[長崎帰省 2014] アリーナランと一蘭

IMG_2135.jpg

朝5時起床。
今日は朝6時に島原復興アリーナで「島原のRUN」のラン仲間と一緒にランニングするのだ。ホテルから島原復興アリーナまでは3kmちょっとなので、集合場所まで走って行くことにした。急な呼びかけにも関わらず6名も集まって下さった、感謝感謝である。皇居と同じく5kmを走るコースなのだが、海沿いなので潮風がとっても気持ちがいいのだ。早起きは三文の得ってのはこのことを言うんだな。みんなで色々話しながら、5km程走った後は集合写真を撮って解散。皆さんは車で帰って行ったが、私は更にホテルまで走って帰る。

ホテルのすぐそばに24時間営業しているスーパーがあったので、中を覗いてみるとこんな懐かしいアイスクリームを発見した。竹下製菓のトラキチ君である。
IMG_2138.jpg


虎模様のバナナチョコアイスなんだけどこれがめちゃうまなんですよ。竹下製菓といえば、九州っこなら誰しも知っている。一番有名なのはブラックモンブランなのだけれども、個人的にはこのトラキチ君が一番好きかな。
IMG_2139.jpg


ホテルに戻ってシャワーを浴びた後は、再び祖父のところに行って1時間程あれこれくっちゃべっていた。そうこうしているうちに、身支度を済ませホテルをチェックアウトした旦那と合流して、近くのショッピングモールに立ち寄って少しだけ食料買い出ししてから、母のいる病院へ向かう。

母の病室からの眺め。
IMG_2142.jpg

島原外港に行き来するフェリーがよく見える。先日の外港での花火大会も目の前で花火があがっているかのような特等席だったそうだ。まあ、入院生活を送っているんだから、これくらいの特典があっても良いかもね。母親と一緒に軽く昼食をとって、1時間くらいに滞在で病院を後にする。

福岡に向かう前に、恒例の足湯に浸かって、14時のフェリーで福岡に向かう。西鉄の天神駅に14時過ぎに着き、東京へのフライトにはまだ時間があるので、いそいそと例の場所へ向かう。

そう、これが食べたかったのだよ、一蘭のラーメン♪
IMG_2148.jpg

久しぶりにパーティションのあるカウンターと、例の注文用紙でテンションが上がって、替え玉までしっかり頼んでしまったよ。一蘭の後は、天神地下街やダイエーショッパーズなどをぶらぶらしてから福岡空港に向かう。

羽田に向かう機内ではひたすら爆睡。
20分到着が遅れたこともまったく気がつかなかったよ。

スポンサーサイト

[長崎帰省 2014] 一路みんな島原へ

朝4時起き。週末の早起きでただでさえテンションが下がっているのに、外は雨がざーざー降っている。今日は夫婦揃って長崎へ帰省するのだ。というか、夫婦で出かけるのって今年に入ってから初めてじゃないか?
IMG_2116.jpg

始発の電車に乗って羽田空港に向かう。7時25分発のJAL便でまずは福岡に向かう。帰省しようと思い立ったのが急だったので、航空券を普通に手配すると高くついてしまうので、マイル特典で旦那の分も一緒に手配した。なので、今回のフライトはJALマイル修行に全くカウントされない。

福岡までは約1時間半のフライトなのであっという間に到着した。雨模様の東京と違って福岡はすこぶる晴天である。というか、もう暑いんだが!
IMG_2118.jpg

福岡からは10時発の西鉄電車で終点の大牟田まで、そこからバスで三池港まで行き、三池港からは高速船で島原外港へ向かう。約2時間の旅である。島原へは長崎空港からバスで行ってもそのくらいかかるので、状況によって福岡空港、熊本空港から島原入りできたりするのでいいんだよね。

私のお気に入りはもちろん今回のこのルートである。
IMG_2125.jpg

特に天気がいい日は最高である。フェリーの潮風がとっても気持ちいいし、島原半島がきれいに見えるのもいい。こんな美しい場所で生まれ育ったのかと感動すら覚える。

島原には12時過ぎに到着した。
その足でそのまま母親が入院している病院に向かう。実は母親には今日行くことを全く伝えていない、サプライズ帰省である。まずは私が母親がいる病室を覗いてみると、ちょうど昼ご飯を食べ終わった頃で窓の外に広がる有明海を眺めていた。そこに私が登場したので相当ビックリしていた。更に、その後に旦那が登場した時はほんとに嬉しそうだったので、それを見てオレが涙出そうになってやばかった(汗)母親とは1時間くらい話し込んで病院を後にした。

さて、昼ご飯をまだ食べていなかったので、いつものお気に入りのあの場所へ向かう。
IMG_2128.jpg

島原もほんとにいい天気で潮風も気持ちいい。この間、輪行袋をゲットしたのに何でロードバイクを持ってこなかったのか激しく後悔した。

IMG_2129.png


私のお気に入りのレストランでの食事はこちらの海鮮丼。
IMG_2131.jpg

しかし、後から思ったのだが、これサーモンだから明らかに地元の食材じゃないよね。なんで、サーモンを頼んでしまったのか、自分でも意味不明である。ま、美味しかったから良いのだけれども。旦那は特天丼を注文して、でかい海老がまるまる天ぷらになって、どんぶりから思いっきりはみ出ていたので驚いてたな。

ランチの後は、母がいる病院のそばのホテルにチェックインして、その足で祖父のところに向かう。祖父も突然の訪問に驚いていた。祖父は相変わらず元気で、なにやら新しい趣味に没頭していたよ。祖父の様子を見ていると、自分は祖父の血を強く引いているのではないかとすら思えるw そういえば、ロードバイクで台湾を走ってみたいと思っていた私は、実はそれには理由があって、祖父が戦時中にいた場所を行ってみたいなと思っていたのだ。なので、どこにいたのかあれこれ聞き出したら、台北、台中、高雄とどうやら台湾内を広範囲に動き回っていたようだ。ふっ、走破しがいがありそうだなw

祖父と別れた後は、旅の疲れがどっと出たのか、もう晩ご飯をどこかに食べに行く気力もなく、とりあえずスーパーで食料を買い込んでホテルに戻ることにした。で、その帰り道にコンビニに立ち寄ったら懐かしいアイスを発見した。
IMG_2132.jpg

これ、中学時代に部活の後とかにしゃりしゃり食べていたなーと思わず購入してしまった。関東圏ではみかけなかったので、てっきりもう売ってないものだと思っていたのだが、地域限定商品だったのね。知らなかった。

朝4時起きで長時間(?)の移動がたたったのか、9時前には寝落ちしてた模様。

フィリピン不動産覚え書き(3)

IMG_2114.png

「フィリピン不動産覚え書き(2)」から続き。

公証役場で認証書類を用意してもらったとき、手数料が17,000円と思ったより安く済んだので拍子抜けしたと言っていたのが前回までの話だったのだが、実はやはり私が見落としていたことがあったのだ。ディベロッパーからの指示をよーく読み返してみると、認証書類2セットを提出しろと書いてあったのだ。ということで、送られてきた契約書6部のうち、2部について認証書類が必要だったのだ。その後、もう一度、認証役場に行って認証してもらいましたさ。なので、更に17,000円の出費で、計34,000円である。

そして、今朝は早起きして六本木にあるフィリピン大使館に行ってきた。
朝9時から受付と言いながらも、少し早めに入れてもらえた。そして、私は2番手だったので余裕だなと思っていたら、なんと書類不備を指摘された。指摘されたのはパスポートのコピーと、認証書類のコピーがないとのことで、慌てて近くのコンビニに駆け込んでコピーしてきた。

これでフィリピン大使館にて認証手続きが行われるのだが、書類の受け取りは5営業日後で時間帯が指定されている。仕事の関係上、その時間に受け取りに行けないので郵送してもらうことにした。郵送にしてもらう場合は、レターパック500に宛先を書いて一緒に提出すれば良い。申請費用は2部だったので、5,750円だった。結局、契約書に日本でサインした場合にかかった費用は39,750円だったので、私の場合はフィリピンに飛んで行ってサインするよりも(少々手間はかかるが)安く済んだ。

フィリピン大使館から書類が届いたら、後はディベロッパーに返送するだけ。

輪行袋が届いた

IMG_2109.jpg


ひょんなことからロードバイクを購入してから、月に1、2回のペースだけれどもバイクに乗るようになって、だんだん楽しくなってきた。この間、ビンティングシューズを履いてみたのだけれども、1回目は油断して自宅の前で自転車を降りようとした時に右足にビンティングジューズがくっついたまま右側に転倒して、右足の膝下に擦り傷をこさえてしまった。そして、先週末は、路上で不注意から急停車をしたのはいいのだが、ビンティングシューズをタイミング良く外すことが出来ず、左側に転倒し、左肘を痛めてしまった。おかげで、旦那にまだ危なっかしいからビンティングシューズを履くなとキツく言われてしまったよ(TーT)

と、それはさておき、もっぱら多摩川を40km程度走ってばっかりなので、100kmとか長距離を走ってみたいと思っているのだが、途中で体力がなくなって朽ち果ててしまったらどうしよう、、という悩みに応えるべく、輪行袋を色々物色していました。これならば、疲れたら自転車を収納して、交通機関で帰れるからね。

で、ちょうどBiCYCLE CLUBという自転車雑誌が輪行裏技の特集をしていたので、迷わず表紙買いして熟読する。うんうんと悩んだ結果、こちらの輪行袋(上写真)になってしまった。ポイントは使いやすさ。ホイールバッグにホイールを入れて、フレームとともにバッグに入れるだけという。しかも、トートバッグタイプなのもいいかなと。この輪行袋は27cmx17cmでちょっとかさばり、バイクのボトルホルダーにはとてもじゃないが入らないのだけれども、バックパックには十分に入るのでいいかなと。あとは、エンド金具とか買ったら、国内線だったら飛行機での移動にも使えるかなーと思ってるけど、どうかな。

あとは、手際良く袋にしまえるように練習しないとね。

JAL先得割引チケット予約

early bird ticket


本日、8月24日(日)14:00から先行予約開始っていうのをすっかり忘れてて、開始した時は近所の蕎麦屋で冷やしたぬきそばをすすってたよ。慌てて、スマホから予約しようにもこれがうまくいかないので、仕方なく急いで家に帰ってPCから(つか、Macだが)予約したよ。

狙っていたのは、大阪マラソンの日の復路便、福岡マラソン参戦のための往復便、そして橘湾岸スーパーマラニック参戦のための長崎往復便である。大阪と福岡は問題なく希望の便が取れたのだけれども、長崎は11月の3連休にかかってしまったので、往路の早い便、復路の遅い便が既になくなっていた。

うわーっ、痛恨のミス。

それでは、福岡か熊本から島原半島入りするかと調べてみたら、こちらも同様に往路の早い便、復路の遅い便が既になくなっていた。予約開始して30分位しか経ってないんだよ?恐るべし3連休だよ。仕方がないので午後に長崎入り、午前中に長崎を出る便になってしまったよ。これ、実家に寄る時間とかあるのか?

更に、まだ抽選結果が分かっていない来年2月開催のマラソン大会(姫路、熊本、北九州)参戦のための航空券も予約した。購入は11月以降なので、それまでには抽選結果も分かっているだろうし、もし落選したら予約をキャンセルすればいいし。

今までは思い立ったら旅するという感じだったので、何をするにも高くついたのだが、マラソン大会の予定で旅するようになったので前もって予定が分かり、それに合わせて前もって予約していれば先割なんかもあってお得だなとしみじみ思いましたワ。

フィリピン不動産覚え書き(2)

IMG_2072.jpg

「フィリピン不動産覚え書き(1)」からの続き。

さて「認証」とはなんぞや。
今回、不動産売買契約のサインを日本ですることにしたわけだが、日本でサインした場合、このサインは本当に本人がサインしたものだという証明書を添付することになる。(まあ、たしかに双方立ち会いのもとサインしているわけではないから、いきなり他人のサインを送りつけられるというリスクもあるもんな。)

で、この認証の手続きはどうすれば良いのか。ディベロッパーからの通知にはフィリンピン大使館の領事部で手続きをしてもらえ、となっている。なので、フィリピン大使館のHPで情報を収集したが、いまいち作業の流れが分からない。なので、てっとり早く、大使館に電話してみたさ。まず、公証役場に行って、公証人の目の前で不動産売買契約書にサインする。そして、認証の書類が発行されるので、これを持って外務省に行き承認印をもらったうえで、フィリピン大使館で認証手続きをしてもらうという流れだそうだ。公証役場ってのを初めて聞いたので、思わず「市役所か、区役所にあるんですか?」なんてアホな質問をしてしまったさ。もちろん、それは別物とのこと。

全国公証役場一覧

自分のオフィスの目と鼻の先に公証役場があったので、認証に必要なものを確認して、本日早速行ってきましたさ。公証役場での認証に必要なものはパスポート等の写真付き身分証明書と、サインをする売買契約書である。公証人の目の前でさらさらっとサインをしたら、契約書に認証の書類を添付するので1時間後に受け取りにこいと言われる。手数料は目的の価額によって異なり、私の場合は17,000円だった。

で、この認証の書類には公証人の証明のみならず、法務局長の証明、更に外務大臣の証明がされてあった。公証役場の人曰く、ここでまとめて証明してもらえるので、後はフィリピン大使館で認証してもらうだけでよいとのこと。思ったより手続き簡単じゃん!なんて思っていたら、フィリピンが領事認証を不要とするハーグ条約に加盟していたら、条約で定めた形式のアポスティーユを外務省から取得すれば、別にフィリピン大使館で領事認証を受けなくていいらしい、しかも公証役場で外務省のアポスティーユも作成してくれるとな。フィリピンがハーグ条約を締結していれば、更に手続きが簡単だった。

しかし、フィリピン不動産投資をやっている方々のブログでは、日本でサインすると10万とか、15万かかるということが書かれてあったのだが、フィリピン大使館での手続きを含めても2万円ちょっとで済みそうな予感がするんだけど、何か私は隠れコストを見落としているのかしら?

フィリピン不動産覚え書き(1)

IMG_1250.jpg
(マカティ中心部模型)


今年の頭から色々やってるマニラの物件なのだが、ようやく売買契約書をサインするところまで来たのだけれども、これが日本でサインをするとちょいと面倒くさいことになってしまう。で、このブログに自分の覚え書きとして残しておくことにする。(別のブログを立ち上げていたのだけれども、案の定なかなか更新しないのでやはりここで一本化することにしよう。)

購入申し込みをした後であるが、

1)手付金5万ペソ支払い。一定期間内に行わなければならないのだが、海外からの送金で時間がかかると言うことをきちんと説明したら、今回のディベロッパーの担当営業がかなり柔軟な対応をしてくれた。

2)購入予約申込書と添付書類を提出する。購入予約申込書(Reservation Agreement)はディベロッパー指定の用紙に記入する。添付書類は、収入を証明するもの(ちょうど転職したばかりだったのでオファーレターのコピーで代用)、銀行の残高証明書(英文で銀行に用意してもらった)、婚姻証明書コピー(フランス政府が発行した証明書に英文訳があったのでこれで代用)、源泉徴収書コピー(簡単な英訳をつけた)パスポートと住基カードのコピー。 

3)フィリピン納税番号(Tax Identification Number)取得
物件を賃貸に出して収入を得る場合、Philippine Bureaux of Internal Revenue(BIR)ってところに行って納税者番号取得しなければならないらしい。一旦取得したBIR TINは永久的に使うそうだ。担当営業に代理で取得してもらった。

4)銀行口座開設&送金
フィリピンナショナル銀行が東京に支店があるのだが、あえて、JALマイル修行も兼ねて今年の3月の連休にマニラに飛んで、HSBCで銀行口座を開いてきた。しかし、カードの受け取りが数日後になり、自分が受け取りに行けないので困ったなと頭を抱えていたら、担当営業が代理で受け取って、責任もって自宅に送ってくれた。ほんとに信用して良いものかかなり悩んだのだけれども、きちんと誠実に対応してくれていい人に巡り会えたなとほんと思った。

5)支払方法決定、小切手発送。
カードは銀行から自宅発送はダメだって頑なだったんだが、小切手は自宅に送付してくれた。支払方法は、20/10/70方式にした。(まず物件価格の20%を頭金として支払い、10%を36ヶ月に分けて月々支払って行く、37ヶ月目で残りの70%を支払う。)小切手を書くのに慣れていなくて、色々間違えてしまい、やり直しをくらった。やり直しを食らったのはいいが、ディベロッパーのセールスアシスタントが勝手に修正液で訂正するわ、しかも記入内容がめちゃくちゃで、これにサインして送り返していたら大変なことになっていた。で、結局新しく書き直した。やっぱ仕事が雑なこともあるので注意しないといかん。

6)売買契約締結
頭金が口座から引き落とされ、月々の支払も始まった頃に売買契約書が一式送られてくる。現地に行って売買契約書にサインしなければならないのかと思ったら、日本に居ながらにしてもサインできる。但し、日本に居ながらにしてサインする場合は「認証」という手間がかかる。

さてこの認証ってなんぞや?

(続く)

北九州&熊本城マラソンエントリーだん

来年2月のマラソンレースですが、姫路城マラソンに続いて立て続けにポチりました。
まずは本日からエントリー開始した2月8日開催の北九州マラソンである。
Kitakyushu Marathon


そして、既にエントリー開始している熊本城マラソンをポチり。こちらは2月15日開催。
Kumamoto Castle Marathon


で、2月22日の姫路城マラソンにもエントリーしているので、もし恐ろしく運が良くて全部当選してしまったら、3週連続して飛行機に乗ってフルラマソンのレースに参戦ってなことになってしまう。ひえー!でも、ま、そんなことはまずあり得ないと思ってますけどね。国内の都市レースは常に抽選で倍率が3倍以上であると考えていた方が良いから、ダメ元でエントリーしまくるしかないんですよね、結局。

いやでも、まてよ、でも万が一、全部当選してしまったらどうするよ?
ま、それはその時に考えましょw(←問題の先送り)

バンコク往復航空券購入

先日、来年のサハラマラソンのトレーニングの一環として(?)エントリーしたバンコクマラソンだけれども、更にJALマイル修行も兼ねてJAL便を本日手配した。本当は週末の土日で行きたかったのだけれども、それだと航空券代が30万とかしたので仕方なく有給を1日追加することにした。で、月曜日の夕方に帰ってこようと思ったのだが、貧乏性なのか、せっかく有給1日取ったんだからと、翌日の火曜日の早朝に羽田に到着する便を選んじまった。これで、またもや羽田からそのまま通勤コースですな。

Bangkok2014.png


JALのサイトからEチケットを取得しようとしたら、スケジュール調整中うんぬんとメッセージが出てチケットを取得することが出来なかった。で、予約確認画面を開いてみると往路の出発時刻は1時間ほど早まっていた。そして「やむを得ない事情により、JL033 の発着時間が変更となりました。」ときたもんだ。や、やむを得ない事情ってな、なに??

ま、大会前日のゼッケンの受け取り時間に前に会えば良いので問題無し。マラソン大会は日曜日の午前2時スタートで、制限時間は6時間なので、午前8時までには終了してしまう。その後、少し睡眠を取るにしても、1日以上時間がある。そこで、翌日日帰りでバンコクからダッカに飛ぶか、プノンペンに飛ぶかちょっと考え中。

7月の走行距離

running201407.png


今日は週末にもかかわらず、休日出勤してのお仕事である。すごく天気がよかったので室内にいるのがもったいなかった、、と思ったのだが、ものすごく暑かったようなので室内にいて良かったかも?

さて、7月の走行距離ですが、目標は200kmだったのですが残念ながら目標を達成できず。しかも、先週の京都での観光ウォークの10kmをカウントしてのこの有様でございます。7月は結局10日程サボった日があったのだけれども、少しの距離でも毎日走るようにしていたら結果は変わってきたかもしれない。というか、ぐだぐた言い訳すみません(汗)

8月も引き続き目標は200kmとします。
暑い日が続くので距離を稼ぐことはできませんが、毎日3kmずつくらいでも走れば違ってくるのではないかと。とにかく荷物を背負って練習とかそういうこと以前に、圧倒的に脚力が足りないのでサハラ前までにはフルマラソンのタイムを4時間切るくらいの脚力をつけたいと思っています。そのためにはコツコツ走り込むことと、体重を落とし込むことを優先課題としました。

まずは来年のサハラマラソンを目標に地道にコツコツやってきます。

7月に読んだ本のまとめ

6月はまったく読書していないという反省から、7月は隙間時間を使って読もうと思ってました。が、結局、何をやっていたのか、7月の下旬に入ってから慌てて本を読み出す始末である。

ということで、7月の読んだ本は以下の通り4冊。
「海賊と呼ばれた男」にはハマってしまって、時々読み返したり、モデルとなった出光氏のことをググって調べたりしてました。やはりこういう良質なインプットを持つ時間が必要だと思いました。最近、周りから「走ってばっかりじゃん」と言われるので(それでも大した距離は走っていないんだけど)、読書したり、勉強する時間も設けようと思う。まだまだ削れる無駄な時間はあるのでw

しかし、移動中の読書はかなり捗ると言うことが分かったので移動中はSNSなんかしてる暇あったら本読も。

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1613ページ
ナイス数:34ナイス

突然美女のごとく (美女入門シリーズ)突然美女のごとく (美女入門シリーズ)感想
anan連載エッセイをまとめたこのシリーズもついに12冊めか。ついつい手に取ってしまう中毒性のある軽快なエッセイですな。
読了日:7月24日 著者:林真理子
新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)感想
フライト遅延ってことで待ってる間にKindleで購入。短編なのだが、若干消化不良気味に終わるのは、池井戸氏の痛快さを期待し過ぎたせいかな?
読了日:7月20日 著者:池井戸潤
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)感想
ずっと気になっていた本の文庫本が書店に平積みしていたので即購入。連休中に読むつもりが読み出したら止まらずあっという間に読了。自分の信念を貫き、戦い続ける主人公の生き様に胸が熱くなる。
読了日:7月19日 著者:百田尚樹
海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
読了日:7月18日 著者:百田尚樹

読書メーター
プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク