おフランス風味

ARTICLE PAGE

[ハーフ砂漠マラソン2017] まとめ

IMG_8956.png

今年はサハラマラソンの他に、今回のハーフ砂漠マラソン(Half MDS)、そして11月開催のMDS PeruとMDSブランドのイベントが急に盛り沢山となった年になった。MDS Peru開催の発表があった時に、ハーフ砂漠マラソンのエントリー料金は既に入金済みであったが、MDS Peruに振り替えてもらうか否かちょっと悩んだ。けど、今にして思えば、ハーフ砂漠マラソンに出場してよかったと心から思った。

このハーフ砂漠マラソンは、MDS, 4 Deserts、G2Gなどの1週間に渡るステージレースの入門編に当たるレースと考えていいと思う。いつかサハラマラソンなどのレースに出てみたい、でも250km・6ステージを走破する自信はないという人はまずはこのレースに出て見るのが良いと思う。

ここカナリア諸島の気象条件は、ネットで調べた限りでは平均気温25度前後、湿気は60-70%くらいとサハラ砂漠と比べるとマイルドな印象を最初持っていたのだが、実際に行ってみると、サハラ砂漠さながらの気象条件だった。特に初日は40度越えをしていた。朝は冷え込み、日中は暑い、というのはサハラ砂漠そのもの。

120km、3ステージ(4日間)で、
・衣食住を全てバックパックに背負って走ること
・目印のついたコース、コースマップを確認しながら走る
・どのようにペース配分を取るか
・不安定な足場(ガレ場、砂場)への対応
・ゲーターの確認
・どのような装備を持っていくか戦略を立てる
・どのような食料を持っていくか戦略を立てる
・ステージ毎のリカバリーをどうするか
・どのようなビバーク生活を送るのか
・モチベーションの維持、、など

このようなことをシュミレーションできるのです。

実は今回は走るつもりで来ていましたが、ほとんど走れないというふがいなさでした。しかし、このレースで改めて、装備や食料に、そしてリカバリーについてじっくり考える機会ができました。何度もサハラマラソンに出ているから楽勝だろうと思われている部分もありますが、こういうレースは本当に出る度に色々と「学習」しますね。初めてサハラ砂漠以外の場所でステージレースに出たので、それも新鮮でした。

とまあ、色々つらつらと書きましたが、レースの前後にカナリア諸島のマリンリゾートを満喫するつもりで気軽に参加できるステージレースかと思います。(*最短で有給休暇5日で行けます。)


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment