おフランス風味

ARTICLE PAGE

[ハーフ砂漠マラソン2017] フエルテベントゥーラ島上陸

3時起き。
昨晩は結局ずっとクソSIMの対応で時間が過ぎていった。データ通信だけできないのがこれまた怪しい。身支度をさっさと済ませて、ホテルをチェックアウトし、空港に向かう。ちょうど搭乗手続きが始まったところで、カウンターは長蛇の列だった。つか、ほとんどバカンス客だ。サハラマラソンの時はチャーター機を使うからこの時点でレースモードなんだけどね。

昨日SIMを購入したRelayに立ち寄ってクレームするか、新しいSIMに買い換えるか悩むが、とりあえずフランス時間8時にはカスタマーサポートが開くので、現地に着いてから電話するか、という判断が命取りとなったのはこの時知る由もない。セキュリティを抜けて、搭乗口で待っている間もクソSIMがなんとか動作しないか、あの手この手でなんとかAPN生成ツールで、APN設定をインストールしたのだが、それでもデータ通信はできなかった。

ほんまもんのクソSIM認定。
これは本当に通信業者じゃないと対応できないレベル。

IMG_8801.jpg

そうこうしているうちに搭乗時刻となる。
今までクソSIM対応に一生懸命で周りをよく見ていなかったが、乗客の中にはちらほらHalf MDS参加者らしき人々の姿が見られた。あんなバカンスの島に、参加者じゃなきゃ、RaidLightとかMDS公式ザックとか背負っていかないよね(笑)フエルテベントゥーラ島へのフライトは、SmartWingっていうLCCで約4時間のフライトなんだが、現地時間午前9時前に到着。予定より30分くらい早く着いちゃった。

IMG_8802.jpg

ターンテーブルにはバカンス客に混じってMDS公式ザックを背負った選手がちらほら。いよいよだなーとテンションが上がってくる。しかし、頭の中はSIMのことでいっぱい。ここの空港でSIM売ってないかなーと見渡してみたが、売っている気配なし。荷物をピックアップして、シャトルバスのカウンターに向かう。カウンターのお姉さんが日本から来たの?わざわざ?となんか嬉しそう。で、シャトルバス乗り場を教えてもらって向かうと、おっさんがなんかスペイン語でガーッとまくし立てて来た。英語、フランス語通じず。あー、スペインなんだなーとここでようやく実感した。

IMG_8804.jpg

ホテルまでは車で約45分の道のりで、この島は思った以上に都会でIKEAとか郊外のショッピングモールとかもあった。繁華街はバカンス客で賑わっていた。が、ちょっと離れるとこんな殺伐とした風景で、ワルザザードを彷彿させる。


で、今晩の宿に到着。
IMG_8807.jpg
ここは翌日のメディカル/テクニカルチェックの会場となるホテルである。

ここは敷地内に建物が点在していて、私の部屋はオーシャンビューだよーって。
IMG_8811.jpg


確かにオーシャンビューでございました。
IMG_8813.jpg


なんか車がたくさん停まっているんですけど、あれはなんですかねー?
IMG_8808.jpg


ということで、散歩がてらに行ってみたら、すごいいい波が来ているビーチだった。
みなさん、サーフィンやSUPを楽しんでおられた。
IMG_8817.jpg

こんな素敵なリゾートホテルなのに、私ったら水着を持ってくるのを忘れておりました。一応、敷地内のショップで売っているけれども、滞在中はほとんどレースでビーチやプールに行く暇はないかと思われるので現地購入はやめた。つか、このホテルの周辺はほとんど何もなく、島内の観光は車がないと結構厳しいかも。

敷地内の売店で食料を買い込んで部屋でまったり。
クソSIMのコールセンターに電話かけようとしたら、なんと週末は営業時間外だということが判明した。仕方がない、明日の朝イチで電話してやる。ホテルはwifiが飛んで入るが、離れの棟までは届かず、ネットしたけりゃメインの建物まで行かなくてはならない。面倒だけど。

あー、夕日が綺麗だなー。
IMG_8822.jpg


さ、いよいよ明日からレースだぞ。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment