2012年を振り返る

P1050230.jpg
(2012年9月、メドックマラソンにて)


大晦日に自宅にいるのは何年振りだろうか。去年はたしかパリのシャルルドゴール空港で、紅白の様子をツイッターのTLで追いたくもないのに、結果的に追っかけてる羽目になっていたなぁ。今年はクリスマスの3連休、先週末を使って、部屋の大掃除を結構し、いらないものが45リットルのゴミ袋10袋以上になり、使えなくなった電化製品なども回収に出して、何気に忙しかったかも(笑)今日は旦那もフランスから帰って来て、部屋がすっきりしていたのでかなり驚いてた。

さて大晦日なので今年1年を振り返ってみる。

(仕事)
転職して、ちょうど1年。最初の3ヶ月で転職失敗したかも?と思ったのだが、とりあえず1年は頑張ってみると決めて、とにかく何でもさばいた。今年の後半でそれがようやく芽を出して来ている感じがするので、更にもう1年様子を見てみようかなと思った次第。とにかく、手ぶらでは辞めれない。経歴書に書けるような何かしらのノウハウ、スキルはきっちり頂いてやる。

(マラソン)
1月の勝田マラソンを皮切りに始まったランニング生活。4月はレースにエントリーし過ぎに気がついたが、もう後の祭り、パラカップでのハーフマラソンを皮切りに、翌週のかすみがうらマラソンでフルを走り、更に翌週は富士五湖チャレンジマラソンで72kmの初ウルトラマラソン。これ全て完走、ここで調子に乗ってしまったのかな〜。9月のメドックマラソンでは暑さとテンションの上がり過ぎで体力を使い果たしての無念のリタイヤ。そしてその翌週のしろいし蔵王マラソンはハーフなのだが高低差と暑さに負けて、制限時間2時間10分内にゴールできずにタイムアウトで回収。でも、これがかえって良かったと今にして思う。翌月からは毎月200km以上を走ることを目標に、仕事の後は皇居ってな生活が続いている。そのおかげで、11月の富士山マラソン、その翌週、12月の上海マラソンで連続して自己ベストを更新した。

(ダイエット)
転職してから、思っていた仕事ができないストレスからか、体重がめきめきと増え始めた。結局、2年前の皇居ランを始める前のところまで行き着くという悲惨な状況になった。10月から走る回数、距離が増えたために自然に体重が減って行った。10月から現時点で6.5kg減。

(旅行)
転職したばかりなので、様子見で有給を控えめに取っていたので、有給9日を翌年に持ち越しという今迄にないかも。(必ず年内に使い切っていた)とはいいつつも、5月にイスラエル、7月にベトナム(フエ、ホーチミン)、9月にフランス(ボルドー)、12月に中国(上海)と海外に出れたのは良かった。

(その他)
前年に比べて、まったく本を読んでない。無駄にネットに時間を割いていたのが原因だと思われる。これは来年の「やらないこと」リストに加えよう。

8月に勢い余ってサハラマラソンにエントリー。無謀だとは百も承知しているが、一生に一回はこんな挑戦やってもいいかなと思うので、来年前半はサハラマラソンに集中します。

フランス語検定等、やりたかった勉強がまったくできてない。これも無駄にネットに割く時間があるのなら、隙間時間でもいいからコツコツとやっておけばよかった。


と、こんな感じでしょうか。
2013年も引き続き頑張って行きます。来年もヨロシクお願いします。
スポンサーサイト

アセットアロケーション -201212

気がつけば、前回のブログ記事からちょうど半年経過していたのか。この間、まったく資産状況をチェックしていなかったというわけではなく、単にブログを書く優先順位が下がっていただけです(汗)

この間はパッとしない日々が続いていたわけですが、衆院選の前後から円安が進行し始め、日経平均がぐんぐん上昇し、気がついたら余裕の1万円越え。私の資産運用的にはウハウハな状況、来年もこの状況が続いてほしいですわ、ということで、今月の状況はと言いますとこんな感じです。




半年前に比べると、あの後に、少しだけ外国株式に追加投資したこと位だが、円安と株高の影響で外国株式の割合が増えてしまった。もう少し様子を見て、リバランスした方がいいかもしれないかな。というか、今年は出費が多く(かなりの無駄を発見…涙)、貯金が例年よりも少なめになってしまった。本来は例年よりも貯蓄額が増やさなくてはいけなかったのに、、来年は少し引き締めて参ります。

香港マラソン2013エントリー

603339_10151131415937084_60305868_n.png

来年の東京マラソンの抽選に外れたら、同日に行われる香港マラソンに参加しようと思っていた。で、案の定、東京マラソンの抽選に外れたので、その後、ユナイテッド航空の特典旅行で香港行きのチケットを手配し、ホテルを予約し、香港マラソンのエントリーが始まるや否やオンラインエントリーを試みるが、あっさりとオンラインエントリーの店員に到達してエントリーできなかった。となると、スポーツエントリーから行うか、エントリー用紙をダウンロード/記入して郵送するかのどちらかで、後者を選択した。

スケジュールは
2/22(金) 夕方、成田発/夜、香港着
2/23(土) 香港泊(ゼッケン受け取り等)
2/24(日) 香港マラソン
2/25(月) 朝、香港発/昼、成田着
現地では前職の香港人同僚達と飲茶三昧する予定も入れてみる。

と、前置きは長かったのだが、本日、クリスマスイブの日にマラソン大会の事務局からゼッケン/参加賞の引き換え証が届いた。マラソン大会前日に引き換えに行こうと思うのだが、12時から14時の間の2時間で引き換えって、なんか時間が短すぎないか??その日はマカオに行こうと思っていたのに、引き換えの時間が中途半端だから行けそうにないではないか。

しかし、来年前半のマラソン大会のスケジュールが大変なことになってきた。
1月-ドバイマラソン
2月-香港マラソン
3月-ソウルマラソン
4月-サハラマラソン
毎月海外でフルマラソン、しかもトドメはサハラマラソン(汗)。

怪我のないように、体調管理だけは十分にしとかないと。

人生がときめく片づけの魔法

年末ともなると主婦雑誌も女性誌も大体お片づけ特集というか、モノの捨て方指南みたいな特集が組まれる。で、私も例に漏れず…と言いたいところだが、こう見えても私は「捨て魔」で、必要ないと判断したらちゃっちゃと容赦なく捨てるヤツです。

で、今、旦那がフランスの実家に帰っている隙に不要なもんはじゃんじゃん捨ててやろうと目論んでおります。うちの旦那はモノを捨てきれない性格で、いつか使うと言いながら、使われることなく眠っているもの多々あり。とはいえ、いきなり旦那のものに着手するのはさすがにひどすぎるので、まずは自分のものから。

今年はなぜか積読本がひどいことになっていた…(滝汗)
読んだ本はブログに読書記録を書いてから、永久保管かブックオフ、もしくはアマゾンのマーケットプレイス行きかになるのだけれども、まずブログの読書記録待ち本が溜まってた(^^;

その中の1冊がこちら。

人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
(2010/12/27)
近藤 麻理恵

商品詳細を見る

おいおい、「捨て魔」って言っていたくせにこんな本読んでるんかい?というツッコミがきそうだが、以前にTV番組で女性芸人の部屋を片付けるという企画で、この本の著者の方が出演していて、いろいろアドバイスをしていたのですが、そのアドバイスがちょっと変わっていたことと、あとその女性芸人がしまいには涙流して人生観変わった位の勢いで語ってたのをみて、ちょっと気になって購入したわけです。(まんまとのせられたと言えばそれまでか)

「触ってみてときめくモノだけ残す。ときめくモノだけに囲まれて幸せな気分で暮らす。」ってことですかね。

自分では(旦那は除く)結構すっきりした状態で暮らしていると思っていたのだけれども、まだ完全に捨てきれていないものがあった。積読本になっている本がそう。いつか読むつもりのいつかは永遠に来ないとは耳が痛い。

つか、この本を誰か英訳して!
旦那に読ませたいですわ…。

非常識マラソンメソッド

毎度毎度のおバカな話なのだが、金曜日の夜に飲んだくれて、土曜日の朝の皇居ランは二日酔いで走ることができなかった。じゃあ、午後から走ろうと思ったら、雨が降り出して来た。どうもこう学習しないかな、私は。ということで、今日の朝に溜まった家事を少しこなして、昼から皇居へ向かった。ランニングのイベントが開催されていたらしく、結構人でいっぱいだった。しかも、春先のような陽気で暑くてしんどかった。サハラはこれ以上にしんどいんだろうな…。

さて、随分前に購入していたコチラの本を再読。

非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)
(2010/10/18)
岩本 能史

商品詳細を見る

初めて本屋さんで平積みされているのを見かけた時に、タイトルが衝撃的だったので思わず手に取った本である。私は市民ランナーを目指せる程の脚力なんぞないのだけれども、その時はフルマラソンでどうしても5時間切りたくて、少しでも自分で取り入れられるものがあればと思いながら読んでました。いかんせん、そもそも練習をきちんとしていなかったのでまずそこからだ…と言われればそれまでなのだけれども。(今年の10月からはちゃんと心を入れ替えて練習するようにしてますよ…と言い訳してみる。)

効率的なランニングフォーム、ビルドアップ走は、日頃の皇居ランで取り入れるようにしていますが、峠走はまだ行ったことがない。近いうちに箱根に遠征してやってみたいと思っている。あと、レース前は必ず前日に現地入りするようにしている。これは先月の富士山マラソンで前日に現地入りしといて良かったわ〜としみじみ痛感した。あと、「マラソンは食べるスポーツ」ということで、この本を読んでからはこまめに水分を補給するようになったし、走りながら栄養ゼリーやバナナなど積極的に食べ物を取るようになった。

かなりこの本に影響されてます。

ソウルマラソン2013エントリー

先日のドバイマラソンに続いて、次は来年3月17日に開催されるソウルマラソンにエントリーしてしまった。1月はドバイ、2月は香港、もうこうなったらノリで連ちゃん海外ランだぜと3月に開催されるマラソン大会をチェックしていたら、ソウルマラソンのエントリーが始まったばっかりだということを知る。となると、まずは航空券を確保しなければならないが、4月にサハラマラソンで有給を2週間使うつもりなので、さすがに3月にも有給を使うとキツいので、週末弾丸で走ってくることにする。

となると、LCCのような格安航空券が理想。
エアーアジアの料金を調べてみると2万円以下でまずまずな感じ。しいていうならば、土曜日のソウル到着が夕方になっているのでゼッケンの受け取りが大丈夫かが気になる。日本公式サイトで確認したところ、一応受付時間は決まっているものの、柔軟に対応してくれそうな感じだ。帰りの便は日曜日の夕方なので、昼にマラソンが終わった後、フライトの時間迄ゆっくり観光できるのがいいかも。次はイースター航空、3月の料金は出ていなかったものの、フライトのスケジュールを見て即アウト。日曜日の朝8時にはソウルを発つという。おいおい、マラソン走れないじゃん。

で、全日空、日本航空、アシアナ航空、大韓航空を調べようとしたとき、ふと思った。
そういえば、デルタ航空のマイルがまだ余ってなかったっけ?
デルタ航空のサイトで特典旅行の予約をしようとするもなぜか予約できない。ちなみに、ソウルまでの特典旅行で必要なマイル数は15,000マイル。全然余裕じゃん。

昼休みにデルタ航空に電話して、大韓航空での特典旅行を予約。
3/16(土) 午前、ソウル到着
3/17(日) 夕方、ソウル出発
必要マイルは予定通り15,000マイル、これに事務手数料2,000円(←だからサイトから予約したかったのに…怒)と、入出国税等で4,400円程度がかかった。

これを受けて、ソウルマラソンのエントリーを速攻済ませる。
日本円での決済だったので9,500円+スポーツエントリーの手数料が425円(←こいつの意味がまったくわからん…怒)日本事務局を通さずにエントリーすると、US40ドルと段違いに安いのだが、気になったのは支払い方法。口座振り込みだったので、手数料いくら取られるか考えると面倒くさくなってやめたのだが、やはりこっちにすればよかったのかなぁ…と気になるところだが、もう支払ってしまったのだから仕方ない。

いやー、実はソウルの街を訪れるのは1996年の年末から1997年の年始にかけてなので、かれこれ16,17年振りかもしれない。それも何度も言うようだが、この時たった1週間そこらの滞在で大晦日の夜に催涙弾をくらう、元旦の朝から体調を崩して、上から下から戻しまくりで部屋のトイレから1日べったり離れることができなかったという悲惨な思い出しかないのだよ。

近いようで(私の中で)遠かった国、韓国に訪問するのが楽しみだわ〜。

ドバイマラソン2013エントリー

6108378683_5647620fd3_o.jpg
(2011年5月に撮影したブルジュ・ハリファ)


来年1月に開催されるドバイマラソンにエントリーしてしまった。
もともとは同じ時期に開催される勝田全国マラソンにエントリーしようとしていたのだけれども、気がついた時にはとっくの昔にエントリーが閉め切られていた。ちなみに気がついた時というのは昨日の帰りの電車の中である。悔しさのあまり、こんなこと呟いてますもん。

「勝田全国マラソンにエントリーし忘れてた。・゜・(ノД`)・゜・。来月もどこかでフル走りたかったのに。1/20のパクチーハウスのイベントの時に遠回りしていくかな…。」

と、これまたすごい偶然なのだが、帰宅後FBのタイムラインを眺めていたら、皇居ラン仲間がどなたかにドバイマラソンの話をしているのを目にした。で、気になってドバイマラソン公式HPを確認してみると、来年は1月25日(金)開催で、エントリーは年内迄受け付けているというではないか。

こ、これは!Σ(°□°||

もうここから先はドバイマラソンのことで頭がいっぱい。フルマラソンの開始時間、スタート/ゴール地点、コース、高低差や制限時間などを確認し、更には1月のドバイの気候、航空券などなど。ドバイの気候は1月は最高で31度くらいになるらしいので、9月のメドックマラソンと同じ位。サハラマラソンの練習を兼ねて暑いところでもう1回走っておきたかったのでちょうどいいかも。(かといって、MDSのオフィシャル練習ツアーに行くのは高いし、練習で心折れたらきっと本番ではモロッコに行きたくなくなるかもしれんし…笑)

と、今日も昼休みにちまちまと航空券を調べる。
日系はどうせ中東系のコードシェア便だからそもそも考えていなくて、エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空の3社を比較していたところ、カタール航空がちょうど年末バーゲンをやっていたので一番安かった。

本日帰宅後さっそく、
ドバイマラソンエントリーぽち、航空券ぽち、ホテル予約ぽち
と一挙に3段ぽちをやってのける。

が、まだ2日間の有給休暇の申請をしていなかったり…ま、何とかなるでしょ(汗)

富士山マラソン vs 上海マラソン

1無題

昨日は恒例の皇居ランだったのだが、先々週、先週末とバタバタと忙しかったので自分に「お疲れさま」ってことで、心行くまでバクスイした。目覚ましをセットしないで眠れる幸せ♪で、今日はリベンジ皇居ランではりきって3周しちゃったし。

さて、富士山マラソンの公式記録がまだ届いていないとぼやいていたら、公式サイトから確認することができるということを聞いて早速アクセスしてみた。そして、上海マラソンは公式記録は走り終わった後にもらっていたのだけれども、こちらも公式サイトから確認できるというので早速アクセスしてみたら、10km毎の計測結果ものっていた。(記録証ではグロスとネットタイムしか記載されていなかったが。)

なので、ちまちまとエクセルで上記の表を作ってみたら、結構(自分にとって)興味深いデータになった。まず、上海マラソンでも自己ベストを1分弱更新していた。で、上海マラソンでは最初の方は観光がてらのファンランを目指していたため、立ち上がりのタイムが若干遅め、そして、後半になって観光するようなものがなかったので、真面目に走ることに切り替えたので、タイムが気持ちだけ上がって来ている。富士山マラソンの方は最初の方で張り切ったのか、後半から少しずつタイムが落ちて来ている。

気になるのは、両方とも25km-30km地点のところでタイムがちょっと落ちているところ。上海マラソンは27km辺りでトイレ休憩が入っているので納得。だが、富士山マラソンの方は皆目見当がつかない。西湖から河口湖へ戻るところらへんだと思うのだが、うーん。

しかし、改めてラップタイムとその時の状況を照らし合わせて振り返ってみると、やはり数字にちゃんと現れるんだなと思った次第。

PAXI RUNNING CLUB vol.2

2012-12-04 19.36.37

本日は第2回目のパクチー・ランニング・クラブの日。
仕事もそこそこに…と言いたがったのだが、急遽、欧州との電話会議が入ってしまったため開始時間より30分遅れての到着となってしまった。既に5人位集まっていて、皆さんしっかりと盛り上がってました。

到着すると、オーナーの佐谷さんの「完走おめでとう!」の第一声。う、うれしい。前回はメドックでの無念を延々と語っていただけに、今回は2週連続フル完走のご報告ができてほんとに嬉しいあるよ。

前回はメドックマラソンに参加された方々ばかり出席していたので顔見知りばかりだったのですが、今回は初めてお会いする方々もいらっしゃいました。共通話題が「ランニング」ということもあって、初対面の変なぎこちなさがなく(というか、最初はメガジョッキがいつ手元にくるのか気になってたww)、あたかも前から知り合いだったかのように会話が弾む。オバマ大統領の話の流れで、なんと同郷の人と遭遇してしまった。しかも年が近いせいか、何人か共通の知り合いがいることも発覚。世間ってほんとに狭いなー。

そして、本日は女子プロの卵(つか、プロテスト合格したばかり)の方々がいらっしゃって、お客さん皆でお祝いする。オーナーの佐谷さんは冥土の土産?(し、失礼!)に、コブラツイストをかけられてましたがな。ランナーからプロレスラーまでほんと面白い人たちが集まる場所ですな。何だろう、海外における日本人宿みたいな存在だろうか。ちょっと人恋しくなったら、ふらーっと行って、そこにいる初対面の面白い人たちとあたかも前から知り合いだったかのようなノリで、皆とワイワイ楽しむ。

来月もふらーっと行きますよ。

中国(上海)旅行 3日目:帰国

今朝は7時45分起床。朝8時に仕事に向かうイロキをなべちゃんとお見送りする。大変お世話になりました。
さて、イロキお勧めの飲茶レストランは11時からなので、それまでは近所のカルフールで自宅や職場へのお土産を物色することにする。

上海蟹売ってますがな。
2012-12-03 10.51.08
iPodTouchで写真撮影していたら、店員の男性が中国語で私のiPodTouchを指差しながら何か言ってくる。察するに、iPhone5だと言いたげなのはわかったので、iPodTouchだよと言い返すもどうもわかってもらえてない感じ。まあ、確かにそっくりだからね。

とりあえず旦那と会社の土産を買っておしまい。
上海はお土産を買いまくるよりも、現地で食い倒れるのがいい。

一旦、イロキ宅に戻り、荷物をまとめて、タクシーを捕まえて飲茶レストランに向かう。ちょっと場所の確認が遅れたことと、タクシーの運ちゃんが若干迷った感じになったので、飲茶ビュッフェ開始11時から15分程遅れて到着。到着したときは私達以外客はいなかった。

といっても、帰りのフライトの時間もあるので12時過ぎにはここを出なくてはならない。ビュッフェ形式なのに1時間位しか滞在時間がない悲しさ。とにかく頼みまくった。

こういう蒸し餃子系とか、
2012-12-03 12.39.28

ちまきとか、
2012-12-03 12.46.15
合計10皿位注文したかな。とにかく来るものを右から左に食い尽くす。くっそー、もっと時間に余裕があったら、全メニュー注文して、時間いっぱい楽しむのに〜。次の香港マラソンでの楽しみにとっておこう(涙)

12時過ぎにはレストランを出て、タクシーを捕まえて空港へ。
と言いたいところだが、タクシーの運ちゃんにAirportすら通じない悲しさ。私の発音が悪いのか?とにかく筆談で何とか虹橋空港第1ターミナルということを伝えることができたのだが、実は空港に着くまで本当に通じているのか気になって気が気ではなかった。道中、空港の方向を表す看板が見えて、そっちの方向にちゃんと向かっているのを見て少しは安心したけど…。

搭乗手続き、出国審査はサクッと終了。
またまたラウンジご招待のおこぼれに預かったので、ラウンジでまったりコーヒーを飲む。

フライトはほぼ定刻通り。
やはり機内はガラガラだった。こんなに中国便ががらがらだったら年末の旅行は中国でもいいなーと思い始める私。途中、富士山がきれいにみえたので頑張って撮影。
2012-12-03 16.48.35

予定よりちょっとだけ早く羽田空港に到着。
やはり羽田空港からのアクセスはいいわ。
ちょうど、帰宅のラッシュアワーにもまれながらも何とか無事に帰宅。

中国(上海)旅行 2日目:上海マラソンの後は

無事にゴールした後は、地下鉄を乗り継いでイロキ宅を目指す。
うかつにも地下鉄の最寄り駅は覚えていたので大丈夫だが、イロキ宅の住所を聞いてなかった!一人旅だとこういうコトはあり得ないのだが、連れがいると結構こういうことがあったりする(汗)が、イロキのきめ細やかなナビサービスで、指示通りに歩いて行くと無事に到着。

シャワーを浴びてさっぱりした後は、近所の焼き肉屋に向かい、今日初めてお会いする小龍さんとイロキと3人で軽く祝杯。ぎんぎんに冷えた生ビールが美味かったー。
2012-12-02 14.34.25

なべちゃんがイロキ宅に戻って来た頃合いを見計らって、ランチ焼き肉はお開きとなり、今度は4人で上海在住の小龍さんが上海一と言い切るマッサージ屋さんへ。
2012-12-02 19.54.54
本当は足と上半身を2人でマッサージしてくれるらしいのだが、今日はかなり混んでいたらしく、先に足のマッサージをして、それから上半身のマッサージになった。多分、3時間くらいそこにいたと思う。もう気持ちがよくてここは極楽浄土か?って感じ。背中にのってもらったのだけれども、これがマラソンで痛めつけられた体にはほんとに気持ち良くて、このままずっとのっててくれーと切に願った程(笑)

マッサージの後は夕ご飯♪
ということで、お勧めの羊肉の火鍋のお店へタクシーに乗って向かう。店先では店員さんが羊肉をさばいていた。
2012-12-02 20.13.06

ここに羊肉、お野菜を入れてしゃぶしゃぶ♪
2012-12-02 20.16.56
羊肉は思ったより臭みがなくて美味い。そしてここのタレが絶品。胡麻ダレなのだが、これに葱、ニンニク、パクチーをどっちゃり入れる。昼間の焼き肉がなかったら、かなり沢山食べれてたかも。

そして、飲み物はハルビンビールに、、、
2012-12-02 20.48.21

白酒!!
2012-12-02 20.54.28
悪いがこんな酒で二日酔いとかになって明日1日を無駄にしたくない。イロキの攻撃を何とか最小限振り切った。コーラに入れて飲むと白酒のキツさが若干薄まるが、しかしそれでもこれは絶対悪酔いするわ。

もうお腹いっぱいだし、ほろ酔い気分なので、後は帰って寝るだけかなーなんて思っていたら、なべちゃんが外灘の夜景を見に行きたいという。去年も見ているし、別に見なくてもいいかなー(とにかく寝たかった)と思っていたのだが、結局一緒に行ってしまう。

が、やっぱりこんな美しいライトアップを見るとテンション上がるね!!面倒くさがってごめん、なべちゃん。
2012-12-02 22.33.54

雨上がりのせいか、浦東エリアの夜景がきれいに見えてる!
2012-12-02 22.35.08

やっぱり私はこちらの外灘エリアのライトアップが好きだな〜。
2012-12-02 22.39.50

ライトアップは22時までのようで、22時の鐘が鳴ったと思ったら外灘のコロニアル建築の建物のライトアップが一斉に消えた。そして、しばらくすると浦東方面のライトアップも消えていた。ということで、タクシーを捕まえて、そそくさと帰宅する。

中国(上海)旅行 2日目:上海国際マラソン

マラソンのスタートは7時。
今朝は4時45分に起床し、5時半にはイロキ宅を出発。スタート会場である外灘にまだ日が昇りきっていない薄暗い中、タクシーで向かう。その道中、明らかに4人のテンションは「マラソン大会走ったるでぇー!」というものではなかった。なぜなら、寒くて、暗くて、雨が降っているから。これにはさすがに私もテンションがかなり下がり、もう出場しなくてもいいかなくらい思った。

が、タクシーの運ちゃんはしっかり自分の仕事をやってくれて、スタート時間前までに会場まできちんと送り届けてくれた。会場周辺は人でごった返し、何が何だかわからないまま、人の流れについて行く。
2012-12-02 07.43.42
晴れていたらまだましだったのだろうけれども、会場周辺がわけわからず、しっちゃかめっちゃか状態。荷物を預ける場所さえよくわからない。(といっても、私はトレイル用のリュックを背負って走るので関係ないが)

おかげで外灘から見える浦東方面もこんな感じで霧がかかっている。
2012-12-02 07.49.45
スタート地点はフル、ハーフ、ファンマラソンと分かれている位で、タイム別の仕切りはないようだ。そのせいか、中国人ランナー達が前の方へ前の方へと行こうとするのか、後ろから不意打ちにどつかれること多々あり。人混みをかき分けるのに「すみません」の一言もない悲しさ。

スタート直前、会場は盛り上がりを見せるが、メドックに比べるとねぇ。
2012-12-02 07.54.27
メドックでは上空に戦闘機が2台通り抜けるというパフォーマンスがあったが、上海ではこんな感じで凧が2つ飛んでいたくらいかな(T-T)

ちょうど7時にスタートの号砲が鳴り響いた…と思う。というのも、私の位置からは聞こえなくて、うぉーという歓声とともに前の人たちが動き始めたから気がついた。私達は号砲から5分程遅れてスタート。

対岸の浦東の高層ビル群を横目に中山東一路をゆっくりと走る。雨がぱらついていて、地面が濡れているし、人がいっぱいいるので転んでけがしないように慎重にウォームアップ。金陵東路、河南路を通ってスタート地点に戻るかのように、目抜き通りの南京東路を走る。普段は買い物客で賑わうような銀座みたいなところだ。朝早いので沿道で応援している人たちをちらほら見かける程度。

南京西路の5km地点で一緒に走っていたなべちゃんとお別れ。
常熟路を通って、准海中路に入ったときはちょっとテンションが上がった。というのも、去年11月に初めて上海観光で来た時にむちゃくちゃ歩いた通りだったから。懐かしいなーといろいろその時の思い出が脳裏をよぎる。そうこうしているうちにあっと言う間に10km地点通過。

で、西蔵南路に入ってからは(自分にとっては)単調な街の風景となる。
あと、ちょっとトイレに行きたくなって来た。准海中路では結構公衆トイレの看板を見かけたのに、10km過ぎてからはとんと見かけなくなってしまった。むちゃくちゃトイレに行きたいわけではない、でも空いているトイレがあったら行きたいかもってな感じなので、もう少し我慢することにする。

15km過ぎたエイドのところで、今まで着ていた雨合羽(朝にローソンで購入)を脱ぐことにする。そのままエイドのゴミ箱に捨てようかと思ったが、万が一また雨が降って来たらと思うと、、ということでいったんトレイル用のリュックに無理矢理詰め込んだ。雨合羽を脱いだとたん、何だか体が軽くなったような気がして、足取りも軽くなった。20km地点まであっという間だった。

このマラソン大会、給水所はけっこうあるのだけれども、食べ物がまったくない。まあ、出発前からそんな気がしていたので、20kmの給水所のところでアミノ酸ゼリーを補給。うまうま。

ハーフを通過してからは更にだだっ広い単調なコースとなる。結構行ったり来たりみたいなコースになっていて、先頭集団とすれ違ったりするもんだから、気がめいってくる。特に観光名所というようなものもない。最初は観光するつもりでのんびり制限時間いっぱい使って走る、ファンランの予定だったが結構いい時間でハーフを通過したので、ちょっとメラッと炎が上がった。

しかも、足の付け根とかに少し痛みを感じるものの、まだまだ走れるし、歩きたいという気持ちなんてからっきしない。途中、橋を上って下るのだが、皇居で言う竹橋のような感じの上りなのでペースは落ちることなく、結構いい感じで走れている。

と、思っていたのだが、
やっぱりトイレに行きたくなった…(涙)27km地点の給水所でさすがに我慢できず、トイレを探す始末。すると、沿道で応援していたおばちゃんがトイレの場所を親切に指差しで教えてくれた。コースから思った程外れていなかったのでほっとした。しかも、すぐにトイレに入れたのは幸運。

トイレの後は更に身が軽くなった気分。
もちろん足の付け根は痛い。でも、全然、今までのフルマラソンの時みたいに気持ちは全然折れていない。足が勝手に前に進んで行くし、ランナーズハイなのか、もしかしたら先週の富士山マラソンの記録を更新できちゃうのかな?という期待感で一杯って感じだった。

40km地点のトンネルにさしかかった時はテンションマックス!
とにかく、1km毎に頭の中でカウントダウンして行くのが楽しい。と思ったら、40kmから41kmがやけに長く感じるのだ。あと、2.195kmと思ったから、気が焦っているから、時間が長く感じるのか?と思っていたら、単に41kmの標識がなかっただけ(涙)気がついたら、42kmの標識。そして、上海体育館内の敷地に入ったので、ゴールはスタジアムのグランド内かなと勝手に思っていたら、何かよくわからない適当な場所(失礼!)がゴールだった。

ネットで4時間42分58秒。

ゴールしてからは思考回路が止まったのか、どこをどう歩いたのか適当に歩いて行ったら記録証とメダルがもらえた。が、しかし、計測チップの返却を忘れたのでデポジットの100 元を取り戻すことができなかった(涙)
2012-12-06 20.46.01

2週連続で5時間切れて本当に良かった。
というか、記録よりも最後まで歩くことなく走り通せたことがうれしい。やはり日頃の練習はこういう時に出るものなんだなと実感した。ろくに練習せずにぶっつけ本番状態でフルを走ったときは、体力、集中力がハーフ過ぎたあたりから格段に落ちる。集中力が切れると走りが歩みに変わる。で、歩き出すと再び走り始めるのは無理ってな感じだった。そして「歩いていなければ5時間切れてたんだ。」とクソ格好悪い言い訳を自分にしていた。
今なら言える、きちんと練習していないから途中で歩くんだと。

もっともっと練習して、歩かずに走れる距離を延ばしたい。
そう思った1日だった。

中国(上海)旅行 1日目:上海へ

今回は羽田空港からの出発にも関わらず、ついつい成田空港へ向かう感覚で早めに出発しちゃったもんだから、待ち合わせの時間より30分も早く着いてしまった。羽田空港からの旅立ちは初めてなので、あちこち見て回ったりしているうちに皇居ラン仲間のなべちゃんが到着。皇居ラン仲間のなべちゃんが全日空の上級会員なのでラウンジご招待のおこぼれに預かる。のんびりラウンジで過ごしているうちに、上海行きフライトの搭乗開始。まあ、搭乗口が行列をなしてるだろうからと、ちょっとずらして向かったら、何と出発10分以上前にして最終搭乗案内のアナウンスが流れてるし!
2012-12-01 10.07.50
で、私達が最後だったという…。地上係員の方によると、乗客が少ないので皆早く搭乗してしまったと。実際、機内に入ってみるとビックリする位にがら空き。こんなん暫くお目にかかったことないよ。さすが、外交問題真っ只中の中国行きの便だけあるわ。

約3時間のフライトであっという間に上海に到着した。
2012-12-01 13.33.02
今回は上海在住の皇居ラン仲間、リーダーイロキの住む所に近い虹橋空港に到着。入国審査と税関はあっけなくすり抜け、お迎えが来ているはずの到着ロビーへ向かう。が、すっかり現地人と化したような人なので、到着ロビーで待っている人々が全て彼に見えてしまう罠(笑)と、なべちゃんが携帯電話で連絡をとってくれて、何とか合流。久しぶりの再会、、と思ったら、そういえば先月日本に来てたな(°_°

タクシーで一旦、彼の自宅に向かい、荷物を置いて、再び上海体育館へゼッケンの受け取りに向かう。以外にも日本人ランナーが結構いて、ゼッケンの受け取り会場ではちらほら日本語が聞こえた。会場のスタッフも流暢とは言い難いが、英語を話す人たちが多かったので助かった。参加賞のTシャツはXLしかなかったのはちょいとショックだった。ま、どうせ旦那にあげることになるからいいのか(笑)


ゼッケンを受け取り、そそくさと会場を後にし、タクシーに乗って向かった先は日本にも店舗がある「県泰堂」。
2012-12-06 20.50.59
もちろん、お目当ては小龍包。
ここではガラス張りの厨房になっていて、小龍包を作っている様子を見ることができる。

イロキおまかせで注文したのはこちらの品々。
2012-12-06 20.50.02
前に一茶一坐の神楽坂店で初めて食べて病み付きになったトリュフ小龍包(写真左上)とフォアグラ小龍包(写真右上)を久しぶりに堪能する。やっぱり美味しすぎる〜。一茶一坐がなくなってしまった今、東京のどこかでこれを出してくれるところはないのかしら〜(涙)そして、イロキが追加で注文した担々麺(写真左下)とちまき(写真右下)もうまいー!幸先よい、上海グルメツアーのスタートですわ(え?!)

県泰堂を後にして、次に向かったのはイロキお勧めの焼小龍包のお店。
2012-12-06 20.55.54
こちらもガラス張りの厨房で小龍包を焼いている様子をみることができる。結構、狭い店舗ながらもお客さんで賑わっていた。肝心の焼小龍包はカリッカリとモチモチの不思議な食感を打ち砕くと、口の中に広がる濃厚な肉汁。つか、熱い!でも、美味い!

朝から全日空のラウンジ、機内食を平らげた上で、これら食ってますからね。
胃袋どうなってんだ?!って話ですわな。

→続きを読む

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク