おフランス風味

ARTICLE PAGE

[ハーフ砂漠マラソン2017] 帰国の途へ

朝5時起き。
いやはや完走してまでもテントで寝かされるとはな。空港行きのバスが6時に出るので、さっさと身支度を済ませてテントを畳む。指の負傷で寝袋を畳んだり、テントを畳むのに手間がかかってしまうんだよね。他の仲間たちはまだ寝ているが、いつかまた何処かで会えるだろう。

6時ちょうどに出発したバスは7時前には空港に着いた。
10時40分のフライトにしては早めの到着だが、ちょうどいい時間のバスがなかったので仕方がない。当然のことながらチェックインカウンターも開いていない。7時過ぎにカフェが開いたので、カフェで朝ごはんを食べながらチェックインカウンターが開く時間を待つ。

IMG_8933.jpg


8時過ぎに搭乗手続きが開始する。
さほど並んでおらず、カウンターに向かったらすぐに搭乗手続きができた。大会からプレゼントされたテントとストックは結局持って帰ることにした。これ、どうやって預けようかな、と思っていたら、スーツケースとは別に特別荷物扱いで無料で預かるというではないか。LCCだから全く期待していなかっただけに驚いた。

出国審査はなく、セキュリティを抜けたら、空港内は意外にお店がいっぱいあった。これは搭乗開始まで結構時間を潰せそうだ。レース中は全く時間がなかったので、まずは会社と自宅のお土産を物色する。空港の免税店はどこも売っているものは同じなので、できればスペイン独特、もっと言えば、カナリア諸島独特のお土産ないかなーとあちこち見て回ったら、チョコレートとクッキーが良さげだったのでまとめ買い。これでミッションコンプリートですわ。

IMG_8937.jpg


そうこうしているうちに搭乗時間になり機内に乗り込む。
3−3の機材で、前方の窓側の席なのだが、真ん中の席には誰も座っていない。ラッキー。
地味にパリまで4時間くらいのフライトで、モロッコのワルザザードよりもちょっとあるんだよね。

機内では爆睡。
さすがにレースの後に、寝心地の悪いテントで、しかも少ししか寝れなかったからね。LCCなので何も期待していなかったのだが、飲み物とクッキーのサービスがあった。起きている時間はKindleで本を読んで過ごす。ボルドー上空に差し掛かったアナウンスが流れたのだが、残念ながら雲がかかっていて見えなかった。ああ、このすぐ下には義両親たちがいるのかー。久しぶりにボルドーに遊びに行きたいなぁ。

飛行機は徐々に降下を開始し、パリに近づいてきた。
ベルサイユ宮殿らしき、広い庭園が見える。そしてパリ市内上空を飛びエッフェル塔と凱旋門が見えた。今回はパリ市内に行く暇がないなー。また来年4月かなー。

無事に着陸し、ターミナル3の駐機場まで移動する。その時にちょうどJALの機材が見えた。

IMG_8939.jpg

何度も言っているかもしれないが、異国の空港で日本の翼を見るとホッとするよねー。

そして、エールフランスのコンコルド。

IMG_8940.jpg


駐機場からはバスで移動し、荷物を無事に引き取って、ちょっと早いけどターミナル2Eに移動する。と、思っていたのだが、うちの旦那からメッセージあり、クソSIMの件でOrangeとやりあってくれたみたいで、不良SIMは購入した店でしか返品、返金ができないと言われたそうだ。ちょうど、その購入した店のそばにおりますわ。なんとなく、どういう対応されるか予想できるけど、とりあえず、交渉した、という事実が必要なので、ターミナル3内のRelayに向かう。

店員さんに事情を説明し、返品するので返金してほしいと伝える。事情が飲み込めた店員はさっきまできっちり英語で対応していたのに、いきなりフランス語に切り替えて、僕じゃない、を連呼する。それはわかってんだよ!この店のものを購入したんだから、店として対応しろと言っているのに、(売ったのは)俺じゃないを連呼して、フランス語で話せとかもはや話にならない状態。ある意味、期待を全く裏切らないクソ対応。もちろん、証拠取得のため、iPhoneでビデオ撮影をしながら、店の人と話したので、一応、撮影しといたよ、と言い残して店を去る。まじ、いろいろクソなんですけれども?真面目にこのクソSIMで旅行中のモバイル生活が台無しになったんですけど?

気持ちを切り替えて、ターミナル移動。
JALのカウンターはちょうどファーストクラスとステータス会員を優先で搭乗開始していたので、その流れに乗っかって、サクッと搭乗手続き終了。イミグレが少し混んでいたが、たまたま当たった担当官がフレンドリーで、拙い日本語で色々話してくれて救われた。セキュリティーもさっくり通過して、CDGにしてはスムーズな方じゃない?と拍子抜け。

搭乗時間までラウンジでずーっとのんびりしておりましたわ。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment