おフランス風味

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常識マラソンメソッド

毎度毎度のおバカな話なのだが、金曜日の夜に飲んだくれて、土曜日の朝の皇居ランは二日酔いで走ることができなかった。じゃあ、午後から走ろうと思ったら、雨が降り出して来た。どうもこう学習しないかな、私は。ということで、今日の朝に溜まった家事を少しこなして、昼から皇居へ向かった。ランニングのイベントが開催されていたらしく、結構人でいっぱいだった。しかも、春先のような陽気で暑くてしんどかった。サハラはこれ以上にしんどいんだろうな…。

さて、随分前に購入していたコチラの本を再読。

非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)
(2010/10/18)
岩本 能史

商品詳細を見る

初めて本屋さんで平積みされているのを見かけた時に、タイトルが衝撃的だったので思わず手に取った本である。私は市民ランナーを目指せる程の脚力なんぞないのだけれども、その時はフルマラソンでどうしても5時間切りたくて、少しでも自分で取り入れられるものがあればと思いながら読んでました。いかんせん、そもそも練習をきちんとしていなかったのでまずそこからだ…と言われればそれまでなのだけれども。(今年の10月からはちゃんと心を入れ替えて練習するようにしてますよ…と言い訳してみる。)

効率的なランニングフォーム、ビルドアップ走は、日頃の皇居ランで取り入れるようにしていますが、峠走はまだ行ったことがない。近いうちに箱根に遠征してやってみたいと思っている。あと、レース前は必ず前日に現地入りするようにしている。これは先月の富士山マラソンで前日に現地入りしといて良かったわ〜としみじみ痛感した。あと、「マラソンは食べるスポーツ」ということで、この本を読んでからはこまめに水分を補給するようになったし、走りながら栄養ゼリーやバナナなど積極的に食べ物を取るようになった。

かなりこの本に影響されてます。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。