おフランス風味

ARTICLE PAGE

[サハラマラソン2018] ザックの軽量化

今年のサハラマラソンから採用した公式ザック、ULTRABAG 20L MDSなのだが、実は普段使いでも活躍中なんです。日帰りや1泊2日の週末旅行ではこのザックを背負って、飛行機に乗ったりしている。(ただ、まだ誰からもサハラマラソンのリュックですよね?と声かけられたことは一度もないw)

MDSbackpack.png

今日は午前中は休日出勤で、台風接近中という悪天候なので特に予定がなく、家に帰ってサハラマラソンに関するブログや動画を色々見まくっていた。そこで目からちょっと鱗が落ちたのがこの公式ザックの軽量化に関する動画である。

ちなみに公式ザックは付属品を除いた重量が590g(容量20リットル)である。
これでも十分軽い。

Weight: 590g (excluding accessories)
Volume: 20L

で、ザックの軽量化を行ったところ、

817C00C2-5611-48F3-9E97-0DC6C23434B8.jpg

580g → 500gと80gほど軽くできた。
(つか、そもそものスペック、590gよりも10gも軽かったのはなんでだ?)


で、外付けのオプションをつけた場合だが、

・4リットルのフロントバックをつける
・胸のところに2つボトルホルダー、サイドポケット2つつける。

このどちらかにしようか考え中。
前者はサハラマラソンの時に、後者はハーフ砂漠マラソンの時に実施した。

で、ボトルホルダーも軽量化できるようで、実施してみた。

8A891467-E675-4647-A16A-861A69048B81.jpg

ボトルホルダー1つにつき、4gほど軽量化できた。

サイドポケット(2つ)とボトルホルダー(1つ)の重量は131g
IMG_E9039.jpg


4リットルのフロントバックの重量は146g
IMG_E9040.jpg


水をどう運搬するかで悩んでいる。フロントバックの場合はペットボトルを横に突き刺すことになる。ボトルホルダーの場合は左右にフラスクをさすことになる。自分の場合、チェックポイントまでの水の重量はmax1.5リットルで十分足りていることはこれまでの経験でわかっている。歩いたり走ったりするときのバランスなんだよなぁ。

まだ時間があるのでそれぞれ試してみて、考えようっと。


ちなみにザックにつけている私のお守り、つばきねこのぬいぐるみは16gでございますw
IMG_E9034.jpg


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment