おフランス風味

ARTICLE PAGE

第32回サハラマラソン2017完走しました

IMG_7942.jpg

5度目のサハラマラソン完走しました。
やはりサハラマラソンは最高でした。

昨年の秋頃から腰痛に悩まされ、接骨院通いを続けていましたが、それでも症状は改善されませんでした。時折、立ち上がれないほどの激痛でのたうち回る姿を見て、我が家の住人は「それでサハラマラソン行けるの?今年はキャンセルした方がいいんじゃないの?」と諭されることしばしばありました。

11月上旬に橘湾岸スーパーマラニック(103km)、11月下旬に東海道53次ウルトラマラニックのオーバーナイトステージ(100km)で腰痛を抱えながらもなんとか完歩したので、今までのサハラマラソンの経験値もあることだし、まあ歩き通せばフィニッシュできるだろうと、見通しが立ってホッとしたのを覚えています。

と、同時に腰への負担を減らすために、本格的にダイエットを開始することにした。10月からグルテンフリー(小麦粉除去)の生活を送っていましたが、12月から糖質制限を行うことにした。サハラマラソン出発直前までにマイナス7kgの減量に成功(本当は10kgくらい落としたかった)、そしてザックの軽量化をとことん測り、テクニカルチェック時の重量は8.2kgでした。但し、ペットボトル1本(1.5リットル)をつけての重量なので、水なしで6.7kgとまだまだ改善の余地はあったのだけれども、ほぼ軽量化に成功しました。また、腰痛の負担を減らすために、今年はストックも持参しました。この対策により腰への負担はかなり軽減できたと思っています。サハラ砂漠を歩いていて、いかに腰に負担がかかるものなのか改めて思い知らされた次第。

さてレース。
初日は砂漠に戻ってきた嬉しさでいきなり走り出してしまったら、ガレ場で転倒しタイツが破けて膝を擦りむいてしまうアクシデントが発生し、経験者としてはお恥ずかしい限り。擦り傷はなんともなかったのだけれども、あざがあちこちにできて、そっちの方が痛かった(笑)それでも初日はペースが良くて現地時間14:30頃にゴールできたのは驚いた。(通年だと16時ー17時くらいなので。)それでも順位が700番台ということは、やはり初日のコースと気象条件が去年に比べて全然楽だったのを物語っています。

2日目、3日目は例の山を往復。
ロードブックを配られた時に一番気にしていたのがこの山がどこでどう絡んでくるか。30回大会のようながれ場登りからの、翌日は正面から攻めるといったコースで軽くめまいがした。とにかくこれを攻略すればフィニッシュまで行けると確信した。

オーバーナイトステージは、夜行性の自分が最も得意とするステージのはずなのだが、今年はこのステージに一番苦しめられることになった。個人的には過去5回今まで出た中で一番きついオーバーナイトステージだったと思う。とにかく足場の砂場に苦しめられた。CP2からCP3に向かう砂場ではほとほと嫌気がさしていた。そんな時に、後ろから私を呼ぶ声が聞こえてきたので振り向いてみると、上位50位以内で3時間後にスタートしたサハラ仲間のモハメド(ゼッケン番号8、総合順位35位)が走ってきていた。そして、わざわざ集団から離れて私のところまできて、ハグをしてくれて、「一歩一歩前に進むんだよ。」と励ましてくれた。自分も激しい順位争いをしている中で、わざわざ私のことを気にかけてくれた姿勢がとても嬉しくて、初めて歩きながら涙した。オーバーナイトステージでは夜の砂漠で目がランランとして興奮状態で歩いているのが例年の私なのだが、まさかの激しい睡魔が何度も襲ってきた。歩きながら眠るという技を知らず知らずのうちに身につけていた。そして、最後のチェックポイント(CP7)を通過した後、ゴールまで後ちょっとというところで激しくコースアウトをしてしまうアクシデントが起こる。コースを外れたら、GPSつけているからスタッフが迎えにきてくれると思っていたら来やしない。というか、それほど外れていないのか?CP7過ぎてから何度かコースを外れそうになったが、それでも後方ランナーを確認しながら軌道修正できていた。しかし、今回は背の高さほどのある茂みをずっと歩いていたので、後方ランナーが見えなかったのだ。仕方がないので後方ランナーが見つかるまで来た道をそのままずっと戻っていくことにする。ゴール手前でこれってかなり心折れる。しかし、不幸中の幸い、戻る途中で遠くにランナーがゴールに向かっている姿を発見できたので、すぐに軌道修正できた。

マラソンステージは予想通りのほぼフラット、サハラマラソンの総集編かのごとく、色々盛り込んでるのはパトリックらしい。フィニッシュラインでは主催者のパトリックがメダルを手に待ち構えていて、久しぶりにまともにメダルをかけてもらえた(笑)

今回は足のダメージはほとんどなし。サハラの女王ジュンコさんが驚くくらいに私の足のマメはほぼない状態だったのは、今回採用したアルトラの靴が自分に合っていたんだろうと思う。また、終始腰痛に苦しめられていたが、走力のある余裕の整体師ランナーさんが毎日私の腰を見てくださったのでこれは本当に助かりました。施術してもらった後は本当に楽になって、しかし残念ながら翌日にはまた元に戻るという繰り返しでしたが、あの生活環境では仕方ないことかなと思います。(チャリティーの朝は激しい腰痛で支えなしに起き上がれず、座れず、自分で靴下も履けないという要介護状態に陥りましたw)そして、ふくらはぎのむくみはゴキブリ体操でかなり解消されるということを同じテントのランナーさんに教えていただきました。とにかく、暇さえあればゴキブリ体操、これ本当即効性あります。

今年は全体で800位/1,171名中、タイムは52:27:54
タイム的には悪くないのだけれども、総合順位が思ったより伸びなかったのは、しっかりこの日のために練習を積んできたランナー達がたくさんいたということとですね。来年はどうするか、腰痛が若干気になるので様子を見つつ、まずは9月のハーフ砂漠マラソンに集中したいと思います。

スポンサーサイト

2 Comments

コーキ  

お疲れ様!

お疲れ様。今度こっちに帰ってきた時、話し聞かせて!
メッセージ届いた?

2017/04/23 (Sun) 23:18 | EDIT | REPLY |   

rena  

ありがとうございます!

残念ながらメッセージが届いてませんでした(TーT)
今度は5月25日なんですが、近いうちに帰省できるように調整します!

2017/04/23 (Sun) 23:30 | REPLY |   

Leave a comment