アセットアロケーション -201412

2014年末時点でのアセットアロケーションは下図の通りとなりました。




先月から更に円安、株高が進行して含み益が膨らみました。今月は日本株で個別銘柄を更に2銘柄追加購入して、今年のNISA枠を使い切りました。今のところ、NISA口座の銘柄は全てプラスになっています(ホッ)そして、外国株式はETFを全て購入していたのですが、その配当金がちょこちょこ入ってきていて、ある程度溜まったのでその配当金を使って今度は米国株の個別銘柄を1銘柄購入しました。円安が進行していたので、わざわざ円からドルにして外国株を購入するのは躊躇していたのでちょうど良かったです。

ふと、フィリピンペソの為替レートをチェックしていたら1ペソ=2.7円に近づく勢いで円安が進んでいることに気がついた。今年の頭にコンドミニアムの購入絡みでフィリピンの銀行口座に送金してたときは1ペソ=2.3円くらいだったので本当に驚きました。これ以上円安が進むと、コンドの購入価格が結果的に上がってしまうことになるではありませんか。来年も円安が進行すると見て、とりあえず更に追加で海外送金を行いましたが、、こればっかりは先が読めませんね。最悪のどこまで円安を許容できて、許容範囲を超えた場合はどう対応するか考えなければ行けませんね。まさかそこまで円安が進むとは思わなかったので、自分の詰めの甘さを反省しました。

来年も様子を見ながら、臨機応変に対応できるように、日々精進(?)いたします。
スポンサーサイト

2014年を振り返る(ラン&旅行編)

IMG_1602_20141231233035f24.jpg
(2014年はたくさんJAL便に乗りました)


早いもので2014年も残りわずかとなりました。
去年に引き続き、今年も2014年のラン&旅行を振り返ってみたいと思います。振り返るとほぼ毎月のようにマラソン大会に出場していたような気がするが、最後の方は5週連続で走るという強行スケジュールで、しかも、全て飛行機で移動を伴うものでした。更に、長崎への帰省が何と今年は8回だった。おかげでJALのステータスもサファイヤになり、JGCにも入会できました。今年の旅行もマラソン大会ある場所に行くという「旅ラン」状態になっていて、初めて訪問した国は結局2カ国でした。ということで、振り返ってみよう。

旅行記は未完のものもございますが、いつか気が向いた時に完成させます(^-^;

1月
旅行の予定もマラソン大会のスケジュールも入れていなかった。
新しい職場での仕事が始まったのでそれどころではなかったのかな?


2月 京都マラソン
運良く3倍の抽選をくぐり抜けて当選した京都マラソン。移動日には雪が降り積もっていて空港までの道のりが遠かった。マラソンコースは結構、折り返しが多くて、アップダウンもあったのでもう次は出なくていいかな。32km地点辺りの鴨川を走っていたら、押されて転倒し打撲して、危うく走れないかとと思ったが何とか完走できて良かった。旅行記はコチラ

東京マラソン
まだレースレポートを書いていなかったことに気がついたw 10倍の抽選をくぐり抜けて3回目にしてようやく当選した東京マラソンはランナーは多いし(36,000人!!)、沿道の応援も多いし、とにかく圧倒された。と、同時にもう次は出なくても良いかなとも思った。どうやら私はこじんまりとした大会が好きみたいなので限界は10,000人規模までくらいかなーと思った。


3月
レースの予定はなし。
急遽、3連休にマニラに飛んだ。目的は購入したコンドミニアムの支払のための銀行口座を開くためと、現地の建設状況やこれからのプロジェクトの話を聞きに行った。その時の旅行記はコチラ…なんだが、全部書き終えていなかったみたい(汗)


4月 サハラマラソン
2度目の挑戦、しっかり準備して臨もうと思ったはずがやはり油断からか練習量が落ちていたことは否めない。おかげで気象条件が去年よりきつかったためか、危うくリタイアか?というところもまで追い込まれた。もう最終日辺りから次はしっかり練習しようと、また戻ってくることを誓っているあたりが完全にサハラマラソンに取り憑かれているなと思った瞬間だった。


5月
レースの予定はなし。
5月の連休でJALマイル修行を兼ねてインドネシアはジャカルタへ飛んだ。本当はバリ島辺りでのんびりしたかったのだけれども、リゾート地に1人ってのも寂しいなと思ったので首都にした。思ったよりも大都会で、日本食レストランの多さに驚いた。あと、自転車に乗る人も結構いるのね。その時の旅行記はコチラ…ってこれもまた書き終えていなかったか。

そして、1回目の長崎帰省。
島原のRUN仲間にサハラマラソン完走のお祝いをして頂きました。その時の旅行記はコチラ


6月 SPA TRAIL
トレイルレースで初めて群馬まで遠征し、スパトレイルレースに出場しました。しかしながら、62km地点の関門で時間制限に引っかかりリタイアとなってしまった。ゴール地点の草津温泉を満喫することなく、そそくさと逃げるように帰ってきたw 旅行記とレースレポートを書いていませんでしたね…orz


7月 京都シャルソン
レースではないのですが、京都シャルソンというイベントに参加するために京都へ行ってきた。とにかく京都の街中を走って、お店に立ち寄ってはくっちゃべり、また別のお店や観光スポットまで走っていくという楽しいイベントでした。前日は、カオサンシアターのイベントで飲み過ぎて記憶を一部無くし、翌日のシャルソンは激しい二日酔いからスタートしたわけですが、今となっては良い思い出ですな。このときの旅行記も書いていないみたいです、、。

金沢旅行
ANAの余ったマイルを消化するために特典旅行で金沢へ飛んだ。去年、一度訪れていたのだけれども、着いて直ぐに緊急事態で長崎へ飛ぶことになってしまったので今回リベンジを果たした。兼六園とかめっちゃベタに金沢の街を歩き回りましたけど、旅行記を書き忘れていたみたいっす。


8月
レースの予定はなし。
母親が再び入院したので(今年2回目)、旦那と一緒にお見舞いのために長崎に帰省した。後にも先にも今年旦那と一緒に旅行したのはこの時だけという、、(笑)マイル特典を使って、福岡から島原へ戻りました。更に、島原のRUNメンバーと早朝に復興アリーナを走りました。その時の旅行記はコチラと、コチラ

→続きを読む

[サハラマラソン 2015] 参加者リスト公開

朝起きてFBをチェックしてたら驚いた。もう公開されていましたよ。

サハラマラソン参加者リスト

今年のサハラマラソンの事務局はぱきぱきと手際良く物事を進めている印象を受ける。
さてさて今年はどんな感じになっているのでしょうか。参加者は約1,500名、当初は1,300名の枠だったのだが、30回記念大会ということで更に200名程追加したので過去最高の参加者数となっている。それでもウェイティングリストに名を連ねていた人達がいたわけだから、どんだけ30回大会が尋常じゃないかがわかるw

日本からの参加者は35名(うち女子6名)
今年は43名程いたので、少ない印象を受けるがエントリーが瞬殺で終わってしまったので結局エントリーできたのがこの人数だと推測する。今回はリピーターが多い。前回大会でリタイアとなった人達がリベンジするし、今度こそ50以内を目指すという人もいる、あと私みたいにサハラマラソンが好き、また出たいってことでエントリーした人もいるだろう。

さて、海外勢を見渡すと、
前回の総合優勝を果たしたRachidがゼッケン1番をつける。そして、レジェンドAhansal兄弟の弟の方、前回3位だったMohamadはゼッケン6番である。つか、彼は私と同い年なんだが全然そんな風に見えないんだよなw

フランスでは女帝のLaurenceはもちろん出走する。
昨年はオーバーナイトステージで無念のリタイア、そして今年はアメリカ人選手Nikkiに女子の部優勝を譲っちゃったので、はてさて来年は復活優勝を果たすのか。そういえば、今年のGrand To Grandにも出場していたけど、たしかDNFだったような。あと、UTMFとかトルデジアンでおなじみのクリストフももちろん出走する。というか、彼は来月のHK100にも出場するみたいなので見かけたら話しかけてみようっと。

そして、イタリアのマルコ・オルモも出走。
RaidLightのオルモモデルの方ですねw 今年はオーバーナイトステージの時にウェーブスタートで12時スタートした時に、途中で抜いて行ったんですが、その時になぜか握手しちゃいました。


1500人近くも参加するのできっとまだまだ面白そうな方がたくさんいるはず。
こういう人達と出会え、1週間生活を共にするというのがサハラマラソンの醍醐味かもしれない。

[長崎帰省 2014] 雲仙福田屋、山の上カフェgarden

朝7時起き。
夕食は部屋で食べれたのだけれども、朝食は宴会場かどこかで食べなければならないと言うことで会場に向かう。週末と言うのもあってか、思っていた以上に宿泊客がいたことに驚いた。このホテルは歴史が古く、明治37年創業。この雲仙一帯が日本で初めて国立公園に指定されていた時にはじめに出来たホテルとも言われている(公式HPより)なので、館内には歴史を感じさせる品々がところどころに展示してあってかなり面白かった。

10時ちょっと前にチェックアウトしたのは良いものの、バスは40分後だったので、目の前のお土産屋さんに入ったつもりが、実は雲仙福田屋という宿に併設されていたお店だった。いやはや、「民芸モダン宿」と謳っているだけあって館内の雰囲気が良い。
IMG_2750.jpg
館内のカフェ(illy)でコーヒーを飲みながら待とうと思って、店員さんに声を掛けるとどうも宿泊客だったらコーヒーが1杯無料かなにかになっていたらしく、宿泊客ではないと伝えると申し訳なさそうに有料になりますと言われたので、思わず私も恐縮してしまったw

IMG_2749.jpg
併設のお土産屋さんには福田屋さんオリジナルの商品もいくつかあって、この焼酎はツボに入ったwそんなことをSNSでつぶやいていたら、島原のRUN仲間がここの社長さんもRUNメンバーで合宿を予定しているとのこと。ということで、急遽、島原のRUNの雲仙合宿への参加が決定したw

バスに乗り込み、いよいよ島原市内へ。
ここからは先月のマラニックで通った道を逆走していく。バスは仁田峠から深江町までの山道を下って行くのだが、よくぞこれを頑張って上ってきたなと我ながら自画自賛したい気分になった。終点の島原駅に到着し、さてこれからどうしようかと考えた時に、ふと脳裏に山の上カフェがよぎった。調べてみると日曜日は空いてるみたいなので行ってみることにする。タクシーで行こうかと考えたが、先月のマラニックの時にそんなに遠くなかった印象を受けたので歩いて行ってみるかと。

と、思ったのが甘かった。思っていた以上に距離があったし、上りも結構きつい。つかもう、こんなところを歩いている人なんていないよって感じで車がばんばん通って行く。やっとカフェが見えたと思っても、また回りくどい上り坂があって、もう引き返したくなる。
IMG_2752.jpg

やっと着いたよ。足なしの観光客にはつらい立地ですな。
IMG_2754.jpg

しかし、頑張った甲斐あってカフェからの眺めは良かった。島原市内はもとより有明海と向かい側の熊本を一望する。
IMG_2755.jpg
というのもあってか、店内は地元の人達で満員御礼なので、仕方なくカウンター席に座る。出来たばかりの話題のカフェというのもあってか、とにかくひっきりなしにお客さんがやってくる。メニューを見たら、なかなか関東圏ばりの値段設定なんですけどね。ふーむ、ちょっと高くても、何かしらの付加価値があればちゃんとお金を出してくれるのね。

その後に向かったすしの江戸新、ここで具雑煮を頂いたのだが、大将に話を聞いてみるとここには、地元の人はもちろんだが、結構観光客がやってくるようだ。この間は国連からやってきたとか言ってたけど。ふーむ、集まるところには集まるのか。

来年もちょくちょく長崎に行くことになるかと思うけれども、ただ家族の様子見で帰省するだけではなく、何か長崎で面白いことができたらいいなと考える。

[長崎帰省 2014] 小浜温泉経由、雲仙地獄行き

朝4時起き。
始発電車に乗って約1ヶ月振りの羽田空港に向かう。クリスマス前の週末とあってか空港が結構混んでいて、いつもは並ばない自動チェックイン機も長い列になっていた。くっそ、自動チェックイン機でクラスJにアップグレードするつもりだったんだけどな、と、そういえばJGCカードがこの間届いたばっかりだった。JGC専用カウンターに向かうともちろん空いていた。が、既にクラスJで予約していたことが判明した。お恥ずかしい〜w そして保安検査場の行列を横目に、がら空きのJGC専用の保安検査場をくぐり抜ける。こういう時に修行の成果を発揮するのね〜としみじみ。

フライトは定刻通り、7時半頃にテイクオフ。せっかく富士山が見える窓側を取ったのに(いつも反対側を取る)、あいにくの曇り空で見えず残念。飲み物サービスの際のCAさんの挨拶もなし、これも残念。長崎空港には9時半頃に到着し、そのまま9時50分の諌早バスターミナル行きのバスに乗り込む。諌早バスターミナルから雲仙経由、島原行きのバスに乗り換える。

で、途中、小浜温泉で下車。
IMG_2725.jpg
先月、橘湾岸スーパーマラニックのスタート地点の町だったのだが、その時は時間がなくて(というか、スタート前の仮眠に時間を充てていた)あまり見て歩けなかったなと、で、立ち寄ってみた。もう着いたときはお昼になっていたので、まずは小浜ちゃんぽんで腹ごしらえをする。

その後は、日本一長いと言われている足湯に浸かる。
IMG_2726.jpg
しかし、天気が芳しくないな。今にも雨が降りそうで降らない微妙な天気である。

そして前回気になっていた橘湾を眼前に臨む露天風呂に入ってみる。入湯料300円というお手頃価格だが、ほんとに簡素にできている。
IMG_2728.jpg
運良く貸し切り状態だった。目の前に漁船とかとおらないよね?なんてちょっとドキドキしながらも、眼前に広がる橘湾を満喫する。これで天気がよかったら最高だったんだけどなー。

で、街をぶらぶらしていたら、なんと大量のウニを発見。
IMG_2731.jpg
とにかくめっちゃごろごろあって、採りやすいところにあるのに誰も採らないのかしら?1個くらいいいんじゃないの?っていう気にもなってくるんだけれども??

次の目的地の雲仙行きのバスまでまだ時間があるので、バスターミナルそばのカフェでまったりコーヒータイム。そこの店員さんになぜか「韓国からですか?」と話しかけられる。自分のどこに韓国的要素があるのか?と席に座らせて散々問いつめたい気分だったが、まあ地元なのでよしとしよう(え?)

雲仙行きのバスに乗り込み、ここからどんどん山道を登って行く。先月のマラニックのコースを逆にたどって行くのかと思っていたら、全然違っていた。マラニックのときは雲仙から近道をして下って行ってたのかと気がつく。雲仙に入ったところで、予約していた旅館の看板が見え、ちょうどその前がバス停だったので下車する。
IMG_2734.jpg
「ありあけ」ホテルだと思っていたら違っていたのね。ちょっとチェックインの時間には40分くらい早いけど、まあ大丈夫だろうと思っていたら、チェックインさせてもらえなかった…(涙)日本の宿はたいがいこんな感じだよね。海外だと部屋が空いていたら(清掃済みだったら)すぐに入れてくれるのに。

チェックインの時間までホテル周辺をうろちょろすることにする。雲仙観光なんて久しぶりすぎて気がつかなかったけど、ちょっと老朽化が進んでいるけれども建物がストラスブールっぽいのが多いのね。

雲仙地獄の入り口がなんともあの世の世界の入り口っぽくなってるw
IMG_2738.jpg
気温が低いせいか、もう湯気のが半端ない。視界がかなり限られてきていて、その辺を通る車は速度を落として走っていた。

IMG_2736.jpg
硫黄の匂いが鼻をつく。なんか懐かしいなー。

IMG_2741.jpg
先月のマラニックではこのへんを走らされたんだよな、観光客で行き交う通りをw

ちかくに高原のカフェっぽい雰囲気を持つカフェがあったので入ってみる。
そこのメニューに地元の銘菓、湯せんべいをつかったアイスサンドがあったので注文してみた。
IMG_2742.jpg
これはいい!美味しい!夏場は売れまくってんじゃないのこれ?

チェックインの時間になったのでホテルに戻る。
まだ、他の宿泊客がチェックインしている気配がないことをいいことに、部屋に荷物を置くなり、ホテルの露天風呂に真っ先に向かう。
IMG_2744.jpg
予想通り、貸し切り状態だった。すぐそばの雲仙地獄からの源泉掛け流し。
いやー、最高だわ。旅行客と言う視点から見る地元もなかなかよろしい。

UTMB2015エントリーだん

UTMB2.png


昨日から始まったUTMBのエントリー。
どのみち抽選だからあせってエントリーする必要も無く、じっくり考えてからエントリーするはずだったのに、もうポチってしまいましたよ。しかも、CCCではなく、UTMBの方である。

せっかく去年、今年とサハラマラソンを完走して8ポイントを持っているのだから、1回目は落選前提でUTMBにエントリーしてしまえ、という方に心が動いたみたいです。(←他人事のように言うしw)来年のサハラマラソンも何とか完走できれば、来年もUTMBにエントリーする資格を得ることができます。その時は抽選券を2枚持っているはずなので、当選確率もぐんと上がるはずである。再来年に向けて、UTMBを完走(完歩?)できるように準備を進めて行きたいと思っている。

もし万が一、運良く、本当に運良く1発で当選しちゃった場合??
もうその時は腹をくくるしかありませんw

はてさて、どうなることやら、続報を待て。

[サハラマラソン 2015] 参加者リストがいよいよ公開?

MDS.png


朝からメールをチェックしていると、定期的に来るMDSのニュースレターがあった。
で、何気に読んでいたら、なんと「参加者リストの公開」という文字が見えたので思わずクリックして、公式サイトに飛んで行ったんだけれども、、12月25日に発表になるらしく、思いっきり肩すかしをくらった(笑)

しかし、この時期にもう参加者リストを公開するとは、既にゼッケン番号も判明したし、来年のサハラマラソン(30回記念大会)の準備がかなり前倒しで進んでいる印象を受ける。今月から再来年のエントリーも始まっているというのもあるかもしれない。再来年のエントリーが前倒しになった背景としては、30回記念大会に定員を超えるエントリーがあり、ウェイティングリスト入りをしている状態の人が多いため、早めにエントリーを開始してウェイティングリスト入りしているしている人達のステータスを確定して救済するためというのもあるみたい。公式サイトのニュースを読んだ限りでは。

さてさて、クリスマスの選手リストの公開が楽しみだな。
日本人選手は結局何人いるのか、気になるあの人は出場するのか、などなど普段のマラソン大会では一向に気にしないんだけど、サハラマラソンは1週間生活を共にするのでやはり気になるんだよな。

つかさ、予告する必要ってあるのか?(笑)

UTMBエントリー開始は明日(12/17)から

UTMB_201412162134414a8.png


そういえば昨日、UTMB大会事務局からエントリー開始についてのリマインダーのメールが届いていた。去年はCCCにエントリーして落選したので、今年は抽選券が2枚だというお知らせである。ということで、当選の確率が上がるのである。ちなみに2年連続落選すると、その翌年は出場優先権をもらえる。と、その前にUTMBとかCCCとかってなんぞやって話ですが、このレースは8月下旬にモンブランの周りを160kとか100kとか上ったり下ったりして走るやつですw。

実は、去年と今年にサハラマラソン(モロッコ)を完走したので累計ポイントが8ポイントとなり、UTMB(160k)のエントリー資格を得ているのである。なので、せっかくだからUTMBにエントリーしちゃおうか、でもぶっちゃけサハラよりもしんどいことは間違いないと思っているので多少の珍しく躊躇もあったりするww

まだあとエントリー開始まで時間はあるし、しかもどのみち抽選だからエントリー期間内にゆっくり考えれば良いかな。まあ、だいたい8割方は決まっているのだが、、

[JALマイル修行] JGCカード到着

JAL JGC


前回、ワープ申請ということでJGC入会申込書を取り寄せたのだが、入会申込書はその3日後くらいに到着したので間髪入れずに必要事項を記入して申込書を発送したのが先月末の話。で、その間、JALサイトにログインするといつの間にかサファイアのステータスに加えて、JGCのロゴが入っていることに気がついた。ということは、もうすぐJGCのカードが届く日も近いなと思っていたら、先週の金曜日に不在通知が届いていた。

で、今日の午前中に再送してもらい、ついにJGCカードが手元に!
とりあえずこれで一連のJALマイル修行は終わったな。
来週末の長崎帰省に間に合って良かった。

さて、このステータスを獲得するまでに一体いくら費用を投下したのか、、、
算出したいようでしたくないような、、、

JGCカードを受け取った後は軽く近所をランニングするつもりが勢い余って25kmも走ってしまったw この血と汗と涙(??)で獲得したステータスは、今後のフランス/長崎帰省、国内外のレース参戦のためにきっと活躍してくれるでしょう。

[サハラマラソン 2015] パリ行きフライト購入/ゼッケン番号

10351802_10152399738882084_790555021199876795_n.jpg
(東京国際フォーラムにサハラ仲間ちかけんの竹あかりを見に行ってきた)


さてそろそろトレーニング以外でサハラマラソンの準備を始めなくてはなりません。ということで、まずは集合場所のパリまで航空券を手配した。

4/1(水) 羽田(東京) 22:15 発
4/2(木) パリ・シャルルドゴール 04:00 着

4/14(火) パリ・シャルルドゴール 21:00 発
4/15(水) 羽田(東京) 15:55 着

ホテルは今年はサハラの女王とオルリー空港そばに自分で手配したのだけれども、来年は一緒に行く仲間が何人もいることだし、日本事務局が手配するところにしようかと考え中である。(但し、バカ高いようだったら、またあのホテルにお世話になるかもしれないが…)

と、今日たまたまエントリー画面にログインしてみたのだが(それは2016年のサハラマラソンのエントリーをどうしようか考えていたため)、するとなんともうゼッケン番号が割り当てられていたことが判明。過去2回の経験からすると、結構ぎりぎりの段階で公式サイトに選手リストが載ってそこでゼッケン番号がわかるんだけれども、まさかもうゼッケン番号が判明するとは(笑)

ということで、俄然テンションが上がってきた!

グーーーーーッドモーニン、サハラ!!
(しれーっと私もしゃべってるw)

29ème Sultan MARATHON DES SABLES : Good Morning... 投稿者 marathondessables

エールフランスとの攻防決着

1491614_10152233538642084_3847783872345867756_n.jpg
(今年のメドックマラソンの模様)


昨日、エルフラのツイッター公式アカウントの反応が早いと言う話をしたが、それでも半信半疑で結局カスタマーサポートをつついて終わって何の進展も無いだろうと思っていた。

が、
今朝、メールをチェックするとエルフラからお詫びメールとともに電子バウチャーが送られてきた。電子バウチャーは350ユーロで1年以内に使わないといけないらしい。キャンセルとなったフライトが約70ユーロだったから、約5倍の値段の金券(?)になって戻ってきた、、と思えば良いのだろうけれども、この電子バウチャーってエールフランスの航空券を買う時しか使えないのだ。

パリ往復ならエルフラよりもJALを使うし。

となると、フランス国内の移動に使うしかない。が、1年以内にフランス国内を飛行機で移動する用事なんてあったっけなー?あるとしたら、ボルドー行きだけど。もらっても意外に使い道が無いので困りものである。この電子バウチャーをどう活かそうかうだうだ考えていたら、またエルフラからメールが届いた。今度はなんだ?と思いながら見てみると、なんと、キャンセルとなったフライトの返金のお知らせではないか。

これは素直にうれしい!

電子バウチャーよりも現金の方がいいと思っていただけにうれしい。いや、というか、これ向こう都合でキャンセルになった分だから当然っちゃ、当然か。むしろ遅すぎたくらいか?

ということで、とりあえずは一件落着っす。
後は、旦那か(笑)

エールフランスとの攻防(?)

10383959_10152233538847084_7899783292277207099_n.png
(今年のメドックマラソンの完走記念の品々)


今日から旦那は3週間程フランスに帰省するのだが、なんと機材点検のためにパリ行きのフライトがキャンセルになったとぼやいてきた。結局、ルフトハンザでパリまで行くことになったわけだが、当然、同日のボルドー行きのフライトに乗れずにパリで1泊することになるという。そこで、ホテル代の交渉となったわけだが、どうもカウンターでは埒があかず、業を煮やした旦那はツイッターで思いっきりエルフラの公式アカウントをメンションしてぼやきまくっていた。

そういえば、(まだ旅行記すら書いていなかったが)9月のメドックマラソンの時に復路のボルドーからパリのフライトがキャンセルになったのだが、その時の返金手続きがまったく進んでいないことを思い出した。帰国後直ぐに公式サイトの連絡フォームから手続きを行ったのだけれども、それから一向に自動返信メール以外の応答は無く、何度かつついたけれども無しのつぶてであった。たしかにストライキでキャンセルになったフライトが多すぎて処理が膨大になっているのは分かるが、もうさすがに連絡があってもいいだろうと。他のラン仲間は既に別件だが破損されたスーツケース代の返金もされてるし。

で、旦那のツイートに便乗して自分もぼやいたわけだw
すると、エアフラの公式アカウント(フランスの方)からすぐさま反応があった。返金手続きを行った際の問い合わせ番号等の諸々の情報をやり取りし、結局、カスタマーサポートをつついてみるということになった。一方、旦那の方もパリでホテルに泊まったならレシートを取っておいて後でクレームしろと言う指示が出ていた。すごいな、カスタマーサポートよりもツイッターの公式アカウントの方がめちゃくちゃ反応が良いではないか。

が、実際に手続きが完了するまでは安心できないけどね。
はてさて、どうなることやら乞うご期待。

マラソン大会連弾ポチ

昨日の夜、再来年のサハラマラソンのエントリーが始まったと騒いでいたわけだが、そういえばその日のランチの時間にスマホからサクッとマラソン大会を3つ連弾ポチしていました…(汗)

まずは、地元の南島原市で開催される原城マラソン
Hara castle
この日はもともと姫路城マラソンにエントリーしていたわけだが、残念ながら落選してしまった。地元のラン仲間が多数参加することから、帰省も兼ねて出場することにした。難点(?)は最長で10kmの部までしかないことである。ちょっと物足りないので、実家から会場まで走って行くことを検討中。そうしたら、フルマラソン分の距離を走ることになるけどww


そして、次はソウル国際マラソン
Seoul Marathon
こちらは来年のサハラマラソンに出ることを決めたときから、直前の総仕上げ的に出たいとずっと思っていた。航空券自体はスタアラのマイル特典で6月頃に既に押さえていて、後はエントリー開始を待つ状態だった。で、12月2日にエントリー開始と同時にポチッとしてみたw ここで自己新を狙いたいと思っている。

最後は3月22日に開催される第30回金沢ロードレースのハーフにエントリーした。なぜ金沢?ということだが、ラン仲間が今回は北陸新幹線金沢開業記念のレースみたいだからどうかという誘いを受けたものである。まあ、エントリー代も3000円くらいなので、最悪何かあってDNSになったとしても悔やむことが無かろうと…。北陸新幹線の開業記念のレースでありながら移動は飛行機を考え中…w


結局、なんだかんだとまたレースの予定を詰め込み過ぎましたわ、、。

【速報】31e Sultan Marathon Des Sables (サハラマラソン2016)エントリー開始

MDS2016.png

MDS2016-2.png


大会事務局から2016年のサハラマラソンは12月から開始する旨のアナウンスがあったのだが、これがまさか本当のことだとは思わなかった。結局、なんだかんだで予定がずれ込んで、来年あたりにエントリー開始になるのかなと思っていたんですけど、何と、本日よりエントリー開始という発表が公式にありました。

その公式発表に先駆けて、たまたま公式サイトをチェックしていたら、エントリー画面が現れていたのでFBでなんかエントリーできるような感じになってるーとぼやいたら、その直後でしたわ。我ながら恐るべしな嗅覚だと思いましたワ。

エントリー料金は個人で2,950ユーロ(チームの場合、1人当たり3,050ユーロ)で、これにパリ〜モロッコ間のチャーター便500ユーロが加わります。今回、50ユーロほど値上がりしているようです。支払は最大3回に分けて行うことが出来るようです。1回目の支払期限は2015年6月末日までで、エントリー料金の最低15%を銀行振込しなければならないようです。2回目は9月末、3回目は翌年1月末まで。

詳細は公式サイトの2016年レギュレーションを参照ください。
では、Good Luck !
私は2016年はどうするか、現時点では不明です(笑)

プロフィール

rena

Author:rena
管理人へのメールはコチラのフォームからどうぞ。

ライフワークのフランス語学習はモチベーションに大波、小波あり。仏検2級、DELF B1に合格しているが、会話力はまだまだ中級レベル(下)の域を抜けない。

万年ダイエッター。志はいつも高いのだが、結果が伴わない(涙)

へっぽこ投資歴約10年
デイトレ、銘柄1点買いなど初心者がやっちゃいけないような投資の果てに、たどり着いたのが長期・分散投資でコツコツ。そして、ちょいとバリュー投資目指すが、まだまだ勉強中。

2010年夏、皇居ランを始め、ラン仲間と毎週土曜日に皇居の周りを1周している。目標はでっかくフルマラソン完走。2011年秋、海外のフルマラソン大会に照準!と思ったら、2011年5月になんとフルマラソン完走しちゃいました。更に、2012年4月にはウルトラマラソン(72km)、2013年〜2016年、4年連続サハラマラソン完走。次の目標は2017年サハラマラソン(上位半分以内)、UTMF、UTMB。

海外旅行大好き。
今まで旅行した国々は、フランス、イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ロシア、フィンランド、エストニア、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、グアム、インド、ネパール、ブータン、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、アラブ首長国連邦、オマーン、イスラエル、カタール、モロッコ

もちろん国内旅行も大好き。
のんびりできる温泉地を巡りたい。

過去の旅行記はコチラ
そして、旅行写真集はコチラ

崇拝する人はマドンナ姐さん。
ファン歴二十数年、語りだすと止まりません。マドンナ姐さんの話していることを理解したいがために英語を勉強したといってもいいくらい。ツアーは必ず参戦。どこにでも飛んで行きます。話を振る際はご注意ください。

ここ数年読書の楽しみにはまり、経済・金融・ビジネス本を中心に読み漁ってます。

フォトリーディング開始後(2009.7.21)からの読書量
renaさんの読書メーター

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

follow us in feedly

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク