイトでも分かりやすく訴えていると。逆に社長の写真を掲載していないような会社は要注意だという。(そうだ、あの某投資顧問がそうで、著者もそこを指摘していたなぁ。)

これからの日本経済の成長を担って行くような企業を「応援するつもり」で投資する。

そうでした、そうなんだ、その通りだ。
毎日外国人を相手にし、海外を旅し、日本の良さを自分なりに理解しているつもりなのに、その自分が日本を応援しないなんて、、といたく反省いたしました(T-T)

同僚と語らう夜@水天宮駄菓子バー

2、3年前から昨年あたりまで頻繁に訪れていた顧客先に向かう途中に気になるお店がありました。その名も「水天宮駄菓子バー」
522600760.jpg
古き良き昭和の世界、ALWAYSの世界を彷彿させる外観なのだが、いかんせん常にシャッターが下りているという状態。このお店って営業しているのかな?なんて疑問に思ったわけですが、今年ようやくその疑問が解けた。夜だけ営業しているのね(笑)
IMG_0936.jpg
早速、お店の外観と店頭のメニューを撮影して、そそくさとオフィスに戻る。この写真を同僚に見せたところ是非行ってみたい!という話になり、それが今日実現いたしました。

仕事帰りに足を運んでみると、ほんとだちゃんと営業しているではありませんか!
IMG_0964.jpg
店頭の赤提灯の光がなんともいい感じではありませんか。一緒に訪れた同僚も店先でせっせと写真撮影している間に、お店に入って席があるか確認する。金曜日の夜は混んでいるかな~?と思っていたら、2人分だったので問題なかった。

まずはドリンク、なのだがこれがものすごい種類のドリンク。しかも変わり種が多く、いろいろ挑戦してみたいという気持ちもあったのだが、まずは生ビールでしょ。仕事の後の一杯目はやっぱ生ビールでしょ(←おやぢ)
IMG_0966.jpg
席代が500円で駄菓子食べ放題。要はお通しが駄菓子。とにかくたくさんの種類の、しかも昔懐かしの駄菓子が満載で小さいバスケットをもって好きな駄菓子を取りに行く瞬間はむちゃくちゃテンションがあがりましたぞ。なんか一瞬だけ、おばあちゃんからお駄賃もらって近所の駄菓子屋に駆け込んだあの幸せな時期が脳裏をよぎった。

お食事のメニューも普通に居酒屋にあるようなメニューから、変わり種のメニューまで。面白半分で缶詰を注文してみた。ということで、オイルサーディン。
IMG_0968.jpg

同じく1月に転職した同僚と一緒に今の職場についていろいろ語り合う。やっぱ同じ時期に入社するとそれだけで親近感だよなぁ。しかも年も近いし。

〆はチキンラーメンにしようか一瞬悩んだのだが、なぜか揚げパンに(笑)
IMG_0969.jpg
もちろんオーソドックスにきなこのやつね。懐かしさがむちゃくちゃこみ上げてきたよ。店内の内装は昭和初期を思わせるような雰囲気なのだが、店内のBGMは80年代歌謡曲。懐かしさで涙ちょちょ切れそうだったよ。しかも店内のテレビ(しかもチャンネルをガチャガチャ回すやつ)には、俺たちひょうきん族の映像が。すまん、私はドリフ派だったから全然観たことがないんだよね。

いやー、超面白かった。また行くぞー!

薮から棒に台所の大掃除

今日は朝から張り切って皇居ラン!と思っていたのだが、予想通り朝から雨が降っていたので二度寝。二度寝から目覚めた私はいきなり台所の大掃除を始める。そういえば、明日であの震災から1年が経つな。そういえば、震災の日は同僚と長い道のりを歩いて帰った挙げ句に、家の中がぐちゃぐちゃになっていて脱力したなあ。で、その翌日は歩き通しで疲れた体に鞭打って、少しずつ片付けを始めたなあ。

といろいろ考えていたら、体が動いてしまったわけです。黙々と台所掃除をする私をみた旦那は「どしたの?」なんて目を丸くして驚いている。そうだよな、主婦業はほぼ放棄したと言ってもいい私が一心不乱(?)に掃除しているんですもの。つか、日頃からきちんとお掃除していれば、しつこい油汚れと格闘したりして、こんな「大掃除」みたいにならなくて済んだんですけれどもね。

掃除の途中なのだが、コンタクトレンズ等の日用品の買い物に出かける。あわよくば、お留守番している旦那が私の後を引き継いで、台所の掃除をしていて、帰ってきたらキレイになっていないかな~なんて思った私が甘かった。そうだよね、私が頼まない限り(言われない限り)動かないよね。しかも、この場合「自分がやりたくて始めたんでしょ?」とか言いそうだわ。

まずはガス台まわりの大掃除が終了。とにかく、油汚れを落とすのにかなりの時間を要したし、かなりの力仕事だったよ(涙)これからはこまめに掃除して行きますわ(誓)
IMG_0959.jpg

で、一旦晩ご飯を挟んで、台所の大掃除が終わったのは夜の遅い時間。
IMG_0961.jpg
震災の後、冷蔵庫が斜めに傾いていて、ずっと1年近くそのままにしていたのだけれども。ようやく壁に沿って真っ直ぐに、元通りに戻しました。

さ、後はこのきれいな状態を長く維持するようにしないとね(汗)

The Right-Brain Business Plan

一昨日、RSSで購読している某ブログで紹介されていたので気になってキンドルでサンプルを取り寄せてサクっと読んでみたところ、なかなか面白そうな内容だった。念のためレビューを確認したところ、むちゃむちゃ高評価ではありませんか。(一昨日時点で21人のレビュー中、全員が星5つ!)しかも、キンドルだと$7.99とお手頃価格なので速攻購入。というか、キンドルで購入した書籍は80%は積読本になるんだよなぁ。つい最近購入した「Steve Jobs」もしかり。

The Right-Brain Business Plan: A Creative, Visual Map for SuccessThe Right-Brain Business Plan: A Creative, Visual Map for Success
(2011/03/15)
Jennifer Lee

商品詳細を見る

今回も途中で積読本になってしまうのか?と思いきや、面白くって一気に読み終えてしまった。

この書籍の内容を一言で表すとしたら「右脳で作成する事業計画書」というところでしょうか。アーティスト、ヨガ講師、デザイナーのようなクリエイティブ系を生業としており、競合分析とか資金調達などなど小難しいことを苦手とする人向けの指南書でもあり、逆に左脳系の人が右脳を刺激してクリエイティブな事業計画を立てるための指南書でもあると思う。とにかく、右脳/左脳をフルに生かして事業計画を立てよう!と。

以下の章ごとに右脳を刺激するようなエクササイズが設けられています。用意する物がハサミ、雑誌、色鉛筆などなど図画工作をするかのごとく、の内容。

1. Starting from the top
2. Crafting your business plan
3. Painting your business landscape
4. Getting the word out with marketing
5. Managing the moola - color by numbers
6. Corralling your creative cohorts
7. Action planning - where the rubber meet the road
8. Weaving it all together
9. Maintaining the magic and momentum

また、ところどころ成功事例として何人かのビジネスオーナーの例が紹介されていてこれまた参考になります。とにかく、図や写真が豊富で読んでいても楽しいです。また近いうちに読み返す予定ですが、その時には私も一緒にエクササイズしてみようと思っておりまする。

しかし、Amazon.co.jpで購入すると2,500円も、3倍近くもするのか…。

プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!

仕事帰りに立ち寄った本屋さんで強烈なタイトルで思わず手に取って、パラパラと流し読みしたところタイトルとは裏腹に至ってまともで面白い内容だったので即レジ行き。タイトルをパッと見しただけだと、バックパッカーでたまたまアフリカを旅行していたら、何か一発当てて(大きなダイヤの原石見つけたとか…笑)大金持ちにでもなったのかと思わず思ってしまうよなー。

プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!
(2012/03/08)
石川 直貴

商品詳細を見る

著者が学生で韓国に留学していた時に友人達と一緒に、韓国の中古車をアンゴラへ輸出するというビジネスを始めたところ、しまいにはアフリカに渡ってアフリカで土地開発、カジノ経営などなど手広く事業を営むようになってしまったという話。

著者が韓国の中古車をアンゴラへ輸出するきっかけとなったのは、グルジア出身の友人が親戚に頼まれて韓国の中古車を本国へ輸出販売を手伝ったという話を聞き、韓国の中古車が想像よりも安く仕入れることができるということを知ったから。そこにアンゴラ出身の友人がいて、その友人の父親は警察のお偉いさん。そのような偶然が重なってのちょっとしたビジネスだったはずが、それが今となってはアフリカの第一線で活躍するビジネスマン。

どこかのアフリカ専門コンサルみたいな人が書くような本と違って、著者のアフリカでのビジネスを通じて見えてくるアフリカがとにかく面白い。「ブラックダイヤモンド」という存在を初めて知った。ブラックダイヤモンドとは25~40歳の世代で良家の子女が中心で、海外で活躍するが愛国心が強く、自国の利益を考える。アフリカでの消費の中心を成す層だそうだ。ブラックダイヤモンドは自力で成功した親の仕事を継ぎに戻ってきて、親の家業を成長させ、得た資金を元手に新しいビジネスを行っているという。著者曰く、ビジネスパートナーとしては最適だが、社員としては人件費コスト高のため採用しない方がいいようだ。

また、アフリカでビジネスを行うためのノウハウが惜しみなく書かれています。人の紹介、人脈の大切さは新規参入時に発揮するということ、治安、政治情勢などのリスクに対応するためにビジネス拠点を例えば西アフリカと東アフリカにもつというようなリスクヘッジ、アフリカでビジネスをするには完全に準備ができてから進出するのではなく、「まずは進出して、まず生き残ること」生き残って試行錯誤を繰り返す、臨機応変さが必要だと。

リスクと隣り合わせのハイリスク、ハイリターンのアフリカンドリームを追いかけてみたいという方にはお勧めの書籍です。まずはご一読を。

余談だが「長生きしたかったらダイヤと金には手を出すな」というアフリカの言い伝え(?)には不謹慎かもしれないが吹いてしまった。そうだよなあ、アフリカの抗争の火種はほとんど天然資源が原因だもんなあ。

第1回餃子マラニック(3)

前回からの続きです。

品川でゆっくり体力回復を試みていると、蒲田からワープしてきたラン仲間と合流。ということは残すは大森だけなので、あともう少し待てば皆と再び合流できるのね。と、日も暮れて街灯の明かりがつきだした6時過ぎにかなりお疲れの様子でやってきた。しかも、餃子王がいない!何でも蒲田でのっぴきならない緊急事態が発生し、戦線離脱したらしい。

それでも続くよ、餃子マラニック。
品川は「玲玲」というお店で、トマト餃子がとても有名とのこと。
P1040028.jpg

もちろんトマト餃子をテイクアウトしたのだけれども、すごい羽根つき餃子だ!はみ出てるし!
P1040029.jpg
とてもジューシーな餃子で、一口ほおりこむと口の中一杯に肉汁が広がる。そしてトマトの風味がこれまた悪くない!今日一日で立て続けに何店舗も、たくさんの餃子を食べたけれども、それぞれのお店でそれぞれの個性的な餃子があるんだねーとしみじみ思ったわけです。

と、餃子マラニックのゴールは赤坂「みんみん」で19時に予約しているのだが、この後の2軒に立ち寄っていたら間違いなく間に合わないのでスキップ決定。後は、赤坂まで一気に走るだけなのだが、それでも19時には間に合わない様相である。こういう時はやはり電車か。品川駅から六本木まで一気に電車移動し、六本木からは走りながら赤坂のゴールを目指す。

いやー、赤坂「みんみん」に到着したときには涙でお店がぼやけてこんな感じで見えましぇーん!!(つか、単にピンぼけ写真しか撮れなかったんですけどね)
P1040030.jpg

ここで他のラン仲間と合流し、お互いの労をねぎらう慰労会。いやいや打ち上げが始まる。ようやくビール解禁でここぞとばかりにビールで喉を潤す私。みんみんの餃子も相変わらず美味しいし!
P1040039.jpg

とかいいながら、餃子だけでなく他の品ももちろん注文。
P1040035.jpg

残念ながら、川崎ー品川間をワープしてしまい、全行程を走破することができなかったけれども、とても楽しい餃子マラニックでした。次の餃子マラニックはいつかなーと指折り数えて待ってます(笑)

第1回餃子マラニック(2)

前回からの続きです。

さて横浜駅から鶴見までは約7km、今回の餃子マラニック最大区間だそうで。でもハーフやフルマラソン大会に出ている身としては余裕!と思い込んでいたわけですが、これがまたむちゃくちゃ甘かった。本気でなめてかかってた。理由はひとえに自分にあるのだけれども、ここ最近まともに走っていない、むちゃくちゃ練習不足の状態で、サブ4軍団について行かなくてはいけないという試練(涙)。いえいえ、サブ4軍団はかなりペースを落として走っていらっしゃるんですけどね、とにかく自分の練習不足、体が重いことをつくづく痛感しましたね。

信号待ちがこんなに待ち遠しいとは思ってもいなかった(笑)
京急に沿うように走っていたので、最悪は子安から電車に乗る、いや生麦から電車に乗る!と邪悪なことを考えながら走っていた。しかし、こういう最悪の場合は電車があると考えると幾分か気持ち的に楽になる。つーか、餃子マラニックってこんな苦しい戦いだったっけ?!

こんなに頑張ったんだから鶴見で食べる餃子は相当うまいはずだ。
と、4店舗目になる鶴見の餃子のお店はというと…。ぎょ、餃子の王将…。
P1040019.jpg
7km走って餃子チェーン!?何かの間違いかと思ったよ。いや、餃子王のことだから、餃子の王将といいつつも鶴見店は他の店舗と違う何かがあるのかもしれないと。が、餃子王は無情にも「何もない」と。更に「横浜から川崎までどこにも寄らずに走りたくないでしょ?」と。そう、横浜から川崎までは餃子王のお眼鏡にかなうようなお店がなかった…ということです。

P1040022.jpg
ということで、よく焼き餃子をお持ち帰り。しかし、されど餃子の王将。やっぱうまいんだな。餃子の王将、侮りがたし。

次は川崎。
約3.7kmの道のりで皇居1周にも満たない距離なのだが、どうも私の中にかなりの疲労が蓄積されていて、しんどいことこの上ない。自分の日頃の練習不足をただ呪うしかない。あと、ダイエットもしようと心に固く誓った万年ダイエッター。川崎駅そばのチネチッタの片隅にひっそりと佇んでいたのが「成喜」というお店。
P1040024.jpg

餃子しか注文しない面倒くさい客なのに、わざわざ店内の席に通してくれた(涙)お店の人がとても親切で、中華街から走ってきて喉が渇き、潤いを求めていた私達のためにお水をたくさん補給してくれた。感謝、感謝。

P1040026.jpg

ここの餃子もおいしく、驚いたのはこの特製味噌だれ。餃子の街!?川崎では結構流通しているものらしいのだが、長いこと川崎市民である私もこれは初めて知った。タレを薄めて、餃子につけて食べるといいとのことだったのだが、いやいや、薄めない方がいい。この濃厚な味噌だれにハマってしまった。

そしてこの時の私の脳裏には「ワープ」という言葉が浮かんだ。
ワープというのは餃子マラニックコース上の地点間を電車で移動することである。とてもではないが、ここから先を走りきれる体力があるとは思えないので、一旦川崎からワープして品川で再度皆と合流して赤坂を目指すことにした。ということで、お店を出た後は、川崎駅に向かって東海道線で一気に品川駅までワープ!

この間、蒲田と大森の2店舗に立ち寄って行くはずなので、だいたい2時間位を体力温存に使えるかもしれない。品川は駅そばにある「玲玲」という私達が目指すお店があるビルの1階にWIRED CAFEを発見したので、ここでのんびりして体力回復を狙う。

ということで、一旦餃子を離れて注文したのがこちらのブラウニー♪
P1040027.jpg

とにかく、品川から赤坂まで走る予定なのでここでしっかりと体力を回復してやるのだ。

第1回餃子マラニック(1)

昨年末のラン&餃子忘年会でひとしきり盛り上がった餃子マラニック。その後、Fecebookのイベントページが立ち上がり(←つか、自分がやったんだろっていうツッコミはスルーします)、餃子王がマラニックコースとお店を選定し、あれよあれよという間に3月3日、世間ではひな祭りのこの日に第1回餃子マラニックが開催された。

横浜中華街からのスタートということで元町中華街駅改札に集合。蓋を開けてみるとなんと11名が集結していたという、恐るべし餃子パワー(笑) 中華街入口で皆で記念撮影をした後に向かった先は「山東」。最初に向かった店舗では11名を収容できないほど混んでいたようで、すぐそばの新館に移動。
P1040006.jpg

ここは水餃子がお勧めらしく期待が高まる。待っている間は餃子、これからのコースの話等で盛り上がる…が、なんか結構な時間待っているぞと思ったら、注文後に作り始めていらっしゃったのね。そんなこんなで、やっと水餃子が出てきた時は感動!
P1040008.jpg
もちもちーっとして、ココナッツオイルが入ったタレにつけるとこれがまたうまい!まだ走り出してもいないのに、しょっぱながこんなに美味しい水餃子のお店だなんて、この後の餃子はどんなことになるのよ!?と期待が高まる。と、同時に、ここでずっと水餃子食べ続けてもいいかな~という誘惑に駆られる。


が、気を取り直して2店舗目に向かう。
次は中華街から2キロ程向かったところにある野毛。横浜中華街からみなとみらいに向かう途中の異国情緒溢れる街並にむちゃくちゃ感動。またすごくいいお天気なので走っていて気持ちいい!また機会があったらこの辺をゆっくり走りたいな~と思いながら走っていたら、着いちゃった。
P1040010.jpg
何だか看板がすごく賑やかで、閑静な商店街の中でも特に目を引くこのお店。毛沢東だけではなくて、私もビックリだよ。ほんと。で、餃子のテイクアウトをしたのですが、結局店先で食すことに。お店のおじちゃんが「だったら最初からそうしてくれよ~」と、テイクアウト用の資源を無駄に使用してしまいすみません(汗)

ということで「三陽」の餃子。
P1040012.jpg
こちらニンニクがすごく効いてます。他の人が食べているだけで自分のところまで匂いが漂ってくるという。どんだけニンニクぶっこんでるんでしょ??と言いながらもしっかり食しましたけど。うまー!

さて食べるだけ食べたらさっさと次へ移動。次は横浜にある「まん天餃子」でここまでは約3キロ。皇居1周にも満たない距離なのでまだ大丈夫。
P1040016.jpg
このお店は横浜地下街の中にあり、買い物客で賑わう週末の地下街をランニングウェア集団が早歩きで餃子やを目指す。ハタから見たら異様すぎる光景(笑)こちらでは黒豚餃子としそ餃子をテイクアウト。

P1040017.jpg
しかも、地下街の入り口そばで素手で餃子に群がるランニングウエア集団は明らかに周りから浮いている。ま、深く考えないことにしよう。2店舗目の「三陽」の餃子にインパクトがあり過ぎたためか、こちらの餃子はあっさりとした印象。さっきまで強烈なニンニクの匂いをかいでいたせいか、しそ餃子のしその匂いなんてどこかのフレグランスのように爽やかに感じてしまった。

ということで、皆でハイエナのように群がってあっさり完食。さて次は鶴見に向かうそうだ。

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク