おフランス風味

ARTICLE PAGE

ソウル国際マラソン 2017

2017 Seoul Marathon

2年振りのソウルマラソン。

今まで「制限時間5時間」ということを全く気にしていなかったのに、今年はなぜだか調子が悪いのでもう5時間で完走できる気がしておらず、とにかくずっと鬱々してました。出走前に韓国のサハラ仲間と1年振りの再会を果たし、そして今年出場するメンバーを紹介してもらった。世界で繋がるサハラの絆(笑)サハラ仲間の手前、DNFだけは避けたいところなんだが、、。

8時の号砲でエリート選手がスタート。
そして、その5分後に一般の選手がスタートする。ソウルマラソンの日本事務局を通してエントリーした選手はタイム関係なくAブロックスタート、なものだからすぐに走りだす。もうね、あれよあれよという間に後ろからガンガン抜かれていく。ただただひたすらに抜かれていく。

5km地点で30分を切るタイム。
Aブロックスタートということで、後ろから抜かれるし、やはり速い選手についていこうと自分でも気がつかないところでオーバーペースになっていたことに気がつく。このペースで走ってしまうと最後まで脚が持たなくなる。

ん?待てよ?
どのみち今は絶不調で制限時間の5時間で完走できる気がしていないわけでしょ?
ならばもう行けるところまでガンガン突っ込んで行ってもいいんじゃね?

なんて開き直りの発想に切り替わる。
10km地点で57分、15km地点で89分位のハイペースでハーフを過ぎたあたりから徐々にスピードが落ちていく。とにかくひたすら後ろから抜かれまくるのだ。3時間半のペーサー、3時間40分のペーサー、次々にペーサーにも抜かれていき、しまいには4時間半のペーサーにも抜かれてしまった。

だんだんスピードは落ちていくものの、歩く、ということは全くなく。
結局、なんとかギリギリ制限時間内でゴールすることができた。
これには自分でもびっくりしたわ。
SeoulM2017.png

とりあえず、来月のサハラまで首の皮一枚繋がった感じです(汗)

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment